◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:FRANCE E-G
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜安定して良作をリリースし続けているフレンチ・シンフォニックの雄、エクラの新作!〜

ECLAT
/L'Esprit Du Cercle

(CD/Musea)(France'12)
たびたび来日公演も行っている、マルセイユ出身のフレンチ・シンフォニック・バンド、エクラの、スタジオとしては「Le Cri De La Terra」('02)以来、実に10年振りとなる新作5th。g,kbd,b,drの4ピース(イントロ的なM1のdrはジェニー・マロッタ)による、フランスらしい軽やかな中にも、多彩なアクセントの付いたインスト・サウンドは健在です。キャメル系をフュージョン寄りにしたようなイメージから、マイク・オールドフィールド風ギター、初期ジャン・パスカル・ボフォ調、更にはフロイド系の泣きまで、変幻自在のギター・ワークが冴え渡る、高品質な仕上がり。流麗なテイストを増した傑作となっています!

〜爽快かつスリリングなシンフォニックライヴアルバム〜

ECLAT
/live au Roucas

(CD/MUSEA)(France'09)

来日公演も二度行ったことのある、フレンチシンフォニックバンド:エクラのニューリリースは、07年9月のコンサートを収めたライヴ・アルバム!Gr Key Ba Drの4ピースインスト(一部ゲストヴォーカル)にて、CAMEL〜GENESIS系のメロディアスなトーンとテクニカルなフュージョン/ジャズロック風味が同居したタイトなアンサンブルを存分に聴かせてくれます。爽快かつスリリングな力作!

〜ECLAT DE VERS名義でリリースされた1stと、ECLATへの改名後にリリースした2ndの2in1〜

ECLAT
/ Vol.I&II

(CD/KEZAKO)(France'91/92)
マルセイユ拠点で、何度も来日を果たしている、フレンチ・シンフォニック・バンド エクラの、ECLAT DE VERS名義でリリースした91年の1stアルバムと、翌年ECLATに改名してリリースされた2ndアルバムの、2in1仕様でのカップリングCD。ANGE系列のシアトリカルなヴォーカルも交えた1stと、より洗練されたGENESISスタイルの2nd、いずれも好作です。廃盤在庫残り品につき特価にて!

〜フレンチ・シンフォニックの好バンド、97年発表の3rdアルバム〜

ECLAT
/Volume.3

(CD/KEZAKO)(France'97)
フレンチ・シンフォニックの好バンド エクラの、こちらは97年リリースの3rdアルバム。ANGE〜GENESIS系を下地にしつつ、さらにタイトでテクニカルなインスト志向も強めています。ドラマティックかつ爽快な仕上がりの秀作。廃盤在庫残り品につき特価にて!

〜MAGMAフォロワー第一世代の知られざる好バンドの1stが初CD化!ESKATONに比肩する傑作!〜

EIDER STELLAIRE
/1

(CD/SoleilZeuhl)(France'81)
主に80年代に活動し、MUSEAのMAGMA系コンピレーション「Enneade」('87)にも参加していたフレンチ・ジャズ・ロック・グループ「エーデル・ステレール」の81年発表の1st。LPは自主制作少数プレスだったため、レア・アイテムとなっていましたが、ボーナス・トラック1曲(別ヴァージョン)を追加にて初のCD化。『Live』〜『Attahk』期MAGMAの直接影響下にある一方、サックス、フルート、女性ヴォーカルを加えた、よりジャジーな色合いに個性を感じさせる仕上がりです。同時期のバンドで言えば、ESKATONにも迫るクオリティの傑作!おススメです!

〜仏産アグレッシヴ&ミステリアスなヘヴィ・トラッド・プロジェクト作!〜

ELECTRIK GEM
/Radiopolis Projekt

(CD/L'Assoce Pikante)(France'13)
これは格好良い! フランスから出現した、ブルガリアン/バルカン/地中海系ラジカル・トラッド・バンドのデビュー作。el-g,el-b,drのトリオを軸に、ヴァルティナばりのトリプル女性コーラス/voをフィーチャー、更にはウード民族弦楽器、トロンボーン、クラリネット、アコーディオン、パーカッション等も加わった、総勢14名のアンサンブルでの演奏を収めています。変拍子を多用したバルカン・トラッドに、アヴァン・ジャズ、メタル、大道パンク等のコンテンポラリーな要素を詰め込んだ音像は、押しのパワー溢れるものです。ALAMAAILMAN VASARATやFARMERS MARKET、果てはAREA/MAGMA系のリスナーにもオススメの大注目の傑作です!

〜ONE SHOTの元ドラマーによる、暗黒チェンバー風味も交えたエネルギッシュな疾走ヘヴィ・ジャズ・ロック!〜

ELEPHANT TOK
/TOK 1

(CD/Belle Antique)(France'16)
マグマ直系のヘヴィ・ジャズ・ロック・バンド、ONE SHOTの元ドラマー、Daniel Jeand'heurが新たに結成したグループの1st。g, b, kbd, tp, saxに加え、ラップ調(主に英語)のvoもフィーチャーした編成にて、MAGMA〜ONE SHOTゆずりのヘヴィな疾走感溢れるサウンドを展開しています。あおり立てるようなラップも違和感がなく、クリムゾン〜暗黒チェンバー風味を交えつつ、ハイ・テンションに迫る痛快傑作です!

〜フランスきっての女性シンガー、E.カロンの甘美かつシアトリカルなヴォーカルを堪能できる名演!〜

ELISE CARON
/Orchestrales

(CD/Le Triton)(France'16)
フレンチ・チェンバー/ジャズ系の様々な作品での客演でも知られる今や屈指の女性シンガー、エリーズ・カロンの'16年リリース作(ソロとしては4th)。'15年のライヴを収めており、バンドネオン, vln*2, cello, コントラバス, pという、タンゴ風のバッキングの元、持ち前の甘美かつシアトリカルな歌声をじっくりと聴かせます。ステラ・ヴァンデ等マグマ周辺や、ジョン・グリーヴス辺りのうたものを好む向きはもとより、チェンバー系女性voリスナーは見逃せない名演です!

〜フランスきってのアヴァン/チェンバー系女性シンガーの、シアトリカルな美声たっぷりの傑作'03年作が再登場!〜

ELISE CARON
/Chansons Pour Les Petites Oreilles

(CD/Le Triton)(France'03)
M.リースラー、A.マルクール、J.グリーヴスら、数々の偉才たちの作品で歌唱、今やフレンチ・アヴァン/チェンバー系きっての存在となった女性シンガー、エリーズ・カロンの'03年作品のリイシュー、Le Tritonより。'06年の「Eurydice Bis」と同傾向の、ピアノを主体としたシンプルなバッキングによる、妖艶なチェンバー・シャンソンが聴けます。シリアスかつアンニュイなトーンのシアトリカルな美声が存分に味わえる、チェンバー系女性voファン必聴の傑作です!お見逃しなく!

〜数々の奇才の作品に参加しているチェンバー・シャンソン系女性シンガーによる、'06年リリースの傑作ソロ!〜

ELISE CARON
/Eurydice Bis

(CD/Le Triton)(France'06)
M.リースラー、A.マルクール、J.グリーヴスら、数々の奇才の作品に参加、今やフランスきってのチェンバー・シャンソン系女性シンガーとなった、エリーズ・カロン。今回、'06年リリースの傑作ソロが、Le Tritonレーベルから再発となりました。ピアノ、クラリネット等による、シンプルなサロン風バッキングの元、女優でもある彼女ならではの、まさにシアトリカルな美声をたっぷり味わえる一枚です。白昼夢的なまでの甘美な世界!未入手の向きは、この機会をお見逃しなく!

〜チェンバー系女性voファン必聴!エリーズ・カロンの'06作!全曲自作による傑作!〜

ELISE CARON
/Eurydice Bis

(France.'06)(CD/Le Chant Du Monde)

ミヒャエル・リースラー、アルベール・マルワール、ジョン・グリーヴスなど、名だたる奇才たちの作品で活躍してきた、フレンチ・チェンバー系きっての女性シンガー、エリーズ・カロンの'06年ソロ作。ピアノを中心に、ベース、クラリネットも交えた、シンプルなバックにて、驚異的な表現と、優美さを兼ね備えた素晴らしい歌声を存分に聴かせてくれます。近年のステラ・ヴァンデのソロにも通じるアンニュイかつシリアスなトーンに、共演歴から窮した先鋭タッチをにじませた作曲も極上!!

〜久しく入手困難だったANGE系ロック・テアトル正統派バンドの1stが、ロシアン・プレス紙ジャケ再発!〜

ELIXIR
/Sabbat
(CD/MALS)(France'86)
86年にMUSEAからLPリリースされ、後にSi-WanからCD化されるも、久しく入手困難だった、ANGE系ロック・テアトル正統派バンド:エリクシールの1stアルバム。ロシアン・プレス紙ジャケットで再発!

〜マルク・デュクレ(g)も参加している、女性vo入りの強烈なシリアス・チェンバー!〜

EMMANUEL SCARPA
/Invisible Worlds

(CD/Coax Records)(France'14録音)
仏のドラマー/コンポーザー、E.Scarpaの'14年録音リーダー作。sax, fl, cello, el-g, ツインg(一人はマルク・デュクレ), el-b, そして女性vo, pという編成にて、インパクトの強い現代音楽/チェンバー寄りのサウンドを展開しています。ヘヴィなel-bとdrも効いて、結果的にONJというよりマグマ周辺〜レコメン系に通じる、ポリリズミック・ジャズ色も込みの注目傑作に!

〜結果的にマグマ+レコメン状態となっている、シアトリカル・チェンバーJazz!〜

ENSEMBLE ARCHIMUSIC / JEAN-REMY GUEDON
/MuTemps - Fantaisie Numerique

(CD/Le Triton)(France'14収録)
以前、エリーズ・カロン(vo)をフォーチャーした、サド侯がテーマの傑作「Sade Songs」もリリースした、作曲家Jean-Remy Guedon率いるアンサンブルARCHIMUSICが、'14年10月に、マグマ一派の根城的?ライヴハウスLe Tritonで行なった、シアトリカル・コンサートの音源を収めたCD。マグマ風の?男女ツインvoをフィーチャーした、変拍子チェンバー・ジャズを、緊張感たっぷりに披露しています。昨今のポリリズミック系からの流れも有りつつ、Guedonならではの演劇的ムードを押し出した、レコメン系リスナーにも十分アピールする快演です!

〜ニーチェを題材に取り上げた、シアトリカルなシリアス/チェンバー寄りアヴァン・ジャズ!〜

ENSEMBLE ARCHIMUSIC
/Le Reve De Nietzsche

(CD/Archimusic)(France'13)
エリーズ・カロンとの共演作も出している、コンポーザー/サックス奏者Jean-Remy Guedon率いるENSEMBLE ARCHIMUSICの'13年リリース作。カロンとの共演作は、マルキ・ド・サドがテーマでしたが、こちらはニーチェです。ヒップホップ風の男性シンガー、Jimmy Justineを迎え、"ツァラトゥストラ"といった単語も出てくる、シアトリカルなシリアス/チェンバー寄りアヴァン・ジャズを展開しています。'12年のLeTritonでのライヴとスタジオ録音をミックスした、注目作!

[入荷速報]仏ブルターニュ産、クラリネット奏者C.ROCHERが率いる、トラッド風味有りの、シリアス/アヴァン・ジャズ・ビッグ・バンドの'16年1st! フリーキーかつハイテンションな、見逃せない快作!

ENSEMBLE NAUTILIS
Regards De Breizh

(CD/Innacor)(France'16)
クラリネット・デュオ「CABARET/RECHER」でも活動する、ブルターニュのクラリネット奏者、Christopher Recher が中心人物の、3管、アコーディオン入りアヴァン・ジャズ/ビッグ・バンドの'16年1st。ブルターニュということで、トラッド風味も少々(地元の名ヴァイオリン奏者、Jacky Molard もゲスト参加)ですが、全体的には、シリアス/フリー寄り、かつハイテンションでスリリングな音像。これは見逃せない傑作です!

〜旧Silex系きってのトラッド・シンガーがディレクションした、気高く荘重なブレトン・トラッド作!〜

ERIK MARCHAND
/5ed Round

(CD/Innacor Records)(France'15収録)
旧Silex系きっての存在だったフレンチ/ブレトン(ブルターニュ)・トラッド・シンガー、エリック・マルシャンがディレクションを手掛けた、12名の大編成トラッド・オーケストラによるアルバム。まさにマルシャンを思わせる2名の男性シンガーはじめ、多数の弦、パーカッション、そしてハーディ・ガーディをフィーチャーして、オリエンタル風味をも取り込んだ、ブレトン特有の気高く荘重なサウンドが存分に展開されています。シリアス系トラッド・リスナー必聴作!

〜パイプ系カルテットによる、強烈なインパクトのアヴァン/シリアス音響チェンバー!〜

ERWAN KERAVEC
/Sonneurs

(CD/Buda Musique)(France'17)
ブルターニュのバグパイプ奏者、E.Keravecの'17年ニュー・アルバム。これは強烈。ボンバルド等とのパイプ系四重奏による演奏を収めており、トラッド/古楽が根底にありつつも、むしろシリアス/音響チェンバー的な、非常にインパクトのある内容です。アヴァンギャルドなまでの伝統楽器の演奏という点では、ヴァランタン・クラストリエのハーディ・ガーディやピエール・シャリアルのバレル・オルガンに匹敵するといっても過言ではない、アヴァン・チェンバー系リスナーも見逃せない傑作!

〜MAGMA影響下のバンド中でも一際評価の高いエスカトンの最高作、待望のリイシュー!未発表曲4曲追加!〜

ESKATON
/4 Visions[+4]

(CD/SOLEILZeuhl)(France'79録音/10)

MAGMA影響下のバンドは数あれど、その中でも一際高い評価を得ているESKATON。デビュー作『Ardour』('80)以降の79年に録音され、後にカセットのみで、1stと2nd『Fiction』('83)の間にリリースされた、幻の1stとも2ndともされるアルバムが本作です(かつて一度CD化されましたが、長らく廃盤状態でありました)。今回、オリジナル・マスターからの入念なるリマスタリング、'84〜'85年録音の未発表曲4曲をボーナス・トラックとして追加、ニュージャケットにて再発です。変幻自在の女性ヴォーカルをフィーチャーし、最も攻撃的な演奏が炸裂する、これぞ彼らの最高傑作!

〜ZAOの両御大の純デュオ・ユニット。アルバム発表時の80年未発表ライヴ音源が登場!ファン注目の快演です!〜

ETHNIC DUO
/En Public au≪Chene noir≫d'Avignon,1980

(CD/MUSEA)(France'80録音)
御存知ZAOの両御大:ファトン・カーン(piano)とヨシコ・セファー(sax)の純デュオ・ユニット:ETHNIC DUOが、同名アルバム発表時の80年に行ったライヴ音源の発掘リリース。半ば即興的な演奏が主体の中、ZAOの"Natura"も採り上げたセットにて、この二人ならではの緊張感溢れる内容を、良好な音質で味わう事ができます(8曲/72分)。ロマンティックなジャズ寄りのカーン、ネフェッシュの色を保ったセファーと、両者の個性がバランス良く融合した、ファン注目の大熱演!

〜ZAOの両御大、セファー&カーン'08NEW!エスニック・デュオ復活版!名演!おススメ品!〜

ETHNIC-3
/Live

(CD/Musea)
(France.'08)
ZAOの両御大、フランソワ・カーン(p、syn、syn-b)と、ヨシコ・セファー(sax、fl、etc.)のデュオに、同じくZAOのフランソワ・コース(dr/ぺr)が加わった、言わばETHBIC DUOの復活版、エスニック・トリオの'08年、フランスLe Tritonでのライヴ。正にエスニックかつスピリチュアルなアフロ・テイストから流麗なクラシカル/シリアス、そしてジャズ・ロック寄りのパートまで、三者の緊密なプレイが織り成す、極上のインプロヴァイズド・サウンドが味わえます。流石のテンションと迫力に溢れた名演です!!

〜J.マクラフリン/4thディメンションのベーシストによる、スリリング&流麗なリーダー作!〜

ETIENNE MBAPPE & PROPHETS
/How Near How Far

(CD/Abstract Logix)(France'16)
ジョン・マクラフリン/フォース・ディメンションのベーシストのリーダー作!管, vln, p, dr等とのバンドにて、地中海〜中近東風味も採り込んだ、スリリング&流麗なフュージョン/ジャズ・ロック!傑作!

〜エトロン・フー・ルルーブラン収納用ボックス付3枚フル・セット!〜

「エトロン・フー・ルルーブラン」ボックス・セット
エトロン・フー・ルルーブラン / 大道芸人稼業
エトロン・フー・ルルーブラン / 三狂人珍道中
エトロン・フー・ルルーブラン / 合衆国に殴り込み!(ライヴ・イン・N.Y.)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(France)
2015年9月25日発売ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズより、エトロン・フー・ルルーブラン紙ジャケット3種(「大道芸人稼業」「三狂人珍道中」「合衆国に殴り込み!(ライヴ・イン・N.Y.)」)を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼント!


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/etronfou.htm

※WORLD DISQUE店頭および通信販売にて好評発売中!

■通販ページ: http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=93215183

〜仏産アヴァンギャルド・ロック・バンドの雄、84年のプラハ公演を収めた未発表ライヴ音源!〜

ETRON FOU LELOUBLAN
/a Plague

(CD/DiskUnion)(Frace'84)
フランスのレコメン/アヴァンギャルド・シーンにその名を残す、エトロン・フー・ルルーブランの後期のライヴ音源を収録した未発表音源集。84年11月13日に行なわれたチェコスロバキアはプラハでの公演を、後に発表されるアルバムの楽曲を中心に全13曲に渡って収録した、貴重な記録となっています。強烈なインプロヴィゼイション・サウンド炸裂!

〜仏産メロディアス・シンフォニック・バンド最新作!〜

EYE 2 EYE
/The Wish

(CD/Musea)(France'11)
'06年にアルバム・デビューした、フランス産、叙情派メロディアス・シンフォニック・バンドの「After All...」('09)に続く新作3rd。英語voをフロントにした、オーソドックスな5人編成(+ゲストvln,g)にて、いわゆるフレンチ色は薄い、英国スタイルのサウンドを、じっくりと展開しています。ジェネシス、中期フロイド、キャメル等ルーツの、泣きのgとスペイシーなkbd(メロトロン音も)押し出した音像は、派手さはありませんが高品質です。とりわけM9からの後半が聴き物の好作!

泣きのギター&メロトロン音たっぷり!フランス産、ハード寄り'70sタッチのメロディック・シンフォ新鋭!

EYE 2 EYE
/After All

(France.'09)(CD/Musea)

フランスから登場した、男性vo(英語)、g、kbd、b、drの5人編成(+ゲストvln、g他)による叙情派シンフォニック系のニュー・グループ1st。メロトロン音も多用したアナログ風のkbdの厚いアレンジと、腰の入った泣きのギターをフィーチャーしたサウンドは、壮麗かつエモーショナル。フランボロー・ヘッドあたりをハードにしたようなイメージもある、キャメル/フロイド系ルーツの秀作!!

〜フランスのオルガン奏者による、バルトークへのオマージュ作!〜

EMMANUEL BEX TRIO
/Open Gate feat. Bela Bartok

(CD/Plus Loin Music)(France'11)
フレンチ・ジャズきってのオルガン奏者、エマニュエル・ベックスのニュー・リリースは、かのバルトークへのオマージュ・アルバム。sax/cl,dr(シモン・グベール)とのトリオによる演奏で、バルトークの楽曲のアレンジと、オリジナル曲を半々に収めた全8曲。また随所でオーケストラも加わった、スケールの大きい内容になっています。結果的にはキース・エマーソンがチェンバー・ジャズ化したような所も多い、シリアスかつハイ・テンションな「クラシカル・ジャズ」として抜群の仕上がりの傑作!

〜ヴァシュティ・バニヤンにも負けてません! 伝説的女性アシッド・フォーク・シンガー、エマニュエル・パル―ナン復活作!〜

EMMANUELLE PARRENIN
/Maison Cube

(CD/Disque Bien)(France'11)
フランスきっての夢幻的ソフト・アシッド・フォーク/トラッドの名作「メゾン・ローズ」('78)で知られるフォーク系女性シンガー、エマニュエル・パル―ナン(vo,ハーディーガーディー,ハープ,etc)の復活ニュー・アルバム。タイトル通り、「メゾン・ローズ」の延長上にある、ファンタジックな浮遊感溢れるサウンドを、p/kbd,dr/per,g等を加えて展開しています。トラッド系の土臭さの全くないチャイルディっ主な夢想感と、時にジャジーでアンニュイなムード、そして何より魅力的なパル―ナンの歌声が存分に味わえる絶品の仕上がり。女性voファンはマストの会心大傑作です!

〜比類なき夢幻の世界観を創出する、フレンチ女性トラッド/フォークの逸品〜

EMMANUELLE PARRENIN
/Maison Rose
(CD/BelleAntique)(France'78)
フレンチ女性ヴォーカルトラッド/フォーク系の極めつけと言える、78年の名作が待望の国内紙ジャケ再発。繊細で透明感のある音作りの一方で、ハープやダルシマーを用いた中性的なたたずまいや、独特のエフェクト処理によるアシッド感覚、更には緊迫したテンション、フランスらしいアンニュイさに至るまで、多彩かつ深みのある内容です。何よりパルナンの歌声の魅力によって比類ない夢幻的世界観が創出された、プログレッシヴ・リスナーもマストな傑作。見開きジャケットのアートワークも素晴らしい逸品!

〜英国産、シャキシャキと疾走するジェネシス/イエス+'80s的シンフォ、2nd!良作!

 

ESP PROJECT
The Rising

(CD/Dur Et Doux)(France'19)
英産、元々はオランダ人ドラマーとのデュオで、現在はTony Lowe(g、kbd)のソロ・プロジェクトとなっているESPの、「22 Layers〜」('18)に続く3作目。vo、b、drを加えたバンドにて、ジェネシス/ハケット、イエス系にキャッチーな'80s風味をブレンドしたサウンドを展開している。シャキシャキとタイトに疾走する、痛快なブリティッシュ・シンフォニックの良作である。

〜エトロン・フー・ルルーブランのサード・リリースにして、'79年のニューヨークでのライヴを収めたアルバム!〜

エトロン・フー・ルルーブラン ETRON FOU LELOUBLAN
/合衆国に殴り込み!En Public Aux Ttats-Unis D'Amerique

(SHM-CD/Belle Antique)(France'80)
フランスきっての強烈アヴァン・ロック・トリオ、エトロン・フー・ルルーブランのサード・リリースにして、'79年のニューヨークでのライヴを収めたアルバム。フェルディナン・リシャール(b、vo)、ギグー・シュヌヴィエ(dr、etc.)+サックス奏者の編成にて、次作からの曲や本作のみ収録曲も交えた、ライヴならではの破天荒な気迫溢れる熱演を聴かせます。リマスター/SHM-CD/紙ジャケット、フレッド・フリス参加のボリス・ヴィアンのカヴァーM10('88年のオムニバスより)、及びオムニバス・ライヴ集「Festival Mimi '86」(未CD化からのライヴM11)をボーナス収録!

〜オリジナルR.I.O.にフランス代表で参加した彼らならではの音世界は、類を見ないインパクトの名盤!〜

エトロン・フー・ルルーブラン ETRON FOU LELOUBLAN
/三狂人珍道中 Les Trois Fou's Perdegagnent

(SHM-CD/Belle Antique)(France'78)
フェルディナン・リシャール(b、vo)、ギグー・シュヌヴィエ(dr、etc.)、フランシス・グラン(sax/本作より参加)による、エトロン・フー・ルルーブランの'78年2nd。オリジナルR.I.O.にフランス代表で参加した彼らならではの骨折的変拍子やビーフハート由来の毒々しさ、狂騒操的テンションとシアトリカルな色が入り乱れる音世界は、類を見ないインパクトです。1st以上に多彩かつハイ・テンションに迫る、フレンチ・アヴァン・ロックの名盤!歌詞・対訳付!

〜デビュー作から既に個性全開!初期ならではの荒々しいパワー溢れる、正にエポックな傑作!〜

エトロン・フー・ルルーブラン ETRON FOU LELOUBLAN
/大道芸人稼業 Batelages

(SHM-CD/Belle Antique)(France'76)
フェルディナン・リシャール(b、vo)、ギグー・シュヌヴィエ(dr、etc.)、クリス・ジャネ(sax/本作のみで脱退、アーバン・サックスへ)のトリオで結成、かのR.I.O.にフランス代表として参加したことでも知られる、エトロン・フー・ルルーブランの、記念すべきデビュー作。いきなり18分に及ぶ大曲M1はじめ、彼らの作品中で最も長尺の曲が多く、シアトリカルなムードの中にも、骨折的変拍子、フリーキーなサックス、叫びとも語りともつかないヴォーカル…という、彼らの個性は既に全開です。初期ならではの荒々しいパワー溢れる、正にエポックな傑作!

〜現ONJのtp/fl-horn奏者が率いるエレクトリック・タッチのクリムゾン+ジャズ!〜

FABRICE MARTINEZ CHUT !
/Rebirth

(CD/ONJ Records)(France'16)
現オリヴィエ・ブノワ/ONJのトランペット/フリューゲル・ホルン奏者、F.Martinezが率いるユニット、CHUT !の'16年リリース3rd。kbd, el-b, drとのカルテット(+1曲ゲストel-g)にて、エレクトリック・タッチの、マイルス〜ECM系ルーツ+初期キング・クリムゾン(のジャジーな所)とも言うべきサウンドを展開しています。結果的には'70sブリティッシュ〜ソフト・マシーン系に通じるイメージもあり、ONJ周辺にあってプログレッシヴ・リスナー向きの度合いの高い、大穴の一枚です!Bruno Chevillon参加!

〜フレンチ・カンタベリー系きってのドラマー・パトリック・フォルガス率いるバンドの'77年1stが初CD化!〜

FORGAS
/Cocktail
(CD/France'77)
フレンチ・カンタベリー系きってのドラマー、パトリック・フォルガスが率いるバンドの'77年1stが初CD化。Vln・saxを含む編成にてS.マシーン、ゴング、マグマ等の影響を、軽快でメロディアスなクロスオーヴァー・サウンドに消化しています。LPではB面を占めていた大曲Iをはじめ、親しみ易くも変化に富んだ楽曲は聴き応え十分です。カンタベリー系リスナーはもちろん、ヴァイオリン・ジャズ・ロック・ファンも見逃せない秀作です!今回、なんと12曲、30分に及ぶデモ等のボーナス・トラックも追加!おススメ!

〜流麗にしてスリリングな、フレンチ・カンタベリー/ジャズ・ロックの王道ともいえる傑作!〜



FORGAS BAND PHENOMENA
/L'oreille Electrique

(CD/Cuneiform)(France'18)
フレンチ・カンタベリー/ジャズ・ロック・シーンのヴェテラン・ドラマー、パトリック・フィネガスが率いるバンドの、「Acte V」('12)以来となるスタジオ新作5th('05にライヴ盤あり)。日本人bが脱退し、代わってフォルガスの初期ソロで共演していたG.プレヴォ(ex.ZAO)が加入、gもチェンジした、vln, 2管入り7人編成での録音となっています。ムーランズ・ゴング、マグマ、クリムゾン、マハビシュヌ等ルーツの、フレンチ王道ともいえる、流麗にしてスリリングなサウンドは今回も絶品です!

〜ポンティ+ソフツ!?フレンチ・カンタベリーを代表するドラマーの最新作!〜

FORGAS BAND PHENOMENA
/Acte V

(CD+DVD/NTSC/CUNEIFORM)(France'12)
フレンチ・カンタベリー/ジャズ・ロックのベテラン・ドラマー、パトリック・フォルガス率いるバンドの「L'Axe Du Fou」('09)に続く新作5th!前作と同じ、女性vln,2管,el-g,日本人b,kbd,そしてdrの7人編成による、ポンティ〜P.ムエルランズ・ゴング系とニュークリアス系をミックスしたような流麗なサウンドは、更にタイトかつパワフルになっています。今回はvlnの存在感も増しており、ジャズ・ロック・リスナーは見逃せない会心の傑作!Disc 2として、'10年NEARfestでのライヴDVD/NTSC(75分)をカップリング!

〜フォルガスNEW会心の傑作!ナショ・ヘル、ザッパ、ソフト・マシーン系ジャズ・ロック!〜

FORGAS BAND PHENOMENA
/L'Axe Du Fou (Axis Of Madness)
(France.'09)(CD/Cuneiform)
パトリック・フォルガス(dr)が率いるフレンチ・カンタベリー/ジャズ・ロック・バンドの「Soleil 12」('05)に続く4作目。今回は女性vln、sax/fl、tp/fl-horn、kbd、g、bそしてdrという7人編成となり、カンタベリー〜モエルランズ・ゴング由来の流麗かつタイトな変拍子の疾走感と親しみ易いメロディアスな面が共存した高品質なサウンドを展開しています。ポンティやナショナル・ヘルスを思わせる部分も多い、フォルガスの長いキャリアの中でも上位ランクに入ると思われる傑作です!!

〜フランス拠点の?トラッド系女性シンガーによる、ギリシャ〜トルコ方面のセファルディー曲集!〜

FRANCOISE ATLAN & EN CHORDAIS
/Aman ! Sefarad...

(CD/Universal)(France'14)
フランスの、セファルディー(中世ユダヤ移民)音楽を追求し続けている女性トラッド・シンガーの'15年新作4th。ここでは、ギリシャ〜トルコ方面のセファルディー曲を主に採り上げており、バックはギリシャ系のメンバーで固めています。地中海色と、セファルディーならではの哀愁が相まって、深みと円熟味に溢れた仕上がりであり、ある意味、古楽ものとしても味わえる上質な一枚!

〜何と、あのフランソワ・ブレアン'19新作!イマジナリーなチェンバー・プログ良作!〜

FRANCOIS BREANT
La Nuit Des Lapins Geants

(CD/Assai)(France'19)
NEMO(古い方)のキーボード奏者にして、マグマ人脈を迎えて制作された、'70年代後半のEggレーベルからの名作ソロ2タイトルで知られるフランソワ・ブレアンの、何と'19年新作。vln、sax等の生楽器とシンセによる、チェンバー・プログレッシヴ寄りのサウンドは、上品かつイマジナリーな、フランスならではのものである。サントラ/エスノ風味も有り、意外性と変化に富んだ仕上がりの、これは良作。

〜御存知、ex.ANGEのkbd奏者にしてオリジナル・メンバー、フランシス・デカンの'20新作は、何とANGEの出世作2nd('73)の丸ごとリメイク!クリスチャン・デカンもゲスト参加、ダイナミックな会心の大傑作!

 

FRANCIS DECAMPS
De Retour Au Cimetiere De Arlquins

(CD/Francis Decamps Concept)(France'20)
言わずと知れた、元・アンジュのキーボード奏者にしてオリジナル・メンバー、フランシス・デカンの、「The Gift」('18)に続く新作。何と、アンジュの出世作と言える'73年の2nd「Les Cimetiere〜」(通称:ウルトラマン/キカイダー)の丸ごとリメイクである。自らのvo/kbd/マルチを中心に、1曲ずつ、クリスチャン&トリスタン・デカン親子もvoでフィーチャー。よりダイナミックなアレンジ、シアトリカルなvo、要所をシメるメロトロン音kbdと、正に円熟の技が光る、素晴らしい出来ばえ。会心の大傑作。観音開き変形パッケージ。
※特典:フランシス・デカンの直筆サイン入りポストカード(同梱)

〜新作と合わせて再入荷!フランシス・デカン(ex.ANGE)の、こちらは'18プロジェクト・バンド作!日本の超絶女性ドラマー、川口千里が全面参加、ドボルザーク「新世界より」を大胆再解釈したクラシカル・シンフォ傑作!

 

FRANCIS DECAMPS
The Gift

(CD/Francis Decamps Concept)(France'18)
御存知、元・アンジュのキーボード奏者、フランシス・デカンのニュー・プロジェクト、THE GIFTのアルバム。超絶テクニックの女性ドラマー、川口千里が全面参加した、5ピース・インスト・バンドにて、ドボルザーク「新世界より」モチーフ/大胆リアレンジの、スリリングなクラシカル・シンフォを展開している。正に重厚な仕上がりの傑作である。
※ハンドメイド・布製パッケージ、フロントにフランシス・デカンの直筆サイン入り!

〜こちらも再入荷に付きレコメンド!フランシス・デカン(ex.ANGE)が結成したシンフォニック・ロック・バンドの'13年3rd!詩人レオン・ドゥベルをテーマとした、2CDのコンセプト・アルバム、正に重厚な傑作!

 

GENS DE LA LUNE
Epitaphe

(2CD/AAA)(France'13)
言わずと知れたフランシス・デカン(ex.ANGE/kbd)が結成したシンフォニック・ロック・バンド、GENS DE LA LUNE の'13リリース3rd(現時点でのラスト作)。詩人レオン・ドゥベルをテーマとした、2CDの大作コンセプト・アルバムになっている。適度にモダンでテクニカル、それでいて重厚な、自らのロック・テアトル系をアップデートしたようなサウンドは、極めて高水準である。傑作。再入荷に付きレコメンド。トールサイズ・パッケージ。

〜ルイ・スクラヴィス・バンドのピアニストによる大編成アヴァン・ジャズ!〜

FRANCOIS ELIE ROULIN
/Le Bonheur

(CD/Signature)(France'14)
ルイ・スクラヴィス・バンドのピアニストにして、エリック・サティをアレンジするプロジェクト等でも活躍する注目の才人、Francois Elie Roulinが、'12年に行ったラジオ音源ライヴを収めたCD。女性vo、ハープ、vln、p、ブラス、etc.の大編成によるシアトリカルなチェンバー/アヴァン・ジャズ・パフォーマンスを展開。大道風味からシリアス/クラシカルまで自在の快演! 豪華ハードカバー・パッケージ!

〜アメリカン&ジェネシス系屈折うたもの!S.ハケットがゲスト参加!〜

FRANCK CARDUCCI
/Torn Apart

(CD/Vocation)(France'14)
フランス産、ギター/ベース/メロトロン/英語ヴォーカルをこなすマルチ才人。アメリカン&ジェネシス系屈折うたものProg良作!S.ハケットがゲスト参加(M2にリード・ギターで参加)。

〜仏ジャズ・ロック最注目ドラマーが、マグマ、ラッシュ、カン等、「ドラマー系」楽曲をプレイした作! 必聴!〜

FRANCK VAILLANT
/Drummer Z

(CD/Shreds)(France'18)
現在のフレンチ・ジャズ・ロック・シーンで最注目のドラマー、F.Vaillantの'18リリース作。ピエール・ド・ベスマン(kbd)、ブルーノ・シェヴィロン(b)とのトリオにて、彼がリスペクトするドラマー(C.ヴァンデ、N.パート、J.リーヴェツァイト、P.コリンズ、T.ウィリアムス、D.ユメールetc.)が作った楽曲をカヴァー(+オリジナル、一部vo、cho入り)している。“YYZ”に始まり、“The Last Seven Minutets”“Beeizebub”“Mama”等、大胆アレンジでスリリングに迫る、正に注目の快作である。

〜近年のONJにも通じる、超絶テンションでの疾走感とダイナミズム溢れる大傑作!〜

FRANCK VAILLANT
/Raising Benzine

(CD/Abalone)(France'14)
PRINTはじめ、THOT AGRANDIのアルバム等に参加、自身のリーダー作(BENZINE名義等含む)も多数リリースしている、現代フレンチ・アヴァン・ジャズ・ロックきっての注目ドラマー、F.Vaillantの6thリーダー作。自らのユニット、BENZINEの'13年12月のライヴを収めています。アルトsax/バスcl、エレキ・ギター、ハモンド/クラビ/モーグとのカルテットに、E.BEX(ハモンド)、フルート、エレクトリック・ウード、女性ヴォーカル(なぜか日本民謡風メロも)等、ゲストも多数交えての演奏です。近年のONJがエスニックになったかの如き超絶テンションでの疾走感とダイナミズム溢れる音像は、結果的にアレン系やレコメン系に通じます。圧巻の大傑作!ボーナス・エンハンスド・ヴィデオ・トラック1曲収録(CD未収録のライヴ映像)!

〜フレンチ・レコメン筋も注目の、レトロでモンドなフランソワ・ド・ルーベ曲集!〜

FRED PALLEM & LE SACRE DU TYMPAN
/Presentent Francois De Roubaix

(CD/Train Fantome)(France'15)
フランスのギタリスト、Fred Pallemによる、フレンチ・サントラ系の鬼才、フランソワ・ド・ルーベ曲集。dr, sax/fl etc., シンセ/クラビネット, p/ローズ/シンセ等とのアンサンブルにて、まさにレトロでモンドなフレンチ・サントラ・サウンドを見事に再現しています。男女ツインvo入りのうたもの(フレンチ・ポップ)から、おもちゃチェンバー/ドリーミー系、さらにはジャーマン・エレクトロ風まで、プログレッシヴ・リスナーも存分に楽しめる内容です。フレンチ・レコメン筋も注目です!

〜仏のピアニスト/コンポーザーによる、しっとり上品、流麗にしてダイナミックなワールド・ジャズ!〜

FRED SOUL
/La Comedie Des Silences

(CD/Barkhane)(France'16)
仏産、盲目のコンポーザー/ピアニスト/パーカッション奏者の、「Voile De Sepia」('96)に続く2ndアルバム。クラシック・ルーツのpと非西欧的perの両者をプレイしている通り、ガイア的スケールの世界観に基づく、しっとり上品なワールド・ジャズを展開しています。曲によって男女vo(セネガル出身の女性vo含), b, per, ストリングス・オーケストラ等を加え、アフリカン、ブラジリアン〜ラテン、アジア〜オリエンタルにいたる要素をダイナミックに昇華した、流麗かつイマジナリーな快作!ミニマル〜クラシカル色もあり!ラヴェルに捧げられたM11およびラスト曲M12にNguyen Le(el-g)参加。南米うたものリスナーにもおススメです!

〜〜マグマ系ジャズ・ロック新鋭バンドの2nd!濃厚な組曲フィーチャーの傑作2CD!〜

 

FREE HUMAN ZOO
/No Wind Tonight...

(2CD/Ex-Tention)(France'18)
マグマ系ジャズ・ロックバンドの新世代を担う、仏産新鋭バンドの、「Freedom、Now!」に続く2ndアルバム。今回は2CO(トータル約80分)でのリリースとなっており、g、p、テナーsax、トロンボーン、b/コントラバス、dr/perの6人組+ゲスト女性vo、fl等での録音になっている。CD1には、マグマ色の強い、押しの効いた44分の組曲を、CD2には女性voを交えた、意表を突く地中海トラッド風味の24分の組曲他を収めた、濃密な内容である。ギターのフィーチャー度も高く、本家マグマとONE SHOTの中間を行く傑作。

〜切れ味鋭く疾走するリズムの上をテンションの高いソロが舞う、格好良さ抜群の傑作!〜

FREE HUMAN ZOO
/Freedom, Now !

(CD/Ex-Tenshon Records)(France'16)
マグマのSeventhのサブ・レーベルEx-Tensionより、'10年に結成された新進フレンチ・ジャズ・ロック・バンドのデビュー作。dr, b, el-g, kbd, sax, トロンボーンという6人編成にて、2ndアルバム期マグマ(あるいは'70s後期マグマのアフロ/ファンキーな面)に通じるところもある、スピリチュアル寄りのブラス・ジャズ・ロックを展開しています。切れ味鋭く疾走するリズムの上を、各パートのテンションの高いソロが舞う、格好良さ抜群の内容です。まさに注目の新鋭登場といえる傑作です!

〜久々の再発!マグマ関連の強者4人によるスーパー・セッション・ユニットの'80年ライヴ!〜

FUSION(VANDER,TOP,LOCKWOOD,WIDMANN)
/Paris 80

(CD/ディスクユニオン)(France'80収録)
言わずと知れたクリスチャン・ヴァンデ(dr)、ヤニック・トップ(b)、ディディエ・ロックウッド(vln)、そしてブノワ・ヴィデマン(kbd)という、マグマつながりの強者4名が結集したスーパー・セッション・ユニットの'80年ライヴ。元は未発だった音源で、久しく品切れでしたが再発。文字通りの軽快にしてメロディアスなクロスオーヴァー/フュージョン・サウンドは、音質こそラフながら、スタジオ以上のテンションです。マグマ関連作という以上に、vlnジャズ・ロック派におススメ!

〜元アンジュのフランシス・デカン(kbd)率いるフレンチ・シンフォ・バンド3rd!〜

GENS DE LA LUNE
/Epitaphe

(2CD/Arts En Avant France)(France'14)
元アンジュのフランシス・デカン(kbd)が率いる、フレンチ・シンフォニック・バンドの新作3rd。詩人レオン・ドゥーべルを題材にした2枚組のコンセプト・アルバムとなっています。アンジュ直系イメージの力強くシアトリカルな仏語voをフィーチャーした、ブ厚くダイナミックなサウンドは、'80年代〜'90年代アンジュの系譜を継ぎつつ、よりモダンでソリッドなテイストを押し出した、正にドラマティックなものです。クリスチャン・デカンのアンジュの向こうを張る出来映えの、注目大傑作。豪華トールサイズ・デジブック・パッケージ!

〜元アンジュのフランシス・デカン(kbd)率いるフレンチ・シンフォ・バンド2nd!〜

GENS DE LA LUNE
/Alors Joue

(CD/Arts En Avant France)(France'11)
元アンジュのフランシス・デカン(kbd)らが結成し、'09年にデビュー作「Gens De La Lune」をリリースしたフレンチ・シンフォニック・バンドの'11年2nd。正にアンジュ系のシアトリカルな仏語voをフロントにしつつ、むしろジェネシス/ハケット系をルーツに、ハード/シアトリカル色を加えたような音像は非常に高品質なものです。傑作となった最新作3rd「Epitaphe」('14)と併せて要チェック!

〜フランス産、管、弦入りアヴァン・ジャズ・ロック・バンドの'19リリース、ライヴ!快演!

 

GHOST RHYTHMS
Live At Yoshiwara

(CD/Cuneiform)(France '19)
'07、'08、'15と、これまでの3作をリリースしている、仏産アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの4th。今回はCuneiformからの発売。曲のクレジットは、'71年のLA等、様々な日時が載っているが架空の設定で、場所は不明だが全編が近年のライヴ録音と思われる。管、弦、アコーディオン、el-g入りの、ミニマル/ポリリズミック系ジャズ・ロックは、テンションが高く、聴き応え十分である。シリアス・パートも含めた、ダイナミックな快演。

〜仏産チェンバー系バンドの最新作は、タンゴ/ラテン風味の強いしなやかなサウンド!〜

GHOST RHYTHMS
/Madeleine

(2CD/Lem)(France'15)
'05年に結成された、フランス産チェンバー/ジャズ・ロック系バンドの、「Sept Cercles」('08)に続く、こちらは最新作3rd。CD2枚組み、全22曲、トータル約130分のヴォリュームにてのリリースです。各種管弦、ドラムス、ベース、そして今回はアコーディオンもフィーチャーした大編成(総勢17名)にて、タンゴ色も一部に採りこんだ、よりシリアス目のチェンバー色を増したサウンドを展開しています。ダイナミズム、スケール感とも申し分のない、高品質な傑作です!

〜カンタベリー/ジャズ風味の強い、フランスらしい流麗なタッチのサウンド!〜

GHOST RHYTHMS
/Sept Cercles

(CD/Lem)(France'08)
フランス産、ギタリストG.Aventurinを中心に'05年に結成された、チェンバー/ジャズ・ロック系バンドの「Ghost Rhythms」('05)に続く2ndアルバム('08)。サックス、フルート、ドラムス、ベース等が参加した編成(1曲スキャット女性ヴォーカル入り)にて、ミニマル・チェンバー色と、ソフト・マシーン・ルーツのカンタベリー・ジャズ風味が合体したサウンドを展開。上品さの中にも緊張感溢れる、フレンチ・チェンバー/ジャズ・ロック秀作です!23分におよぶタイトル曲M7をフィーチャー!

〜仏産、ミニマル/チェンバー寄りの新鋭ジャズ・ロック・バンドの'07リリース1st!〜

GHOST RHYTHMS
/Ghost Rhythms

(CD/LEM)(France'07)
ドラマーXavier Gelardを中心に、'05年に結成された、フランス産、ミニマル/チェンバー+カンタベリー/ジャズ・ロック的注目バンドの、こちらは'07年1stアルバム(当店初入荷)。fl、sax*2、el-g、kbdを含む7人編成にて、スリリングな変拍子/ポリリズムのもと、各パートが張りのあるソロを次々と繰り出す、正にチェンバー・ジャズ・ロックを展開しています。時にピエール・ムーランズ・ゴング或いはFORGAS辺りを思わせる、ハイ・クオリティな秀作です!

〜後のマザー・ゴングの原型ともいえる、たっぷりのスペース・ウィスパー+雑多なゴング・サウンド!〜

GILLI SMYTH
/Mother

(CD/Esoteric)(France'78)
言わずと知れた『ゴング・マザー』ジリ・スマイスの'78年リリース1stソロ。Esotericよりリマスター再発。後のバンド、マザー・ゴングの原型ともいえる、たっぷりのスペース・ウィスパー+雑多なゴング・サウンド(D.アレン、D.マレーブ、P.パイルらの演奏。M5のタブラはサム・ゴパール!)が繰り広げられる、まさにスマイス・ワールド全開の傑作です!

〜P・クレーズを中心としたプロジェクトによる、スリリングかつハイテンションな内容の自主リリース盤!〜

GLEIZKREW
/Volume 1.1

(CD/madRec)(France'09)
カイロウ〜オファーリングのドラマー、フィリップ・クレーズを中心とした、こちらはサックス/クラリネット、ハモンド/クラビネットとのトリオによるアヴァン・インプロ&ジャズ・プロジェクトの作。フリーキー&アグレッシヴなジャズ色を基調に、オルガンと管、そしてドラムが自在に暴れ回る、スリリングかつハイテンションな内容!マグマ周辺リスナーも注目の良作!ほとんど流通していない自主リリースCDです!

〜これは凄い!全盛期ゴングの'73-'75集成12CD+DVDボックス!未発トラック53曲入り!

 

GONG
Love From The Planet Gong (The Virgin Years 1973-75)

(12CD+DVD/NTSC/UMC)(France'19)
ご存知・ゴングの、Virgin期('73-'75)を集大成した、ド級ボックス・セット12CD+DVD/NTSC(オーディオ、サラウンド収録)。64pハード・カバー・豪華カラー・ブック付き。「Flying Teapot」から「Shamal」までの4タイトルを、各'18リマスター、ボーナス・トラック増量で収めているのをはじめ、'73BBCライヴ&エジンバラ(CD5:未発2曲含む)、パリBataclan'73ライヴ(CD6&7:公式初CD化)、Roanne'73ライヴ(CD8&9:ほぼ未発)、ロンドンHyde Park'74(CD10:全未発)、ロンドンMarquee Club'75(CD11&12:ほぼ未発)、そしてDVD(オーディオ収録、Youの4チャンネル音源。サラウンド対応環境で再生可)という、圧倒的ボリュームの内容である。とりわけライヴ音源は、一部「Live etc.」に収録済みの公演のフルなど、ほとんどが未発表という、ファン必聴のもの。偉大なるゴングの真価が詰まった、正にマストのリリース。

〜故・ジリ・スマイスが率いたマザー・ゴングの「Robot Woman」3部作が一挙初CD化!〜

MOTHER GONG
The Robot Woman Trilogy

(4CD/Madfish)(France'82,'89)
元祖スペース・ウィスパーのゴング・マザー、故・ジリ・スマイスが率いたマザー・ゴングの、これまで未CD化だった「Robot Woman」3部作、「Robot Woman('82)」「同2('82)」「同3('89)」を各リマスター&エクステンデッド・リミックスにて初CD化し、更にボーナスCD(未発デモ、ライヴetc.)を加えた4CDセット。大判(28cm×28cm)ハードカバー64Pカラーブック仕様の豪華盤。壮大かつコミカル、テーマはシリアスなストーリーを、ディスコ・ポップからファンク・フュージョン、ゴング調まで、当時夫君だったハリー・ウィリアムソン(kbd、g、vo、etc.)の色も強い、ゴング・ファンは聴き逃がせないサウンドで展開している。特に1作目は傑作である。要・再評価。

〜D.アレン死去後の2作目となるゴングの新作!よりスペイシー&テクニカルな会心の大傑作!必聴!〜

GONG
The Universe Also Collapses

(CD/Kscope)(France'19)
バンド/ファミリーそのものであったデイヴィッド・アレンを'15年3月に死去で失うも、彼の遺志を継いで、最後のメンバーがそのままバンドを継承したゴングの、「Rejoice! I'm Dead!」('16)に続く、アレン亡き後の2作目となる新作。ナイフワールドの才人、カーブストラビ(g、vo)を中心に、管やシンセ、グリッサンド・ギターを多用した、前作より更にスペイシーかつテクニカルな、全盛期アレンズ・ゴングを継いだサウンドを展開している。正に会心の大傑作である。

〜ゴングは死なず!バンド存続に踏み切った新生ゴングの感動の傑作!〜

GONG
/Rejoice ! / I'm Dead !

(2CD+DVD-AV:NTSC/Belle Antique)(France'16)
故D.アレンの遺志を受け、存続へと踏み切った新生ゴングの、「I See You」('14)に続くニュー・アルバム。カーヴス・トラービ(vo, g/ナイフワールド)ら若手メンバー5人に、ゲストでS.ヒレッジ(g/M2)、D.マレルブ(ドゥドゥク/M4, M8)も加わって、「ラジオ・ノーム3部作」を思わせる、スペイシー・ロック・サウンドが全開、感動の傑作!こちらは、本編CDに加え、ボーナスCD(アレンのポエトリー・リーディングや、本編収録曲"Kapital"のデモ、未発曲など7曲40分)、さらにはハイブリッドDVD-AV/NTSC(DVD-V→PCMステレオ&DTSサラウンド、DVD-A→MLPステレオ&MLPサラウンド)が付いた3枚組、D.アレン生前の未発表フォト満載のメモリアル・フォト集含む、48P大判ハードカバー・ブック仕様の超豪華エディション、限定リリース!お見逃しなく!

〜ゴングは死なず!バンド存続に踏み切った新生ゴングの感動の傑作!〜

GONG
/Rejoice ! / I'm Dead !

(CD/Belle Antique)(France'16)
故D.アレンの遺志を受け、存続へと踏み切った新生ゴングの、「I See You」('14)に続く新作28th。カーヴス・トラービ(vo, g/ナイフワールド)はじめ、前作から引き続きの若手メンバー5人(sax/cl含むツインg、kbdレスの編成。drはチェンジ)による演奏で、アレンの生前の声(M4, M5)も使用、更にS.ヒレッジ(g/M2)、D.マレルブ(ドゥドゥク/M4, M8)がゲスト参加しています。「ラジオ・ノーム3部作」を思わせる、正にスペイシーなゴング・サウンドに、現代的なロック・センスも加味された、感動の傑作!ノーマル・エディション1CD、デジパックにてのリリース!

〜初期ゴングの代表的名作!〜

GONG
/Camembert Electrique

(CD/Charly)(France'71)
追悼・D.アレンさん
Charlyより、BYGマスターからのリマスター/紙ジャケ!初期ゴングの代表的名作!

〜“Master Builder”も演奏した「Shamal」期ゴングの発掘ライヴ音源!〜

GONG
/Sheffield City Hall 1976

(CD/Gonzo)(France'76収録)
デイヴィッド・アレン&ジリ・スマイス脱退後、ピエール・ムーランを中心に新生作「Shamal」をリリースしたゴング。本盤は同作リリース後の'76年3月25日、英国シェフィールドでのライヴ音源(未発)を収めた発掘CDです。P.ムーラン、M.ハウレット、D.マレルブ、M.バウエル、P.ルモワーヌ(kbd)の編成で、クレジットは有りませんがゲストでvln奏者も参加しての録音です。「Shamal」全曲に加え“Master Builder”やドラム・ソロもプレイされるトータル約75分に渡る、聴き応え満点の内容です! 音質はオーディエンス録音の為ラフめですが、ファン注目のリリース!

〜御存知、ゴングの「ラジオ・ノーム三部作」その1!例のBOXからのバラ売り、2CDデジ!

 

GONG
Flying Teapot (2CD Deluxe Edition)

(2CD/UMC)(France'73)
'73年にVirginからリリースされた、ゴングの4thアルバムにして、「ラジオ・ノーム・インヴィジブル三部作」の第一弾。代表曲も数多く収録した、アレンズ・ゴングの傑作です。今回、例のド級ボックス「The Virgin Years 1973-75」からの単品リリースとして、本編CD1は、'18リマスター+5ボーナス(未発)、CD2に、公式初CD化の'73Bataclanライヴの抜粋9曲を収めた2CD、デジパックのデラックス・エディション!

〜ラジオ・ノーム三部作の第二弾、'73のピースフルな傑作!2CDデラックス・エディション!

 

GONG
Angels Egg (2CD Deluxe Edition)

(2CD/UMC)(France'73)
前作「Flying Teapot」と同じ'73年に出た、ラジオ・ノーム・インヴィジブル三部作の第二弾。ピースフルでアコースティカルな色が強い、これまた傑作である。本編CD1は、'18リマスター+ボーナス4曲、そして例のボックスに入っていた'73年Roanne ライヴより、抜粋10曲(ほぼ未発)を収めたCD2をカップリングした、2CDデラックス・エディション、デジパック。

〜ラジオ・ノーム三部作の完結編にしてゴング不動の代表作!2CDデラックス・エディション!

 

GONG
You

(2CD/UMC)(France'74)
'74年リリース、ラジオ・ノーム・インヴィジブル三部作の完結編にして、ゴング不動の代表作。本作をもってデヴィッド・アレンとジリ・スマイスは脱退。サイケな世界観と技巧が奇跡的に共存した正に不朽の一枚である。本編CD1は'18リマスター+2ボーナス、更に例のボックスに入っていた'74年 Hyde Park ライヴから抜粋7曲(全未発)を収めたCD2をカップリングした2CDデラックス・エディション、デジパック。

〜アレン&スマイス脱退後、ヒレッジ主導で制作された作!2CDデラックス・エディション!

 

GONG
Shamal

(2CD/UMC)(France'75)
'75年、D.アレンとG.スマイスの脱退後、スティーヴ・ヒレッジ主導で制作されたアルバム。モエルランズ・ゴングへの過渡期的側面もある、充実の内容である。本編CD1は、'18リマスター+3ボーナス(未発)、更に例のボックスから、'75マーキー・ライヴの抜粋7曲(内4曲未発)入りCD2をカップリングしたデラックス・エディション2CD、デジパック。

〜デヴィッド・アレン率いるゴングの73年/74年作が、紙ジャケット&ボーナス追加で再発〜


ゴング
/エンジェルス・エッグ
/ユー

(CD/Arcangelo)(France'73/74)
御大デヴィッド・アレン率いるスペース・ロック・バンドの、『ラジオ・ノーム・インヴィジブル』三部作の第2部、第3部となる73年、74年作品がアルカンジェロより紙ジャケットでリリース。共にデジタル・リマスター、国内初のボーナス・トラックを収録。また、『You』には、初回プレス盤に封入されていた激レアなポスターを、ミニチュアサイズで忠実に再現したものを封入!

[入荷速報]POIL+ツイン女性ヴォーカル! 「フランスの高円寺百景」とも評された、アヴァン/チェンバー・ロック注目バンドの2作目! 生ピアノとシアトリカルなvoで押しまくる、オリジナリティ抜群の秀作!

LE GRAND SBAM
Furvent

(CD/Dur Et Doux)(France'20)
フランスのアヴァン・キーボード・トリオ、ポアル(POIL)と、オペラティックなツイン女性ヴォーカル、更にマリンバ等が加わった、「フランスの高円寺百景」とも言われるバンドの2作目。所謂Zeuhl/マグマ系の要素も有りつつ、生ピアノとシアトリカルなヴォーカルを軸にした、シリアスな空間性とハードコアな押しが共存した、オリジナリティ抜群のサウンドを展開しています。マグマ系リスナーのみならず、レコメン/チェンバー・ファンは注目の秀作です!

〜強烈!あのPOILとツイン女性vo、女性vibeが合体した、ハードコア・アヴァン新バンド!

 

LE GRAND SBAM
Le Vasseau Monde

(CD/Dur Et Doux)(France'19)
現在のフレンチ・アヴァン・ロック・シーンにあって最注目のPOIL(ポアル)丸ごと3人(kbd、b、dr)と、ツイン女性vo、女性vibe奏者が合体した新バンドの1st。ポアルを、よりシアトリカル&エキセントリックにしたような、ハードコア・マグマ系を基調に、スペイシー/シリアス/フリーキー色を交えた、インパクトの強いサウンドを展開している。フレンチ・アヴァン・リスナーは聴き逃がせない、注目の快作である。

[入荷中]カリブ諸島出身の仏ジャズ・ピアニスト/キーボード奏者のソロ最新作! 南米新世代にも通じる、上品でメロウな、変拍子入りこちら向きサウンドの傑作!

GREGORY PRIVAT
Soley

(CD/Buddham Jazz)(France'20)
仏領マルティニーク島(カリブ諸島)出身のジャズ・ピアニスト、グレゴリー・プリヴァの、ソロ最新作3rd。自身のvo/スキャット、キーボードもフィーチャーした、ピアノ/キーボード・トリオにて、カリブ〜ラテン音楽とピアノ・トリオ・ジャズ、そして変拍子をミックスした、上品でメロウなサウンドを展開しています。ディアンジェロ・シルヴァ等、昨今の南米新世代にも通じる、魅力十分の、こちら向き傑作です!

〜これは驚異的!仏産、革新的ハーディー・ガーディー奏者の完全ソロ・アルバム!傑作!〜

GUILHEM DESQ
Visions

(CD/No Label)(France'17)
フランス/トゥールーズ出身のエレクトリック・ハーディー・ガーディー奏者の、'17リリース・ソロ・アルバム。当店初入荷。一聴してバンド録音にしか聴こえないが、何と、これが実は全てのパートをハーディー・ガーディーでプレイした多重録音で、驚きである。欧州から中近東に至るトラッド・メロディと、コンテンポラリーなエレクトロ/ロック系サウンドが相まった、「ハーディー・ガーディー界のジミヘン」と称されるのも納得の、革新的傑作。

[入荷速報]フランスの新世代アヴァン・ジャズ最注目のサックス奏者、ギョーム・ペレの、ソロ名義新作! 新たなメンバーのカルテット編成にて、プログレッシヴ・ロックとジャズを繋ぐかの如き、スケールの大きい野心作!

 

GULLIAME PERRET
A Certain Trip

(CD/Kakoum)(France'20)(税込¥2750)
近年は、THE ELECTRIC EPICを率いて活動する一方、テナー・サックス一本での挑戦的完全ソロを出すなど、充実のフランス新世代にあっても、最注目のサックス奏者、ギョーム・ペレの、ソロ名義新作。今回は、THE ELECTRIC EPIC とは異なる、新たなメンバーのカルテット編成(sax,kbd,el-b.dr)にての録音になっています。冒頭の、ジェネシス“Watcher Of The Skies”風(!)ベース・リフが示す通り、エレクトロ+エスノ・ジャズを基本にしつつ、プログレッシヴ・ロック色も採り込んだ、ソリッドかつ大スケールのジャズ・ロックを展開。これまた挑戦的な、刺激十分、格好良さ抜群の秀作です!

〜フランスの先鋭的なサックス奏者、ギヨーム・ペレの完全ソロ・アルバム!驚異のエレクトロ音響作!

 

GUILLAUME PERRET
/Free

(CD/Kakoum)(France'16)
リーダー・バンド、THE ELECTRIC EPICにて、マグマ系ルーツのパワー・ジャズ・ロックを展開して、プログレッシヴ界隈でも大いに注目を集める仏のサックス奏者、ギヨーム・ペレが'16年にリリースしたソロ・アルバム。当店初入荷。ポストプロダクション一切なしの、エレクトロニクスを駆使したサックスの一発演奏を収めており、様々に変化していく音色とバンド的なまでの重層的な音像は、正に驚異的である。アヴァン・ジャズ・リスナーのみならず注目の、先鋭音響系傑作。


〜マグマ筋のリスナー要注目の傑作!〜

GUILLAUME PERRET & THE ELECTRIC EPIC
/Open Me

(CD/Kakoum Records)(France'15)
'フレンチ・アヴァン・ジャズ系注目の若手サックス奏者、ギヨーム・ペレが結成したグループの、Tzadikから出た同名作('12)に続く2作目。今回も前作と同じ4人編成で、マグマ/ONE SHOT/NHXのP.ブソネ(b)、J.トップ/インフェルナル・マキナのJ.Grandcamp(g),NHXのY.Serra(dr)の3名が参加。ハードコア、ポストロック、人力トランス/エレクトロ等、先鋭センスをマグマ/KC系ルーツのヘヴィ・ジャズ・ロックと融合したスリリングでダークなサウンドは、非常に刺激的です!マグマ・ファンも注目の会心傑作!

〜仏の先鋭的サックス奏者とMAGMA/ONE SHOT人脈によって結成されたニュー・グループ! ハードコア+マグマ/KC的モダン・ヘヴィ・ジャズ作!〜

GUILLAUME PERRET & THE ELECTRIC EPIC
/Guillaume Perret & The Electric Epic

(CD/TZADIK)(France'12)
フレンチ・アヴァン・ジャズ系注目の若手サックス奏者G.PerretがMAGMA/ONE SHOTのP.ビュンネ(b)、ヤニック・トップ/インフェルナル・マキ―ナのJ.Grandcamp(g)らと結成したグループの1stがTzadikより発表。ジョン・ゾーンやマイク・パットンを思わせるハードコアから、エレクトロ/アンビエント、ポストロック、そしてマグマ/クリムゾン風味のヘヴィー・ジャズ・ロックまで、多彩かつ先鋭的なセンスに彩られた、スリリングなサウンドを展開しています。ロック性も十分で、とりわけ後半の迫力が凄まじい、会心の傑作!

〜驚異のマルチサックス奏者、ギョーム・ペレが手掛けたサントラ作、'18年2nd!

 

GUILLAUME PERRET
16 Levers De Soleil

(CD/Adami)(France'18)
マルチ奏者、Mical Wojtas による実質ソロ・プロジェクト、『ポーランドの』アマロックの「Hunt」('17)に続く、新作5th。スロー・コア〜ダーク・アンビエント/エレクトロ的な音作りの中にも、フロイド/ギルモアやマイク・オールドフィールド・ルーツのメロディックなギターを交えたシリアスなインストを展開している。イマジナリーな仕上がりの力作である。

〜パワフル&タイトに展開される、「Getxo」フェス出演時の快演を収めたライヴCD!〜

GWENDAL
/Live In Getxo

(CD/Gwendal)(France'15録音)
フレンチ・ケルト・ロックの大ヴェテラン、グウェンダルが、'15年9月にスペインで行なわれたケルト・フェス「Getxo」に出演した際の演奏を収めたライヴCD。fl, vln, kbd, g, b, drのインスト編成(+ゲスト)にて、ワールド/フュージョン・タッチのフレンチ・ケルト・サウンドをパワフル&タイトに展開!心地良さ満点の快演です!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る