◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:JAPAN M-N
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜ラクリモーザのChihiro.Sが新たに結成した、ペイガン・トラッド・チェンバー・ユニット!〜

まぼろしペイガンズ
/まぼろしペイガンズ

(CD/POSEIDON)(Japan'11)
ラクリモーザのChihiro.S(vo.saz.etc)が、「おしゃれジプシィ」の佐藤圭一(oud.vo.etc)と結成した新グループのデビュー・アルバム。平田穂高(ac-g.virtual mellotron etc)を迎えた、アコースティック主体の編成にて、バンド名通り?いわゆるペイガン系(古楽/トラッド+ゴシック)にインスパイアされたような、ヨーロッパ〜中近東系トラッド色、チェンバー、あるいはメロトロン音などのヘヴィ・シンフォニック風味をブレンドした、ダウナーかつミステリアスなインスト&歌物を展開しています。Chihiro.Sならではの、メシアン・カヴァーをラストに収録するなど、ジャパニーズ・チェンバー系リスナーも注目と言える、大充実の快作です!

〜テルズ・シンフォニアに参加する徳久恵美を軸とした、バロック・クラシカル調のシンフォ秀作!〜

マグダレーナ
/マグダレーナ

(CD/King)(Japan'87)
後にテルズ・シンフォニアに参加する女性シンガー、徳久恵美が在籍した、関西プログレ・ハード系バンド、マグダレーナの1stアルバム。永井博子、宮武和宏がゲスト参加。後の活動に比べて、よりオペラティックで耽美ムードの強い歌唱を聴かせる徳久を軸とした、バロック・クラシカル調のサウンドは、ノヴェラ系というよりも、むしろページェント辺りに通じる所も多し。アルバムとしては唯一作となったのが惜しまれる秀作です! キングよりリマスター/紙ジャケットにて再発、お見逃しなく!

〜MAGICAL POWER MACOの'14年2月ライヴを収めたCD!〜

マジカル・パワー・マコ
/ナイト・アット・ザ・ホークウィンド

(CD/時弦プロダクション)(Japan'14)
ジャパニーズ・サイケデリック/プログレッシヴ/トランス・ミュージックの伝説的アーティスト、マジカルパワーマコが'14年2月に京都のロックバー「ホークウィンド」行ったライヴを収めたCD。マコ自身はギターを中心にプレイ(+仕込み音源やvo)しており、純ソロから女性ヴォイスパフォーマーや、時弦楽団のbらがゲストに入った演奏まで、予想外にテクノ色は薄い、エフェクティヴなギター主体の内容です。正に「来ずミック・ブルース」な“Welcome To The Earth”のel-g弾き語りヴァージョン(日本語詩入り)はじめ、マコならではのスペイシー&トランシーな色の強い、サイケ・ジャムがたっぷり味わえる快演!

〜傑作未発表音源シリーズの5タイトルをセットにしたコレクターズBOX、限定1000セットで再発!〜

MAGICAL POWER MAKO
/Hapmoniym 1972-1975

(5CD/bamboo)(Japan'72-75)
コンポーザー&マルチ・プレイヤーのマコによるユニット:マジカル・パワー・マコの傑作未発表音源シリーズ「ハーモニウム」の5タイトルをセットにしたコレクターズBOXが、英国BAMBOOレーベルより再発!限定1000セット、シリアルナンバー入りにて。

[入荷速報]日本産、古楽・トラッド系ヴァイオリン・インスト・プログレッシヴ・バンドの、6年振り3作目!巨人ガルガンチュアをテーマとしたオリジナル・ストーリー作!グリフォン、フェアポート、イエス、PFM 等を思わせる、ダイナミック&ファンタジックな会心傑作!ショップ購入特典:缶バッジ付き!

MARGARET MAGGIE (マーガレット・マギー)
Go Away Gargautua! (大食漢よ出ていけ!)

(CD/Philip Royal)(Japan'20)
日本産、古楽・トラッドの要素を採り入れた、ヴァイオリン・インスト・プログレッシヴ・バンド、マーガレット・マギーの6年振り3作目(16曲57分)。女性ヴァイオリンをフロントに、女性フルート/ピッコロ/リコーダーもフィーチャー(bとkbdも女性)した編成にて、ドラマーが考案した、巨人ガルガンチュアをテーマにしたオリジナル・ストーリー・コンセプト(絵本風の自筆イラスト・ブックレット付きデジパック)を展開しています。ギター含むアコースティカルなアンサンブル主体の中、メロトロン音やハードな疾走パートも導入、グリフォン、フェアポート・コンヴェンション、イエス、PFM 等を思わせる、ダイナミック&ファンタジックなサウンドに仕上がった、正に会心の傑作!
※ショップ購入先着特典:缶バッジ付き

〜KEEP〜PARADIGM SHIFTの富倉安生(b)が結成したプログレッシヴ・フュージョン・バンドの'02年唯一作!〜

MAGRITTE VOICE
/Magritte Voice

(CD/Gohan)(Japan'02)
あのKEEP、PARADIGM SHIFTのメンバーだったベーシスト、富倉安生が、'93年に結成したバンドの、満を持しての1stフル・アルバム。羅麗若〜古川兄弟のギタリスト古川望をはじめ、キャリア十分のミュージシャンによる、プログレッシヴ・フュージョン〜ジャズ・ロック。張りのあるムーディ&セクシーな女性ヴォーカルもフィーチャーし、適度にポップな面とテクニカルな新生クリムゾンからブランドX〜ECMテイストが程よく融合されて非常に高完成度の一枚。注目!

〜東京拠点のサイケデリック・ロック・バンド新鋭、デビュー・ライヴ盤に続く1stフル!轟音と叙情の渦に浸れ!〜

魔術の庭
/Frontera
(CD/MusikAtlach)(Japan'09)
元OVERHANG PARTYの福岡林嗣(vo.g)率いるサイケデリック・ロック・バンド:魔術の庭の、09年末にリリースされたデビュー・ライヴ盤『夏の終わりに』から早くも登場した1stスタジオフルアルバム。前作からさらに踏み込んだサイケデリック・ハード・ロック・サウンド!どっぷりと浸れる、濃密な轟音と叙情の音世界を展開しております。

〜かの平沢進が率いた幻のヘヴィ・プログレ・バンド:マンドレイクの未発表音源集その1!〜

MANDRAKE
/Unreleased Materials Vol.1

(CD/ChaosUnion/Teslakite)(Japan'06)
後にP-MODELを結成する平沢進(vo.g)が70年代中盤に率いていた幻のプログレッシヴ・ロック・バンド:マンドレイクの未発表音源集。こちらは97年にベル・アンティークからリリースされていた第一弾の、リマスター&ニュー・ジャケット再発。年代はバラけていますが、いずれもマンドレイクの代表曲といえるものを収録(ライヴテイク/スタジオテイク)。名曲"飾り窓の出来事"、叙情的な"終末の果実"をフィーチャー、日本プログレ・リスナー必聴の貴重な記録!平沢自身の回顧録「錯乱の扉」もブックレットに収録。

〜かの平沢進が率いた幻のヘヴィ・プログレ・バンド:マンドレイクの未発表音源集その2!〜

MANDRAKE
/Unreleased Materials Vol.2

(CD/ChaosUnion/Teslakite)(Japan'06)
後にP-MODELを結成するカリスマ的クリエイター/コンポーザーの平沢進(vo.g)が70年代中盤に率いていた幻のプログレッシヴ・ロック・バンド:マンドレイクの未発表音源集。こちらは97年にベル・アンティークからリリースされていた第ニ弾の、リマスター&ニュー・ジャケット再発。代表曲"Mandragora"、問題作"Tales From Pornographic Ocean"など、新●月、美狂乱と並び称された幻の日本プログレ黄金期の圧倒的サウンドを再び!平沢自身の回顧録「錯乱の扉」もブックレットに収録。

〜ジャーマン+フロイド風ヘヴィ・サイケ/プログレ・ジャムを展開する新バンド!パワフルな快演!〜

マンマル・マシーン
/密儀

(CD/CaptainTrip)(Japan'10)
故.ヒュー・ホッパーや、デヴィッド・クロスとの共演で知られる、英国在住のユミ・ハラ・コークウェル(vo.kbd)、元MARBLE SHEEPの宮崎リエ(b.vo)、ZENI-GEVA〜Leningrad Blues Machineのタバタミツル(g)、MANDOGの渡邊靖之(dr)の4名による新バンドの1stアルバム。半ば即興的なジャーマン風のヘヴィ・サイケ・ジャムといった趣で、ところどころ『Ummagumma』PINK FLOYD調の部分もある、気合いの入ったサウンドとなっています。手応え十分の注目の1枚!

〜若手古楽系ロック・バンド初のフル・アルバム! 妖美な古楽〜チェンバー・ロックの快作!〜

MARGARET MAGGIE (マーガレット・マギー)
/Tower -塔-

(CD/Phillip Royal)(Japan'14)
吉祥寺シルバー・エレファントを拠点に活動している、古楽/トラッド+プログレッシヴ若手注目バンドの、2ndリリースにして初のフル・アルバム(9曲45分)。リーダーの阿久津太郎(g,b,syn,リコーダー)以外はメンバーを一新した4人編成となり、vln,dr/per,p/kbdを迎えての録音になっています。サウンドもリフレッシュされ、よりダークで妖美な古楽/ペイガン・トラッド/チェンバー風味を押し出す一方、トラッド・ロック的なタテノリ・ナンバーも配したダイナミックな仕上がりの快作です! 「パズドラ」CMサントラ提供曲2曲及び、オンラインゲーム「進撃の巨人-反撃の翼」サントラ提供曲曲も収録!

〜マーガレット・マギーの1stリリース・ミニが再発!〜

MARGARET MAGGIE (マーガレット・マギー)
/Garden -庭園-

(CD/Phillip Royal)(Japan'10)
吉祥寺シルバーエレファントを拠点に活動する、古楽/トラッド+プログレッシヴ若手バンドが'10年にPoseidon/Vitalから発表していた1stリリース・ミニ(5曲23分)の再発盤。リーダーの阿久津太郎(g,syn,etc)以外は現在と異なるメンバーで、vln,drとのトリオによる録音です。ケルト・トラッドから、バロック・クラシカル、クリムゾン/ユニヴェル・ゼロ系ヘヴィネスからメタル色までを横断する、新世代らしいミクスチャー感覚と個性が光る充実の力作! タイトル/ジャケ違い、デジパックでの再発!

〜東京発、注目の若手ヴァイオリン・インスト・シンフォニック・トリオ、5曲入りミニアルバム!〜

Margaret Maggie
/Margaret Maggie
(CD-R/VITAL)(Japan'10)
メンバー全員が20代前半という、東京の若手ヴァイオリン・シンフォニック・バンドの、1stリリース(スタジオ録音:5曲入りミニ、CD-R)。エレクトリック・ヴァイオリンをフロントに、ギター/シンセetc、ドラムス/パーカッションというトリオ編成による録音になっています。元々の色だったというケルト・トラッド風味から、バロック/クラシカル、KING CRIMSON〜UNIVERS ZERO系のヘヴィネス、更にはメタル色までを横断する、新世代らしい硬質なサウンドは手応え十分です。演奏力や方向性は発展途上ながら、KBB、FANTASMAGORIAに続く注目株と言える、充実の力作です!7分を越える大曲"地下牢"はメロトロン・サウンド入りのハイライト・ナンバー!ポチャカイテ・マルコのファンにも!

〜木幡東介が率いる、孤高のアングラ情念系バンド、現体制での初のスタジオ録音!凄絶!

マリア観音
東夷偽史先住民拙言滅裂多仁

(CD/エレクトレコード)(Japan'19)
木幡東介(vo、etc)をリーダーとする、日本語アングラ情念ロックの大ヴェテラン、マリア観音の、'15年以降の現体制になったバンドでの初のスタジオ録音盤。近年のJ.A.シーザーを支えた才人、a-kira(g、kbd、cho)が加入して、全曲が旧曲のりレコながら、全くイメージを一新している。より複雑で激しいアンサンブルと、強烈極まる歌声が相まった、まさに凄まじい世界!これは注目、会心の傑作である。

〜マライア唯一のライヴ・アルバム!〜

マライア
/レッド・パーティ(悪魔の宴)

(2CD/King)(Japan'82)(税込¥3000)
サックス奏者の清水靖晃を中心に、笹路正徳(kbd/後にNAZCA)、土方隆行(g)、渡辺モリオ(b)、山木秀夫(dr/後にKEEP)、そして村川ジミ−聡(vo)という、日本トップ・クラスのスタジオ・ミュージシャンたちによって結成、「YENトリックス」('80)、「アウシュビッツ・ドリーム」('81)、「マージナル・ラヴ」('81)と3枚のスタジオ作を残したマライアの唯一のライヴ・アルバム(LP2枚組)。'81年3月渋谷エピキュラスでの演奏を収めており、TOTO等に通じるAOR寄りポップ・プログレ・ハード色から、フュージョン寄りのテクニカル・パートまでたっぷり味わえます。アグレッシヴなギター・ワークと、山木秀夫の超絶パワフルなドラミングがとりわけ光る快演!

〜強豪スタジオ・ミュージシャンの集合体、マライアの1st!ポップ・プログレ・ハードの力作!〜

マライア
/YENトリックス

(CD/KINGRECORDS)(Japan'80)
笹路正徳(kbd)、清水靖晃(sax)、土方隆之(g)、渡辺モリオ(b)、村川ジミー聡(vo)、そしてゲストに山木秀夫(dr)という当時の超一流ミュージシャンが結集したグループ、マライアの1stアルバム。フュージョンというよりも、むしろTOTOなど、「プログレ・ルーツのAOR/ハード・ポップ」を展開しており、英語ヴォーカルを含め、洋楽志向の本格的な内容です。プログレ・ハード・マニア向けの力作!インサート/帯(前面)復刻、リマスター、新ライナーノーツ付きにて、初の紙ジャケット化!

〜今回の再発シリーズ「裏の」目玉アイテム!久しく入手困難だった、マライアの最高作2nd!〜

マライア
/アウシュビッツ・ドリーム

(CD/KINGRECORDS)(Japan'81)
日本きっての強豪スタジオ・ミュージシャンの集合体、マライアの2nd。笹路正徳(kbd)、清水靖晃(sax)、土方隆之(g)、渡辺モリオ(b)、村川ジミー聡(vo)、そして山木秀夫(dr)という、前作と同じメンバーにて、彼らとしては最もプログレッシヴ色を押し出したサウンドを聴かせる1枚。TOTO、QUEENなどがルーツのAOR/ポップ・ハードに、激しい変拍子も加えて、熱くドラマティックな仕上がり。TAOなどを好む向きにも注目と言える、「80年代メジャー系」の隠れた傑作!久しく入手困難でしたが、インサート/帯(前面)復刻、リマスター、新ライナーノーツ付きにて紙ジャケット化!

〜日本産、イエス、イット・バイツ系本格派ハード・シンフォ、会心の傑作セカンド登場!

 

MASHEEN MESSIAH
Anothe Page

(CD/Masheen Messiah)(Japan'19)
東京産、元々はイエス「ドラマ」再現ライヴの為に'02年に結成され、現在はオリジナル・バンドとして活動している、ハード・シンフォニック・バンドの、好評を博した「For The Light Unseen 〜」('16)に続く2nd。イエス、イット・バイツ辺りを思わせる、本格的英語voによるサウンドは、より'80s風味/バイツ色を強化。正にそれ系の佳曲Bはじめ、更にキャッチー&ダイナミックに迫る、会心の傑作である。
※ワールド・ディスク オリジナル先着特典CD-R付き(スタジオ未発曲1曲収録)!

〜イエス〜イット・バイツ系ルーツの、ソリッド&ドラマティックなプログレ・ハード寄りシンフォ・サウンド!〜

MASHEEN MESSIAH
/For The Light Unseen

(CD/Masheen Messiah Records)(Japan'16)
元々は、イエス「ドラマ」再現ライヴのために'02年に結成、現在はオリジナル・バンドとして吉祥寺シルバー・エレファントを中心に活動しているハード・シンフォニック・バンド、マシーン・メサイアの1stアルバム。ハード・ロック系の声質のvo(英語)をフィーチャーした5人編成で、drには日本在住のマーク・マードック(ex.エンパイア)が参加しています。イエス系のみならず、イット・バイツ〜F.ダナリー周辺に通じる、ソリッド&ドラマティックなプログレ・ハード寄りサウンドの傑作!

〜後にパラダイム・シフトを結成するギタリスト/シンガーのソロ最高作'83年3rd!〜

 

松下 誠
Quiet Skies

(SHM-CD/Bridge)(Japan'83)
後にPARADIGM SHIFT (パラダイム・シフト)を結成する、フュージョン/AOR系ギタリスト/シンガー、松下 誠の'83年3rdソロ。「First Light」('82)、「The Pressures And The Pressures」('82)の前2作からの、山下達郎というよりは難波弘之のポップ面に通じるシンフォAOR色を継ぎつつも、ここに至り、KEEP〜パラダイム・シフトの富倉安生(b)らを迎え、よりプログレッシヴな色を増強した内容を展開している。スリリングなDはじめ、パラダイム・シフトの前段階とも言うべき、ソロ最高作である。今回、SHM=CD、紙ジャケ、'83年の未発表アンビエント・アルバムから3曲をボーナス追加しての再発。

〜名古屋産シンフォニック・ロック・バンド'14年作!〜

MAU2 (マウマウ)
/Another Heaven

(CD/Aqua Planet)(Japan'14)
'83年に結成され、'01年に本格的に再始動したという、名古屋産シンフォニック・ロック・バンド、MAU2(マウマウ)の、「Voyagers」('05)に続く9年振りのセカンド。井上銀河(kbd)を中心にした4人編成(kbd, vo/g/b, dr, el-g)となり、UK、ELP、YES等をルーツとしたテクニカルなインスト・パートと、叙情的なvoパート(日本語/英語)の対比を軸としたサウンドは、着実にスケール・アップ。全体によりハードでダイナミックな音像の中、voの表現力も向上しており、23分に及ぶラストのタイトル曲はじめ、聴き応え抜群な会心の大力作となっています!

〜叙情的歌ものシューゲイズ・メランコリック・ロック!愛媛出身のオルタナティヴ・ロック・バンドの4曲入りマキシ!〜

MEEL
/Meel
(CD/MEEL)(Japan'10)
愛媛出身、東京で活動するオルタナティヴ・ロック・バンド:MEELの4曲入りマキシシングル。MY BLOODY VALENTINEなどの影響を受けたという、シューゲイズ的側面以上に、叙情的な歌物色が出ており、キーボードも交えた幻想的ムード(MUM系のグロッケンも)の後半は、特に聴き応えがあります。プログレ系リスナーにも十分対応のメランコリック・ロックの力作!

〜R.ウェイクマンばりのkbdワークを押し出した、重厚かつ劇的なジャップス・シンフォの王道を行く力作!〜

MELOGRESS
/The Melogress Album

(CD/Progressive Rock Records)(Japan'17)
'04年結成、吉祥寺シルバー・エレファントを拠点に活動している、キーボード・トリオ+ヴォーカルの4人組シンフォニック・ロック・バンド、メログレスの、2nd(ミニ)「オラクル」('10)に続くサード・アルバム。bがチェンジし、よりプログレ・ハード的な技巧性を増した、ドラマティックな作風になっています。リック・ウェイクマンばりのキーボード・ワークを押し出したインスト・パートと、一部フルートもこなす熱唱型(日本語)voが相まった、時にジェラルド等を想起させるジャップス・シンフォの王道にして個性も十分の力作!前作からのシリーズ完結編"闇夜の支配者"(part2 /part3)や、ブラームスをモチーフとした楽曲も収録。ボーナス・トラックとして、18分に及ぶ"組曲:闇夜の支配者"(Live)追加。

〜疾走するオルガン、熱唱するヴォーカルをフィーチャーした、日本産4人組シンフォ・バンドの5曲入りミニ!〜

MELOGRESS
/Oracle

(CD/PRR)(Japan'10)
2004年結成で、シルバーエレファントを拠点に活動している、キーボード・トリオ+ヴォーカルのギターレスな4人組シンフォニック・バンド:メログレスが、『Odyssey』('06)に続きリリースした2nd(ミニアルバム/5曲26分)。EL&PやU.K系も思わせる、力強い三連リズムや、AARDVARK風のオルガン疾走パートを交え、ダイナミックで劇的なサウンドを展開しています。どことなく、往年の戦隊ヒーロー系歌手に通じる?熱唱のヴォーカル(フルートもプレイ)は好みを分けるものの、まさに熱い想いが伝わってくる、ジャパニーズ・プログレ然とした魅力の力作です!

〜HELDONのリシャール・ピナスと、ジャパノイズの代表格メルツバウの、2010年共演ライヴ!〜

リシャール・ピナス&メルツバウ
/Rhizome

(CD+DVD[NTSC]/DiskUnion)(France/Japan'10)
70年代フレンチ・エクスペリメンタル・ロックの第一人者にして、HELDONその人であるリシャール・ピナスと、ジャパニーズ・ノイズ・ミュージックの代表格であるメルツバウの、07年の来日公演での共演ライヴ『Keio Line』、そして2010年発表のピナスのソロ作『Metal/Crystal』に続く、2010年ワシントンDCでの共演ライヴ!唸りを上げるフリップナイズドされたギターに、トリッピーな電子音が絡む、時にノイジーでアンビエントな注目の快演です!CD(5曲/63分)と、同日の映像(26分)入りのボーナスDVD付きセット!メルツバウの秋田昌美氏本人による解説ライナー付き。また、08年のパリ公演の音源がダウンロードできるクーポンも封入されています!

〜ミッキー吉野と渡辺香津美を中心に、豪華メンバーが参加した'78年のセッション・アルバム!〜

ミッキー吉野、渡辺香津美
/カレイドスコープ

(SHM-CD/日本コロムビア)(Japan'78)
ミッキー吉野と渡辺香津美を中心に、豪華メンバーが参加した'78年のセッション・アルバム。竹田和夫(g)、ジョージ紫(kbd)、村上ポンタ(dr)、カルメン・マキ(vo)、土屋昌己(g)らをフィーチャーして、ソウルフルなファンク・フュージョン系サウンド(ハンコックやウォー、スティーヴィー・ワンダーのカバー含む)を展開。和物マニア注目の熱演! SHM-CD/紙ジャケット仕様にて!

〜海外での人気も高いジャパニーズ・シンフォニックの老舗、ミダスの新作が登場!〜

MIDAS
/Touch The Clear Air

(CD/ベル・アンティーク)(Japan'13)
伝説のデビュー・アルバムから25年を経た現在まで、着実な活動を続け、海外での人気も高い関西発ジャパニーズ・シンフォニックの老舗、ミダス4年振りの新作(7th)は、13年振りとなる完全スタジオ作品となりました。初期のkbd奏者が復帰したラインナップにて、リーダー右遠英悟(vln,g,vo)のプレイを押し出したシンフォニック・サウンドを存分に展開。ジャパニーズ・プログレッシヴ・ファン必聴の会心作です!(プラスティック・ケース版のみでのリリースとなります)

〜東京産エスノ/トラッド・チェンバー複合型ジャズ・ロック個性派、初のプレスCD作が登場!〜

minoke?
/p.p.a.c.k(ピーパック)

(CD/POSEIDON)(Japan'11)
これまでに2枚のCD-R作品をリリースしている、東京を拠点とした個性派ジャズ・ロック・バンド、ミノケ?の、公式デビュー作とも言える3rdリリース(プレスCD)。サックスをフロントに、べース/スティック、ドラムス、キーボード/パーカッションの4人編成となっており、ゲストで女性ヴォーカル/フルート奏者、FANTASMAGORIAの藤本美樹(vln)も参加。時にSOFT MACHINE/カンタベリー風味も香るジャズ・ロックを基調に、エスニック/トラッド・チェンバーも混合した、屈折感溢れるイマジナリーな大力作です!

〜注目!京都産、RUSHのカヴァー・バンド「BTR」のベーシストによる、一人多重完全ソロ作!RUSH、U.K.、GENESIS等ルーツ、テクニカル・インストから歌物シンフォまで、プログレッシヴ・ハード・ポップの高水準良作!

 

みろく卍游楼 (みろくまんじゅうろう)
ろくまん共和国

(CD/Aporia Music International)(Japan'20)(税込¥2750)
※初回特典:解説・インタビュー付き)

京都産、オリジナルバンド「よたろう帝国」(現在は脱退)、ラッシュのカヴァー・バンド「BTR」のベーシスト、みろく卍游楼(みろくまんじゅうろう:愛称ろくまん)の1stソロ。一人マルチ多重の完全ソロ(日本語vo含む)で、正にラッシュ風のテクニカル&メタリックなインストから、U.K.、イエス系歌物シンフォ、ビートルズ・オマージュまで、時に難波弘之/SOWを思わせる所も有る、高水準な内容。プログレッシヴ・ハード・ポップの良作である。

〜話題を集めた1stフル作をよりプログレッシヴな作品へと変貌させた、超限定LP盤(CD付)!〜

MIZUKI da Fantasia
/ Genso no Ichiya

(LP+CD/Nouverne)(Japan'18)
大きな注目と話題を集めたMIZUKI da Fantasiaのファースト・アルバム「幻想の一夜〜In Memory Of Fantasy」をベースに、新たな4曲を入れ替え、よりプログレッシヴ・ロック作品へと変貌させた、超限定LP盤がリリース決定。オフィシャル・ブートレッグや特典音源で配布された楽曲のニュー・テイク"かりそめ〜for a moment"や"離別 vocal ver"(歌詞付き)などを収録。よりドラマティックな内容の11曲、約50分となっています。さらに付録として封入のCDには、アナログ・ディスクと同内容の楽曲に加え、ボーナス・トラックとして1stアルバムの楽曲・未発表曲を追加収録(ボーナスは5曲)。見開きジャケット(ロジャー・ディーン・ロゴ使用カヴァー)、ピクチャーレーベル、オリジナル帯、歌詞カード、ヒストリー&楽曲解説、フォトカード入り。完全限定盤につき、確実に入手したい方はご予約をお願いいたします。

〜先だってのライヴをもって活動を休止した、MIZUKI da Fantasia の、限定オフィシャル・ブートレッグ10曲入りプレスCD、ストック品限定再入荷!この機会をお見逃しなく!

 

MIZUKI da Fantasia
Official Bootleg-10 Unmixed Songs

(CD/Nouverne)(Japan'17)
先だっての('20年1月)ライヴをもって活動を休止、Mizuki(vo)とAnna Hardy(p)は、それぞれソロ活動をスタートした、ミズキ・ダ・ファンタジーア。本CDは、1stアルバム「幻想の一夜〜In Memory Of Fantasy」('17)の補完的オフィシャル・ブートレッグ・リリースで、アルバム未収曲の、比較的完成形に近いデモ10曲(うち5曲はショップ用特典として公開済み、5曲は本盤でしか聴けない)を収めている。限定350枚ナンバー入り、ストック品限定再入荷につき、この機会をお見逃し無く。

〜カルメン・マキ&OZや初期クリムゾンの系譜を思わせる、ダークな情念系女性voフロントの注目新バンド!〜

MIZUKI da Fantasia (ミズキ・ダ・ファンタジーア)
/幻想の一夜 〜In Memory Of Fantasy〜

(CD/ヌーヴェル・レコード)(Japan'17)
永井ルイらと結成した「ファンタジー・ロック・オーケストラ」でも活動してきた女性シンガー/キーボード奏者、MIZUKI(大田瑞希)を中心とした新バンドのデビュー・アルバム。ダークな叙情性に溢れた日本語詩の歌声と、メロトロンも使用したダイナミックなサウンド(インスト3曲も含む)が織り成す歌物プログレッシヴの世界は、古き良き'70年代の香りを現在にアップデートした、非常に魅力的な物です。カルメン・マキ&OZや初期クリムゾンを思わせるところも多い、ジャパニーズ・プログレッシヴ・リスナーのみならず注目の傑作!7/26(水)発売、ご予約受付中!

〜[6/21発売、入荷しました!]日本産、女性vo歌ものプログレッシヴ・バンドの早くも登場新作3rd!

MIZUKI da FANTASIA
Questin 1969〜去りゆく時代に

(CD/Nouverne)(Japan'19)
'17年に「幻想の一夜〜In Memory Of Fantasy」でデビュー、翌'18年には2nd「レインボウ・チェイサーズ〜虹を追う人々」をリリース、いずれも好評を博した、女性シンガーMIZUKIと女性kbd奏者、Anna Hardyを中心としたユニット、ミズキ・ダ・ファンタジーア。注目のサード・アルバムが、早くも完成した。前半に歌心重視のナンバー、後半に組曲含むシンフォニック志向のナンバーを配した構成にて、より深化したMIZUKIのパワフルでダイナミックな表現力、クラシカルで華麗なピアノ、そしてここぞで炸裂するメロトロンという、正に歌ものプログレッシヴな世界を展開。1stの重厚な叙情と、2ndのキャッチーでドラマティックなシンフォ色を併せ持つ、前2作の良い所取り、時に北山真(ex.新●月)のソロを思わせる、会心の傑作である。

※先着購入特典:完全未発表インスト3曲入りミニCD (全店舗共通)

〜新作に合わせて発売!こちらは'17年1stアルバムのリマスター盤!お見逃し無く!〜

MIZUKI da Fantasia
幻想の一夜〜In Memory Of Fantasy

(CD/Neuverne)(Japan'17)
新作3rd「Question 1969〜去りゆく時代に」と合わせて発売された、ミズキ・ダ・ファンタジーアの、こちらは'17年デビュー作のリマスター盤。MIZUKIのダークな詩情に溢れた歌世界と、メロトロンを含むドラマティックなサウンド(演奏にはYUKA&CHRONOSHIPの面々も参加)が織りなす歌ものプログレッシヴは、古き良き'70年代の香りをアップデートした、非常に魅力的なもの。傑作である。こちらも、お見逃し無く。

〜E・ブーズやマグマから強い影響を受けた、日本のプログレッシヴ・ロック作品の中でも屈指の名盤!〜

MONGOL
/Doppler 444 Complete Version

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Japan'97)
安本"Mongol"毅(kbd)が率いる、日本産テクニカル・シンフォニック・バンド、モンゴルの、現時点での唯一作('97)。ライヴ活動が少なかった為、知る人ぞ知る存在でしたが、そのサウンドは、エマニュエル・ブーズやマグマの強い影響を受けつつも、ホールズワース的な超絶技巧のgをフィーチャーし、U.K.等にも通じるテクニカルなものになっています。日本プログレッシヴ屈指の名作! '88年のライヴ・トラック3曲ボーナス追加、SHM-CD、紙ジャケット仕様!

〜ムーンダンサーとタキオンのカップリング・ライヴを収めた2CD!〜

ムーンダンサー&タキオン
/ライヴ!2013

(2CD/ブリッジ)(Japan'13収録)
'14年3月29日クラブチッタ「ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック・フェス」にも出演し、素晴らしい演奏を行った厚見玲衣(kbd、vo)率いる復活ムーンダンサー。今回、後身バンド、タキオンとのセルフ・カップリング形式で行われた、'13年5月18日吉祥寺ROCK JOINT GBでの復活第一弾コンサートを、ノー・オーヴァーダブで完全収録した2CDが登場しました。前半(CD1)がムーンダンサー、後半(CD2)がタキオン(+アンコール)で、“アラベスク”はじめ名曲の数々をスタジオ以上のパワーで聴かせる名演! 必聴!

〜日本プログレッシヴ史上に輝く、ミスターシリウス究極の傑作!再紙ジャケット化!〜

ミスター・シリウス
/ダージ

(CD/KINGRECORDS)(Japan'90)
90年にリリースされた、ミスターシリウスの2nd。宮武和広を中心に、大木理沙(vo)、そしてケッヘルの釜木茂一(g)をフィーチャーし、よりバンド然とした、壮絶なパワーとダイナミズムを感じさせる内容です。高度な作編曲、テクニック、ヴォーカルを始めとする表現力、いずれも文句なしのクオリティ、まさに究極の完成度を誇る1枚です。以前、Altavozより紙ジャケット化されましたが、今回、本家キングより、初発売時のブックレット/帯(前面)を復刻、リマスターにて再紙ジャケット化リリースです。

〜キルシェの女性シンガー、みとせのりこのニュー・コンピ!〜

みとせのりこ
/Silent Songs 〜Noriko Mitose Art Works Best〜

(CD/Team Entertainment)(Japan'15)
キルシェの女性シンガーにして、ゲーム音楽系でも活躍している「みとせのりこ」の、"アートワークスベスト"と銘打たれたニュー・コンピレーションCD。ゲームのED曲はじめ、ラノベのイメージアルバムや、ヴォーカル・アレンジ・アルバム等から全14曲を収録。ラストには、ZABADAKの吉良知彦が作編曲したオリジナル・ソングを収めています。女性ヴォーカル・マニア注目!

〜キルシェの女性シンガー、みとせのりこの、PCゲーム関連トラックス、ニュー・コンピ!〜

みとせのりこ
/Love Songs -Noriko Mitose Heart Works Best-

(CD/Team)(Japan'15)
キルシェの女性シンガー、みとせのりこの、PCゲーム関連トラックス、ニュー・コンピ!今回は、タイトル通り、ラブソング集となっており、明るめの曲調のみならず、しっとりとしたバラードや、ミステリアスなエスノ・ゴシック調まで、多彩な楽曲を収めています。ラストには、あの"哲学系彼女"のアンサー・ソング、"僕の答え〜恋愛における数学的一考察〜"を収録。みとせファンは、またまた注目です!

〜ザバダック meets ページェント!? 女性Vo.傑作!〜

みとせのりこ-solo band-
/Round And Round

(CD/Oshi-Sha)(Japan'15)
ザバダック直系の男女デュオ・ユニット、KIRCHE(キルシェ)の女性シンガーにして、ゲーム音楽系でも活躍する、「みとせのりこ」の新作ソロ。本作は、ライヴ活動も行っている「みとせのりこ ソロバンド」での録音で、壷井彰久(ヴァイオリン/KBB)、Dani(ベース/KBB,taika)、太田光宏(ギター/オオフジツボ)、佐藤真也(キーボード/ステラ・リー・ジョーンズ)、諏訪昌孝(ドラムス)という面々が参加。名曲"伽藍の空"のリメイクをはじめ、ザバダックとページェントの中間をいくかの如き、ロック色も強いサウンドを展開。Jap'sリスナーも必聴の傑作!

〜キルシェの女性シンガー、ゲーム関連トラックスを収めたニュー・リリース!〜

みとせのりこ
/Mille-Feuille

(CD/Team Entertainment)(Japan'12)
先頃、ゴシック色の強いアルバム「疑似少女楽園廃墟II」を出した、キルシェの女性シンガー、「みとせのりこ」の、こちらはゲーム関連トラックスを収めたニュー・リリース。新曲M1はじめ、PCゲーム用のサントラ/イメージ・ソングを中心に収めており、爽やかなテイストから萌えポップまで?カラフルな内容ですが、コーラスを活かした幻想ムードもたっぷりです!

〜KBBのDani、壷井も参加! キルシェの女性シンガーによる、ゴシック&耽美なニュー・リリース!〜

みとせのりこ
/Vierge Automatique 〜疑似少女楽園廃墟II〜

(CD/Oshi-Sha)(Japan'12)
キルシェの女性シンガー、みとせのりこのニュー・リリース、10曲入りフル・アルバム。'04年に行われたアンドロイドをテーマとした連動企画中の人形展でのライヴ関連として発売された幻のシングル曲M2,4の再録、及び会場でのライヴのみで公開された楽曲M3を新録。その他、キルシェの未収曲や書き下ろしの新曲を収めています。ゴシック&耽美色の強い、プログレ・ファン向きの内容に仕上がった、ファンタジックな女性voの逸品! 演奏にはKBBのDani、壷井の名も!

〜キルシェの女性シンガー、みとせのりこの唱歌系カヴァー・アルバム第二弾!〜

みとせのりこ
/カタン-COTTON-第二集

(CD/Team Entertaimment)(Japan'11)
キルシェの女性シンガー、みとせのりこの好評だった唱歌系カヴァー・アルバムの第二弾。伸びやかなハイトーンのヴォーカルを活かした、日本的ノスタルジアで時に耽美な世界が今回もたっぷり味わえます。オオフジツボによるバック/アレンジの“メリーさんの羊”“アルプス一万尺”“とおりゃんせ”から弘田佳孝、吉野裕司、弦一徹カルテットによるアレンジ/演奏まで、キルシェ・ファンのみならず注目の女性ヴォーカル秀作です!

〜Kircheの女性シンガー:みとせのりこ&コンポーザー:弘田佳孝による、レトロで耽美、ドラマティックな歌物作品!〜

みとせのりこ・弘田佳孝
/ヨルガ
(CD/TeamEntertainment)(Japan'10)
Kircheの女性シンガー:みとせのりこ、コンポーザー/アレンジャーの弘田佳孝のふたりによる共作アルバム。みとせ嬢の作詩/コンセプト、弘田氏のコンポーズ/プログラミングに、ギター/マンドリン、ベース、そしてKBBの壷井彰久氏がヴァイオリンで参加しています。Kircheの耽美性を拡大したような、レトロなムード("蘇州夜曲"入り)漂う、ヒーリング&ファンタジックな女性ヴォーカルアルバムです。ZABADAK〜Kircheファン注目の秀作!

〜リシャール・ピナスとメルツバウのデュオ。ドップリハマれる2枚組大力作!〜

RICHARD PINHAS and MERZBOW
/Keio Line
(France/Japan.'08)(2CD/Cuneiform/Arcangelo)
来日時にも共演した、HELDONのリシャール・ピナスとメルツ・バウこと秋田昌美の連名デュオ作。たっぷり2枚組に渡って、ピナスのギター・ループと、秋田のアンビエント/ドローン・ノイズが融合した、硬質なトリップ感のあるサウンドを展開しています。ピナス・ファンは見逃せない、ドップリとハマれる大力作です!!

〜注目の女性コンポーザーによる5年振りのセカンドは、クラシカル&ファンタジック!〜

未知瑠
/空話集 アレゴリア・インフィニータ

(CD/Michiru Works)(Japan'15)
ファンタジック&シリアスな、クラシカル/チェンバー系女性コンポーザー、未知瑠5年振りの2nd!映画音楽風からトラッド、ブレヒト調歌曲、管野よう子ばりの女性ヴォーカル入りポップまで、いずれもイマジナリー。とりわけ、西田竜一(!)のdr、g、viola入りのラスト曲は、女性ヴォーカル入りの秀作!全9曲入り、37分、デジパック仕様。

〜女性ヴォーカル好きならずとも注目!気鋭の女性コンポーザーのデビューアルバム〜

未知瑠
/ワールズエンド・ヴィレッジ
(CD/MICHIRU WORKS)(Japan'09)
80年生まれ、東京芸術大学音楽学部作曲科を首席で卒業、その後、スタジオワーク、番組音楽、イベント音楽(横浜開港博Y150のパビリオン「氷山ルリの大航海」など)を手掛けている、新進気鋭の女性作曲家:未知瑠(Michiru)のデビューアルバム(全7曲入)。本作では主に女性ヴォイスからインスピレーションを得た楽曲を中心に、様々な女性ヴォーカリスト(寺尾紗穂、岡北有由、ポーランド出身のJulia Marcellら)をフィーチャーした内容となっています。自身はP・プログラミングを担当しており、清水一登、窪田晴男、ヤヒロトモヒロ、GRICOらが参加(また、さねよしいさ子の作詞もあり)民族風味の雄大なサウンドトラック的冒頭曲はじめ、クラシック、ジャズ、ロック、現代音楽を消化した、シリアスなテイストの女性ヴォーカルポップスとして秀逸な出来。葛生千夏を好む向きから、菅野よう子、川井憲次のファンまで、女性ヴォーカル好きならずとも注目の1枚!

〜88年にLPリリースされた、関西ヴァイオリンシンフォニックのヴェテランバンドの1stが再発〜

MIDAS
/Beyond The Clean Air
(CD/POSEIDON)(Japan'88)
88年にLPリリースされ、後にリリースされるも、久しく廃盤となっていた関西叙情派ヴァイオリン・シンフォニック・バンドの雄:ミダスの1st。右遠氏の伸びやかなヴァイオリンとエモーショナルな日本語ヴォーカルを中心に、GENESIS〜PAGEANT系+クラシカルタッチで仕上げたサウンドは、ダイナミックな魅力を放っています。初CD化時のボーナストラックもそのまま収録された、注目のリリース。

〜25周年ライヴ曲&レアトラックスを収めたメモリアルな1枚、日本盤特典:デフジャケ&解説〜

MIDAS
/25th Anniversary Concert&Early Rare Tracks
(CD/POSEIDON)(Japan'09)
80年代前半から活動を続けている、日本のシンフォニックバンド:ミダスの、08年に行われた25周年記念コンサートからのテイク5曲と、83〜87年のライヴテイク4曲を収録した正にメモリアルな一枚。1stの大曲"The Slough Of Despond"や、PAGEANT〜浪漫座の中島一晃が参加した"Gaillarde"も聴けるファン必聴の好作品であり、叙情に富んだアンサンブルが楽しめる、ジャパニーズプログレファンは見逃せない1枚。

〜新月、ページェント系ルーツの和風シンフォニック・バンド新作!〜

水鏡
/夕掛け
(CD/Japan.'08)
和風味を押し出したジャパニーズ・シンフォニック・ロック・バンド、水鏡の約5年ぶりとなる2nd。フロントの女性vo/fl奏者、双葉の、雅な平安調イメージただよう日本語詩とメロディを軸に、メロトロン、モーグ、ハモンドとアナログにこだわったkbd、泣きのギターを交えた曲想は、ジェネシス/キャメルというよりも、新月やページェントのルーツを感じさせます。前作よりもハードかつダイナミックに仕上がった、ジャパニーズ・シンフォニック・ファン注目の秀作!

〜熱くドラマティックなインスト・パートが秀逸な技巧派、MOORIのデビュー作!〜

MOORI
/HOPE.jp

(CD/Somatid Records)(Japan'14)
護摩(GOMA)やANGEL'S LADDER等に参加、近年はジェネシス・トリビュート・バンド「月禿の騎士」でも活動しているベーシスト/シンガー、MOORIこと森脇健の'14バンド・1st。女性キーボード奏者、ドラムスとのキーボード・トリオ体制で、UK、EL&P、センス・オヴ・ワンダー系のシンフォニックに、プログレ・ハード/RUSH風味をブレンド、熱くドラマティックなインスト・パートが秀逸な技巧派力作!

〜"タルカス""悪の教典"などEL&Pの名曲を弦楽カルテットでプレイした、注目の好追悼盤!〜

MORGAUA QUARTET
/Tributelogy

(CD/日本コロムビア)(Japan'17)
クラシック界の精鋭による、「弦楽カルテットでプログレッシヴ・ロック曲をプレイ」のユニット、モルゴーア・クァルテットのニュー・アルバム。キース・エマーソンへ捧ぐべく、'16年末に録音されたものですが、図らずもグレッグ・レイクへのトリビュートにもなってしまいました。エマーソン自らが、生前モルゴーアのためにアレンジしたM1"アフター・オール・オブ・ディス"(フェイト・プロジェクトの曲。エマーソンの葬儀で流されたとのこと)はじめ、"タルカス""悪の教典"などEL&Pの名曲を(一部、既発作からの再収録)弦カルで見事にプレイ。注目の好追悼盤!

〜クラシック系の弦楽カルテットによる、プログレッシヴ・ロックの名曲アレンジ集!〜

モルゴーア・クァルテット
/21世紀の精神正常者たち

(CD/Denon)(Japan'12)
クラシック系の弦楽カルテットがプログレッシヴ・ロック・ナンバーをアレンジしてプレイ! 異色ユニット、モルゴーア・クァルテットのニュー・アルバムが登場しました。"21世紀の〜"、"暗黒"、"月影の騎士"、"悪の教典#9第一印象パート1"、"太陽賛歌"、"マネー"、"アフターグロウ"、"同志"、"宮殿"になぜかメタリカ"メタル・マスター"まで、おなじみの名曲群が新鮮なアレンジで蘇る、注目の力作となっています!

〜関西発、耽美かつ壮大な、暗黒オーケストラル・ロック!さらにダイナミックに迫る2nd!!〜

夢中夢
/イリヤ -ilya-
(Japan.'08)(CD/Gyuune Cassette)
関西の自称「フューネラル・クラシカル」バンドの「夢中夢」('06)に続く2ndアルバム。清らか&オペラティックな女性vo(日本語)kbd, vlnを含む6人編成(+ゲスト)にて、スローコア/ポスト・ロック、ブラック・メタル、クラシカル/ゴシック・シンフォを融合した、耽美にして壮大なミクスチャー・サウンドを展開しています。女性voの存在感、ストリングスの使用を含めたダイナミズム、激しい切り返しと、いずれも1stを上回るインパクトです。プログレッシヴ・リスナー向きの秀作!

〜NOVELAのリズム隊などがサポートして制作した2nd!〜

夢幻
/レダと白鳥

(CD/King)(Japan'86)
自主制作で発表された1st「Sinfonia Della Luna」('84)の後、キング/ネクサスから'86にリリースされた夢幻の2ndアルバム。リズムセクションが脱退し、実質的にはリーダーの林克彦(kbd)と中村隆士(vo)の2人のみとなっていた状況での録音ですが、ダブル・ドラゴンことNOVELAのリズム隊、西田竜一(dr)&笹井りゅうじ(b)はじめ、ミスターシリウスこと宮武和広(ac-g,fl)、中島一晃(el-g)、川口貴(vln)が参加して、ガッチリとサポートしています。耽美的な西洋の絵画や文学に影響を受けた、クラシカル志向のユーロ風シンフォニック・ロックがたっぷり味わえる秀作です!

〜「福岡の寺からアクサク・マブールへの回答」!'83年、知られざる自主制作秀作CD化!〜

MUSIC FROM TEMPLE
Music From Temple

(CD/Fuji)(Japan'83)
これは大穴!福岡の寺で、宅録的手法で録音され、'83年にコジマ録音から自主制作盤として300枚のみリリースされた、知られざる5人組プログレッシヴ・フォーク・バンド、Music From Temple の唯一作。紙ジャケットで初CD化。ギタリストの阿 英紹(ほとりえいしょう)を中心に、b/kbd、p/リコーダー、dr等が参加し、カンタベリー的な浮遊感の有るチェンバー/アシッド・フォーク〜プログレッシヴ・サウンドを展開している。ダウナーにしてイマジナリーな、正にアクサク・マブールの1stに通じる所も有る秀作である。マスター消失のため盤起こし。ジャケは『ねじ式』のパロディ!

〜モダンな側面とアコースティカルな叙情面が共存した、プログレ・ハード寄りインスト・シンフォニック!〜

WATARU NAGAO
/Astral Utopia

(CD/Timeless Symphony)(Japan'16)
佐賀県在住、九州を拠点に活動するkbd/g奏者、Wataru Nagaoの、「Timeless Night」('02)以来14年振りとなる2ndソロ(自主制作)。いわゆるメロスピ/様式美メタルだった前作から一転、自身のkbd/g/bに、dr, b,およびゲストを加えて、テクニカル&メロディアスなプログレ・ハード寄りインスト・シンフォニックを展開。キャメル、ラレ・ラーションやニール・モーズ、フロスト*等に影響を受けたというだけに、モダンな側面とアコースティカルな叙情面が共存した、ダイナミックな仕上りとなっています。注目の力作!

〜佐賀在住のkbd/g奏者のマルチ多重録音による、こちらはメロスピ〜様式美寄りの1stソロ!〜

WATARU NAGAO
/Timeless Night

(CD/Timeless Symphony)(Japan'02)
佐賀県在住のkbd/g奏者/マルチ・プレイヤー、WATARU NAGAOの、こちらは'02年1stソロ!英語vo含めた全パートをマルチ多重録音しており、MAJESTY辺りに通じる、王道メロスピ〜様式美メタルをテクニカルに展開しています。合わせてお見逃しなく!

〜名作ゲームの30周年記念リリースCD+DVD!再編アクアポリスによるド・プログレな新録リニューアル組曲入り!〜

中潟憲雄 / AQUA POLIS
/源平討魔伝〜参拾周年記念音盤

(CD+DVD/SuperSweep)(Japan'17)
'86年にアーケードで稼動開始した、ナムコ(現バンダイナムコエンタテインメント)の名作ゲーム「源平討魔伝」の、30周年記念リリースCD+DVD。音源を手掛けたのは、当時ナムコに在籍していたAQUA POLISのkbd奏者、中潟憲雄です。CDには、アーケード版(基盤からのデジタルCD化)とPC版のオリジナル音源(全34曲)に加え、なんと再編AQUA POLIS(drはKBB/ネガスフィアの管野詩郎。ゲストで尺八奏者と大友良英が参加)による、ド・プログレッシヴなリニューアルアレンジの新録組曲(15分強)が収録されています。さらには現役クリエイター達によるアレンジ楽曲4曲、ラストには中潟が一人マルチで行なった、貴重な'88年ライヴ音源(2曲、約12分)まで入った、注目の内容。元曲自体も和風ロック+変拍子でAQUA POLISの延長ですが、何といっても新録ver.と'88年未発ライヴは、まさに和風UK/BRUFORD路線の素晴らしい内容で、ジャパニーズ・プログレッシヴ・マニアは必聴!DVDには'86年当時制作された、ゲームの実写版&アニメ版のPV2本を収録。豪華ブックレット&ステッカー封入!

[入荷速報]あのプロビデンスの塚田円(kbd)が長年温めていた、ツイン女性ヴォーカル体制の新バンドが、遂にデビュー! 世良純子(アルハンブラ)、月本美香(浪漫座)という実力派の歌姫をフロントに、プロビデンス時代の大作組曲"クリスタルドラゴン"含む長尺の全3曲を収録!複雑にしてキャッチーな、シンフォニック・ロックの大傑作!

那由他計画
つみびとの記憶

(CD/ナユタケイカク)(Japan'20)
あのプロビデンスのリーダー、塚田円(kbd)が、長年温めていた、ツイン女性ヴォーカル体制の新バンド、那由他計画(なゆたけいかく)が遂にデビュー。世良純子(アルハンブラ)、月本美香(浪漫座、あらんちゃんバンド(仮))、という、国内シーンきっての実力派歌姫をフロントに、元・金属恵比須のb、元・キクラテメンシスのdr、スコーピオンズ・トリビュート・バンド「Usopipns」のg、そして塚田という編成での録音です。プロビデンスの自主制作カセットに入っていた、26分に及ぶ組曲B“クリスタルドラゴン”はじめ(A“シレーヌの都”もプロビデンス時代のナンバー)、長尺かつダイナミックな全3曲を収録。プロビデンス以来の、U.K.、クリムゾン系な「複雑にしてキャッチー」塚田サウンドに、ツイン・ヴォーカルのミュージカル/シアトリカル風味が加わって、更なる新境地を存分に示す、圧巻の内容です。ハード・ロッキンなオルガンから、メロトロン音等アナログ・タッチまで、プロビデンス以上にフィーチャーされる塚田のキーボード・ワークも特筆モノ。大傑作!RETRO FUTURE の中村未央(kbd) 等がゲスト参加。

[入荷速報]川崎薫(p)、KOW(vo,g)らによる、「ネガスフィアのアコースティック版」プロジェクト、1stアルバム登場!ネガスの名曲の数々が、チェンバー・アレンジで鮮烈に再生する、注目の傑作!

NEGACOUSTIKA
Sakuho

(CD/JPRG)(Japan'20)
'13年にネガスフィアのリーダー、川崎薫(p)と、シンガー・ソングライターのKOW(vo,ac-g/KIAT)が共演した事をきっかけに結成された、ネガスフィア楽曲をアコースティックで演奏するプロジェクトの1st。チェロ、アコースティック・ベース、パーカッションとの5人編成にて、“At The Last Moment”“Holy Ground Ceremony”はじめ、2ndラストの曲“Empty1〜”、アルバム未収録曲“Fight Or Flight”、ネガスの初レコーディング曲“No Man〜”という全5曲を収録。複雑で壮大なネガス楽曲を、緊張感溢れるチェンバー・アレンジで見事に再生させた快作です!

〜結成40周年記念!初CD化&再発!ネガスフィア紙ジャケット収納ボックス付3枚フル・セット!〜

「ネガスフィア」収納ボックス付 3枚フル・セット

砂上の楼閣 (Castle In The Air)
ディスアドヴァンテージ
1985-1986

(3CD/Arcangelo)(Japan'84,'85,'86)
'76年に東京で結成され、'80年代ジャパニーズ・シンフォニック・シーンで活躍した伝説的バンド、ネガスフィア。今回、結成40周年記念として、初CD化となる1stおよび2nd、後に出たライヴ集の3タイトルが、各々紙ジャケット、ボーナス・トラック入りで一挙リリースされます。リーダー・川崎薫(kbd)、現KBBの管野詩郎(dr)をフィーチャーし、専任シンガー不在ながらUK/イエス系ルーツのテクニカルなサウンドを収めた記念すべき1st「砂上の楼閣」、専任voで平田士郎が加入し、より完成度を高めた2nd「ディスアドヴァンテージ」、最も充実していた時期のライヴトラックを収めた「1985-1986」('91年に出たCDは長らく入手困難だった)。各種オムニバスやソノシートに入っていたトラックをボーナスとして各々に追加した、まさにジャパニーズ・プログレッシヴ・ファン待望のリリースです!お見逃しなく!

〜最も充実していた時期のライヴトラック!ニュー・ジャケット仕様!〜

ネガスフィア
/ディスアドヴァンテージ

(CD/Arcangelo)(Japan'85)
'80s東京シンフォニック・シーンを彩った名バンド、ネガスフィアの、、こちらは活動休止後の'92年に発掘リリースされた、絶頂期の'85年および'86年のライヴ・トラックを収めたタイトル。今回、リマスター、ニュー・ジャケット(千之ナイフ書きおろしイラスト)、紙ジャケにて待望の再発(元のCDは長らく入手困難でした)。前半(M1-M5)は、'85年5月6日シルバー・エレファントでの収録で、2nd時の5人+矢田透(kbd)の編成での、本領発揮な名演。後半(M6-M8)は、活動休止直前の'86年10月5日シルエレでの音源で、川崎、平田以外はメンバー・チェンジ、M7にはデトレス・ヨープ(ex.ノヴァーリス/g)がゲスト参加。貴重な記録にして、バンドの真価をスタジオ以上にダイレクトに伝える一枚です!今回、'93年の"Silver Elephant Super Omnibus"に提供したインスト2曲をボーナス・トラックとして追加。

〜専任voで平田士郎が加入し、より完成度を高めた2nd!初CD化!〜

ネガスフィア
/ディスアドヴァンテージ

(CD/Arcangelo)(Japan'85)
'80s東京シンフォニック・シーンで活躍した名バンド、ネガスフィアの、'85年にDIWからリリースされた2ndアルバムにしてラスト作。今回、リマスター、紙ジャケにて待望の初CD化です。ツインkbdの片割れは脱退し、新たに専任シンガーの平田士郎を加えた5人編成にて、よりダイナミックな、完成度を高めた傑作に仕上っています。3部構成の大作組曲"Empty And Meaningless Hot"をフィーチャー!ボーナス・トラックとして、本作LPの初回特典だったソノシート曲("Change Your Fate"別ver.)をボーナス追加!

〜専任シンガー不在ながらUK/イエス系ルーツのテクニカルなサウンドを収めた記念すべき1st!初CD化!〜

ネガスフィア
/砂上の楼閣 (Castle In The Air)

(CD/Arcangelo)(Japan'84)
川崎薫(kbd)をリーダーに、'76年に結成され、今年('16)40周年を迎えた、'80s東京シンフォニック・シーン屈指の名バンド、ネガスフィア。彼らが'84年にLLEからリリースした記念すべき1stが待望の初CD化です(デジタル・リミックス、紙ジャケット)。現KBBの管野詩郎(dr)をフィーチャーした、ツインkbdの5人編成(専任vo不在、gの真嶋宏佳が担当)にて、イエス、UK系ルーツのテクニカルで構築的なサウンドを収めています。大曲"Holy Ground Ceremony"も収録、ジャケット・イラストは千之ナイフ!ボーナス・トラックとして、オムニバス「精神工学変容」('82)およびソノシート「Progressive's Battle East/West」('85)から1曲ずつ追加!

〜硬質さと軽快さを併せ持つ、高水準なインスト・シンフォニック・サウンド!〜

Neo-Zonk
/Luminous

(CD/Neo-Zonk)(Japan'15)
Zonk-Monkの長崎祥子と大沼あいによる、女性ツイン・キーボード+男性ドラムスのプログレッシヴ・ユニット、Neo-Zonkの'15年リリース(7曲入り、約45分)。タイトに疾走する変拍子、キャッチーで胸踊るメロディ、クラシカル/ファンタジックな重厚さからザッパ風味まで、硬質さと軽快さを併せ持つインスト・シンフォニック・サウンドは高水準。桜庭統と小川真澄の中間を行くような注目の快作です!

〜元カルメン・マキ&LAFFの中島優貴ソロ! 佐久間正英、山本恭司らがゲスト参加!〜

中島優貴
/大予言〜ハート・オブ・ルネッサンス

(CD/King)(Japan'82)
元カルメン・マキ&LAFFにして、当時ヘヴィ・メタル・アーミー〜イースタン・オービットを率いていたkbd奏者、中島優貴の1stソロ。元々のLPはトリオ・レコードからリリース(CDはキングから)されていました。ノストラダムス、ファティマ第三の秘密といった終末系コンセプトにて、ドラマティックなシンフォ寄りサウンドを展開しています。ヘヴィ・メタル・アーミーのJJ(vo)、宮永英一(dr)が参加、シンセ・シンフォ寄りのパートとハードなロック系ナンバーが交錯。ハイライト曲“グランドクロス”には山本恭司(g)、佐久間正英(b)、樋口宗孝(dr)が参加した傑作です!

〜ジョニー、ルイス&チャーを迎えた2ndソロ!〜

中島優貴
/インスパイア

(CD/King)(Japan'84)
イースタン・オービットの自然消滅後の'84年にリリースされた、kbd奏者、中島優貴の2ndソロ。シンフォニック色の強かった前作ソロ「大予言」に対し、本作ではジョニー、ルイス&チャー(CHARは共同プロデュースも担当)を迎えて、旧A面は当時らしいアダルトなポップス(M2,3,4にvoで佐藤真紀が参加)、旧B面はプログレ・ハード色も有る、基本的にはフュージョン・ロック寄りのインスト系となっています。'80年代らしいテイストが魅力の、要・再評価な一枚! ステッカーも復刻!

〜中原中也の詩の朗読に音楽を付けた、一種のトリビュート!〜

world's end girlfriend / Vampillia / 中原中也
/在りし日の声 Voices Of Days Past

(Split Maxi CD/Virgin Babylon)(Japan'15)
かの中原中也の詩の朗読に音楽を付けた、一種のトリビュート企画・スプリット・マキシ。M1,M2はworld's end girlfriend、M3,M4は大阪のブルータル集団Vampilliaによるもので、前者は男女の朗読者をフィーチャー、M4はほぼインスト。ダウナーかつサッドな、各々の中也ワールドが楽しめます。各々のインストverも収録。

〜キーボード奏者、難波弘之のデビュー40周年記念作品! ※WD特典あり!〜

難波 弘之
/一生鍵命

(CD/キング)(Japan '16)
金子マリ&バックス・バニーでプロデビュー、以降リーダー・バンドSENSE OF WONDERなどで活動を続けてきた、ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロックきってのキーボード奏者、難波弘之のデビュー40周年記念ニュー・リリース。
SENCE OF WONDERの新曲2曲をはじめ、Exhivision(2曲)、野獣王国(1曲)、ソロ・ユニットEDEN(1曲)の各々新曲、さらには、演劇やTVアニメ、鉄道がテーマのオムニバス等に提供されたレア・トラックス(リミックスver含む)の全12曲収録。難波弘之の近年の活動のアンソロジーにして、現在進行の姿をも示す、ファン必聴の大充実盤です!

ワールド・ディスク オリジナル特典 ※先着順

未公開ライヴ映像 DVD-R付!
SENSE OF WONDER ”来たるべき世界” 2014年6月19日 下北沢GARDENにて収録

難波氏ご本人よりコメントをいただきました!
3年前に、27年振りのソロ・アルバム「Childhood's end〜幼年期の終わり」をキングレコードよりリリースしました。
新曲のリハーサルをやってからレコーディングに臨んだのですが、リハで初めて「来るべき世界」や「虚無回廊」を合わせた時は、まるでアマチュア・バンドのようでした(笑)。
こんなので、本当に録音出来るのかな? ライブが出来るのかな? と不安でしたが、この映像の頃の「来るべき世界」は、リリースから一年経って、だいぶ慣れて来た(笑)感じです。


■店頭および通信販売にて大好評発売中です!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=106750457

〜難波弘之の待望のソロ・アルバムが登場! WD限定特典CD-Rを先着にてプレゼント!〜

難波弘之
/Childhood's End 〜幼年期の終わり〜

(CD/King)(Japan'13)
日本プログレ界を代表するkbd奏者、難波弘之が、ソロ・デビュー作を発表した古巣・キングレコードから、満を持して新作をリリース。松本慎二(b)、そうる透(dr)との、現在型センス・オブ・ワンダーでの演奏にて、難波ならではの、SF、宇宙をテーマとした楽曲群を収めています。ELP、UK、PFM等をルーツとした、華麗なインスト・シンフォニック曲から、キャッチーな歌物、更には“ブレードランナー”等SF映画関連メドレー、“ウルトラQ”、ホルスト“木星”等のカヴァーまで、多彩な難波ワールドを聴く事が出来ます。大御所の入魂新作と呼ぶに相応しい、ジャパニーズ・プログレッシヴ・ファン、キーボード・シンフォニック・リスナー共に必聴の大傑作です!
<ワールド・ディスク・オリジナル特典あり!>
当店にてお買い上げの方に、先着にて、未発表音源1曲(“でも誰もいない〜骸骨を乗せた宇宙ステーション(DEMO)”)収録CD-Rをプレゼント! ワールド・ディスク・オリジナルの特典です!

〜待望の再発!難波弘之、79年の記念すべき1stアルバム!ポップな歌もの楽曲の魅力を味わえる珠玉の作品集!〜

難波弘之
/Sense Of Wonder
(SHM-CD/KINGRECORD)(Japan'79)
現在もSENSE OF WONDERはじめ、様々なバンドで活躍中の難波弘之(kbd)が、『Party Tonight』に先立つ79年に、キングレコードからリリースした、記念すべき1stアルバム。山下達郎作曲のノスタルジックな名曲"夏への扉"はじめ、SF小説のタイトルを用いた楽曲10曲を収録しています。三枝成章、吉田美奈子、長戸大幸ら豪華な作曲陣による曲想は多彩で、ポップな難波流歌ものの魅力を味わえます!久しくCDも廃盤でしたが、手塚治虫によるジャケット、中島梓によるライナーノーツなど、発売当時のLPを忠実に再現して、待望の紙ジャケット化!"地球の長い午後"(w/三枝成章)、"火星人 Go Home/YAYA'S"、"火星人 Go Home〜リングワールド('82 LIVE)、"虎よ!虎よ!"('94 LIVE w/織田哲郎)のボーナス・トラック4曲収録!!

〜難波弘之率いるセンス・オブ・ワンダー初のDVD&ライヴ作品が超豪華仕様で登場!〜

難波弘之&Sense Of Wonder
/Sense Of Wonder Live In 2010

(DVD+2CD+BOOK/Cool Corporation)(Japan'10収録)
言わずと知れた、日本プログレッシヴ・ロックを代表するキーボーディスト 難波弘之が率いるセンス・オブ・ワンダー初のDVDにしてライヴ作品が登場しました。難波弘之(kbd.vo)、松本慎二(b.vo.cho)、そうる透(dr.cho)の現行トリオにて、2010年12月11日に東京で行ったコンサートを、約100分に渡って収録しています。"飛行船モルト号" "パーティ・トゥナイト[地球を遠く離れて]"といった初期ナンバーから、近年の楽曲まで、多彩な音色を華麗に繰り出すキーボード・ワークも存分に味わえます。スタジオを大きく上回るパワーとダイナミズム、そして独自のポップ性に彩られた、まさにファン必見の名演、シメはもちろん"ナットロッカー"!同内容の2枚組CD、写真集付きの超豪華仕様にて!

〜ナスノミツル新作!当店オリジナル特典:ドキュメンタリーDVD-Rつき!お見逃しなく!〜

ナスノミツル
/離場有浮
(Japan.'08)(CD/Rhythm Trax)
多数のサポートや、吉田達也等との活動で名を馳せるベーシスト、ナスノミツルの新作。灰野敬二(g)、石橋英子(dr)をメンバーに迎えて行われたセッションの一部を切り取った作品。シリアスなアンビエント風のインプロヴィゼーションです。当店オリジナル特典:ドキュメンタリーDVD-Rつき!お見逃しなく!

〜注目のインディーズ/同人音楽作品!女性ヴォーカル・ゴシック・ポップ・ユニットの09年発表の3rd〜

Neo Classica ASCendant
/Infinity

(CD/Neo Classica Ascendant)(Japan'09)
作詩/ヴォーカルの榊乃慧と、コンポーズ/アレンジの鴻本神楽の2人により結成され、都内を中心にライヴ活動を行っている(畑亜貴 主催のイベントにも参加歴あり)ゴシック・シンフォニック・ポップ・デュオ:ネオ・クラシカ・アセンダントの、09年発表の3rdアルバム(自主制作プレスCD/全12曲)。確固たる方向性を感じさせる榊嬢のヴォーカルを軸に、時にハードで変則的な展開を見せる凝ったアレンジを織り込んだ打ち込み主体のサウンドは、ALI PROJECTや月比古〜畑亜貴あたりの流れも感じさせる退廃的かつ妖美なムードに満ちている一方で、プログレッシヴ/シンフォニックな要素も十分に感じさせ、トータルで魅力的な世界観を形成しております。女性ヴォーカル・ポップス〜ゴシック〜シンフォニック系リスナー注目のユニット!オススメです!

〜女性ヴォーカルをフロントにした退廃妖美なゴシック・シンフォニック・ポップ・ユニットの07年発表の2nd〜

Neo Classica ASCendant
/Pangea

(CD/Neo Classica Ascendant)(Japan'07)
榊乃慧と鴻本神楽によるデュオ・ユニットの、こちらは07年発表の2ndアルバム(自主制作CDプレス/全11曲)。よりジャパニーズ・プログレに寄ったALI PROJECTや月比古といったイメージも感じさせる、女性ヴォーカルをフロントにした退廃妖美なゴシック・シンフォニック・ポップを展開。複雑な構成と転調を織り交ぜた、9分半に及ぶ大曲"Burst Error"など、ゴシック・ポップスの枠に収まらない凝ったアレンジの楽曲にも注目です。

〜"耳で観賞する絵画"を描き出す、雰囲気十分なゴシック・ポップ・デュオの03年発表の1stアルバム〜

Neo Classica ASCendant
/Ascendant

(CD/Neo Classica Ascendant)(Japan'03)
女性ヴォーカルをフロントにした、都内を中心に活n動するゴシック・ポップ・デュオの、03年発表の1stアルバム(自主制作CDプレス/全10曲)。"耳で観賞する絵画"を描き出す、退廃にして妖美、そしてプログレッシヴかつヴァイオレンスなサウンドは既に確立しております。ジャパニーズ・プログレ系リスナーにもオススメの、高水準なデビューアルバム!

〜国産一人シンフォニック・ユニットのデビュー作!KAIPAのハンス・ルンディンがゲスト参加!〜

NETHERLAND DWARF
/moi moi

(CD/MUSEA)(Japan'11)
MUSEAより突如リリースされた、正体不明の?日本産一人シンフォニック・ユニットによる作品。メロトロン音含め、多彩で重厚、そしてファンタジックなキーボード・ワークで押しまくる、クラシカル・インスト・シンフォニックは手応え十分です。また、KAIPAのハンス・ルンディン(kbd)が1曲にゲスト参加しています。キース・エマーソン、リック・ウェイクマン、パトリック・モラーツ系マニアにもオススメの1枚です。

[入荷速報]竹迫一郎 (per.元アクアポリス)率いるBRUFORD系ジャズ・ロック・バンド、ノアの新作は、'87年の1st「トライ・ロジック」のリメイク+α! 新味抜群の正に快作! ホールズワースばりのギターも健在!

NOA
Journey To Babel

CD/Arcangelo)(Japan'20)
竹迫一郎(per.元アクアポリス)率いる、BRUFORD、ホールズワース系プログレッシヴ・ジャズ・ロック・バンド、ノアの3作目(復活後の2作目)。三苫裕文(g,元モンゴル)、渡部チェル(kbd,プリズム)、桜井良行(b,HAL)という現行メンバーにて、'87年の1st「トライ・ロジック」の7曲中5曲、及びオムニバス「カンタベリー・エッジ」提供曲(タイトル・トラック)をリメイクしています。新味十分のアレンジと演奏(タイトル曲には、渡部の英語ヴォーカル入り)が味わえる、正に生まれ変わった1stと言える快作です!

〜日本産、SOFT MACHINE風味もある、モーダルかつパワフルなジャズ・ロック・バンド!〜

NO NAME
/Outside Of You

(CD/ThousandsEyes)(Japan'10)
日本産、モダンかつパワフルなジャズ・ロック・バンド:ノー・ネームの作品。サックス×2、ウッドベース、ベース、ドラムス/エレクトロ/パーカッションの編成を基本に、一部ヴォイス/MC(ラップ)も交えての録音です。クラブ・ジャズ/ブレイクビーツ感覚をフィードバックしつつ、時にラテン色や変拍子も交えて、パワフルなアンサンブルを展開。モーダルでありつつもソリッドな疾走感は、時にして『Third』期のSOFT MACHINEを思わせる部分もあり、こちら向きの掘り出し物といえる秀作アルバムです!

〜【完全限定生産】 初発売時のLPジャケットやスリーヴ等を可能な限り忠実に復刻した、180g重量盤LP!〜

NOVELA
/魅惑劇

(LP/King)(Japan'80)
日本を代表するプログレッシヴ・ロック・バンド「ノヴェラ」の記念すべきデビュー作。まさに華麗なる美と戦慄の世界が圧倒的なスケール感で展開される、シンフォニック大名盤。

【完全限定生産】伝説の名門レーベル「NEXUS」に残された日本を代表するプログレッシヴ・ロックの名盤の中から厳選した5作品をLP(180g重量盤)で再発売!初発売時のLPジャケット、インナースリーヴ等を可能な限り忠実に復刻!2月27日(水)発売。
※商品サイズの都合により、ゆうメールでの配送は不可となります。予めご了承くださいませ。


予約締切は2/11(祝・月)となります。

〜ノヴェラBOX登場!〜

NOVELA
/Special Box 〜director's edition〜

(14CD+DVD/キング)(Japan'13)
ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロックを代表するバンド、ノヴェラ、究極のボックス・セットが登場。当時のディレクターだった、たかみひろし氏の監修の元、キングからリリースされた12タイトル(「シークレット・テイクス」「シンフォニック・ワールド」含む)13CDを全リマスター/SHM-CD/A式紙ジャケットで収めています。更にボーナスCDとして、貴重なシェラザードのデモテープを初CD化した「シェラザード・デモ」、ボーナスDVDとして、第2期ノヴェラの貴重なライヴ映像を収めたDVD「ザ・ミスティック・ライヴ・ショウ」(元は限定販売のヴィデオ)を収めた超豪華版です。156pブックレット、デフジャケ全6枚も封入された、ノヴェラ・ファンのマスト・アイテム。完全限定!

※当店通販・店頭にてお買い求めのお客様に、WDスペシャル・サンプラーCD-R(3曲/ディスクユニオンさんとは別内容)をプレゼント!

【WDスペシャル・サンプラーCD-R内容】

1.白夜の都市(アルファ・シティ)
2.ラビリンス(7'16")
3.ネヴァモア(6'55")

'85年に東宝ビデオからリリースされていた、第3期ノヴェラ幻のライヴ・ヴィデオより、3曲を高音質リマスタリングにて収録!(音源のみ、ディスクユニオンさんの特典とは別内容の同日別楽曲です) なお、“白夜の都市(アルファ・シティ)”は完全新規収録、“ラビリンス”、“ネヴァーモア”は「シークレット・テイクス」と同一テイクと思われますが、同CDとは別途に新規リマスタリング&曲順変更での収録です!

〜ジャパニーズ・プログレ・ハードの代名詞、ノヴェラの3作が再発!〜

ノヴェラ
/魅惑劇
/イン・ザ・ナイト〜星降る夜のおとぎ話
/サンクチュアリ

(CD/キングレコード)(Japan'80,'83)
'70s後期に関西で活動したシェラザードと山水館が合体し誕生したグループ、ノヴェラの3作が再発!ハード色の強い前半、ドラマティックな大曲志向の後半という構成にて、まさに日本ならではのプログレ・ハードを展開した名作1stなど、注目の再発です。今回、新規リマスター、LPオビ(表面のみ復刻)、ニューライナー&復刻インサート付にて、紙ジャケット再発!応募特典CDにはノヴェラ“怒りの矢を放て”やジェラルドのミニ「夢の中の夢」他が収録!

〜御大・難波弘之&五十嵐“Angie.”久勝の双頭バンド、廃盤だった'97年1st再発!3ボーナス!

 

NUOVO IMMIGRATO
太陽と地平線
〜 Remastered 1st Album With A Few New Songs 〜

(CD/Jun&Kei Music Publishers)(Japan'97/'19)
現在までに3枚のアルバムをリリースし、活動継続中の、御大・難波弘之(kbd)と五十嵐“Angie.”久勝(vo)の双頭バンド、ヌーヴォ・イミグラート。長らく廃盤で入手困難だった'97年の1stアルバムが、リマスター、3曲ボーナス追加(2曲新曲、1曲'14配信曲のリマスター)、新タイトル/ジャケットにて再発された。この時点では、バンドというよりプロジェクト色が強く、ROLLYらゲストも参加。難波voによるPYGの“花・太陽・雨”カヴァーや、シンフォニックな名曲“陽が昇るまでに”をフィーチャーした、難波ファン、五十嵐ファン必聴の名盤となっている。

〜五十嵐久勝、難波弘之を擁するヌーヴォ・イミグラート、ライヴ盤に続くスタジオ新作3rd!〜

NUOVO IMMIGRATO
/Underwater

(CD/NuovoImmigrato)(Japan'11)
言わずもがなの両御大、五十嵐久勝(vo/NOVELA)、難波弘之(kbd.vo/Sence Of Wonder)を中心とした歌ものロック・バンドの、ライヴを挟んでのスタジオ新作3rdアルバム。前作『II』を継いだキャッチー&ポップな色や、新加入の日下部"Burny"正則(g)のプレイを活かしたハード目のナンバーを配する一方、1stのノスタルジックな叙情味も戻しています。とりわけ、全編を貫く難波氏ならではのシンフォニックなアレンジ/キーボードワークが素晴らしく、Sense Of Wonderファンも必聴です。ザ・タイガース"怒りの鐘を鳴らせ"や、特撮"Sweets"のカヴァーもあり!

〜五十嵐久勝&難波弘之を中心としたバンドの08年ライヴ盤!現メンバーでのスタジオ新曲も収録!〜

NUOVO IMMIGRATO
/4 The LOVE EYE Had Live At Tokyo 2008
(CD/アムズフィアワークス/ジェオ)(Japan'08収録)
五十嵐"Angie"久勝(NOVELA)、難波弘之(SENSE OF WONDER)が中心となって、90年代中盤に結成されたバンドの、3rdリリースにして初のライヴ・アルバム。ギターに日下部"Burny"正則が加入しての、08年7月18日、恵比寿Live Gateでの演奏を収録しています。シンフォニックな名曲"陽が昇るまでに"はじめ、現在入手困難な1stアルバムからの曲も数多く収録されており、ドラマティック&パワフルな名演であります。ハードエッヂなスタジオ新曲も追加された、ファン必携のアルバム!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る