TOPICS

WD店頭イベントにつきましてはこちら(店長ブログ)でご確認ください!

12/1よりWD店舗の営業日が変わりました。
営業日:月・金・土・日+祝日(定休日は、祝日を除く毎週火・水・木曜日です。)


-------------------

BELLE ANTIQUEリリース・インフォメーション・ページを更新しました! (4/26)


-------------------

WD特典としておなじみ、「紙ジャケット収納用BOX」のまとめページを追加しました!

・サイトをマイナー・チェンジしました!('16/4/21)


BELLE ANTIQUE

ベル・アンティーク
リリース・インフォメーション
(2019年5月リリース分アップ)


EURO-ROCK PRESS

ユーロ・ロック・プレス
最新号(Vol.80)
2019年2月27日発売!


WD店長のブログ

店長中島のプログレな日々


TWITTER

@WORLD DISQUE

@AVALON_LABEL

@marquee_live


■ 通販ウェブ・ショップ
当サイトのトップ画面に掲載しているレビューのジャケット画像には、それぞれ通販専用サイトの該当ページへのリンクをはっております。
※通販専用サイトでは、クレジットカード及びコンビニ支払いも可能となっておりますので、是非ご活用ください。


通販専用サイトはこちら

■ SET SALE LIST

セット・セール・リスト

通信販売の在庫確認の際に、オーダー・フォームへコピー&ペーストしてください。リストは毎月月末頃に更新しております。

オーダーフォームはこちら


REVIEW ARCHIVES

【Italy】
A|B-C|D-E|F|G
H-I|J-K-L|M|N
O|P
|Q-R|S|T-U
V.W.X.Y.Z

【France】
A|B|C|D|E-G
H-J|K-L|M|N
O-P
|Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Germany】
A|B|C|D|E|F|G
H-I|J|K|L-M|N
O|P
|Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Holland/Belgium】
A|B-C|D-E|F-G
H-I-J|K|L-M-N
O|P
|Q-R-S-T
U.V.W.X.Y.Z

【Swiss/Austria】
A to Z

【Spain/Portugal】
A to Z

【Scandinavia】
A|B|C|D|E|F|G
H|I|J|K|L|M-N
O|P
-Q|R|S|T
U-V
|W-X-Y-Z

【North America】
A|B|C|D|E|F|G
H| I|J|K|L|M|N
O|P
- Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【South America】
A|B-C|D-E|F-G
H-I|J-K|L-M|
N
|
O-P|Q-R|S|
T.U.V.W.X.Y.Z

【Others】
A|B|C|D|E|F|G
H|I-J|K|L-M|N
O|P
-Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Japan】
A|B|C-D|E|F|G
H|I|J|K|L|M-N
O|P
-Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【U.K&Ireland】
A|B|C-D|E-F|G
H|I-J|K-L|M-N
O|P
-Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【DVD (各国)】
A-G
H-N
O-Z


【Books】

【Magazine】


公式輸入プログレTシャツグッズ
取扱いしております!

「T-Shirt」
「Badge/Sticker/etc」

 

■ ダウンロード配信
ベル・アンティーク厳選のタイトルが、
iTunes及びMoraにて好評配信中です!

配信タイトルはこちら


■ リンク等





会社概要

MARQUEE及び
WORLD DISQUEの
画像、コンテンツを
無断複製・転載
することを禁じます。




 
【税率につきまして】
当サイトでの商品代金の表記は、消費税込(8%)となっております。


【お知らせ】

【重要なお知らせ】 EURO-ROCK PRESS Vol.80 お詫びと訂正

ユーロ・ロック・プレス Vol.80(発売中)での
「静かの海」 Interview及びLive Report記事中に誤りがございました。


p95

●左の段落 下から19行目
MILY SWEETさん→MILKY SWEETさん

p96

●左の段落 上から12行目 収録曲解説の小見出し
5人の天使→人の天使

●真ん中の段落 ライヴ・レポートのタイトル
牛山ブラザーズ→牛ブラザー

●真ん中の段落 上から13行目
会場外の出演者リストに「牛山ブラザーズ」の名前があり、

会場外の出演者リストに「牛ブラザー」の名前があり、

●右の段落 本文の下 ライヴ写真のキャプション
牛山ブラザーズ→牛ブラザー

p97

●セットリスト  2曲目
2. 5人の天使→2. 人の天使

●左の段落 上から7行目
“5人の天使” は、→“人の天使” は、


以上、お詫びして、訂正いたします。


EURO ROCK PRESS 編集部



【重要なお知らせ】 ワールド・ディスク店舗の定休日が変わりました
誠に勝手ながら、業務上の都合により、ワールド・ディスク店舗の定休日は
2018年12月より火・水・木曜 定休(祝日は営業)へ変更いたしました。
(店舗の営業日は金・土・日・月+祝日となります)。

お客様には御不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。
引き続き、皆様のご来店をお待ちしております。

※営業時間の変更はございません。 (月・金・土曜→ 13:00〜20:00 / 日曜・祝日→ 13:00〜19:00)

【重要なお知らせ】 通信販売専用電話の受付時間が変わりました
誠に勝手ながら、業務上の都合により、通信販売専用電話の受付は
2019年2月1日より、平日 15時〜18へ変更いたしました。

お客様には御不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。

【通信販売専用ウェブ・ショップについて】
レビューの不足や未掲載商品等多々ございますが、随時追加していきますのでご期待ください!
当サイトのトップ画面に掲載しているレビューのジャケット画像には、
それぞれウェブ・ショップ該当ページへのリンクをはっております。是非ご活用ください。


※ウェブショップでは、クレジットカード及びコンビニ支払が可能となっております。

http://wdisque.shop-pro.jp/

【当店チケット販売情報】
  NEW RECOMMENDED (画像をクリックすると通販専用サイトの該当ページに飛びます)               

〜再起したバンコの'19新作が登場!全盛期のサウンドを継いだ、プログレッシヴなド傑作!マスト!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/Transiberiana

(CD/Inside Out)(Italy'19)(税込¥2592)
F.ディ・ジャコモ('14年2月)、R.マルテーゼ('15年10月)が死去し、存続が危ぶまれていたバンコが、唯一のオリジナル・メンバーとなったヴィットリオ・ノチェンツィ(kbd)を中心にして再起し、スタジオ公式としては「Il 13」以来25年振りとなる新作を完成させた。熱唱型のニュー・シンガーをフロントに、幻の'14来日予定メンバーからは、ほぼ一新(セカンドgのみ残留)した、ツイン・ギターの6人編成にて、これぞバンコ、という、予想以上にプログレッシヴな、全盛期のサウンドを継いだ内容になっている。多用されるクロス・リズムに切り込むピアノ、オルガン、シンセがスリリング極まる、素晴らしい仕上がりの大傑作である。ハードカバー・デジパック、ボーナス・トラック2曲追加('18ライヴ、“Metamorfosi”“Il Ragno”)。

〜D.アレン死去後の2作目となるゴングの新作!よりスペイシー&テクニカルな会心の大傑作!必聴!〜

GONG
/The Universe Also Collapses

(CD/Kscope)(France'19)(税込¥2160)
バンド/ファミリーそのものであったデイヴィッド・アレンを'15年3月に死去で失うも、彼の遺志を継いで、最後のメンバーがそのままバンドを継承したゴングの、「Rejoice! I'm Dead!」('16)に続く、アレン亡き後の2作目となる新作。ナイフワールドの才人、カーブストラビ(g、vo)を中心に、管やシンセ、グリッサンド・ギターを多用した、前作より更にスペイシーかつテクニカルな、全盛期アレンズ・ゴングを継いだサウンドを展開している。正に会心の大傑作である。

〜スペイン/カタルーニャの英雄、ダルマの'19新作は地中海トラッド・ロック!熱くエネルギッシュ!〜

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA
/Flamarada

(CD/RGB)(Spain'19)(税込¥3240)
スペイン/カタルーニャを代表するバンドとして、'70年代より活動し、地元では大きな人気を誇る、通称・ダルマの、スタジオ作としては「El Misteri〜」('08)以来となる新作。チャルメラ風のサックスをフィーチャーした、持ち前のチンドン風味も健在であるが、ジャズ・ロックというよりはペイガン的なトラッド・ロック及び地中海ロック系サウンドを展開している。“セレブレイション”系PFMや、トリ・ヤン、コルモラン等も想起させる、インスト主体(一部vo入り)の熱くエネルギッシュな快作である。

〜伊産、怪しいアフロ・ファンク/サイケ・ジャズ・ロック・バンドの'18年4th!呪術トランシー!〜

AL DOUM AND THE FARYDS
/Spirit Rejoin

(CD/Bongo Joe)(Italy'18)(税込¥2592)
'11年にアルバム・デビューしている、イタリア/ミラノ拠点のアフロ・ファンク/サイケ・ジャズ・ロック・バンドの、「Cosmic Love」('14)に続く'18リリース4th。サックス、ギター/パーカッション、ローズ/フルート、ドラム/パーカッション等による、フェラ・クティ、マイルス・ルーツの、正にパーカッシヴな呪術反復サウンドは、怪しくトランシー。タイトル通りスピリチュアルな色も有る、強烈な一枚である。

〜仏のアコーディオン奏者が率いるアヴァン/チェンバー・ジャズ・バンドの2nd!ハイテンション!〜

MELUSINE
/Chroniques

(CD/Grapp)(France'18)(税込¥2592)
C.Girard(アコーディオン、作曲)をリーダーに、'13年に結成されたフレンチ・アヴァン・ジャズ/タンゴ・チェンバー系クインテットの、「Melusine」('17)に続く2nd。ユーフォニアム、エレクトリック・ギター、コントラバス、ドラムとの編成にて、タンゴのみならず、幅広いトラッド風味も取り込んだ、ダイナミックなサウンドを展開している。しなやかな変拍子の疾走感、暴れ回るギター入りのフリーキーなパート、緊迫感のある静けさまで、レコメン筋も注目の充実作である。

〜北欧ジャズきっての女性パーカッショニスト、メンバー全員女性の大編成ニュー・バンド1st!〜

MARILYN MAZUR'S SHAMANIA
/Shamania

(CD/Rare Noise)(Denmark etc.'19)(税込¥2484)
デンマーク/北欧ジャズきっての女性パーカッショニスト、マリリン・マズールの'19新作は、メンバー全員が女性の大編成ニュー・バンドSHAMANIAの1st。デンマーク(日本人kbd含む)、ノルウェー、スウェーデンと多国籍で、パーカッション、管の響きを活かした、シリアスECM〜北欧トラッド+ジャズ的な、音響重視のサウンドを展開している。しなやかで、イマジナリーな仕上がりの力作である。

〜ノルウェーの女性シンガーが新たに結成した、ゴシック・フォーク+エレクトロ・ユニット1st!声が強力!〜

SUSANNA & THE BROTHERHOOD OF OUR LADY
/Garden Of Earthly Delights

(CD/Susanna Sonata)(Norway'19)(税込¥2808)
ノルウェー産、'79年生まれの女性シンガーにして、'07より多数のアルバムをリリースしているSusanna(vo、p、ローズetc.)が、新たに結成したユニットの1st。ギター、アコーディオン、vo/エレクトロ、vo/エレクトロ、というドラムレスの編成にて、オーセンティックなフォーク風味のメロディーにアヴァンなエレクトロ、ダークなオーケストレーションが加わる、ある意味ゴシック的なサウンドを展開している。とにかく声に力がある、注目の力作である。

〜ex.オファーリングのシンガー/ピアニスト、しっとりしたチェンバージャズ歌もの!秀作!〜

PIERRE-MICHEL SIVADIER
/SI

(CD/Ex-tension)(France'19)(税込¥2700)
オファーリングに参加歴が有り、ステラ・ヴァンデのソロ作の音楽的パートナーとしても知られる仏のシンガー/ピアニスト/ソングライターの、11年振りとなるソロ新作3rd。正にマグマ周辺の『静の』要素と、ジョン・グリーヴス系をミックスしたようなチェンバー・シャンソン〜ジャズ風歌ものになっている。女性シンガー、Bevindaらもフィーチャーしたバンド編成で、しっとりと広がる歌世界が心地よくもイマジナリーな秀作である。

〜M.オルソン(ex.アングラガルド)+女性voの新デュオ・ユニット1st!メロトロン入り浮遊voもの!〜

IN THESE MURKY WATERS
/In These Murky Waters

(CD/Apollon)(Sweden'19)(税込¥2700)
スウェーデン産、あのマティアス・オルソン(ex.アングラガルド)が、女性シンガーEwik Rodellと組んだニュー・デュオ・ユニットの1st。リリースはノルウェーのApollonレーベルより。退廃/耽美ムードの女性voに、メロトロンやアナログ・シンセによるドリーミーなバッキングが付いた、浮遊系エレポップとも言うべきサウンドはオルソンらしい現代的なもの。4AD〜ゴシック色、更にはビートルズ系のルーツも伺わせる、聴き応えのある力作である。簡易ペーパースリーヴ、プレスCD。

〜面白い!ノルウェー産、モダン・インスト・プログレッシヴ、'16年4th、当店初入荷!カラフル!〜

PYMLICO
/Meeting Point

(CD/Apollon)(Norway'16)(税込¥2916)
ノルウェー産、'09年結成、'11年にアルバム・デビューしているモダン・ミクスチャー系インスト・プログレッシヴ・バンドの、'16リリース4th。(既に次作5thを出している)当店初入荷。ギター、サックス/ピアノ、キーボード含む5人編成(+ゲスト)にて、ジャガ・ジャジストがシンフォ化したような?パートから、テクニカル・ハード系、ポスト・ロック調まで、カラフルかつタイトな、キレの良いサウンドを展開している。面白味十分の一枚である。

〜ノルウェー'70sジャズ・ロック・バンドが、再編して幻の'77年2ndをリレコーディング!'18リリース!〜

SALUKI
/Amazing Games

(CD/Apollon)(Norway'18)(税込¥2700)
ノルウェー産、'76結成、'77年にCompendiumレーベルより唯一作を出したジャズ・ロック・バンドの、元は'77年に録音されるもリリースされなかった幻の2ndを、'18に再編してリレコーディングしたアルバム。vo、管入りの、ファンキーでポップな歌ものジャズ・ロック/フュージョン路線の中にも、テクニカルなギター・ソロや、北欧らしい透明感のあるパートを交えた、注目の好内容である。

〜言わずと知れたフォーカスの2人が'85年にリリースした連名作!単品で久々の再発!好内容!〜

JAN AKKERMAN & THIJS VAN LEER : FOCUS
/Jan Akkerman & Thijs Van Leer : Focus

(CD/Universal)(Holland'85)(税込¥1944)
先に出た、フォーカスの「全部入り」ボックスには収録されていたが、長らく廃盤で入手困難だった一枚が、単品で再発。言わずと知れた2人の連名作であるが、フォーカスのアルバムとしてカウントされることもある、微妙な位置づけの作品となっている。内容は時代相応に洗練されたクラシカル・フュージョンで、この2人ならではのフルートとギターが心地よく絡む、実のところ傑作である。

〜ご存知ドリーム・シアターのkbd奏者プログ・ロック+弾き倒しの新作ソロ!技巧派リスナー必聴!〜

JORDAN RUDESS
/Wired For Madness

(CD/Music Theories)(U.S.A.'19)(税込¥2916)
ご存知ドリーム・シアターのkbd奏者、ジョーダン・ルーデスの、自主リリース・ピアノ・ソロや連名作を除く、ロック系ソロとしては「The Road Home」('07)以来12年振りとなる新作。R.モーゲンシュタイン、M.ミンネマン、J.ラブリエ、J.ペトルーシ、V.ムーア、G.ゴーヴァン、J.レインゴールド等、多数の豪華ゲストを迎え(voは自身も担当)、U.K.〜EL&P+プログレ・ハード的サウンドに、弾き倒しのkbdが乗る、圧倒的にスリリングな内容になっている。目まぐるしい展開のタイトル組曲は、とりわけ必聴。傑作である。

〜北欧きっての硬派プログレッシヴ・バンドの新作は、何と、御大ピーター・ハミルを全面フィーチャー!大傑作!〜

ISILDURS BANE&PETER HAMMILL
/Amazonia

(CD/An Ataraxia Production)(Sweden、U.K.'19)(税込¥2160)
'80年代より活動を続け、数々の名作を世に送り出してきた、スウェーデンきっての硬派プログレッシヴ・バンド、イシルドゥルス・バーネの「Off The Rader」('17)に続く新作。前々作のスティーヴ・ホガース(マリリオン)に続く大物シンガーとの共演作で、今回は何と、VDGGの御大、ピーター・ハミルを全面フィーチャーした内容になっている。マリンバ、tp、vln、メロトロン音含むkbd、そして日本人女性による琴(日本語の語りも)等を活かした、チェンバー/クリムゾン系サウンドに、唯一無二のハミル節が相まった、ハミルの新作としても絶品の大傑作である。

※国内盤ベル・アンティークより6/25リリース!

〜お馴染み「プログレ侍」の新作は、何と、日本アニメの巨匠、宮崎駿トリビュート!日本の富山優子も参加!〜

THE SAMURAI OF PROG
/Toki No Kaze

(CD/Seacrest Oy)(Finland etc.'19)(税込¥2160)
言わずとフィンランドのb、dr、vln/flの3名から成る「プログレ侍」の新作7thは、「時の風」と日本語で題されている通り、何と、日本アニメ界の巨匠、宮崎駿へのトリビュート・アルバム。楽曲提供者(主にkbd奏者)と3人が共演する、言わば逆ゲスト参加/オムニバス方式である。ラッテ・エ・ミエーレ、カルファーゲン、ホストソナテン等のKbd奏者が、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』といった作品の数々、もしくは宮崎駿ワールド全体をテーマとした楽曲をプレイしており、日本からは、富山優子が参加。ラストのイル・テンピオ・デッレ・クレシドレのエリーザが日本語でvoも披露するなど聴きどころ満載の大充実盤だ。

※国内盤ベル・アンティークより6/25リリース!

〜サムライ・オブ・プログの新作にも参加!注目の女性シンガー、トリオ作!こちら向きのポップ良作!〜

富山優子トリオ
/Beautiful Harmony

(CD/Tommy)(Japan'19)(税込¥1500)
既に4枚のアルバムをリリース、サムライ・オブ・プログの新作「トキ ノ カゼ」にも参加している女性シンガー・ソングライター、富山優子(vo、p)が率いる、上田哲也(el-b)、よしじまともひと(dr)とのトリオの、このメンバーでは初となるスタジオ録音(5曲約28分)。タイトルは新元号「令和」に因んだもの。清らかな歌声と内省的な歌詞、ボッサ/ジャズ風のしなやかなリズムが織り成すサウンドは、時にミナスやカンタベリー系も香る、プログ・リスナー向きのポップである。屈折したアレンジのB、サムライ・オブ・プログ提供曲のトリオ・ヴァージョンDがとりわけ秀逸な、正に注目の良作。
※一般流通に先駆けてのショップ独占先行販売!

〜スコットランド産ポスト・プログ+エレクトロ・ポップ的トリオの新作4th!Kscopeド真ん中の良作!〜

NORTH ATLANTIC OSCILATION
/Grind Show

(CD/Kscope)(U.K.'18)(税込¥2376)
'05年にエジンバラで結成された、スコットランド産ポスト・プログ+エレクトロ・ポップ・トリオの、「The Third Day」('14)に続く新作4th。Kscopeより。(元は自主リリース?、'18)耽美ムードのvoはじめ、浮遊感溢れるkbd主体のモダン・サウンドは、正しくKscopeド真ん中と言えるもの。近年のアナセマを、更にデジタリーにしたような、上品でメロウな英国ならではの良作である。

〜ノルウェー産、フロイド等ルーツのメロディック寄りスペース・ロック/プログ、新作5th!秀作!〜

PROFESSOR TIP TOP
/Hybrid Hymns

(CD/Apollon)(Norway'19)(税込¥2700)
ノルウェー産、'12年にアルバム・デビューしている、スペース・ロック〜サイケ・プログレッシヴ・バンドの「Life Is No Matters」('17)に続く新作5th。サイケと言っても、フロイド、イエス、ゴング、カンタベリー系等ルーツのメロディアスなものであり、メロディック・シンフォ寄り。専任英語vo、g/オルガン/メロトロンetc.、b、drの4ピースによる、ドラマティックな好内容の秀作に仕上がっている。

〜ノルウェー'70sを代表するバンドの一つ、オルガン・ハード+プログな'73年1st!要・再評価の名盤!〜

RUPHUS
/New Born Day

(CD/Karisma)(Norway'73)(税込¥2484)
'70年代ノルウェーを代表するバンドの一つ、ルーファスの'73年1stが、「Kの」カリスマ・レーベルより、新規リマスター、ニュー・ブックレット、プラケース仕様で再発。2ndはシンフォ、3rdはクロスオーヴァー、4thはディスコ・ポップと、時代に合わせて変化していったバンドであるが、ここでは男女vo、sax/fl入りの、オルガン・ハードと初期イエス系のプログレッシヴをミックスしたようなサウンドを展開している。高い演奏力とアレンジ・センスが光る、要再評価の名盤である。

〜P.マンザネラ、S.フィリップス、イーノ等によるスーパー・バンドのライヴ!リハーサル音源をカップリング!〜

801
/801 Live + Bonus CD Edition

(2SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'76)(税込¥3888)
フィル・マンザネラ、イーノ、サイモン・フィリップス等、実力派アーティスト6人によるスーパー・バンド。ライヴ盤でデビューを飾るという異例ながら、その卓越したパフォーマンスで我々の度肝を抜いた大名盤。LP時代には時間の関係でカットした2曲を本編に加えた上、ライヴ直前のリハーサルをディスク2に収めたスペシャル盤。紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターにての決定版的内容!

※ワールド・ディスクのみ、3/25 4タイトルと合わせて、4/25 3タイトルの計7タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

'78年にリリースされた、フィル・マンザネラのソロ第三弾!豪華メンバーを迎えた、ポップ・センス溢れる作品!

PHIL MANZANERA
/K-Scope

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'78)(税込¥3024)
1978年にリリースされたフィル・マンザネラのソロ第3弾。サイモン・フィリップス、ゴドレー&クリーム、メル・コリンズ、フランシス・モンクマン等々、豪華ゲストを迎えての作品。前作(「Listen Now」)の延長線上にある、豪華メンバー達の才能をポップ・センス溢れる楽曲の中で洗練させた彼独特のテイストが感じられる好作品。紙ジャケット、ボーナス・トラック4曲収録、SHM-CD、最新リマスターによる決定版的内容!

※ワールド・ディスクのみ、3/25 4タイトルと合わせて、4/25 3タイトルの計7タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜'82年にリリースされた、マンザネラ初のオール・インスト作品!日本では@がCMで使用され、好セールスを記録!

PHIL MANZANERA
/Primitive Guitars

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'82)(税込¥3024)
1982年にリリースされたマンザネラ初のオール・インストゥルメンタル・アルバム。ギタリストのインスト作品ということで彼の引き出しを全て使った饒舌な楽曲が目白押しの入魂のアルバム。日本ではオープニング曲がCMで使用され、好セールスを記録したアルバム。紙ジャケット、ボーナス・トラック5曲収録、SHM-CD、最新リマスターによる決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、3/25 4タイトルと合わせて、4/25 3タイトルの計7タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜1972年〜2008年の楽曲を集めた、フィル・マンザネラの集大成ベスト!今シリーズのアルバムと重複は11曲のみ!

PHIL MANZANERA / 801
/The Music 1972-2008

(2SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'11)(税込¥3888)
1972年〜2008年の楽曲を集めたフィル・マンザネラの集大成ベスト・アルバム。彼のソロ作からばかりでなく、ロキシー・ミュージックやブライアン・イーノの楽曲等、彼が関与した作品からも広くセレクトされており、マンザネラの才能の多様性をまざまざと見せつけるセレクションは必聴。2枚組全32曲中、今回のシリーズで発売されたアルバムと重複するのは11曲のみ!紙ジャケット、ボーナス・トラック7曲収録、SHM-CD、最新リマスターによる決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、3/25 4タイトルと合わせて、4/25 3タイトルの計7タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜後にエスペラントを結成するvln奏者、R.ヴィンセントのレアな'72ソロ作!2曲ボーナス追加、追悼リリース!〜

RAYMONDO VINCENTO
/Metronomics

(CD/ベル・アンティーク)(Belgium'72)(税込¥3394)
後にESPERANTOを結成するVln奏者、レイモンド・ヴィンセントの1972年のソロ・アルバム。IZARAというフレンチ・リキュールの特典として少数配られたという幻の作品。クラシカルから、ジャズィー、そして後のESPERANTOを想起する等、多彩な楽曲を散りばめられたヴァイオリン・オリエンテッド作品。1967年にリリースしたSTRADIVARIUS名義のシングル曲2曲をボーナスとして追加収録!紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターによる決定版的内容!昨年秋に亡くなったレイモンドの追悼リリース。

〜英メロディックの重鎮、未発/レア・トラックス第2弾!

JADIS
/Medium Rare II

(CD/ベル・アンティーク)(U.UK/'19)(税込¥3024)
英国メロディック・シンフォニックきっての才人、ゲイリー・チャンドラー(g,vo)率いるジャディス。'16年にアルバム「No Fear〜」をリリースして健在ぶりを示した彼らの、今度は「Medium Rare」('01)以来、シリーズとしては18年振りとなる未発/レア・トラックス第2弾。「No Fear〜」リリース直後に作られた未発新曲はじめ、リワーク/リミックス、'18ライヴ、そしてジェネシス“Your Own〜”(未発スタジオ)、ピンク・フロイド“Comfortably Numb”(既発'01ライヴ、リマスター)のカヴァーまで、トータルの構成も抜群のファン必聴盤である。デジパック仕様。

〜ニック・ベッグスが率いるモダン/歌ものプログ・バンド新作3rd!シリアス&キャッチーな傑作!〜

THE MUTE GODS
/Atheists And Believers

(CD/ベル・アンティーク)(U.K.'19)(税込¥3024)
カジャグーグーを経て、スティーヴ・ハウ、スティーヴ・ハケット等と共演してきたニック・ベッグス(vo、b、スティック、g、kbd)が、ハケット・バンドの同僚ロジャー・キング(kbd)、U.K.等で活躍した超絶天才ドラマー、マルコ・ミンネマンと結成したグループのサード。シリアスな社会的テーマに大胆に切り込んだヘヴィでプログレッシヴな楽曲に、ジェントルでメロディアスな歌と、テクニカルなインスト・パートを交えた、ポーキュパイン・ツリー系+'80sポップ+クリムゾン的仕上がりの堂々たる傑作である。アレックス・ライフソン(ラッシュ)もゲスト参加!初回限定特殊デジパック仕様にて。

〜イット・バイツのJ.ミッチェルのソロ・プロジェクト、SF的テーマの3部作の完結編 NEW !

LONELY ROBOT
/Under ★ Stars

(CD/ベル・アンティーク)(U.K.'19)(税込¥3024)
イット・バイツ、フロスト*、アリーナ等での活躍で、1990年代以降の英国プログレッシヴの中核を担ってきたギタリスト、ジョン・ミッチェル。SF的テーマのもと、彼が全てをコントロールした3部作の最終部を飾る作品。新たにベース奏者を迎えて、生のバンド感を増したメロディアス・サウンドを軸に、テーマに沿ったスペイシーな感覚を加え、ミッチェルの、時にシャープに、時にキャメル的泣きを聴かせるギターをふんだんに入れた新世代プログレッシヴの傑作!ボーナス入りの初回限定版ヴァージョン!の発売。

〜言わずと知れたP.モラーツの、超名作1stソロ!本人リマスター&ボーナス2曲追加の決定版!

PATRICK MORAZ
/The Story Of i

(CD/ベル・アンティーク)(swiss/U.K.'76)(税込¥2916)
スイス出身、レフュジーでの活躍にて一気にキーボード・ヒーローに躍り出たパトリック・モラーツが、リック・ウェイクマンの後任としてイエスに加入、プログレッシヴの頂点を極める中、制作したファースト・ソロ。多彩なキーボード群を縦横無尽に弾きまくるプログレッシヴ性と、ジェフ・バーリンやアルフォンス・ムザーン(元ウェザー・リポート)等のフュージョン界の一線級による融合は、イエスが「リレイヤー」で試みた音楽を更に発展させたもので、同作によるモラーツの貢献度の高さを改めて認識させられる名盤中の名盤!ボーナス2曲+自身によるリマスターの決定版!

〜独産、モダン・シンフォニック代表格、RPWLの新作7th!フロイド+PT+メロディック的最高作!〜

RPWL
/Tales From Outer Space

(CD/ベル・アンティーク)(Germany'19)(税込¥3024)
ピンク・フロイドの多大な影響を受けつつも、更にプログレッシヴに、現代的なサウンド(ポーキュパイン・ツリー等)にアップデートして、ドイツ・シンフォ・シーンで頭一つ抜けた存在となったRPWLの、スタジオとしては「Wanted」('14)以来となる7作目。キャッチーかつメランコリックなメロディを丁寧なアレンジで深め、ここぞという所ではギターが強烈に泣きつくすサウンドが、これまで以上に充実した、圧巻の最高作である。メロトロン音キーボードも印象的。

〜名シンガー、ジョン・ロートンをフロントに復活したルシファーズ・フレンドのスタジオ新作!

LUCIFER'S FRIEND
/Black Moon

(CD/ベル・アンティーク)(Germany'19)(税込¥3024)
ユーライア・ヒープでも活躍した名ヴォーカリスト、ジョン・ロートンをフロントにして、ドイツを基盤にしながらも世界レヴェルで一線級のハード・ロックを展開していたルシファーズ・フレンド。2015年の再結成以後2作目となるスタジオ作!そのキャリアの中で多彩な音楽性を常に高水準に展開していた彼らだが、やはりその実力が最高に輝く、正統的でドラマティックなハード・ロック・スタイルを中心に展開される充実のアルバム!

〜名ドラマー、M.シュリーヴが、P.スロール等と結成したバンドの1st!USプログレ・ハードの名盤!

AUTOMATIC MAN
/Automatic Man

(CD/ベル・アンティーク)(U.S.A.'76)(税込¥3024)
全盛期のサンタナ〜ツトム・ヤマシタのGO・プロジェクトでも活躍した名ドラマー、マイケル・シュリーヴが1976年に英国出身のキーボード奏者トッド・コクレーンや、ヒューズ・スロール、エイジアなどでのプレイで隠れた名ギタリストとして名高いパット・スロールと結成したオートマティック・マンのデビュー作。縦横無尽に走るスロールのギターと切れ味鋭いリズムによるキャッチーなハード・ロック・サウンドに、スペイシーなキーボードが絡んだ音楽性は、シュリーヴのサンタナでの同僚達が組んだジャーニーの初期にも通じるもので、USプログレッシヴ・ハードの名盤!

〜ご存知J・A・シーザーの演劇人生50周年イヤー第一弾! '82年の天井棧敷・男優陣による残酷演劇作品の音楽、単体初CD化!

J・A・シーザー
/チェンチ一族

(CD/Fuji)(Japan'82)(税込¥3024)
'82年に天井棧敷の男優陣のみで上演され、J・A・シーザーが音楽のみならず初めて演出も手掛けた記念すべき作品である、アルトーの残酷演劇、「チェンチ一族(いちぞく)」。その音源は一部が「天井棧敷音楽集Vol.4」ボックスに入っていたが、単体では初CD化となる。従来の作風とはやや趣を異にする、打ち込み前夜のインスト中心の劇伴は、反復重視、ジャーマン・ロック/ノイズ/インダストリアルに接近した、実験的なものである。様々な点で興味深い、ファン必携の貴重かつ充実の一枚。

〜【3/25(月)&4/25(木)発売、ご予約受付中!】 フィル・マンザネラ「紙ジャケット収納用ボックス」付7枚フル・セット!〜


「フィル・マンザネラ」収納用ボックス付7枚フル・セット

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、フィル・マンザネラ紙ジャケット7種(3月3タイトル、4月4タイトル)を同時にお買い上げのお客様に、紙ジャケット収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。

■3月25日(月) リリース・タイトル3種
クワイエット・サン / メインストリーム (2,800円+税)
フィル・マンザネラ / ダイアモンド・ヘッド (2,800円+税)
フィル・マンザネラ/ 801/ リッスン・ナウ (2,800円+税)

■4月25日 (木) リリース・タイトル4種
801 / ライヴ+ボーナスCDエディション (2SHM-CD) (3,600円+税)
フィル・マンザネラ / K-スコープ (2,800円+税)
フィル・マンザネラ / プリミティヴ・ギターズ (2,800円+税)
フィル・マンザネラ / ザ・ミュージック 1972-2008 (2SHM-CD) (3,600円+税)

(7 SHM-CD/ベル・アンティーク)(UK)(税込¥22,896)


◆通信販売をご利用予定のお客様
・3月リリース分につきましては「収納ボックスなしの状態」で3枚を先行してお届け、4月リリース分の4枚をお届けする際に「収納用ボックス」をあわせてプレゼントいたします。
・通信販売をご利用されるお客様につきましては、7タイトル分の商品代金が先払いとなります
(代引きでのご注文の場合は、3月分の発送時に7タイトル分を代引きにて発送、4月分の発送時は発払にてそれぞれ発送手配させていただきます)。

◆ワールド・ディスク店頭にてご購入予定のお客様
・WD店頭にてご予約をいただいたお客様には、3月リリース分の3タイトルをまとめ買いいただいた際に「収納用ボックス引換券」をお渡しいたします。「引換券」は、後日、4月リリースの4タイトルをまとめ買いされる際にお渡しください。
※店頭でのご予約・ご購入の場合は、3月分と4月分はそれぞれ別会計となります。
※4月の4タイトル発売以降にご購入されるお客様につきましては、7タイトル分まとめてのお会計となります。

※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/PhilManzanera.htm

※WORLD DISQUE店頭および通信販売にてご予約受付中!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=140515646

〜カンタベリー・ロックの最高傑作の一つ、クワイエット・サンの唯一作! 決定版的再発!〜

QUIET SUN
/Mainstream

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'75)(税込¥3024)
カンタベリー・ロックの最高傑作の一つとして、歴史に残るクワイエット・サンの唯一作。フィル・マンザネラ、後にTHIS HEATを結成するチャールズ・ヘイワード、デイヴ・ジャレットとビル・マコーミックという個性がぶつかりあい、当時、プログレッシヴ・ロックとしての先鋭性を持った奇跡のようなアルバムが誕生した。紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック収録、オリジナル・デザインの内袋付、最新リマスターの決定版的内容!。

※ワールド・ディスクのみの3タイトル同時購入先着特典:4/25 4タイトルと合わせて収納可能なBOX引換券(店頭)

〜豪華メンバー参加の、フィル・マンザネラ1stソロ!クワイエット・サン時代の貴重なデモ入り!〜

PHIL MANZANERA
/Diamond Head

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'75)(税込¥3024)
ロキシー・ミュージックのギタリスト、フィル・マンザネラの1975年発表のファースト・ソロ・アルバム。ジョン・ウェットン、イーノ、エディー・ジョブソン、クワイエット・サンのメンバー等、豪華ゲスト陣を迎えることにより、曲ごとにメンバー達によるケミストリーを生じさせた魅力あふれる作品。クワイエット・サンと双子の兄弟的な位置づけにある名作アルバム。10分を越える2曲目のボーナスは貴重なクワイエット・サン時代のデモ!紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック収録、オリジナル・デザインの内袋付、最新リマスターの決定版的内容!

※ワールド・ディスクのみの3タイトル同時購入先着特典:4/25 4タイトルと合わせて収納可能なBOX引換券(店頭)

〜「801」との連名で'77年にリリースされた、フィル・マンザネラの作品!決定版的再発!〜

PHIL MANZANERA / 801
/Listen Now

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'77)(税込¥3024)
ソロ・デビュー作「ダイアモンド・ヘッド」の制作後、「801」としての活動をしていたフィル・マンザネラが「801」との連名で1977年に発表した作品。「801」の参加メンバーを中心に、エディ・ジョブソン、メル・コリンズ等の豪華ゲストを迎えて制作。プログレッシュヴ・ロックのエッセンスを上質なポップ・センスで包んだ彼独特の手法は、ロキシー・ミュージックにも通じるセンスあふれる名盤となっている。紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック収録、オリジナル・デザインの内袋付、最新リマスターの決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみの3タイトル同時購入先着特典:4/25 4タイトルと合わせて収納可能なBOX引換券(店頭)

〜英国で'75年にリリースされたハード・プログレッシヴの傑作、遂に国内初登場!〜

TIME
/Time

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'75)(税込¥3394)
スポンティニアス・コンバッションのマーゲッツ兄弟が結成したタイム。当時、エニドのファースト等をリリースしていたBUKから75年に発売された唯一作。モノトーンのジャケットとは対照的にテクニカルで饒舌なハード・プログレッシヴ・サウンドは、イエスやラッシュを引き合いに出して語られる高水準作。プログレッシヴ・ロック・ファンのみならず、ハード・ロック・ファンも必聴!初紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターにて堂々国内初登場!今こそ再評価の時!

〜大名盤「四季」が何と、3枚組デラックス・エディションで再発!これはマスト!

RENAISSANCE
/A Song For All Seasons, 3CD Remastered & Expanded Clamshell Box Edition

(3CD/ベル・アンティーク)(U.K.'78)(税込¥4860)
看板ヴォーカリスト、アニー・ハズラムの美声とバンド・サウンドを華麗なオーケストラと融合させて、名実ともに英国クラシカル・ロックを代表するバンド、ルネッサンスが、ジェネシスとも活動した名プロデューサー、デヴィッド・ヘンツェルを迎え、これまで以上に甘美なオーケストレイションによる壮大かつ美的なサウンドを展開した大名盤。今回、オリジナル・マスターからのリマスターの上、BBCライヴやTV音源、更にはいずれも米国フィラデルフィアでの'78年12月(CD2、47分、未発トラック“Opening Out”入り)、及び同日の初登場音源(CD3、57分)を追加しての決定版的再発である。カードボード・スリーヴ(ジャケとは別デサイン)、カラーブックレット、ポスター付、ボックス仕様。

〜英国で最も神秘的なバンド、記念すべき1st!ボーナス・ディスク付2CD、デジパックで再発!

THIRD EAR BAND
/Alchemy: 2CD Remastered & Expanded Edition

(2CD/ベル・アンティーク)(U.K.'69)(税込¥3780)
オーボエ、チェロ等の生楽器を多用した編成で、中世音楽と東洋のラーガの双方に触発されたサウンドを聴かせて、英国で最も神秘的なバンドの一つとされるサード・イヤー・バンドの記念すべきデビュー作。サイケデリック〜カウンター・カルチャーの流れで「異なった」思想へと傾斜した彼らのサウンドは、古楽・フォークを思わせつつも、どこにも存在しない異教の儀式を思わせる魔術的で陶酔感の強いもの。オリジナル・マスターからのリマスターに加え、ライヴ音源やデビュー前の'68〜'69にかけての数多くの未発表音源を加えた、ボーナス・ディスク付2CD、デジパック仕様の決定版である。

〜故イアン・カーが率いた名バンドの、Vertigo期「全部入り」9in6 BOX!「ベラドンナ」含む!

NUCLEUS & IAN CARR
/Torrid Zone〜The Vertigo Recordings 1970-1975

(6CD/ベル・アンティーク)(U.K.'70〜'75)(税込¥7560)
トランペット奏者イアン・カーを中心に、後にソフト・マシーンを支えることになるカール・ジェンキンス、ジョン・マーシャル、或いはアラン・ホールズワース等、英国ジャズ・ロックの中核となる面々を迎えて、電化マイルスに呼応しつつも、常に英国的でプログレッシヴな指向のジャズ・ロック・サウンドを聴かせた名バンド、ニュークリアス。あのVertigoレーベルに残した9枚のアルバム(イアン・カー名義の「ベラドンナ」も含む)を6枚組CDに纏めたボックス・セットである。カードボード・スリーヴ(オリジナル・ジャケとは異なるデザイン)、カラーブックレット付。お得用プライス。
(Containts)
「Elastic Rock」('70)、「We'll Talk About It Later」('70)、「Solar Plexus」('71)、「Belladonna」('72)、「Labyrinth」('73)、「Roots」('73)、「Under The Sun」('74)、「Snakehip Etcetera」('75)、「Alleycat」('75)

〜ウクライナ産ファンタジック・シンフォ、ド傑作NEW! 10th! 限定2CDにて!〜

KARFAGEN
/Echoes From Within Dragon Island

(2CD/ベル・アンティーク)(Ukreine'19)(税込¥3780)
ウクライナ出身のキーボード奏者、アントニー・カルージンが、シンフォニック・ロックの王道を目指したメイン・ユニット、カルファーゲンの10作目。「宝島」「ジキルとハイド」等で名高いR.L.スティーブンソンの作品をモチーフに、壮麗でクラシカルなキーボード、伸びやかなギター、更には生の管弦もフィーチャーした大掛かりな編成により、胸に迫るノスタルジックなメロディと壮大でドラマティックな展開にて圧巻のファンタジック・シンフォ・ワールドを実現している。。ハケット+ウェイクマン的とも言うべき大傑作である。ボーナス・ディスク付限定2枚組仕様にて!


〜"シルヴィア"系の流麗でクラシカルなサウンドを完璧に再現している、フォーカス愛に満ちた傑作デビュー作!〜

TEXEL
/Zooming Into Focus

(CD/ベル・アンティーク)(Holland,UK, etc. '18)(税込¥3024)
オランダが生んだユーロ・ロックの巨人フォーカスの大ファンだという同国のkbdとイギリスのgが中心となり、デンマークのflらが参加している多国籍バンドのデビュー作。タイトルにもある通り、まさしくフォーカスに全面オマージュした内容(楽曲はオリジナル)になっています。"シルヴィア"系の、クラシカルで流麗なフォーカス・サウンドを完璧に再現しており、"悪魔の呪文"風の曲が入っていない点を除けば、本家の新作と言われれば誰もが信じるレヴェルの見事なものです。まさにフォーカス愛に溢れた、注目の傑作!

〜「チリのサムラ」と称されたコングレッソの'88未発ライヴが発掘リリース!〜

CONGRESO
/Congreso En Vivo Montreal, Octubre 1988

(CD/ベル・アンティーク)(Chile'88録音)(税込¥3024)
'70年代の初頭より現在まで活動し、フォルクローレ/民族色とジャズ・ロックを融合した音楽性で、「チリのサムラ」とも称されるレジェンド・バンド、コングレッソの、'88年にモントリオールで行われたライヴの発掘リリース。カセット録音ながら音質は良好である。FULANOのJ.Campos(b)がメンバーとして参加した、6人編成(vo,sax,dr,b,marimba/per,kbd)にて、代表作「Ha Ilegado〜」('82)、「Pajaros〜」('84)からの曲を含むハイ・テンションな演奏を収めている。ウェザー・リポート風のテクニカルな色も濃く、結果的にカンタベリー系を思わせるところもある、貴重かつ充実の快演である。

〜かのFULANOの直接的後身バンド登場!よりプログレッシヴな大傑作!〜

ANIMAL EN EXTINCION
/Antes Y Despues

(CD/ベル・アンティーク)(Chile'19)(税込¥3024)
断続的に活動を続けるも、'15年の5th「絶滅動物 (Animais In Extincion)」をもって解散した、チリきってのアヴァン・ジャズ・ロック・バンド、FULANO。そのラスト作のタイトルを名前にした、直接的後身ニュー・バンドが登場した。J.Campos(b)はじめ、女性スッキャットvo/kbd、kbd、drと、5人中4人がFULANOのラスト・メンバーで、新加入のsax及びゲストを加え、FULANOの硬質でプログレッシヴな側面を受け継いだと言える、ダーク&ヘヴィなサウンドを展開している。ファンク・ジャズ・ロック色を含め、部分的にはMAGMAや初期KING CRIMSONを思わせる、まさに注目の傑作である。

〜これは貴重!J.ミューア期クリムゾンの良好サウンドボード音源!初出'72年12月 ニューキャッスル!

KING CRIMSON
/Live In Newcastle December 8, 1972

(CD/Panegyric)(U.K.'19)(税込¥1620)
お馴染みキング・クリムゾンのコレクターズクラブものニュー・リリース、これは貴重極まりない近年発掘されたという'72年12月ニューキャッスル公演の初出音源。ジェイミー・ミューア入りツアーの終盤で、ただでさえ少ないこの時期の、しかも良好サウンドボード音源ということで、これは驚きのリリースである。「太陽と戦慄」全曲+インプロは、まだ固まり切っていない分、メンバー間の相互作用をリアルに感じ取れる、正にスリリングな内容になっている。マニアのみならず見逃せない一枚。
※Attention! 本CDは、ラスト曲“太陽と戦慄パート2”が尻切れトンボになっています。御了承下さい。

〜アルゼンチンのチェンバー・バンド、FACTOR BURZACOの女性vo!キュートなチェンバー・ポップ!〜

CATU KUA
/Que Vengen Los Pajaros

(CD-R/Viajero Inmovil)(Argentina'18)(税込¥2700)
アルゼンチンのチェンバー・ロック・バンド、FACTOR BURZACOの女性シンガー、カロリーナ・レストッチアの実質別名義のソロ・プロジェクトの、「Lomas」('13)以来久々となる2作目。タイトルは『鳥が来る』の意。CD-R、トールサイズ変形・絵本風パッケージ。WA-HA-HA期の小川美潮を思わせる、実にキュートな母国語voに、FACTOR BURZACOよりもオルタナ・ロック寄りのチェンバー・ポップ・サウンドが合体した内容は面白味十分である。シンプルな編成のバックも絶妙な、彼女の魅力に溢れた仕上がりの力作。

〜マフィンズの3名+1による、ニュー・プロジェクトの'17作品!ザッパ色増強のジャズ・ロック傑作!〜

4S'D
/Man Or Muffin

(CD/Thomas F. Scott)(U.S.A.'17)(税込¥2160)
USカンタベリー系を代表するザ・マフィンズのsax/fl奏者、トーマス・F・スコットを中心に、同じくマフィンズのB.スワン(b)、P.シアーズ(dr)、更には元・CHAINSAW JAZZのマーク・スタンレー(g)という4人によるプロジェクトの'17作品。スコットがkbdもプレイし、元はビッグ・バンド用の作曲だったというだけに緻密でオーケストラルな、ザッパ色の強いジャズ・ロックを収めている。その一方で、マフィンズらしいカンタベリー色も十分に感じさせる充実の傑作である。

〜こちらは輸入盤!仏アヴァン・ロック近来稀に見る大傑作、ポアルの新作4th〜

POIL
/Sus

(CD/Dup Et Doux)(France'19)(税込¥2160)
現在のフレンチRIO/アヴァン・ロック系にあって屈指の存在となった、ギターレスのキーボード・トリオ、ポアルの、「Brossa Klitt」('14)に続く新作4th。オクシタン語によるvoも交えた、圧縮〜疾走系の爆裂変拍子ハードコア・レコメンサウンドは健在である。マグマ、サムラ、高円寺百景/ルインズ系+マス・ロックともいうべき、いかがわしさと押しのパワーがさらなるインパクトで迫る会心傑作。@Dは15分近い大曲で、プログレッシヴ志向も強い。

〜フレンチ・フォーキー&チェンバー・シャンソン女性voポップ3rd!屈折と浮遊と叙情、注目の力作!〜

L'AFFAIRE CAPUCINE
/Metamorphoses

(CD/L'autre)(France'19)(税込¥2376)
現在の仏産、女性シンガー/ソングライター、Aurelie Laurenceをリーダーとするユニットの、「Le Cercle」('15)に続く新作3rd。チェロ、ピアノ、アコギを活かした、フォーク/アコースティック・ポップ色と所謂チェンバー・シャンソンをミックスしたようなサウンドを展開している。屈折味と浮遊感、そして、しっとりした叙情が混然一体となった女性ヴォーカルものであり、フランスならではの魅力十分の力作。

〜スペイン/カタルーニャのシリアスなシンガー・ソングライター、'77の異色作にしてオケ、合唱入り傑作!〜

LLUIS LLACH
/Campanades A Morts

(CD/Fonomusic)(Spain'77)(税込¥2484)
'70年にデビューし、フランコ政権下でのカタルーニャ独立運動の重要人物となったシンガー・ソングライター、ルイス・リャックの、'77作品が再プレス。暗くシリアスなムードで、17分を超えるタイトル曲はじめ、重厚なオーケストラと合唱も交えた、ミサ風とも言える内容になっている。彼の作品としては非常に異色ながら、フランスで言えばジェラール・マンセの「Le Mort D'Orion」辺りにも通じる、ポリティカルかつプログレッシヴなシンガー物の名作である。

〜仏きっての前衛ギタリスト、'19新作はシェークスピア「マクベス」テーマ! ソプラノ入りチェンバー大傑作!〜

MARC DUCRET
/Lady M

(CD/Illusions)(France'19)(税込¥2160)
長らくフレンチ・アヴァンギャルド・シーンの最前線で活躍を続けるギタリスト/コンポーザー、マルク・ドゥクレの最新作は、かのシェークスピア「マクベス」をテーマとした、現代クラシック/シリアス寄り作品となった。ソプラノ女性voをフロントに、Regis Huby(vln)等管弦、dr入り大編成にて、正にシリアス・チェンバーとフリー・ジャズ、そしてONJ系ポリリズミックが合体、かつてのヘンリー・カウ+マイク・ウェストブルックの更に先、といった趣の、チェンバー/アヴァン系の大傑作である。

〜仏ジャズ・ロック最注目ドラマーが、マグマ、ラッシュ、カン等、「ドラマー系」楽曲をプレイした作! 必聴!〜

FRANCK VAILLANT
/Drummer Z

(CD/Shreds)(France'18)(税込¥2160)
現在のフレンチ・ジャズ・ロック・シーンで最注目のドラマー、F.Vaillantの'18リリース作。ピエール・ド・ベスマン(kbd)、ブルーノ・シェヴィロン(b)とのトリオにて、彼がリスペクトするドラマー(C.ヴァンデ、N.パート、J.リーヴェツァイト、P.コリンズ、T.ウィリアムス、D.ユメールetc.)が作った楽曲をカヴァー(+オリジナル、一部vo、cho入り)している。“YYZ”に始まり、“The Last Seven Minutets”“Beeizebub”“Mama”等、大胆アレンジでスリリングに迫る、正に注目の快作である。

〜現・マグマのbも参加している、ロック/ハードコア寄り新バンドの1st!スクリームvo入りのヘヴイな痛快作!〜

WELCOME-X
/Welcome-X

(CD/Le Triton)(France'18)(税込¥2160)
現・マグマのフィリップ・ビュソネ(b)も参加している、専任英語vo入り5人編成新バンドの1st。ブルータルなスクリーミング&トーキング・スタイルのvoをフロントにした、昨今のマグマ周辺では最もロック/ハードコア寄りのサウンドはインパクト十分である。正にマグマ由来の強烈にうねるリズムと、エキセントリックな上物が相まって一気に聴かせる、先ごろ出たエレファント・トクの新作と比べてみるのも面白い内容になっている。レコメン筋のリスナーにも向く、ヘヴイな痛快作。

〜仏のsax/fl奏者による、レトロ/モンド+J.グリーヴス的アヴァン・ポップ歌もの作!屈折と浮遊の秀作!〜

WILDMIMI
/La Revolte Des Couverts

(CD/Train Fantome)(France'19)(税込¥2160)
'76年パリ生まれ、ベーシスト/コンポーザーFred Pallemのグループ、LA SACRE DU TYMPANでも活動しているサックス/フルート奏者、Remi“Wildmimi”Sciutoの実質的ソロ作。そのF.Pallem(b/3曲)はじめ、管、p、dr等が加わったバンド・タッチにて、自らvoを取る、レトロ/モンド+ジョン・グリーヴス系とも言うべきアヴァン・ポップ歌ものを収めている。(一部インスト)フランスならではの浮遊感と、親しみやすくも屈折した楽曲が心地よい、注目の秀作である。

〜元・NOETRAの管奏者が率いるカルテット、'19作!vibe多用のイマジナリーなチェンバー・ジャズ良作!〜

CHRISTIAN PABOEUF QUARTET
/Les Chemins Aleatoires

(CD/Production Il Monstro)(France'19)(税込¥2376)
元・NOETRAのウッドウインド奏者、C.Paboeufが率いるカルテットの'19リリース。自らはヴィブラフォンをメインでプレイした、dr/per、p/モーグ、ホルン/tpとの4人組(+ゲストsax、女性voice)にて、時にサード・イヤー・バンドを思わせる、ダークなチェンバー・ジャズをプレイしている。Dには日本語の語りも插入。ミニマル/クラシカル色も有る、むしろオレゴン系に通じる流麗なタッチが特色であり、フレンチ・アヴァン系リスナーのみならず見逃せない良作。

〜アルゼンチン産、パーカッション入りラテン+ヘヴイ・プログ個性派、新作4th!スリリングな力作!〜

PULSONICA
/Entre Mundos

(CD/Pulsonica)(Argentina'19)(税込¥2592)
'08年にアルバム・デビューしている、パーカッション、ドラム、ギター、ベースの4ピース(+ゲスト)バンドの、「Fuera Del Tiempo
」('15)に続く新作4th。パーカッションを大きくフィーチャーした、ラテン+ヘヴイ・プログレッシヴ/フュージョン的サウンドは、非常に個性的かつ面白味のあるものである。ストリングスも一部に交えた、チェンバー/アヴァン系或いはクリムゾン系リスナーにも向く、時にメロディアス、そしてスリリングな力作。ヴァイオリンも効いている。

〜元・ミアの御大、リト・ヴィターレの'88作の30周年記念、'18ライヴ!1オケ入りのドラマティックな快演!〜

LITO VITALE QUINTETO
/Ese Amigo Del Alma 30 Anos

(CD/Cicro 3)(Argentina'18)(税込¥2376)
言わずと知れた元・ミアにして、今やアルゼンチン音楽界の重鎮となったリト・ヴィターレのニュー・リリースは、当時カルテット名義でリリースされた'88年作「Ese Amigo〜」の30周年を記念して'18年に行われたライヴを収録したCDとなった。サックスやケーナを含むクインテットにオーケストラも加えて、同作収録曲のみならず、カルテット時代の楽曲の数々をメロウに、ドラマティックにプレイした内容である。泣きの入った管楽器、タンゴ・フュージョン風味と壮大なクラシカル色が相まった、言わば大河ドラマのサントラ的サウンド、M.ヴィアナにも通じる名演!

〜アルゼンチン産、ポリリスミックなアヴァン・ジャズ・ロック、ダークなチェンバー色増強の新作2nd!〜

KAI D'RAIZ
/Limbo

(CD/Kai D'Raiz)(Argentina'17)(税込¥2376)
アルゼンチン産、'15年に同名タイトルのデビュー作を発表した、4管、g、p、b、dr(+バスクラリネット)の8人編成バンドの、'17リリース」2nd。当店初入荷。昨今のフレンチ・アヴァン系に通じるポリリズミック・センスと、アルゼンチンらしいタンゴ風味(一部A.ピアソラ曲もプレイ)を共存させた音像を、よりシリアスなチェンバー寄りのタッチで展開している。エレクトリック・ギターも活かした、ヘンリー・カウ〜M.ウェストブルック的なパートが秀逸な、アヴァン・リスナーは見逃せない一枚である。

〜大高清美(org)+川口千里(dr)の女性デュオ、最新作4th!オルガン弾き倒しパワー・プログレ・フュージョン!

KIYO*SEN
/Organizer

(CDクラウン徳間ミュージック)(Japan'18)(税込¥3000)
カシオペア3rdの大高清美(org、kbd)と菅沼孝三の弟子にして、デビュー当時女子高生だった超絶ドラマー、川口千里による女性デュオ・ユニットの、こちらは最新作4th。今作もプロデュースは矢堀孝一(フラジャイル/gでゲスト参加)で、疾走する変拍子と複雑なキメの中、オルガンが弾き倒すプログレ・フュージョン/ジャズ・ロックを、よりヘヴイに展開している。主要ゲストで渋谷有希子(b)もフィーチャーしてバンド感を強め、楽曲性(主に大高の作曲)と技巧のバランスのも優れた、現時点での最高作である。

〜大高清美+川口千里のパワー・プログレ・フュージョンデュオ、'17ツアーから収録のライヴ

KIYO*SEN
/Another Live World

(DVD/アルファノート)(Japan'18)(税込¥4298)
カシオペア3rdの大高清美(org、kbd)と若き超絶ドラマー、川口千里の女性デュオによるパワー・プログレ・フュージョン・ユニットの、こちらは2作目となるライヴDVD。'17年のツアーより、3公演(名古屋ボトムライン、汐留BLUE MOOD 、目黒BLUES ALLEYJAPAN)からの ベストセレクションを収めている。プロデューサーの矢堀孝一(FRAGILE/g)、女性ベーシストの渋谷有希子はじめ、ゲストも交えた演奏は、正に疾走する変拍子と弾き倒し/叩き倒しによる超絶テクニカルなもの。多角的カメラワークも秀逸な大充実の一本。ライヴ本編約120分、4thのレコーディング・ドキュメンタリーや面白MC集など約25分のボーナスも必見。

〜かの冨田勲が音楽を手掛けた、'74公開パニック特撮映画のサントラ! 裏プログレ度高し !

冨田勲
/ノストラダムスの大予言 オリジナル・サウンドトラック

(2CD/Cinema-kan) (Japan'74)(税込¥4536)
1974年に、「日本沈没」に続くパニック特撮映画として公開されヒットを記録するも、これまで一切ソフト化されたことがなく、ある意味カルトな作品となっていた東宝映画「ノストラダムスの大予言」。音楽を担当したのは、マエストロ、故・冨田勲である。シンセと生オケとバンドをミックスして、実はプログレ風味の強い、ロック寄りの劇伴を収めている。時に、後の川井憲次を思わせる叙情的な面もある、テーマ・ヴァリエーションものとはいえ十分面白い(コーラス・メロトロン風シンセも多用) 大穴のアイテム。ステレオとモノラルをカップリングした2枚組CD。

〜ノルウェーのジャズ・ピアニスト、かのマイク・スターンをフィーチャーしたスタジオ新作!〜

JAN GUNNAR HOFF GROUP
/Jan Gunnar Hoff Group Featuring Mike Stern

(CD/Losen)(Norway'18)(税込¥3024)
ソロ名義では、'93以来、実に14作ものアルバムを出している、ノルウェーのジャズ・ピアニスト、Jan Gunnar Hoffの、グループ名義では初となるスタジオ・アルバム。'06年に初共演している、かのマイク・スターン(g/マイルス・デイヴィス)をフィーチャーした4人編成で、自身はp/kbdをプレイ。メロウなフュージョンからテクニカル系ナンバーまで、北欧らしい上品で流麗な広がりのあるサウンドを展開している。特にリズムの効いたナンバーはプログレ・フュージョン的で、こちら向きである。注目の力演。

〜アルゼンチン産、知られざる歌ものプログ・バンドの'80発掘ライヴ+α!リト・ヴィタ周辺シンガー参加!

IRREAL
/Irreal

(CD/Banco Santa Fe)(Argentina'18)(税込¥2484)
'90年代にリト・ヴィターレとの連名作をリリースしたことで知られる、アルゼンチンのシンガー、Juan Carloss Bagliettoが参加していた(バンド自体は'70s後半より活動)幻の歌ものプログ・バンドの、'80年ライヴ7曲を中心に全10曲を収めた発掘リリース。音質こそ、それなりであるが、当時音源を残さなかったバンドの為、大変貴重なものと言える。フルートと、エレピ/kbdをフィーチャーした、ゆったりとした広がりと、時にシンフォニックなアレンジの楽曲が、スイ・ヘネリスやマキナを彷彿とさせる注目の一枚である。

〜ジャケに反して、音はシンフォニック!元・パブロのシンガー参加バンドの新作3rd!炎フロイド+初期KC的!

LA BARCA
/Argentina Nunca Mas

(CD/El Zaino)(Argentina'19)(税込¥2376)
アヴァン・ロックのようなジャケだが、実はこれが、シンフォニックな叙情派の、アルゼンチン産バンドの新作3rd。それもそのはず、元・パブロ・エル・エンテラドールのホセ・マリア・ブラン(vo、g、kbd)がメンバーとして参加している。サックスもフィーチャーした、「炎」期フロイド基調に初期クリムゾン、ジェスロ・タル等のルーツと、アコースティックな南米色を交えた音像を展開している。アルゼンチンらしさが十分に感じられる、充実の秀作である。

〜アルゼンチン・ハード系のメガレア・アイテム、ボートラ付きの最新リイシュー盤!充実の秀作!

MONTES
/Cuando Brille El Tiempo

(CD/RGS Music)(Argentina'74)(税込¥2376)
アルゼンチン・ハード系のメガレア・アイテムとして、つとに知られる、モンテスの'74唯一作。これまで何度もCD化されているが、こちらは、'73年の未収シングルの2曲をボーナス追加しての'19最新リイシュー。母国語voを含む4ピースにて、少し捻った展開のサイケ・ハード寄りのサウンドを収めている。ガレージ風味も少々だが、アルゼンチンということで、イタリアン・'70sハード系に通じる部分や、物悲しいブルージー・ナンバー(ヒープの影響も)が、いい味を出している充実の内容である。

〜voは、キャメルのピーター・ジョーンズ!英産ハードシンフォ、注目の新作4th!キャッチーな秀作!

RED BAZAR
/Things As They Appear

(CD/White Knight)(U.K.'19)(税込¥2700)
g、b、drの3人によって'07に結成、前作「Tales From The Bookcase」('16)より、現・キャメルのピーター・ジョーンズがvoでメンバーとして参加している英国産ハード寄りシンフォ・バンドの新作4th。専任kbdも加えた5人体制を基本に、ラッシュやイット・バイツ辺りをルーツとしたような、時にドライヴし、時にキャッチーに迫る、'80sテイストの分厚いサウンドを展開している。ジョーンズの魅力的な歌声(一部kbdソロも披露)と、メロディックな叙情センスを含む楽曲の良さで一気に聴かせる秀作である。

〜コケティッシュな女性voフロントの、ハード・メロディック新鋭2nd!エモーショナルな佳曲揃いの力作!

LAST FLIGHT TO PLUTO
/A Drop In The Ocean

(CD/White Knight)(U.K.'19)(税込¥2700)
英国産、女性シンガーをフロントにした、ツイン・ギター入りの5人組(+ゲストkbd,、マジェンタのR.リードも1曲参加)新鋭バンドの、「See You At The End」('15)に続く2nd。往年のルーファスを思わせる、コケティッシュな女性voの魅力を活かした、メロディアス・ハード基調+メロディック(ジェネシス、フロイドetc.)的サウンドは、個性的かつハイクオリティである。エモーショナルなメロディーと適度にメリハリのある曲展開で、聴き手を惹き付ける、完成度の高い力作。

〜英の才人、R.アームストロングのソロユニット、新作7th! PT+フロイド、よりメタリックな力作!

COSMOGRAF
/Mind Over Depth

(CD/Cosmograf Music)(U.K.'19)(税込¥2376)
英国のシンガー/マルチ・プレイヤー、ロビン・アームストロングの実質的ソロ・プロジェクト、コスモグラフの「The Hay-man Dreams」('17)に続く新作7th。C.エドウィン(b/PORCUPINE TREE)及びドラマーが参加したバンド・スタイルの録音になっている。従来の、PT+フロイド的な重厚さを保ちつつ、よりメタリックでハードなエッジの効いたプログレ・メタル色を増した音像である。所々で插入されるスポークンワードもイマジナリーな、モダン・プログの快作。むしろラッシュを思わせるところも。

〜驚異的クオリティーの英国シンフォニック新鋭、新作3rd!'70sリスペクトのイエス/U.K.系、女性vo !

THE FAR MEADOW
/Foreign Land

(CD/Bad Elephant)(U.K.'19)(税込¥2160)
'12年にアルバム・デビューしている、ロンドン拠点のシンフォニック・ロック・バンドの、「Given The Impossible」('16)に続く新作3rd。エモーショナルな女性シンガーをフロントにした5人編成にて、'70s大物(イエス、U.K.、ジェネシス、ジェントル・ジャイアントetc.)と、'90s以降のバンド(スポックス・ビアード、ザ・フラワー・キングスetc.)の影響をミックスした、結果ポンプともモダン系とも異なる、近年の英国では珍しい正統派のサウンドを展開している。叙情性とテクニカルな疾走感のバランスも申し分ない、これは注目の大傑作である。

〜独のSCYTHEのシンガー/ギタリスト、TことT.Thierenのソロ新作7th!P.ハミル系vo+ダーク・メロディック!

T
/Solipsystemology

(CD/Giant Electric Pea)(Germany'19)(税込¥2484)
ベルギー産マリリオンやクリムゾン影響下の独産バンド、SCYTHEのシンガー/ギタリスト、TことThomas Thielenの、ソロとしては「Espiritophobia」('16)に続く新作7th。ピーター・ハミルとデヴィッド・ボウイの中間を行くような耽美ムードのvoにて、ポスト・ロック/スロー・コア風味も漂うダークなメロディックサウンドを展開している。部分的には近年のマリリオンにも通じる、言わばKscope系に近い、ダイナミズムも十分なモダン歌もの系の力作である。IQのGEPレーベルより。痛快作。

〜オーストラリア産、解散したユニトピアの後身/分派、UPFの5年振り2nd!ジェネシス+KC+ワールド色!

UNITED PROGRESSIVE FRATERNITY
/Planetaly Overload Part1:Loss

(2CD/Giant Electric Pea)(Australia'19)(税込¥2700)
現在は解散し、kbd奏者はSOUTHERN EMPIREを結成したオーストラリアのユニトピアの、こちらはシンガーら、kbd以外のメンバーが結成した後身/分派バンド、通称UPF。「Fall In Love〜」('14)に続く新作2ndが登場した。バンド名に相応しく、御大S.ハケットはじめ、ジョン・デイヴィソン等、多数のゲスト・プレイヤーを迎えて、ジェネシス、P.ゲイブリエル、更には管楽器が効いたクリムゾン/J.タルのルーツに、環境テーマに見合うワールド風味も交えた、ドラマティックな傑作である。S.Unruh(サムライ・オブ・プログ)
及び共同プロデューサーが、UPFのvoと制作したアンビエントなボーナスCD(約35分)付2CD。

〜元・Xレッグド・サリーの奇才ギタリストの'18作!エレクトロ/エクスペリメンタル寄りの力作!

PIERRE VERVLOESEM&ALINOVSKI
/InvisibleQuality

(CD/Off)(Belgium'18)(税込¥2160)
元・Xレッグド・サリー〜現・フラット・アース・ソサエティの奇才ギタリスト、ピエール・フェルヴルーセムの、ソロ系単品アルバムとしては「Not Even Close」以来となる'18リリース作。エレクトロ系アーティスト、Alinovskyとの連盟で、奇天烈なエスノ/ダブ風リズムにエフェクティブなギターが舞う、エレクトロ/エクスペリメンタル寄りの作風を展開している。かつてのビル・ラズヴェル系にも通じる、本人曰く76%は自身の制作による、刺激的な力作である。

〜元・Xレッグド・サリーの奇才ギタリストの'19最新作は完全ソロ!モンド+ザッパ系変態ギター物傑作!

PIERRE VERVLOESEM
/Artiste Belge

(CD/Off)(Belgium'19)(税込¥2160)
元・Xレッグド・サリー〜現・フラット・アース・ソサエティの奇才ギタリスト、ピエール・フェルヴルーセムの、配信のみのアルバムを挟んで、フィジカルCDとしては「Invisible Quality」に続く、こちらは完全ソロの最新作。モンド・エレクトロ+ザッパ的なギター物になっており、部分的にはキング・クリムゾン辺りの影響も伺わせつつ、奇妙に屈折した内容になっている。時に今堀恒雄/ウンベルティポも思わせる、ザッパ系変態ギター物の大傑作である。

〜ベルギー産、カンタベリー系ジャズ・ロックの雄、'19新作!S.マシーン、ザッパ系ルーツの熱き力作!

THE WRONG OBJECT
/Into The Herd

(CD/Off)(Belgium'19)(税込¥2160)
ベルギー産、カンタベリー筋とも絡むミシェル・デルヴィル(g)等によって'02年に結成されたジャズ・ロック・バンドの、「After The Exhibition」('13)に続くスタジオ新作5th。2管、kbd、g、b、drの6人編成にて、ソフト・マシーン、ハットフィールズ等、正にカンタベリー系と、ゴング、ザッパetc.を混合した、熱くエネルギッシュなサウンドを展開している。エルトン・ディーン期マシーンを好む向きはとりわけ必聴の力作である。

〜ベルギー産カンタベリー・ジャズ・ロックの雄、こちらはタイトル通りのザッパ・カヴァー集!痛快!

THE WRONG OBJECT
/Zappa Jawaka

(CD/Off)(Belgium'19)(税込¥2160)
ベルギー産カンタベリー・ジャズ・ロックの雄、ザ・ロング・オブジェクトの、こちらは5th「Into The Herd」と同時期にリリースされた、番外的な6th(レコード番号はこちらが先)。本作は、ズバリ、タイトル通り“King Kong”“Chunga's Revenge”“Sleep Dirt”等をプレイした、ザッパ・カヴァー集である。本来はインスト・バンドの彼らであるが、ここではvoも多用して、むしろゴング+S.マシーン的な、らしさ抜群のサウンドになっている。こちらも注目の痛快作。

〜THE WRONG OBJECTのM.デルヴィルらが組んだ新バンドの1st!エレクトロ・チェンバー+R.ワイアット的!

THE GODEL CODEX
/Oak

(CD/Off)(Belgium'19)(税込¥2160)
ベルギー産カンタベリー系ジャズ・ロック・バンド、ザ・ロング・オブジェクトのM.デルヴィル(g、vo、etc.)と、同バンドA.Guenet(kbd、vo、etc.)が、ドラマーを加えて結成した新バンド(+ゲスト・エレクトロ奏者)の1st。ロバート・ワイアット風のvoパートと、エレクトロ/アンビエント、そしてシリアスなチェンバーが交錯する、ダークかつエレガントなサウンドは非常に個性的である。時にクリムゾン風味も漂う、アヴァン系の力作。

〜イット・バイツのJ.ミッチェルのソロ・プロジェクト、SF的テーマの3部作の完結編 NEW !

LONELY ROBOT
/Under ★ Stars

(CD/Inside Out)(U.K.'19)(税込¥2376)
イット・バイツ、フロスト*、アリーナ等での活躍で、1990年代以降の英国プログレッシヴの中核を担ってきたギタリスト、ジョン・ミッチェル。SF的テーマのもと、彼が全てをコントロールした3部作の最終部を飾る作品。新たにベース奏者を迎えて、生のバンド感を増したメロディアス・サウンドを軸に、テーマに沿ったスペイシーな感覚を加え、ミッチェルの、時にシャープに、時にキャメル的泣きを聴かせるギターをふんだんに入れた新世代プログレッシヴの傑作!ボーナス入りの初回限定版ヴァージョン!の発売。

※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース!


〜感涙!故F・ディ・ジャコモの遺作ソロ・アルバムが、死去後5年を経てリリース!あの声が今再び!

FRANCESCO DI GIACOMO
/La Parte Mancante

CD/Aereostella)(Italy'19)(税込¥2592)
'14年2月に死去した、バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソのシンガー、フランチェスコ・ディ・ジャコモが、制作を進めていた、新作ソロ・アルバムのための音源を纏めた、残念ながら最後のソロとなる遺作がリリースされた。'04から'12にかけ、Paolo Sentinell(p、Syn.etc.)が作曲したものを収めており、しっとりと歌い上げるピアノ、ストリングス入のロック寄りナンバーから、やや実験的なポエトリー系、エレクトロまで、全体にはモダンな内容であるが、切々としたジャコモ節が涙を誘う、改めて不世出のシンガーだったことを実証する傑作歌ものになっている。



〜伊産、ユーゲンとラ・コシェンツァ・ディ・ゼーノの合体バンド、硬派シンフォニック大傑作3rd!限定盤!

NOT A GOOD SIGN
/Icebound

(CD/Not A Good Sign)(Itary'18)(税込¥3564)
ユーゲンのパオロ・“スケ”・ボッタ(kbd)が、ラ・コシェンツァディ・ゼーノのvo(英語)等と結成した硬質なシンフォニック・ロック・バンド、NAGSの、「From A Distance」('15)に続く新作3rd。ゲストでvln、per、sax/fl(D.ジャクソン!)も加え、後期キング・クリムゾン、P.F.M.、ジェントル・ジャイアント系ルーツの、ダークかつ非常にテクニカルな、インスト重視のサウンドを展開している。まさにユーゲンをシンフォに寄せたかのような、スリリング極まる傑作である。

※当初はバンド手売りのみだった、ハイプライス限定500枚ナンバー入り、サイン入り、「氷」をイメージした特殊ケース(全て異なる)仕様。



〜「キュー・ローン」+A.バルナベー か?仏産、vibe/drが率いるザッパ系アヴァン・プログ、新作2nd!

LOOMINGS
/Hey Weirdo!

(CD/Soleil Mutant)(France'19)(税込¥2376)
ヴィブラフォン奏者/ドラマー、Jacopo Costaが率いる仏産チェンバー/アヴァン・プログ・バンドの、「Everyday Mythology」 ('15)に続く新作2nd。今回は、ツイン女性vo(英語)をフロントに、el-p/org、b、もう一人のdr/vibe(+ゲスト管)を迎えた編成にて、「キュー・ローン」やベルギーのHARDSCORE、ブラジルのアヒーゴ・バルナベー等を思わせる、目眩くサウンドを、よりロック寄りに展開している。レコメン/チェンバー系リスナー注目の、会心傑作である。


※国内盤ベル・アンティークより6/25リリース!


〜これは格好良い!ジャガ・ジャジストのリーダー等によるトリオのヘヴィ・ジャズ・ロック作!

AMGARA TEMPLE
/Invisible Airships

(CD/P-Vine)(Norway'19)(税込¥2592)
北欧フューチャー・ジャズ系代表格、ジャガ・ジャジストの中心人物/マルチ・プレイヤー、Lars Horntveth(b、kbd、etc.)をリーダーに、g、drが加わったトリオで結成されたバンドの初レコーディング(ライヴを再構築したスタジオ録音)。アシュ・ラ・テンペルのモジリだというバンド名通り、スペイシーなクラウト/ジャーマン(カンetc.)風味とマハヴィシュヌ、ライフタイム、ソフト・マシーン等'70sジャズ・ロックが合体した、完全に'70年代志向のヘヴィ・&トリッピーなサウンドを展開している。格好良さ抜群の傑作。



〜伊産、女性kbd&vo率いるメロディアス・シンフォニック・バンド、5年振り新作6th!sax/fl入り快作!

CONQUEROR
/In Orbita

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'19)(税込¥2376)
伊産、女性kbd&vo(伊語)をリーダーとする叙情派シンフォニック・ロック・バンドの、「Stems」('14)以来5年振りとなる新作6th。今回は、女性sax/flを加えた4人組(+ゲストb、vln)にて、初期 P.F.M.やバンコ、そして初期クリムゾンをルーツとした'70s志向のサウンドを展開している。線の細いvoと泣きのギターの魅力は健在な一方、キャラヴァン辺りも思わせるカンタベリー風味も増した、非常に高水準な快作である。kbdは、もちろんヴィンテージ機材をたっぷり使用。3面デジパック。



〜変拍子疾走+女性vo!'80s真性ポンプ世代イタリアンシンフォ・バンドのライヴCD+DVD/PAL!ダンサーも登場!

QUANAH PARKER
/A Big Francesco

(CD+DVD/PAL/Ma.Ra.Cash)(Italy'19)(税込¥3888)
元々は、'81〜'85にかけて活動するも作品を残さなかった真性ポンプ世代のイタリアン・バンド、クァナー・パーカー。復活して'12年と'15年にスタジオ作を出している彼らの、初のライヴCD+DVD/PAL(同内容、DVDにはパート別ショットのクリップ追加)。'16、'17、'18と、3つのソース(いずれも同一のプログレ・フェスより)を収めており、故・F.ディ・ジャコモに捧げられたタイトル曲はじめ、タイトに疾走する変拍子と、英語/伊語女性voを押し出した、ジェネシス系+キャメル/カンタベリー系的なサウンドは高水準である。ダンサーも登場するなど、イタリア然としたシアトリカル性も十分の力演



〜伊産、'80s風英米スタイルkbdトリオの初のライヴCD+DVD/PAL!後期U.K.、EL&パウ等ルーツの爽快サウンド!

KERYGMATIC PROJECT
/Live At The Grand Hotel Des Iles Borromees

(CD+DVD/PAL/Ma.Ra.Cash)(Italy'19)(税込¥3888)
伊産、これまで5枚のスタジオ・アルバムをリリースしている、'80s英米スタイルのkbdトリオ・シンフォニック・バンドの初のライヴ盤。'17年に、同国の保養地ストレーザの歴史あるホテルで行なった演奏を収めたCD(13曲)+DVD/PAL(15曲+ボーナス・マテリアル)である。bが英語voも担当した、後期U.K.、'80sジェネシス、EL&パウエル、エイジア等ルーツのサウンドは、どこか懐かしくもドラマティック。エマーソン風のkbdワークもたっぷりの、見応え、聴き応え十分な快演となっている。



〜伊ミラノ産、初期マリリオン系ハード・メロディック・バンドの新作3rd!近年のアリーナに通じる力作!

SILVER KEY
/Third

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'19)(税込¥2592)
伊ミラノ産、元々はマリリオン及びフィッシュのトリビュート・バンドとしてスタートしたメロディック・シンフォニック・バンドの、「The Scream Empire」('15)に続く3rd。パワフルな専任英語voフロントの4人組(+dr、バックvo)にて、正にフィッシュ期マリリオンをハードな歌ものに寄せたような、重厚・劇的なサウンドを展開している。近年のアリーナにも通じる、高水準な力作である。



〜伊産、女性kbd&vo率いるメロディアス・シンフォニック・バンド、5年振り新作6th!sax/fl入り快作!

O.R.k
/Ramagehead

(CD/Kscope)(Italy&U.K.'19)(税込¥2376)
Rare Noiseレーベル周辺で活躍する、イタリアのkbd/vo、LEFことLorenzo Esposito Fornasali、同じくイタリアのギタリストC.Pipitoneに、ポーキュパイン・ツリーのコリン・エドウィン(b)、及びキング・クリムゾンのパット・マステロットという4名からなるバンドの2年振り新作3rd。今回は、Kscopeからのリリース。正にKC系+PT+メタル的、ヘヴィかつメランコリックな歌ものロックは、重厚にして叙情的である。この筋にあって一際個性的な、注目の秀作。



〜フランスの先鋭的なサックス奏者、ギヨーム・ペレの完全ソロ・アルバム!驚異のエレクトロ音響作!

GUILLAUME PERRET
/Free

(CD/Kakoum)(France'16)(税込¥3024)
リーダー・バンド、THE ELECTRIC EPICにて、マグマ系ルーツのパワー・ジャズ・ロックを展開して、プログレッシヴ界隈でも大いに注目を集める仏のサックス奏者、ギヨーム・ペレが'16年にリリースしたソロ・アルバム。当店初入荷。ポストプロダクション一切なしの、エレクトロニクスを駆使したサックスの一発演奏を収めており、様々に変化していく音色とバンド的なまでの重層的な音像は、正に驚異的である。アヴァン・ジャズ・リスナーのみならず注目の、先鋭音響系傑作。


〜モーターサイコとも絡む、ド・シリアスな音響アヴァン・ユニット'18 NEW !ジャーマン風味も!

SUPERSILENT
/14

(CD/Smalltown Supersound)(Norway'18)(税込¥3024)
北欧現代ジャズ系の重鎮となったサックス奏者のArve Henriksen、elephant 9のリーダー/kbd奏者にしてモーターサイコと度々共演するStale Strlokken、そしてテープ・エフェクターのHelge Stenからなる、硬質な実験音響ユニットの、'18新作14th。往年のジャーマン・ロック(タンジェリン「ツァイト」等)を思わせる深淵の響きから、ECM的広がり、フリージャズ/ノイズ風味まで、正にエクスペリメンタル&イマジナリーな作品である。



〜ボ・ハンソン+フロイド的、スウェーデン産サイケ・プログ・バンドの'18ローマでのライヴ!注目の力演!

AGUSA
/Live In Rome

(CD/Kommun2)(Sweden'19)(税込¥3456)※2CDでは有りません
'14年にアルバム・デビュー、以後3rdまでリリースしている、スウェーデン産サイケ〜スペース・ロック/プログ・バンドの、'18年ローマでのライヴ。フルート、オルガン、パーカッションをフィーチャーした5人編成にて、ボ・ハンソン調の北欧フォーク・メロディーと、ピンク・フロイド由来のダウナーな反復、そして流麗なフルートが織り成す退廃的かつ妖美な音像は、正にヴィンテージな魅力に溢れている。レトロ派注目の力演である。



〜'69にシングルのみを残して消えた幻のブリティッシュ・サイケ/アート・ロックバンドの未発集!初期型プログレ味!!

MANDRAKE PADDLE STEAMER
/Pandemonium Shadow Show

(CD/Sommor)(U.K.'18)(税込¥2700)
'69年にシングルのみを残して消えた、幻のブリティッシュ・サイケ/アート・ロック・バンドの、'68/70未発録音集(リールテープ、アセテートetc.)。一部ノイズ有りだが音質は非常に良好で、オルガン入り。'68トラックは流石にガレージ風なれど、'70トラック(B、E、G等)は バレット期フロイド、ナイス、ザ・ドアーズ辺りを思わせる初期型プログレッシヴ/ハード風になっており聴き応え十分である。ブリティッシュ・マニアは見逃せないリリース。


〜イタリア生まれ、ロンドン拠点のエレクトロ/ダブ・アーティスト、'17作品が当店初入荷!KC、PT人脈参加!

GAUDI
/Magnetic

(CD/Rare Noise)(Italy'17)(税込¥2808)
イタリア/ボローニャ生まれで、'95からはロンドンを拠点に活動、ピート・ナムルックつの共演作も有る、ダブ/エレクトロ系アーティストの'17リリース作、当店初入荷。Rare Noiseより。レーベル・メイトのビル・ラズヴェル、コリン・エドウィン、パット・マステロット、L.Feliciatiはじめ、S.ジャンセン、T.レヴィン、J.シャフト、バケットヘッド(!)らがゲスト的に参加。ダブ風味を基調に、ジャーマン風味〜アンビエント〜スペース・ロック色まで採り込んだ、注目の力作である。


〜エニド+S.グルンベルグか? ノルウェーのオルガン奏者とギタリストによる、荘厳なクリスマス作!

IVER KREIVE / KNUT REIERSRUP
/Natt I Desember

(CD/Kirkelig Kurtorverksted)(Norway'18)(税込¥3024)
ノルウェーのクラシカル/トラッド系オルガン奏者、I.Kleiveと、長年共演をしている同国のブルース系ギタリストK.Reiersrupの、純デュオによるクリスマス・アルバム。荘厳なチャーチ・オルガンの響きと、エスニック(中近東風味も。Cには「天空の城ラピュタ」で知られるメロディが!)なムードのエレクトリック/アコースティック・ギターによる世界は、さながらスヴェン・グルンベルグとエニドの出会いといった趣。地味ながら、深み溢れる良作である。



〜ポーランド産、プログレ風味も有る、ごった煮ロック・バンドの'75年1st! アナログB面を占める大曲に注目!

BUDKA SUFLERA
/Clen Wielkiej Gory

(CD/Muza)(Poland'75)(税込¥2916)
'14年リリースのデジパック盤が入荷、前身を含めると'69より活動しているポーランド産ロック・バンドの'75年1st。オーケストラ入りの歌ものから、フォーク、ドタバタしたオルガン・ハード/プログ、ブルースHR(変拍子入り)まで、正にゴッタ煮であるが、魅力十分である。とりわけ、アナログ・シンセも活躍するラストの大曲(19分強)はハイライト。東欧/辺境マニアは要チェックの力作。



〜ご存知USプログレッシヴのフロント・ランナー、プログ作としては3年振りの新作! またもド級の傑作!

THE NEAL MORSE BAND
/The Great Adventure

(2CD+DVD/NTSC/Radiant)(U.S.A.'19)(税込¥4752)デジパック
ご存知、現役プログレッシヴ・シーンのフロントランナー、ニール・モーズ(ex.スポックス・ビアード)。6月5日にはアヴァロンから、早くも次作「ジーザス・クライスト・ジ・エクソシスト〜」が日本先行発売されるが、こちらは、プログ・アルバムとしての前作「The Similitude Of A Dream」('16)の続編にして、2枚組の最新作である。マイク・ポートノイ、ランディ・ジョージら不動のメンバーのバンド+ストリングス、コーラスにて、壮麗なニール節が存分に展開された圧倒的スケールの傑作。デジパック・エディションにはメイキングDVD(約60分)付き。



〜ご存知USプログレッシヴのフロント・ランナー、プログ作としては3年振りの新作! またもド級の傑作!

THE NEAL MORSE BAND
/The Great Adventure

(2CD/Radiant)(U.S.A.'19)(税込¥3240)プラケース
ご存知、現役プログレッシヴ・シーンのフロントランナー、ニール・モーズ(ex.スポックス・ビアード)。6月5日にはアヴァロンから、早くも次作「ジーザス・クライスト・ジ・エクソシスト〜」が日本先行発売されるが、こちらは、プログ・アルバムとしての前作「The Similitude Of A Dream」('16)の続編にして、2枚組の最新作である。マイク・ポートノイ、ランディ・ジョージら不動のメンバーのバンド+ストリングス、コーラスにて、壮麗なニール節が存分に展開された圧倒的スケールの傑作。



〜これは驚き!知られざるフレンチ・'70sライブラリー物、メロトロン入りシンセ・プログ、大穴傑作!

DOMINIQUE GUIOT
/L'Univers De La Mer

(CD/WRWTFWW)(France'78)(税込¥3240)
これは驚き、知られざるアーティスト、D.Guiotが、所謂ライブラリー物(放送局向けの、著作権フリーBGM用レコード)として'78年に出ていた1stアルバム。メロトロン、クラビネット、オルガン、ギター等を駆使したマルチ録音にて、完全にプログレッシヴ指向のインスト劇伴を収めており、シンフォニックとしても十分の内容に仕上がっている。フランスらしいドリーミーな浮遊感と、多用されるメロトロンが堪らない、M.オールドフィールド+ゴング=クリアライトを思わせるところもある、まさに大穴の傑作である。


〜ジャーマン3大エコー・ギタリストの一角、G.シッケルトの新作!タンジェリン+P.フロマーダー的、力作!

GUNTER SCHICKERT
/Nachtfalter

(CD/Breau B)(Germany'18)(税込¥3240)
マニュエル・ゲッチング、アキム・レイヒェルと並ぶジャーマン3大エコー・ギタリストの一角、ギュンター・シッケルトの、アナログLPのみで出た「Labyrinth」('18)に続く新作。ドラム/シンセ奏者とのデュオ録音で、ミニマルなエコー・ギターを活かした、初期タンジェリン+アシュラ的な曲から、むしろペーター・フロマーダーを思わせる、退廃的な暗黒チェンバー寄りのタッチまで、過激さも十分の、気迫に溢れた仕上がり。ジャーマン・リスナー注目の秀作である


〜復活!スーパーシスターの45年振り新作!カンタベリー・サウンド健在の素晴らしい内容、大推薦!

SUPERSISTER
/Supersister Project2019:Retsis Repus

(CD/SOSS Music)(Holland'19)(税込¥3024)
これは注目!'00年前後に一度再編するも、フルート奏者の死去により再び解散してしまった、オランダを代表するカンタベリー・サウンドの雄、スーパーシスターの、スタジオ作品としては「Spiral Staircase」以来となる45年振りの新作。実質、リーダーRobert Jan Stipsのソロ・プロジェクトで、ブラス、ストリングス含む多数のプレイヤーが参加している。旧来のスーパーシスター節(ピアノ、オルガン、vo健在)に、管弦系の新味有るアレンジを加えた、ソフト・マシーン系+チェンバー的仕上がりの、素晴らしい内容である。



〜結果的には、ちょいマグマ? スイス産、女性スキャットvo入りミニマル・チェンバー・ロック!新作3rd!

IKARUS
/Mosaismic

(CD/Ronin Rhythm)(Swiss'19)(税込¥3240)
スイス/チューリッヒ産、ドラマー/コンポーザーをリーダーに、p、b、そして男女シンガー(女性スキャットがメイン)という5人編成の、ミニマル/チェンバー・ロック・バンドの、「Chronosome」('16)に続く新作3rd。どこか古楽的な響きとユニヴェル・ゼロ系に通じるムード、そして昨今のフレンチ・アヴァン勢ばりのポリリズミック性を、あくまでも優美に、柔らかく纏め上げた独自の音世界が一つの完成を見たと言える、時にマグマの静的な部分を思わせる一枚である。非常に高水準な力作。



〜北欧が生んだヘヴイ・ロック・モンスター、全3曲の大作志向な新作!プログレ色も強い大傑作!

MOTORPSYCHO
/The Crucible

(CD/Stickman)(Norway'19)(税込¥2916)
北欧が生んだヘヴイ・ロック・モンスター、モーターサイコの、「The Tower」('17)に続く新作23th。3人中2人がメロトロンもプレイする、鉄壁のトリオ編成にて、サバス系ルーツの、ストーナー的ヘヴィネスを基調としつつも、「アイランド」期キング・クリムゾン風のプログレッシヴ性も大胆に加味した音像は今回も健在である。とりわけ本作は、8分強、10分強、20分強という大作志向の全3曲収録で、いつにも増してこちら向きと言える、圧倒的迫力の大傑作に仕上がっている。



〜一歩間違うと南米青春系?ノルウェー産プログ・ポップ・トリオの傑作NEW!2nd!カンタベリー風味も!

TROYKA
/Tre Ut

(CD/Apollon:Prog)(Norway'19)(税込¥2376)
デビュー作「I Speilvendrhet」が、「一歩間違うと南米青春系」と評された、ノルウェー産屈折プログ・ポップ kbd トリオの2作目。コーラスも多用した、メロウな母国語voと、レトロな音色のドリーミーなkbdワーク、時にカンタベリー的でも有るジャジーなムードが相まったサウンドは、キャッチーにしてノスタルジック。結果として南米勢や、同郷のNEEDLEPOINT、スウェーデンのDUNGEN辺りを思わせる、秀逸な仕上がりの一枚である。注目のApollonレーベルからのリリース。



〜ギリシャの先鋭ギタリストによる、アヴァン・シンフォ〜クラシカルProg!エニド調+民族色+ハード!

METHEXIS
/Topos

(CD/レーベル名なし)(Greece'18)(税込¥3024)
ギリシャの先鋭的なギタリスト、ニキタス・キソナスによるプロジェクト、METHEXISの、「Suiciety」('15)に続く新作3rd。メタリックなロック・タッチから、ヴァンゲリス風シンセ、トランペット入りのエニド系クラシカル、ゴシック・メロトロン?まで、全体にギリシャ然としたムードの強い、実験的な組曲2曲を収めている。結果として英国のKARDA ESTRAを思わせるところもある、ミステリアスで硬質なチェンバー・シンフォの傑作である。フルートでチッカーダのニコラス・ニコロパウロスが参加。



〜ポーランド産、女性voフロントのメロディアス・シンフォニック・バンド、最新作6th! ダークな力作!

ALBION
/You'll Be Mine

(CD/Lynx Music)(Poland'18)(税込¥2808)
ポーランド産、女性vo(英語)フロントのメロディアス・シンフォニック・バンド、アルビオンの、「The Independent State Of Matter」('12)以来、6年振りとなる新作6th。ややハスキーでエモーショナルな歌声を軸に、アコギやシンセによるフロイド・ルーツのメロディック、メタリックでハードな側面が相まった、全体にダーク目といえる内容に仕上がっている。同国の先達、クィダム系を好む向きは要チェックの、高水準な力作。



〜これは良い!クロアチア産、東欧トラッド+ジャズ・ロック/チェンバー、女性vo/コーラス入り傑作!マグマ風味も!

MIMIKA ORCHESTRA
/Divinites Of The Earth And The Waters

(CD//pdv)(Croatia'18)(税込¥2700)
これは良い!クロアチア産、コンポーザー/ディレクター、Mak Mutrtiを中心としたプロジェクトの、MIMIKA-Mok Music Ensenble名義での「A Place〜」('15)に続く作にして、オーケストラ名義では初の作となる3rd。多数の管楽器プレイヤーと、複数の女性シンガーをフィーチャーした大掛かりな編成にて、東欧/バルカン系トラッドと、マイルス/フレンチ系アヴァン・ジャズ・ロックを融合した音像を展開している。時として、マグマや、エルメート・パスコアールを思わせる必聴の大傑作である。



〜廃盤ストック品、特価! 解散したベルギーチェンバーの雄、アラニスの、'05年自主リリース1st!

ARANIS
/Aranis

(CD/Aranis)(Belgium'05)(税込¥1620)
7枚のスタジオ・アルバムを残して、現在は解散し、ベーシストのソロ・プロジェクトだったBASTA!2が実質的に活動を継承している、ベルギー産チェンバーの雄、アラニス。'14年の第一回「RIOジャパン」で来日も果たした彼らの、こちらは'05年にリリースされたデビュー作。ドラムレスで、vln×2、アコーディオン、p、g、fl、ダブルベース(+ゲスト)の編成による、サロン・チェンバーとU.ゼロ系の中間を行く、上品にしてダーク、そしてイマジナリーなクラシカル・サウンドを早くも確立した秀作である。廃盤ストック品、特価。



〜廃盤ストック品、特価! 解散したベルギー・チェンバーの雄、アラニスの、'07自主リリース2nd!

ARANIS
/Aranis II

(CD/Aranis)(Belgium'07)(税込¥1728)
7枚のスタジオ・アルバムを残して、現在は解散し、ベーシストのプロジェクト、BASTA!2が実質的に活動を継承している、ベルギー産チェンバーの雄、アラニス。'14年の第一回「RIOジャパン」で来日も果たした彼らの、こちらは'07年に自主リリースされた、2ndアルバム。1stと同じ7人編成で、よりダークな緊張感を強めつつ、甘美なロマンティシズムも健在の、これまた秀作である。廃盤ストック品、特価。



〜プログレッシヴな'80sイメージ・アルバムとしてマニアの間で知られた、あの「童夢」が遂に初CD化!

大友克洋 / 伊豆一彦
/童夢

(CD/Fuji)(Japan'84)(税込¥3024)
'83年に単行本が刊行された、かの「AKIRA」の原点ともいうべき、大友克洋の名作コミック「童夢」のイメージ・アルバム。'84年にキングレコードからリリースされ、そのプログレッシヴな内容から、一部マニアの間で幻の傑作とした語り継がれてきた一枚が遂に初CD化された。音楽を手掛けたのは伊豆一彦(p、syn)で、土方隆行(g)、北島健二(g)、中西俊博(vln)更にはsax/fl等もフィーチャー、児童合唱/コーラスも交えた録音になっている。サイキックSFに相応しい、ポップス、ハード・ロック、ラテン、ジャズ、クラシックまで変幻自在の曲調が、まさにイマジナリーな内容である。ジャケットは大友克洋の書き下ろし(当時)、対談ライナーノーツ復刻、紙ジャケット。完全限定盤につき、お早めに。


<Atenntion!> 本CDは、ラスト曲のエンディングで、突如カットアウトで終わりますが、オリジナルも、そうなっている意図的なもので不良ではございません。御了承下さい。

〜今やゲーム・ミュージックのマエストロとなった桜庭統(ex.デジャヴ)の新作サントラ2CD ! ド級シンフォニック・ロック作 !

OST(桜庭統)
/STAR OCEAN Anamnesis Original Soundtrack

(2CD/Square Enix Music)(Japan'19)(税込¥3024)
今やゲーム・ミュージックのマエストロとなった、桜庭統(ex.デジャヴ)の最新リリースは、大ヒット・スマホゲーム「STAR OCEAN Anamnesis」の、サービス開始から2年を経て遂に登場したオリジナル・サウンドトラック2CD。長谷川淳(b、GERARD)はじめ、dr、g、vlnが加わったバンド編成にて、ド級kbdオーケストレーションや「進撃の巨人」ばりの合唱(サンプリング)も交えた、圧倒的スケールのシンフォニック・ロックが展開されている。細切れ感は皆無。疾走するアンサンブルにハモンドが唸る、ファン必聴の快作である。桜庭作ではないCV物等も収録。



〜狂気と知性の一人チェンバー・ロック!チェロ弾き語り+αによる、U.ゼロ+ほぶらきん的?激インパクト作!

横田ユウ
/チェロ全曲集

(CD/ロイヤル企画)(Japan'19)(税込¥1080)
これは凄いインパクト!男性チェリスト/シンガー、横田ユウによる、自主リリースCD(8曲45分)。チェロ弾き語り+管、per等による、まさにブッ飛んだ、狂気と知性が交錯する、素っ頓狂な歌(詞は意外と?社会風刺的だったりする)と変拍子まみれの楽曲は、さながらユニヴェル・ゼロ・ミーツ・ほぶらきん、か?アヴァン・リスナーのみならず、これは注目の、一人チェンバー・ロックの異能・奇才の出現である。プレスCD、二つ折り紙パッケージにての発売。



〜気鋭の女性プログレッシヴ・ジャズ・ピアニスト、北川とわ率いるトリオの3rd、何とアナログLP化!

Trussonic 〜 towa kitagawa trio 〜
/Mind Universe (アナログLP)

(LP/Mekata Record)(Japan'19)(税込¥4536)
プログレッシヴ・サイドでも注目を集める、気鋭の女性ジャズ・ピアニスト/コンポーザー、北川とわ率いるトリオ、Trussonicの'18リリース3rdが、何と今度はアナログ盤LPで発売。イントロ曲と“Dream Divination”をカットし、ボーナス・トラック“Summer And Winter”までの全8曲を収録しています。手触りの良いジャケットの美麗なニュー・デザイン、アナログならではの臨場感ある音質と、コアなファンからアナログ・コレクターまで見逃せないリリース!


※ワールド・ディスク オリジナル特典:ポストカード (先着特典)

〜大阪拠点の女性テルミン奏者/シンガー、フェイ・ターンの'19新作ミニ!こちら向きポップ良作!

フェイ・ターン
/地層

(CD/T-System)(Japan'19)(税込¥2000)
チエルームとのデュオ「沼娘(ぬまっこ)」や、「マコフェイ」でも活躍する、大阪拠点の女性テルミン奏者/シンガー、フェイ・ターンの新作ミニ(6曲30分)。今回も、パートナーの片山トミオ(syn)はじめ、田中良太(per)、g、dr等を加えたバンド録音で、不思議ほんわか系ムード+矢野顕子系+スペイシーエレクトロ+プログレッシヴ的、正に独特の魅力溢れる歌もの(一部テルミン系インスト) を収めている。<地層>からイメージが地球、生命へと到る壮大な視点のタイトル曲A、キャッチーなEがとりわけ印象的な、プログレッシヴ・
リスナー向きの良作である。


※ワールド・ディスク オリジナル先着特典:
“地層”歌詞つきポストカード (同梱)


〜これは驚き! 知られざるアルゼンチン'70sシンフォニック・バンドの'05スタジオ録音!イエス系+南米色、大傑作!

TRIGEMINO
/Trampas Para Enganar

(CD/Viajero Inmovil)(Argentina'05)(税込¥2052)
現在はタンゴ・チェンバー系の重鎮ピアニスト/kbd奏者として活躍しているJuan“Pollo”Raffoが在籍、70年代のアルゼンチンにおいて、実力がありながらもアルバム・デビューできずに消えた幻の名バンドが、2005年に再結成し、70年代当時の音色とスピリットで全盛期の楽曲を録音したのが本作。切々たる哀愁を帯びた歌メロに伸びやかなギター、ピアノを印象的に使い、センスの良いトニー・バンクス的シンセ・オーケストレイションを聴かせるキーボードを軸にしたそのサウンドは、同国のエスピリトゥとパブロ・エル・エンテラドールの良さを併せ持ったような素晴らしいもの。大傑作!


※国内盤ベル・アンティークより5/25リリース!

〜言わずと知れたP.モラーツの、超名作1stソロ!本人リマスター&ボーナス2曲追加の決定版!

PATRICK MORAZ
/The Story Of i

(CD/Esoteric)(swiss/U.K.'76)(税込¥2160)
スイス出身、レフュジーでの活躍にて一気にキーボード・ヒーローに躍り出たパトリック・モラーツが、リック・ウェイクマンの後任としてイエスに加入、プログレッシヴの頂点を極める中、制作したファースト・ソロ。多彩なキーボード群を縦横無尽に弾きまくるプログレッシヴ性と、ジェフ・バーリンやアルフォンス・ムザーン(元ウェザー・リポート)等のフュージョン界の一線級による融合は、イエスが「リレイヤー」で試みた音楽を更に発展させたもので、同作によるモラーツの貢献度の高さを改めて認識させられる名盤中の名盤!ボーナス2曲+自身によるリマスターの決定版!


※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース!

〜名シンガー、ジョン・ロートンをフロントに復活したルシファーズ・フレンドのスタジオ新作!

LUCIFER'S FRIEND
/Black Moon

(CD/Lucifer's)(Germany'19)(税込¥2160)
ユーライア・ヒープでも活躍した名ヴォーカリスト、ジョン・ロートンをフロントにして、ドイツを基盤にしながらも世界レヴェルで一線級のハード・ロックを展開していたルシファーズ・フレンド。2015年の再結成以後2作目となるスタジオ作!そのキャリアの中で多彩な音楽性を常に高水準に展開していた彼らだが、やはりその実力が最高に輝く、正統的でドラマティックなハード・ロック・スタイルを中心に展開される充実のアルバム!


※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース!

〜名ドラマー、M.シュリーヴが、P.スロール等と結成したバンドの1st!USプログレ・ハードの名盤!

AUTOMATIC MAN
/Automatic Man

(CD/Lemon)(U.S.A.'76)(税込¥2160)
全盛期のサンタナ〜ツトム・ヤマシタのGO・プロジェクトでも活躍した名ドラマー、マイケル・シュリーヴが1976年に英国出身のキーボード奏者トッド・コクレーンや、ヒューズ・スロール、エイジアなどでのプレイで隠れた名ギタリストとして名高いパット・スロールと結成したオートマティック・マンのデビュー作。縦横無尽に走るスロールのギターと切れ味鋭いリズムによるキャッチーなハード・ロック・サウンドに、スペイシーなキーボードが絡んだ音楽性は、シュリーヴのサンタナでの同僚達が組んだジャーニーの初期にも通じるもので、USプログレッシヴ・ハードの名盤!


※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース!

〜ニック・ベッグスが率いるモダン/歌ものプログ・バンド新作3rd!シリアス&キャッチーな傑作!〜

THE MUTE GODS
/Atheists And Believers

(CD/Inside Out)(U.K.'19)(税込¥2484)
カジャグーグーを経て、スティーヴ・ハウ、スティーヴ・ハケット等と共演してきたニック・ベッグス(vo、b、スティック、g、kbd)が、ハケット・バンドの同僚ロジャー・キング(kbd)、U.K.等で活躍した超絶天才ドラマー、マルコ・ミンネマンと結成したグループのサード。シリアスな社会的テーマに大胆に切り込んだヘヴィでプログレッシヴな楽曲に、ジェントルでメロディアスな歌と、テクニカルなインスト・パートを交えた、ポーキュパイン・ツリー系+'80sポップ+クリムゾン的仕上がりの堂々たる傑作である。アレックス・ライフソン(ラッシュ)もゲスト参加!初回限定特殊デジパック仕様にて。


※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース!

〜元ビアードフィッシュ、現ビッグ・ビッグ・トレインの才人、ソロ新作!彼のキャリア史上の最高作!〜

RIKARD SJOBROM'S GUNGFLY
/Friendship

(CD/Inside Out)(Sweden'18)(税込¥2376)
解散したビアードフィッシュの元・中心人物で、現在は英のビッグ・ビッグ・トレインの正式メンバーでも有る才人、リカルド・ショブロムのソロ・プロジェクトの3作目。イエス、ニール・モーズ系ルーツの、明快さとハードネス、そしてヴィンテージ感とキャッチーさが絶妙に共存したサウンドは、よりハードに、そしてトリッキーになっている。正にビアードフィッシュの延長上にある、テクニカルで乗りの良い、彼のキャリア史上の最高作である。限定エディション・デジパック、3曲ボーナス追加。


〜元ビアードフィッシュの才人、ソロ・ワークス集成5CDボックス・セット!'15の未発アルバム入り!〜

RIKARD SJOBROM'S GUNGFLY
/Rumbling Box (2006-2016)

(5CD/Inside Out)(Sweden'06-'16)(税込¥6480)
元・ビアードフィッシュの中心人物にして、現在は英のビッグ・ビッグ・トレインの正式メンバーでも有る才人、リカルド・ショブロム(vo、g、kbd)の、ソロ・ワークを纏めた5CD-BOX。元はソロ名義で出ていた2枚、「Cyklomonnen」('06)と「The Unbendoble Sleep」('16)、GUNGFLYとしての1st「Please〜」('09)と2nd「Lamentations」('11)という計4タイトルに加え、'15録音の、ポップな未発表アルバム「Att For Burn〜」を収めた5枚組、簡易ペーパースリーヴ、カラーブックレット付き。限定盤である。


〜独産、モダン・シンフォニック代表格、RPWLの新作7th!フロイド+PT+メロディック的最高作!〜

RPWL
/Tales From Outer Space

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'19)(税込¥2376)
ピンク・フロイドの多大な影響を受けつつも、更にプログレッシヴに、現代的なサウンド(ポーキュパイン・ツリー等)にアップデートして、ドイツ・シンフォ・シーンで頭一つ抜けた存在となったRPWLの、スタジオとしては「Wanted」('14)以来となる7作目。キャッチーかつメランコリックなメロディを丁寧なアレンジで深め、ここぞという所ではギターが強烈に泣きつくすサウンドが、これまで以上に充実した、圧巻の最高作である。メロトロン音キーボードも印象的。


※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース!

〜独の女性vln奏者による、「プログレッシヴ・ヴァイオリン・ロック/メタル」!J.グッドマンらがゲスト参加!〜

ALLY THE FIDDLE
/Up

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'18)(税込¥2484)
ドイツのトラッド/ペイガン・メタル系バンド、サブウェイ・トゥ・サリーの女性ヴァイオリン奏者、Almur Storch(vln、viola、vo)による「プログレッシヴ・ヴァイオリン・ロック/メタル」ユニットの、自主1st「The One」('13)に続く2nd。今回は、RPWLのレーベルからのリリース。アコースティック/エレクトリック取り混ぜた、正しく華麗なvlnワークで迫るインスト主体(半数の曲にvo入り)のサウンドは、クラシカル、ハード、そしてスリリングである。ロック然としたバンド録音で、J.グッドマン(vln)、M.ミンネマン(dr)が1曲ずつゲスト参加。メタリックなダリル・ウェイといった趣の快作。


〜ドイツ産、元・シージス・イーヴンのvoとgらが結成した、メタリック・メロディック・バンドの5th!〜

SUBSIGNAL
/La Mueruta

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'18)(税込¥2592)
元・シージス・イーヴンのvoとgを中心に、'07年に結成されたメロディアス・シンフォ/ポップ・プログレ・ハード系バンドの、「The Beacons〜」('15)に続く新作5th。kbd、b、drとの5ピースにて、時に'80s風のブ厚く爽やかなポップ性と、メロディックなプログレッシヴ性が合体した、プロフェッショナルな高水準サウンドを展開している。トレヴァー・ラビンや、ジェフ・ダウンズ/バグルス系に通じるところもある、注目の秀作である。


〜仏産、高円寺系ギターレス・ハードコア・レコメン・トリオの新作4th!押しまくりの傑作!〜

POIL
/Sus

(CD/Disk Union)(France'19)(税込¥2700)
現在のフレンチRIO/アヴァン・ロック系にあって屈指の存在となった、ギターレスのキーボード・トリオ、ポアルの、「Brossa Klitt」('14)に続く新作4th。オクシタン語によるvoも交えた、圧縮〜疾走系の爆裂変拍子ハードコア・レコメンサウンドは健在である。マグマ、サムラ、高円寺百景/ルインズ系+マス・ロックともいうべき、いかがわしさと押しのパワーがさらなるインパクトで迫る会心傑作。@Dは15分近い大曲で、プログレッシヴ志向も強い。帯、ライナー付き国内仕様盤。


〜話題の「プログレアイドル」、キスエクの公認カヴァー第2弾は、アネクドテン!バックは金属恵比須!〜

xoxo(Kiss&Hug)EXTREME feat.金属恵比須
/Nucleus

(CD/Twelve-Notes)(Japan'19)(税込¥1080)
話題の「プログレアイドル」、通称・キスエクの'19 ニュー・リリースは、マグマ“The Last Seven Minutets”に続く、公認カヴァー第2弾。何と、アネクドテン“Nucleus”をプレイしている。その@のバックは、あの金属恵比須が務めており、Mellotronも炸裂の、エグくてキュートな仕上がり(歌詞は日本語)。Aは同曲のバンドのみ(女性vo入り)ver。Bはキスエクのオリジナル曲、Cは'18年シルバーエレファントでの、Quiがバックのライヴ。Dはエマーソン・オマージュな?'18年小岩でのライヴ。充実したマキシである。


〜米の才人kbd奏者、デイヴ・カーズナーの新プロジェクト、1st!ダイナミックなシンフォ傑作!〜

IN CONTINUUM
/Acceleration Theory

(CD/RecPlay)(USA'19)(税込¥2160)
元サウンド・オヴ・コンタクトにして、ソロでも秀作を出している米のkbd奏者、D.カーズナーが立ち上げた新プロジェクトの1st。リードvo、元サウンド・オヴ・コンタクトの同僚gとb、そしてM.ミンネマン(dr)とのバンドをコアに、S.ハケット、S.ロザリー、J.デイヴィソン、N.ディヴァージリオ等、豪華ゲストを加えた、シアトリカルなシンフォニック・ロック作となっている。voの声質含め、ダウンズ=ブレイド・アソシエイションを思わせる洗練されたキャッチーさと、マニアックな作り込みのジェネシス/イエス色がダイナミックに調和した、高水準な傑作である。


〜メタル・チャーチのギタリストが率いる、プログレ・ハード/シンフォ、新作5th! 良作!〜

PRESTO BALLET
/The Days Between

(CD/Rat Pack)(U.S.A.'18)(税込¥2160)
メタル・チャーチのギタリスト、カート・ヴァンダーフーフが率いる、アメリカン・プログレ・ハード/シンフォニック・ロック・バンドの、「Relic Of〜」('12)以来となる新作5th。専任vo含む5人組にて、ハードかつソング・オリエンテッドな作風を展開している。エマーソン影響下のkbdワークは、メロトロン、オルガン、アナログシンセ等、ヴィンテージな機材も多用したもので、カンサス・ルーツのサウンドに華麗な彩りを添える。注目の良作である。


〜米産、GG、イエス、ジェネシス、KC等ルーツのマニアック・シンフォ、12年振りの4th!〜

METAPHOR
/The Pearl

(CD/Trope Audio)(U.S.A.'19)(税込¥2160)
'00年にCDデビュー、ソロで秀作を出しているギタリスト、マルコルム・スミス等による、マニアック&メロディアスなシンフォニック・ロック・バンド、メタファーの、「The Sparrow」('07)以来、実に12年振りとなった新作4th。専任vo含む5人組にて、ジェントル・ジャイアント、ジェネシス、イエス、クリムゾン等をミックスした、コンプレクシャスにして叙情味も十分なサウンドを展開している。正にマニアのツボを押さえた仕上がりの、今や風格すら感じさせる快作である。

〜米NJ産、プログレ・ハード寄りヘヴィ・シンフォ1st、kbdメインの力作!当店初入荷!〜

ORPHEUS MINE
/Transscendental Circus

(CD/Prog Cabin)(U.S.A.'17)(税込¥2376)
米国ニュージャージー産、kbd奏者/シンガー、Jason Cresgeをリーダーとするプログレ・ハード/メタル寄りシンフォニック・ロック・バンドの'17デビュー作。当店初入荷。元々はソロ・プロジェクトとしてスタートしたというだけにプログレ・メタル以降のセンスを交えつつも、あくまで主役はカラフルで華麗なkbdワークであり、メロトロンやアナログ・シンセも使用している。21分強のタイトル組曲はじめ、ジョーダン・ルーデスとニール・モーズの中間を行くような、スリリングかつダイナミックな仕上がりの傑作である。

〜米国産、元COVENANTのdr/kbd奏者の1stソロ!kbd弾き倒しのプログレ・フュージョン/シンフォ力作!〜

DAVE GRYDER
/Panacea

(CD/レーベル名なし)(U.S.A.'18)(税込¥2376)
米国産、元コヴナントストーム・アット・サンライズのドラマー/キーボード奏者、デイヴ・グライダーの1stソロ。自らのオルガン、エレピ、クラヴィネット、メロトロン、シンセ、vln、b、dr、per(+ギタリスト)の基本マルチ多重による、プログレ・フュージョン寄りのシンフォニック・ロックを収めている。畳み掛けるキーボードの弾き倒しぶりは圧倒的迫力である。完全自主制作ゆえのプロダクションの甘さは有るものの、マニアックな入れ込み方と徹底ぶりが痛快な、正しく力作。

〜米国ナッシュビル産、本格シンフォ・バンドの2nd!イエス、カンサス系の、濃厚な大力作!〜

EVERSHIP
/Evership II

(CD/Atkinsong Production)(U.S.A.'18)(税込¥2376)
米国ナッシュビル拠点のコンポーザー/マルチ・プレイヤー、シェーン・アトキンソンが立ち上げたシンフォニック・ロック・ユニットの、「Evership」('16)に続く2作目。自らのkbd、dr、perに、リードvo、g、b他を加えたバンドにて、メロトロン等アナログkbdもふんだんに交えた、イエス、ラッシュ、カンサス、クイーン等ルーツの、ダイナミックなサウンドは、正に濃厚な本格派である。同郷の先達、ニール・モーズに通じる部分もある大力作。ラストには28分強の組曲入り。

〜カナダ/ケベック産、ハード・シンフォ好バンドの新作5th!KC、フロイド、PT系ルーツの秀作!〜

KARCIUS
/The Fold

(CD/Karcius)Canada'18)(税込¥2376)
'01年に結成され、'04年にUnicornからデビューした、ケベック産ヘヴィ・プログレッシヴ系バンドの、「The First Day」('12)に続く、'18リリース5th。英語vo/bを含む4人組にストリングス・カルテットも加えて、よりダークかつハードな音像に仕上がっている。メロトロン音キーボードも交えた、クリムゾン、フロイド、ラッシュ等ルーツのサウンドは結果的にポーキュパイン・ツリーにも接近した妖しい魅力に溢れたもの。高水準な秀作である。

〜偉才ジョン・グリーヴスの'18NEW! あの名作「Songs」の現在版的、ファン必聴盤!〜

JOHN GREAVES
/Life Size

(CD/Manticore)(U.K.'18)(税込¥2700)
 長らくフランスを拠点に活動を続ける元ヘンリー・カウの偉才、ジョン・グリーヴス(vo、p、b etc.)の、「Verlaine Gisant」('15)に続く新作。V.クルトワ、Z.パーキンス、S.ドマンシック、J.ジャクスジク等豪華ゲスト、更にはH.パガノッティら3名の女性シンガーも交えて、旧曲、リサ・ハーマンとの共作の新曲“Kew Rhone Is Real”、マッチング・モウル”God Song”カヴァー等を、室内風アレンジでプレイしている。シンガーとしての魅力に溢れた、かの傑作「Songs」('94)の現在版というべき新たな傑作である。

〜伊産、kbdとdrのデュオによるユニット、ダーク・シンフォな6th!メロトロンたっぷりの力作!〜

DAAL
/Decalogue Of Darkness

(CD/Agla)(Italy'18)(税込¥2592)
A.Costa(メロトロン、モーグ、ピアノetc./ex.PROWLERS〜TILION)と、D.Guidoni(ドラム、ex.TAPROBAN etc.)による、デュオ・エレクトロ・プログレッシヴ・ユニットの、「Navels〜」と同時リリースされた6th。こちらは、ゲストgとbを加えたバンドにて、何時になくダーク・シンフォニック寄りのロック的なサウンドを展開している。クリムゾン或いはアングラガルド系に通じる、メロトロンもたっぷりフィーチャーされた、ヘヴィ・シンフォニック・リスナー向きの注目力作である。


〜伊産デュオ・ユニットの同時発売新作、こちらはシリアス・アンビエント指向の7th!〜

DAAL
/Navels Falling Into A Living Origami

(CD/Agla)(Italy'18)(税込¥2592)
伊産、A.Costa(メロトロン、モーグ、ピアノetc./ex.PROWLERS〜TLION)と、D.Guldoni(ドラム、ex.TAPROBAN)のデュオによる、エレクトロ・プログレッシヴ・ユニットの、こちらは「Decaloge〜」と同時リリースの7th。本作もゲストでgやvlnを加えているが、ダーク・シンフォニック寄りの6thに対し、こちらはフロイド系ルーツのスペイシー/エレクトロ・シンフォ作で、全一曲、50分収録。持ち前のダークネスと、メロトロンたっぷりのkbdワークはここでも健在であり、6thと合わせて注目の力作。


〜再起したバンコ、御大アンジュ、貫録のアモン・デュールU!必見'18ライヴ・オムニバス2DVD!〜

V.A.
/The Best Of...2Days Prog+1 Veruno September 7.8 & 9 2018

(2DVD/Ver 1 Musica Production)(Italy etc.'19)(税込¥3456)
例年イタリアで開催されている野外プログレッシヴ・フェス「2DAYS PROG+1」の、こちらは'18年の模様を収めた2DVD(PAL方式)。初日にアモン・デュールU、2日目にスレッショルド、3日目の大トリ(レジェンド枠)にヴァニラ・ファッジをラインナップ、演奏順に各10〜20分ずつ、ラネストラーネ等の地元イタリア勢からMAGIC PIE(ノルウェー)、KYROS(イギリス)等まで、各国の精鋭たちを全12組収めている。分けても注目は、ニュー・シンガーを加えて再起したバンコ D.M.S.と、20分近い大曲をシアトリカルにプレイする大御所アンジュ、そしてL.クナウプ、C.カーラー健在、貫録十分のアモン・デュールUは必見である。ボーナスで、G.ノチェンツィがゲストで加わったバンコの演奏1曲を追加。


〜DAALのドラマーのB-RAIN名義による1stソロ! ジャーマン〜ECM的シリアス・アンビエント!〜

B-RAIN
/Echoes From The Undertow

(CD/Zeit Interference)(Italy'18)(税込¥2700)
伊のデュオ・エレクトロ・プログレッシヴ・ユニット、DAALのドラマー、Davide Guidoniの、B-RAIN名義での1stソロ。同僚のKbdはじめ、g、cello、tp、そして、サムライ・オヴ・プログのS.Unruh(vln)等が参加しての録音になっている。自らはkbdとperをプレイし、シーケンス入のタンジェリン風やシリアスな深淵系などジャーマン、そしてテリエ・リピダル等ECM系を想起させる、上品かつイマジナリーな空間系アンビエント・サウンドを展開した、これまた力作である。


〜ご存知、レ・オルメのニュー・リリースは、歌もの/フォーク・アレンジのリレコ集!〜

LE ORME
/Sulle Ali Di Un Sogno

(CD/Sony Music)(Italy'19)(税込¥2700)
'18年5月には来日公演を行なった、ミキ・デイ・ロッシ(dr)率いるレ・オルメの、「Classic Orme」('17)に続く新作。今回は、彼らの歌ものバンドとしての魅力にスポットを当てたような、フォーキーなアレンジによる旧曲再録アルバムになっている。来日時と同じトリオにギターを加え、更にゲストでデヴィッド・クロス(vln)が7曲参加、女性シンガーとクラシック歌手も1曲ずつフィーチャー。「コラージュ」から直近作まで、幅広い時期の選曲で、ニュー・トロルス風の'76シングル曲や、2曲の新曲(J.S.バッハのモチーフによる“青い影”調の曲含む)収録した、ファン注目の一枚である

〜ロシア産、vln、fl入り硬派シンフォニックの雄、ハードな疾走感を押し出した圧巻の新作!〜

LOST WORLD BAND
/Spheres Aligned

(CD/Samum Publishing)(Russia'19)(税込¥2376)
クラシック畑でも活躍する、アンドレイ・ディドレンコ(vln、g、vo)率いるロスト・ワールド・バンドの、「Of Things〜」に続く新作7th(リワーク含む)。クリムゾン、ジェントル・ジャイアント、ELP、U.K.、ジェスロ・タル等ルーツの、フルート、そしてフォーキーな英語voパートを交えた音像は健在だが、今作は、いつになくハードでロック的な疾走感を押し出した、圧巻の出来。ダイナミズム、楽曲の印象度ともに申し分のない、彼らの新たな到達点と言える、正に会心の大傑作である。

※国内盤ベル・アンティークより5/25リリース!

〜D.サーカンプ率いるパブロフズ・ドッグの最新作!フォーキーな良作!〜

PAVLOV'S DOG
/Prodigal Dreamer

(CD/Rockville)(U.S.A.'18)(税込¥3456)
'18年末に予定されていた来日公演は残念ながらキャンセルされたパブロフズ・ドッグの、スタジオ新作8th(未発もの含む)。バンドそのものである、デヴィッド・サーカンプの切々とした哀愁溢れるハイトーンの歌声は健在である。サウンド自体はvlnをフィーチャーしたフォーク・タッチになっており、ハートフルかつノスタルジックな世界は、時にストローブスやキャラヴァンを彷彿とさせる。シンフォニック色こそ控えめながら、しみじみとした味わいの良作。


〜U.K.フィーメイル・シンフォ代表格、最新作13thにして、オリヴィア加入後の最高作!〜

MOSTLY AUTUMN
/White Rainbow

(CD/Mostly Autumn)(U.K.'19)(税込¥2160)
ブライアン・ジョッシュ(g、vo、kbd)率いる、英国フィーメイル・シンフォニック代表格、モストリー・オータムの、「Sight Of Day」に続く新作13th。加入後5作目となる女性シンガー、オリヴィア・スパルネンをフィーチャーしたツインvo体制による、ときにハード、時にフォーキーなメロディック・サウンドは健在だが、トロイ・ドノックリー(ex.IONA、イーリアン・パイプ)も交えて、ここ数作控えめだったケルト色も戻している。オリヴィア加入後の最高作と言える、ダイナミックな仕上がりの1枚である。2つ折り紙パッケージ。


〜カルナタカの分派にしてU.K.フィーメイル・シンフォ屈指のバンド、'16年のライヴ2CD!〜

PANIC ROOM
/Screens: Live In Londo
n
(2CD/Firefly Music)(U.K.'17)(税込¥3240)
カルナタカの分派にして、既に5枚のアルバムをリリースしている、U.K.フィーメイル・シンフォニック・バンド、パニック・ルームの、こちらは'16年10月ロンドンでのライヴを収めた2CD。フロントのアン=マリー・ヘルダー(vo、g、fl)の、艷やかな魅力に溢れた歌声を軸にした、ハード・メロディック寄りの音像にて、代表曲の数々を全22曲、たっぷりと収めている。モストリー・オータム、カルナタカ周辺のリスナーは見逃せない、安定感抜群の快演である。


〜英産、女性voと、REGAL WORMのkbdのデュオ、1stのリメイク盤!サイケ・ゴシックな力作!〜

COBALT CHAPEL
/Variants

(CD/Klove)(U.K.'19)(税込¥2376)
英産、'14年に結成された、女性シンガー、Cecilia Fageと、REGAL WORMのJerrod Gosling(オルガン、メロトロン、ピアノ、アコーディオン、etc.)によるデュオ・ユニットの、'17年1st「Cobalt Chapel」をリメイクした2ndリリース。フォークと言うよりゴシック・サイケ的な、ミステリアスかつダウナーなサウンドを、ギタリストも交えて展開している。往年の4AD系とフリーフォーク系を繋ぐような、退廃的かつ耽美なムードに溢れた注目の力作である。


〜英/オーストラリア混成、屈折レトロ・プログ・ポップ新バンドの1st!〜

DUKE 72
/The Mid Shires Herald

(CD-R/Bad Elephant Music)(U.K./Australia'19)(税込¥2592)
Bad Elephant Musicより、英産、スコットランドとオーストラリア拠点のメンバーの混成による、屈折したポップ・プログ新バンドの1st(CD-R)。男性voをフロントに、女性コーラスやフルート、トロンボーン、ハモンド・オルガン等も交えた、レトロな'70sブリティッシュ・ロック及びフォーキー・ブルース系をアップデートしたような、面白味十分のサウンドを展開している。どこかナイフワールド周辺に通じるセンスも感じさせる1枚である。


〜英の本格派シンフォ、ソロ・プロジェクトとなっての3rd!4曲入りミニ!〜

ESP PROJECT
/Three

(CD-R/Sunncreative)(U.K.'19)(税込¥1728)
英のマルチ・プレイヤー/ギタリスト、Tony Loweと、ドラマー、Mark Bizezickiのデュオとして、'16年にアルバム・デビューした本格メロディアス・シンフォニック・バンド、ESPの3rd。Projectとある通り、ドラマーが離脱し、T.Loweのソロ・プロジェクトになってのリリース。自らのgとkbdに、vo、b、drを加えたバンド・スタイルにて、ジェネシス、キャメル、クリムゾン等ルーツのサウンドを伸びやかに展開している。'70年代色とメロディック性が調和した、ダイナミックな快作である。CD-R、4曲30分入ミニ。


〜英産、妖美で荘重なゴシック/ダーク・シンフォニック・バンドの新作3rd!女性kbd/vo入り!〜

THE EMERALD DAWN
/Nocturne

(CD/World's End)(U.K.'19)(税込¥2484)
'14年にアルバム・デビューしている英国産ダーク・シンフォニック・バンドの最新作3rd。女性kbd/vo、vo/sax/g/syn、b、drの4ピースにて、メタリック/ドゥーム+クラシカルからゴシック・オーケストラル系まで、タイトル通りの妖美なサウンドを展開している。20分強のラスト曲はじめ、大曲指向の中、退廃的ムードと泣きの叙情が共存した、イタリアで言えばBlack Widowレーベル辺りから出ていそうなイメージの、正に重厚な力作である。フロイド系の要素もあり。


〜強烈!「英の5UU's」的、RIO+プログ新鋭バンドの1st!GG、KC、HC1等ルーツの大傑作!〜

LOST CROWNS
/Every Night Something Happens

(CD/Bad Elephant Music)(U.K.'19)(税込¥2376)
'18年に結成された、シンガー/ギタリスト/コンポーザー、R.Larcombe(STARS IN BATTLEDRESS、WILLIAM D.Drakeバンド)を中心に、KNIFEWORLD(bとkbd)、NORTH SEA RADOI ORCHESTRA(女性vo)のメンバーらが参加の新バンド、1st。ジェントリーな男性voを軸に、ジェントル・ジャイアント風変拍子、クラリネットやメロトロン音が織りなす、クリムゾン、H.カウ系ルーツのレコメン寄りプログレッシヴ・サウンドは、強烈なインパクトである。米国の5UU'sやシンキング・プレイグ辺りに非常に近い、注目の傑作。


〜英国産、USプログレ・ハード志向の注目株、新作3rd!アリーナを思わせる所も有る力作!〜

THE ROOM
/Caught By The Machine

(CD/White Star)(U.K.'19)(税込¥2700)
英国産、'12年にアルバム・デビューしている、USプログレ・ハード/ポップ志向のシンフォニック・バンドの新作3rd。専任vo、ツインg、kbd含む6人編成にて、近年のアリーナ辺りをコンパクトにした様な、ソリッドかつキャッチーなサウンドを展開している。'80年代産業ロック・テイストから、gの片割れがプレイするvlnとゲスト女性voを交えたドラマティックな秀曲F等、カンサス風味やメロディアス・ハード色も有る、非常に高水準な力作である。


〜英産、BBTに比肩する新鋭シンフォ・バンドのサード・リリースにして初のライヴ!〜

I AM THE MANIC WHALE
/New Forms Of Life: Live At The Oakwood

(CD/レーベル名なし)(U.K.'19)(税込¥2592)
'15年に英国で結成、これまで出た2枚のアルバムが高い評価を得て、ビッグ・ビッグ・トレインに比肩するとも称された、モダン・シンフォ再注目株バンドのサード・リリースは、初のライヴ('18年5月収録)。b/vo、g、kbd、drの4ピースにて、カンサス、ニール・モーズ、そして'80年代のイット・バイツ辺りを想起させる、テクニカルかつキャッチーなサウンドを存分に展開している。その実力を遺憾無く発揮した、爽快な名演である。ダウンロード・コード封入、デジパック。


〜オランダ発、カヤック/クイーン+フロスト的、超キャッチー&ドラマティックな傑作!〜

JOOST MAGLEV
/Alter Ego

(CD-R/Bad Elephant Music)(Holland'19)(税込¥2376)
オランダのマルチ・インスト奏者(メインはb)/シンガー、Joost Magulevが、英のBad Elephant Musicからリリースした新作(ソロ名義では恐らく3rd、CD-R)。'80年代産業ハード/ポップ・プログ寄りの、カヤック/クイーン+フロスト的サウンドは、極めてキャッチー、かつ劇的である。マルチ多重主体ながらバンド・タッチの録音による、甘美なメロディーとコーラスを多用したロック・オペラ的仕上がりの快作。
※Bに音飛びのような箇所が有りますが、意図的なもので不良品ではございません。


〜イスラエル産、初期キャメル系ヴィンテージ・シンフォ新鋭バンド1st!注目の傑作!〜

TELEGRAPH
/MIR

(CD/Telegraph)(Israel'18)(税込¥2700)
イスラエル/テルアビブ産、4ピース(g、b/kbd、dr)のインスト中心ニュー・バンドの1st。スペース・ロックという触れ込みですが、フロイド・ルーツは明らかながら(ELOYも引き合いに)、サイケというよりはヴィンテージ・シンフォ、とりわけ初期キャメル(「ミラージュ」期)を想起させる音像になっている。“レディー・ファンタジー”と“ネヴァー・レット・ゴー”をミックスしたような曲からフロイド“エコーズ”調まで、オルガン、泣きのギターもたっぷりの、キャメル系リスナー注目傑作である


〜スイスきってのアヴァン・ジャズ・ロックg、C.ドーラン新作!〜

CHRISTY DORAN'S SOUND FOUNTAIN
/For The Kick Of It

(CD/Between The Lines)(Swiss'19)(税込¥3240)
最前線での活躍を続ける、スイスきってのアヴァン・ジャズ・ロック・ギタリスト、クリスティー・ドーランの、ライヴ盤「Undercurrent」('18)に続くスタジオ新作。今回も、前作ライヴと同じく、最新のトリオSOUND FOUNTAINでの録音になっている。新生クリムゾンやカンを思わせる複合リズムに、ロック・ルーツも明らかなドーランの豪快なプレイが相まった、極めてスリリングかつハイ・テンションなサウンドは流石の一言。アヴァン・リスナーのみならず注目の傑作である。


〜仏きってのエスノ・プログレ・フュージョンg、ヴァイブ入り会心傑作New!〜

NGUYEN LE QUARTET
/Streams

(CD/ACT)(France'19)(税込¥3240)
近年も、マイケル・ギブス/NDRビッグ・バンドとの共演作など、見逃せない力作をリリースし続けているベトナム系フランス人ギタリスト、グエン・レの最新作。今回は、ヴィブラフォン、アコースティック・ベース、ドラム/パーカッションとのカルテットにて、インド~中近東風のエスニックなメロディーとポリリズムを多用した、メロディアスかつ屈折したエスノ・プログレ・フュージョンを展開している。マクラフリンやホールズワースをルーツとしたような速弾きもたっぷりの、会心傑作である。


〜再入荷につき再レコメンド!チェレステ入魂の新作、日本盤紙ジャケ/SHM-CD、ボートラ入り!

CELESTE
/Il Risveglio Del Principe

(SHM-CD/Belle Antique)(Italy'18)(税込¥3394)
純心さと叙情を併せ持った1976年のデビュー盤があまりにも衝撃的だったイタリアのチェレステ。'91、'92年とアルバムを制作した後、長く沈黙していた彼等が待望の4枚目のアルバムをリリース。メロトロン音、サックス、フルート、効果音等を駆使し、'90年代のアルバムよりも、更にデビュー盤に肉薄する叙情性を湛えた本作は、リーダーのチロ・ペリーノが歳を重ね、再び童心に返ったかのような心を揺さぶられるファンタジーが詰め込まれた入魂の一枚で、デビュー作の完結編とでも言うべき作品。日本盤は、ボーナス・トラック1曲収録、紙ジャケ、SHM-CDにての完全先行発売!

〜新作に合わせて再入荷につきレコメンド!こちらは前作9th!お見逃しなく!!〜

KARFAGEN
/Messages From Afar:First Contact

(CD/Caerllysi Music)(Ukreine'17)(税込¥2160)
ウクライナ出身、SUNCHILD等でも活躍する才人kbd奏者/コンポーザー、アントニー・カルージンのメイン・プロジェクト、カルファーゲンの「スペクトラ」('16)に続く9th。今作は、saxや女性vo/kbdもフィーチャーした編成にて、宇宙からのコンタクト/メッセージ系コンセプトを展開している。ハード&スペイシーなウェイクマン調のところから、フロイド/キャメル風味まで、屈折したアレンジも健在のインパクト抜群、流石の高水準傑作である。速弾きから泣きまで、自在のギター・ワークも光る!

〜再入荷につき再レコメンド!イット・バイツの'80sライヴBOX!〜

IT BITES
/Live In London

(5CD/It Bites Music)(U.K.'18)(税込¥6480)
言わずと知れた'80s英国の名バンド、イット・バイツの、未発表だった'80年代の3公演を収めた5CD。CD1「The Marquee」('86年7月)、CD2&3「The Astoria」('88年5月)、CD4&5「Hammersmith」('90年4月)と、1st/2nd/3rdのそれぞれの時期のライヴを年代順で収録した内容である。音質はいずれも良好、演奏も文句なしの素晴らしさ。選曲(当時ならではのレアな選曲も)も含めてファンにとっては夢のような、マスト・アイテムである。


〜久々の入荷につき再レコメンド!KENSOが自らを素材にプログレッシヴ・ロックを分析したDVD!〜

KENSO
/KENSO版 プログレッシブロックの作り方

(2DVD/Pathograph)(Japan'08)(税込¥6480)
日本が世界に誇るプログレッシヴ・ロック・バンド、ケンソーが自らを素材に、プログレ分析を試みた、画期的DVD2枚組。ディスク白は、変拍子、ポリリズム等、自曲解説を中心に、ワークショップなど未発表ライヴ・フッテージもたっぷりと収めた内容。難波弘之ら、ゆかりのミュージシャンのコメントも収められている。対するディスク黒は、清水義央VS小口健一の対談を軸に構成。プログレ名盤の数々への思いから、表現衝動の根幹まで、ディープな内容になっている。「プログレとは何ぞや」を改めて考えさせられる、楽しくて深い、正に入魂の労作である。

〜久々の入荷につき再レコメンド!KENSO、'05年アメリカでの名演を収めたDVD!〜

KENSO
/Live In USA

(DVD/Pathograph)(Japan'06)(税込¥7714)
日本が誇るプログレッシヴ・ロック・バンド、ケンソーのアメリカ公演としては'00年Progfestに続く2回目となった、'05年NEARfestでのライヴを、ほぼフル収録した(本編約120分)DVD。日本からビデオ・クルーが同行し、複数台のカメラを用いることで、見せ所を押さえた映像に仕上がっている。初期曲から、当時録音中だったという「うつろいゆくもの」からの曲までのベスト選曲にて、機材やモニターのトラブルにも負けず、素晴らしい演奏を展開する彼らの姿、そしてアメリカの聴衆の熱狂的な反応が感動的な、ファン必見作である。特殊豪華パッケージ。

〜とても良い!アルゼンチン産、新世代プログレッシヴ・フォルクローレ・バンドの3rd!〜

ENSAMBLE CHANCHO A CUERDA
/Posdata

(CD/大洋レコード)(Argentina'18)(税込¥2479)
アルゼンチン産、注目の新世代、プログレッシヴなコンテンポラリー・フォルクローレ・バンドの「Deconstruction」('14)以来となる、スタジオ新作3rd。vo/g、cl、p、vln、dr、等7人編成+ゲスト女性vo他にて、上品かつイマジナリーなチェンバー・ジャズ寄りのアンサンブルを展開している。時として往年のフレアークを思わせるところもある、非常に高水準な仕上がりの、正しく注目の傑作である。現地盤はCD-Rで、プレスCDは国内盤のみ。解説・歌詞・対訳付。

〜フレンチ・アヴァン・ジャズ系最注目のvln奏者が炸裂のライヴ録音!〜

REGIS HUBY/BRUNO CHEVILLON/MICHELE RABBIA
/Reminiscence

(CD/C.A.M.Jazz)(France, Italy'18)(税込¥2700)
隆盛を極める昨今のフレンチ・アヴァン・ジャズ系にあって、最注目クラスのvln奏者、Regis Hubyが、ルイ・スクラヴィスでお馴染みB.シェヴィロン(b)、そしてイタリア人パーカッショニストM.Rabbiaとのトリオで行った、'17年イタリアでのライヴ。デヴィッド・クロス、マウロ・パガーニ等、プログレッシヴなルーツも感じさせる、即興的かつシリアスな、緊張感の強いチェンバー・ジャズをプレイしている。縦横に弾きまくるvlnがとにかく強烈な、手応え十分の快演である。

〜ボーナスCD('75スウェーデン・ライヴ)付2CD仕様にてリイシュー!〜

GREENSLADE
/Time And Tid

(2CD/ベル・アンティーク)(U.K.'75)(税込¥3888)
コロシアム解散後、デイヴ・グリーンスレイドが結成したグリーンスレイドの最終作が最新リマスターの上、公式では初CD化となる'75年のスウェーデン・ラジオでのライヴ音源を高音質にてボーナス・ディスクとして追加した2枚組拡大版にての再発。オリジナル・メンバーのトニー・リーヴスが脱退、変わってマーティン・ブライリーがg/bで加入。前作よりもバンドとしてのまとまりがあり、英国的ジェントルなポップ・センスと、ツイン・キーボードの華麗なインスト部で組み立てる構成のファン必聴作である。

〜必聴のボーナスBBCライヴ'74(30分)追加!不朽の名作がリイシュー!〜

RENAISSANCE
/Ashes Are Burning

(CD/ベル・アンティーク)(U.K.'73)(税込¥2916)
看板ヴォーカリスト、アニー・ハズラムの歌声と、クラシカルなピアノを軸とし、オーケストラとの融合にて、名実ともに英国クラシカル・ロックを代表するバンド、ルネッサンス。彼らの黄金期の幕開けとなる大名盤が、オリジナル・マスターからの最新リマスターの上、初登場の'74年1月収録のBBCライヴ音源(30分、“Can You〜”、“Let It Glow”、“Ashes Are 〜”)を追加しての決定版的再発!貴重なライヴ音源は必聴である。

〜元ONE SHOTのdrが結成したバンドによる、まさしくONE SHOTを継承・発展させたようなズール度高めの傑作!〜

ELEPHANT TOK PROJECT
/Sitting With Bull

(CD/ベル・アンティーク)(France'18)(税込¥3024)
マグマ直系のヘヴィ・ジャズ・ロック・バンド、ONE SHOT(現在は解散)のドラマー、Daniel Jeand'heurが結成したニュー・バンドの実質的な2nd(今回はプロジェクト名義)。voがチェンジし、ラップ調のところもあるものの、基本的にはマグマのスキャット及び絶叫ヴォイスを繰り出しており、ヘヴィに疾走するリズム、凶暴なエレピも相まって、ONE SHOT以上に暗黒マグマ/Zeuhl度が高い内容になっています。まさにONE SHOTを継承・発展させた傑作!1CD、変型パッケージ!

〜イタリアン・シンフォ要注目新鋭バンドの、あの傑作「バブルソープに」に続く、高揚感溢れるまさに待望の新作!〜

FEM (FORZA ELETTROMOTRICE)
/Mutazione

(CD/ベル・アンティーク)(Italy'18)(税込¥3024)
'14年のデビュー作「バブルソープに」が素晴らしかった、英米スタイルのイタリアン・テクニカル・シンフォニック新鋭バンドFEM、まさに待望の2nd。新たにトロンボーン奏者が加入した6人編成となり、ブラス・アレンジも効果的な、高揚感溢れるサウンドを展開しています。UK、ELP、GG、イエスetc.ルーツの技巧性と伊語voのメロディアスな面が絶妙に調和した音像は、かのニール・モーズにも比肩するクオリティです。トータルのダイナミズムも申し分のない、圧巻の傑作!

〜ビル・ブルーフォードがミケル・ボルストラップと共作した3枚のCDと1枚のDVDを纏めて収録!〜

BILL BRUFORD / MICHIEL BORSTLAP
/Sheer Reckless Abandon

(3CD+DVD:NTSC/ベル・アンティーク)(U.K.&Holland'04 & '07)(税込¥5616)
YES〜キング・クリムゾン〜U.K.や数多くのソロ、参加作を通じて、プログレッシヴ・ロック史上最高のドラマーとの評価を揺るぎないものにしているビル・ブルーフォードが、そのキャリアの末期にオランダのキーボード奏者、ミケル・ボルストラップと共作した3枚のCDと1枚のDVDを纏めて収録。ボルストラップと共に即興主体にその場で組み立てた演奏を繰り広げた、'80年代のパトリック・モラーツとの作品の延長になるような音楽性。ごく限定でのリリースだったレア盤「イン・コンサート・イン・オランダ」が収録されているのにも注目!

〜 ユーロ・ロック・プレス最新号(Vol.80) 発売中です!〜

EURO-ROCK PRESS (ユーロ・ロック・プレス) Vol.80
(Books/Marquee)(Japan'19)(税込¥2,057)

表紙はニュー・アルバムをリリースしたばかりのスティーヴ・ハケット。巻頭のインタビューでは、その新譜について、じっくりと語ってくれています。さらには1994年のソロ作「The Flower King」の続編と言えるアルバムを発表したロイネ・ストルト、5月にARTI & MESTIERIとの来日を控えたAREAのパトリッツィオ・ファリゼッリ、FOCUSの御大 タイス・ヴァン・レアー、感動の来日公演がよみがえるVOIVODのインタビューとライヴ・レポート、新月の北山 真 & 花本 彰による新ユニット、静かの海のこれまたインタビューとライヴ・レポート、渋めなところではイタリアのCELESTEの新譜にまつわるインタビューなどなど。

ユーロ・ロック・プレス平成最後の最新号、Vol.80は2月27日発売です

≪Interviews≫
Steve Hackett / Roine Stolt / Patrizio Fariselli (AREA) / Thijs van Leer (FOCUS) / Tony Levin (KING CRIMSON) / Guthrie Govan / Dewa Budjana / Ciro Perrino (CELESTE) / Chewy (VOIVOD) / yozox (AIN SOPH) / 北山 真 & 花本 彰 (静かの海)

≪Live Reports≫

KING CRIMSON / 10cc / VOIVOD / '87 SENSE OF WONDER / 玲里 / Guthrie Govan / THE WATTS / 静かの海

≪Features≫
YES / Progressive Rock Legend LP Collection / MAGMA On Tour / Cinema Pick Up

■通信販売でのお買い求めはこちらからどうぞ。

http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=136968496

■定期購読につきましては、こちらからお申し込みください。
(2,057円×1年分(4冊)=8,228円)
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=99179096

■バックナンバーのお求めはこちらからどうぞ。
http://wdisque.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1103007&sort=n

〜キーボード・ロックの超名作1st!初紙ジャケ/SHM-CD化!マスト!〜

DUNCAN MACKAY
/Chimera

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(South Africa/U.K.'74)(税込¥3394)
英国出身、20代で南アフリカに移住したキーボード奏者、ダンカン・マッケイ。'77年発売の「スコアー」が名盤として知られる彼が、南アフリカ時代に制作したデビュー作。華麗で派手な弾きまくりの演奏と、充実した楽曲を兼ね備えたキーボード・シンフォニック・ロックとしてに徹底ぶりは「スコアー」おも上回り、この系統としてはEL&Pやトレースにも比肩する屈指の名盤。アルバム曲をコラージュしたボーナス・トラック1曲収録!
※紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲収録

※「ダンカン・マッケイ」紙ジャケット
 3タイトル同時購入先着特典:収納ボックス付き!
ワールド・ディスクのみの特典です!

〜故・J.ウェットンのプロデュース!D.マッケイの名作2nd!初紙ジャケ化/SHM-CD!!〜

DUNCAN MACKAY
/Score

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'77)(税込¥3394)
2016年に待望の初CD化がなされたダンカン・マッケイの名作2nd「スコアー」。南アフリカと英国を股にかけて活躍し、コックニー・レベルやキャメルへの参加等、英国プログレッシヴ・ロックを語る上で重要なキーボーディストが、故ジョン・ウェットンのプロデュース(3曲でvoも披露)、メル・コリンズ、アンドリュー・マクローチ等、クリムソン人脈のゲストを迎えて制作したアルバム。アルバム曲をコラージュしたボーナス・トラック1曲収録!
※紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲収録

※「ダンカン・マッケイ」紙ジャケット
 3タイトル同時購入先着特典:収納ボックス付き!
ワールド・ディスクのみの特典です!

〜再び創作活動が活発化しているD.マッケイの'19新作!kbd多重+女性voのプログ作!〜

DUNCAN MACKAY
/Kintsugi

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K/South Africa'19)(税込¥3394)
2016年に待望の初CD化がなされたダンカン・マッケイの名作2nd「スコアー」。南アフリカと英国を股にかけて活躍し、コックニー・レベルやキャメルへの参加等、英国プログレッシヴ・ロックを語る上で重要なキーボーディストが、故ジョン・ウェットンのプロデュース(3曲でvoも披露)、メル・コリンズ、アンドリュー・マクローチ等、クリムソン人脈のゲストを迎えて制作したアルバム。アルバム曲をコラージュしたボーナス・トラック1曲収録!
※紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲収録

※「ダンカン・マッケイ」紙ジャケット
 3タイトル同時購入先着特典:収納ボックス付き!
ワールド・ディスクのみの特典です!

〜ヴァーティゴ・レーベルのウルトラ・レア・アイテム、遂に国内発売!こちらは1st!〜

CATAPILLA
/Catapilla

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'71)(税込¥3394)
ヴァーティゴ・レーベルのウルトラ・レア盤として高額で取引されているキャタピラ。アンナ・ミーク嬢の、姉御系のパンチの効いた歌唱と、ロバート・カルバートのサックスが異国情緒を醸し出す、'71年の1st。VDGGやフロイド、ジミヘン、ジェファーソン等も思わせる、ハード、サイケ、ジャズ・ロックの要素が混沌とブレンドされた作風は、時に初期のソフト・マシーンやゴングにも通じる、'70s初期英国アンダーグラウンドならではの物。LPのB面には長大な組曲(C)!傑作!

※国内初紙ジャケット、2019年リマスター、SHM-CD

〜ウルトラ・レアなキャタピラの、こちらは2nd!変形紙ジャケで遂に国内発売!名盤!〜

CATAPILLA
/Changes

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(U.K.'72)(税込¥3672)
ヴァーティゴ・レーベルのレア・アイテムとして高額で取引されているキャタピラ。'72年発表の2ndにして最終作。よりエコーを強調したアンナ・ミークのスキャット系voはじめ、ヘヴィ&トリッピーなサイケ色を強め、フロイド/ゴング系に接近した内容である。長尺の曲が多いながら、聴くものを飽きさせないセンス(sax、el-p/org入り)は特筆すべき。長らく待たれていた、国内初紙ジャケット(変形ジャケを再現)、SHM-CD、最新リマスターの決定版!

※国内初変形ジャケット、2019年リマスター、SHM-CD

〜英メロディックの重鎮、未発/レア・トラックス第2弾!〜

JADIS
/Medium Rare U

(CD/Jadismusic)(U.K.'19)(税込¥2160)
英国メロディック・シンフォニックきっての才人、ゲイリー・チャンドラー(g,vo)率いるジャディス。'16年にアルバム「No Fear〜」をリリースして健在ぶりを示した彼らの、今度は「Medium Rare」('01)以来、シリーズとしては18年振りとなる未発/レア・トラックス第2弾。「No Fear〜」リリース直後に作られた未発新曲はじめ、リワーク/リミックス、'18ライヴ、そしてジェネシス“Your Own〜”(未発スタジオ)、ピンク・フロイド“Comfortably Numb”(既発'01ライヴ、リマスター)のカヴァーまで、トータルの構成も抜群のファン必聴盤である。デジパック仕様。

※国内盤ベル・アンティークより4/25リリース

〜日本産プログレ・フュージョン・デュオ、5年振り新作5th!〜

Lu7
/3395

(CD/ベガ・ミュージックエンタテインメント)(Japan'19)(税込¥3024)
元グリーン〜ユーロックスの栗原務(g)、女性kbd奏者/コンポーザー、梅垣ルナのデュオによるプログレッシヴ・フュージョン・ユニット、Lu7(エルユーセヴン)の、「Azurite Dance」('14)に続く新作5th。常連の岡田次郎(b/PRISM)、嶋村一徳(dr)を迎えたバンドにて、よりハード・エッジなジャズ・ロック色に主軸を置いた作風になっている。ブルーフォードばりの疾走ナンバーから、ヘヴィ・シンフォな展開まで、梅垣ならではの美麗なクラシカル・アレンジも健在。そして従来以上にホールズワース的な弾きまくりが炸裂する栗原のギタープレイが圧巻の、会心傑作である。

〜ご存知フォーカスの会心NEW!アヴァロンより国内盤リリース!〜

FOCUS
/Focus 11

(CD/Avalon)(Holland'19)(税込¥3024)
言わずと知れた御大、タイス・ヴァン・レアー(p,org,vo,fl,syn)率いるフォーカスの、公式作としては「X」('11)以来となる待望のニュー・アルバム。オリジナル・メンバーのP.V.D.リンデン(dr)はじめ、前作から続いて参加のM.Gootjes(g)、新加入のU.Pannek(b)を迎えた4人編成にて、時に攻撃的、時に典雅な、全盛期そのままのフォーカス・サウンドを展開している。レアーのフルートも冴え渡る、正に会心作である。アヴァロン国内盤、日本のみの3面紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲(本編Cの別Ver.)収録。

ダンカン・マッケイ「紙ジャケット収納用ボックス」付3枚フル・セット!〜


「ダンカン・マッケイ」収納用ボックス付 3枚フル・セット

ダンカン・マッケイ / キメラ
ダンカン・マッケイ / スコアー
ダンカン・マッケイ / キンツギ

(3 SHM-CD/ベル・アンティーク)(UK)(税込¥10,183)

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、2月25日リリースのダンカン・マッケイ紙ジャケット3種(「キメラ」、「スコアー」、「キンツギ」 )を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。
※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/duncanmackay.htm

※WORLD DISQUE店頭および通信販売にて好評発売中!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=139139589

〜なんと!今度はDVD/NTSC付き2枚組で登場、奇跡の初来日公演'17!〜

CERVELLO
/Live In Tokyo 2017

(CD+DVD/NTSC/Corrad Rustici)(Italy'19)(税込¥4536)
日本先行で紙ジャケ/SHM-CD版がリリースされた、あのチェルヴェッロ奇跡の初来日公演('17年7月27日TSUTAYA O-EAST)を収めたライヴ・アルバムの、こちらは何と、CDと、同内容のライヴ映像を収めたDVD/NTSC(約50分)をカップリングした2枚組エディション、2つ折り紙パッケージ。C.ルスティーチ(g)を中心に、オリジナルのsax/fl、bそして素晴らしい実力のニューvoをフィーチャーした編成にて、名作「メロス」完全再現+αをプレイした、まさしく名演である。

※このフォーマットでの国内発売の予定はございません。

〜伊きってのクラシカル・アーティスト、天上的美世界New!〜

ROBERTO CACCIAPAGURIA
/Diapason

(CD/Giance)(Italy'19)(税込¥3564)※2CDでは有りません
硬質なミニマル/現代音楽から出発し、近年は、より正統的なクラシカル・サウンドを追求しているピアニスト/コンポーザー、ロベルト・カチャパリアの、万博関連だった前作「Tree Of Life」('15)以来のリリースとなる新作。前作に続き、ロンドンのロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ(室内編成)、そしてカウンターテナーを迎え、自らのpと共に、ひたすら天上的で美麗なアンビエント〜室内クラシカル・サウンドを展開している。正に心洗われる、清らかな力作である

〜〜マグマ系ジャズ・ロック新鋭バンドの2nd!濃厚な組曲フィーチャーの傑作2CD!〜

FREE HUMAN ZOO
/No Wind Tonight...

(2CD/Ex-Tention)(France'18)(税込¥3564)
マグマ系ジャズ・ロックバンドの新世代を担う、仏産新鋭バンドの、「Freedom、Now!」に続く2ndアルバム。今回は2CO(トータル約80分)でのリリースとなっており、g、p、テナーsax、トロンボーン、b/コントラバス、dr/perの6人組+ゲスト女性vo、fl等での録音になっている。CD1には、マグマ色の強い、押しの効いた44分の組曲を、CD2には女性voを交えた、意表を突く地中海トラッド風味の24分の組曲他を収めた、濃密な内容である。ギターのフィーチャー度も高く、本家マグマとONE SHOTの中間を行く傑作。

〜独ジャズ・ロック・ギターのパイオニア、'74MPSからの傑作が初CD化!〜

VOLKAR KRIEGEL&SPECTRAM
/Mild Maniac

(CD/MIGc)(Germany'74)(税込¥3024)※2CDでは有りません
独のジャズ・ロック/フュージョン系ギタリストにして、ユーロ・ジャズのパイオニアの一人、故フォルカー・クリーゲルの、「Lift!」('73)に続きMPSからリリースされた5th。R.ブリューニングハウス(kbd/ex.アイリフ)、E.ウェバー(b)、そしてdr及びゲストperでP.ギーガー(DZYAN)という編成での録音になっている。軽快なラテン調からアコースティック、更にはリターン・トゥ・フォーエヴァー調の疾走ナンバーまで、ラリー・コリエルもかくやの傑作である。ボーナス5曲('77ライヴ)追加。

〜あのネクターの、末期メンバーや息子による後継ニュー・バンド登場!〜

NEW NEKTAR
/Megalomania

(CD/Sireena)(Germany'18)(税込¥2808)
バンドそのものだった、ロイ・アルブライトンが'16年に死去したネクター。その末期メンバーだったK.Henatsch(kbd,vo)、T.Fry(b,etc.)に、新加入のg/vo、そしてアルブライトンの息子Che Albrighton(dr,per)というラインナップによる、後継的ニュー・バンドの1st。ネクターのスタジオ・ラスト作「Time Machine」を継承した、プログレ・ハード+ポップ的サウンドは、彼ららしい粘り気と濃厚さのあるもので、正に後継に相応しい仕上がりである。注目の力作。

〜激レア!オーストリアのフロイド系、幻の1stレコーディング音源発掘!〜

PATERNOSTER
/Conerentora E Il Pane Quotidiano

(3CD/Now-Again)(Austria'71)(税込¥3564)
'72年の唯一作が、オーストリアきってのレア・アイテムとして有名なパターノスターの、幻の1stレコーディングが発掘リリース。'71年のオーストリア映画「Die Ersten Tage」のサントラ用レコーディング・セッション音源をたっぷり2CDに収録、更にCD3には1st全曲+2曲の丸ごとデモを収録した3枚組になっている。「ポンペイ」期ピンク・フロイド系の、ダウナーなオルガン入りサイケが存分に味わえる、正に貴重な発掘であり、コレクターのみならず注目のリリース。

〜オランダ産ハード・メロディック・バンドの何と23年ぶりNEW!〜

DILLEMMA
/Random Acts Of Liveration

(CD/Butler)(Holland'18)(税込¥2916)
オランダ産、プログレ・ハード寄りメロディック・シンフォニック・バンドの、SIから出たデビュー作「Imbroccata」('95)以来、実に23年振りとなる新作2nd。アラン・ケイスやアイオナのF.V.エッセンが参加していた前作から継続参加はkbdのRobin Zのみで、彼以外はすべて新メンバー。フロントのg/voには、何と元フロストのデック・バークが加入している。よりヘヴィな、ラッシュ系の色を押し出した音像でエンチャントとフロストの中間を行くような快作である。

〜オクトーバー・イクースのギタリスト、早くも新作!〜

ANGEL ONTALVA VS PRIOT DUO
/Blue Stone Waves

(CD/OctoberXart)(Spain,Russia'18)(税込¥2700)
スペインの暗黒チェンバー・ロック・バンド、オクトーバー・イクースのギタリスト、エンジェル・オンタルヴァの'18ニュー・リリース。VESPEROとの共演連作に続く作品で、同じくロシアの女性p/vo,及びdrのデュオ、PRIOT DUOとの共演('17年12月モスクワでのライヴ)。ミニマル/ジャズ系の浮遊感の中、フリップナイズされたトーンのギターが駆け回る、アンビエントかつイマジナリー、そしてスリリングな力演である。耽美的チェンバー系を好む向きにお薦め。

〜あのマッツ・オベーリと、レーナ・ヴィッレマルクが共演したトリオ作!!〜

WILLEMARK、KNUTSSON、OBERG
/Svenska Latar

(CD/Playingwithmusic)(Sweden'19)(税込¥3240)
フリーフォート、エンテリ等で知られる、スウェーデン/北欧きってのトラッド系女性シンガー/ヴァイオリン奏者、レーナ・ヴィッレマルクと、ジャズ・サックス奏者のヨナス・クナットソン、そして、あのマッツ/モルガンのマッツ・オベーリ(p)というアコーステック・トリオの6年ぶり2作目。ヴィッレマルクのトラッド的歌唱をフィーチャーしつつ、全体には、しっとりしたジャズ色の強い内容になっている。シリアスかつイマジナリーな、流石のクオリティーの傑作である。

〜これは注目!ノルウェー産、過激な大編成アヴァン・ジャズ傑作!〜

TRONDHEIM JAZZ ORCHESTRA&OLE MORTEN VAGEN
/Happy Endings

(CD/Odin)(Norway'18)(税込¥2808)
ノルウェーのジャズ・ベーシスト/コンポーザー、O.M.Vagenが、トロンハイム・ジャズ・オーケストラ及びS.ストロッケン(ELEPHANT 9/ハモンド・オルガン)、女性スッキャットvo、ツインdrと制作した、アヴァン・ジャズ・ロック作品。M.ウエストブルックやB.ガイの大編成もの、そして時にヘンリー・カウ、ONJを思わせる、ポリリズミック系から即興風まで変幻自在の過激なサウンドを展開している。極めて高水準な、アヴァン系リスナー注目の傑作である。

〜タンジェリン・ルーツのアンビエント/エレクトロ新作!〜

ERIK WOLLO
/Infinite Momernts

(CD/Projekt)(Norway'18)(税込¥3240)
テリエ・リピダル・フォロワーとして登場し、その後は長くタンジェリン・ドリーム、アシュラ等ルーツのジャーマン・エレクトロよりdサウンドを追求しているノルウェーのギタリスト/シンセ奏者、エリク・ウォローの、「Threshord Point」と同時期に出たアルバム。こちらは明確なアンビエント・アルバムで、タンジェリン風のドローン・シンセ(シーケンスは無し)を中心に、一部サウンドスケープ系のギターも交えた内容。美麗な音世界の力作である。

〜デンマークのレジェンド、サヴェージ・ローズ'17作が初入荷!〜

THE SAVAGE ROSE
/Homeless

(CD/Target)(Denmark'17)(税込¥3456)※2CDでは有りません
50年を超えるキャリアを誇る、デンマークの生ける伝説、サヴェージ・ローズの現時点での最新作となる'17リリース(当店初入荷)。哀愁たっぷりの、ブルージーかつフォーキーな楽曲群は、女性コーラス等、ピンク・フロイドを思わせるアレンジも多く、十分プログレッシヴ・リスナー向きである。看板女性シンガー、アニセッテの、とにかく強烈な、魂を揺さぶる歌唱の存在感は圧倒的で、故トマス・コッペルを思わせるオルガン、メロトロン、アコーディオンも有る、見逃せない傑作。

〜イチベレ・オーケストラの、入手困難だった1stが待望の再発!〜

ITIBERE ORQUESTRA FAMILIA
/Pedra Do Espina

(2CD/Far Out Recordings)(Brazil'01)(税込¥3240)
現在も精力的に活動を続ける、エルメート・パスコアル・バンドのベーシスト、イチベレ・ツワルギが、若手ミュージシャンの育成ワークショップを発展させた形で結成した大編成バンドの、'01年リリース1st(2CD)。長らく入手困難であったが、ニュー・ジャケットで待望の再発となった。改めて、全編ため息が出るほど見事な、エルメート・マナーの疾走感あふれるサウンドが素晴らしい大傑作であり、未入手の向きはお見逃しなく。ニュー・ジャケットでの発売。

〜J.サーマン等が参加、'76ECMからのアヴァン・ジャズ傑作!〜

BARRE PHILLIPS
/Mountainscapes

(CD/ECM)(U.S.A.'76)(税込¥2592)
アメリカきってのシリアス/フリー・ジャズ系ベーシスト、バール・フィリップス(ダブルベース)が、'76年にECMからリリースした作品。2つ折り紙パッケージで再発。ジョン・サーマン(バリトンsax)、D.Feiehtner(syn)、スチュ・マーティン(dr,syn)という強力メンバーで、1曲ジョン・アバークロンビー(g)も参加している。ECM としては異色の、過激かつダークなアヴァン・ジャズ・サウンドを展開しています。ヘヴィなアンサンブルから空間系まで、充実の傑作である。

〜オズリック・テンタクルスその人、なんと初のソロ・アルバム!〜

ED WYNNE
/Shimmer Into Nature

(CD/Kscope)(U.K.'18)(税込¥2376)
'80年代より活動を続けている、英国きってのスペース・ロック/トリップ・バンド、オズリック・テンタクルスその人、エド・ウィン(g,kbd,etc.)の、長いキャリアにあって初となるソロ・アルバムがKscopeより登場した。ほぼ1人マルチ/多重の録音で、打ち込みゆえに多少テクノ/エレクトロ寄りながら、全体的にはいつも通りのオズ・テン・サウンドになっている。もちろんソロということで、S.ヒレッジばりのリード・ギターもたっぷり聴かせる、ファン必聴の快作である。

〜初期ポチャカイテ・マルコを思わせるヘヴィ・チェンバー・バンドの、実に11年ぶりとなる新作!〜

FAR CORNER
/Risk

(CD/Cuneiform)(USA'18)
W.コペッキー(b)らによる4人組(b, kbd, 女性チェロ, dr)ヘヴィ・チェンバー/プログレッシヴ・バンドの、「Endangered」('07)以来、実に11年ぶりの新作3rd。ゲストでvlnも交えての録音です。初期ポチャカイテ・マルコ辺りを思わせる、プログレッシヴ色の強いkbdワーク(オルガン、メロトロン音etc.)を軸としたアグレッシヴなサウンドは健在で、プレザン系とELP系が合体したかのような、強烈にハイテンションな暗黒ロック・サウンドに仕上った会心傑作!

〜伊のセッション・ギタリストが'76年にCrampsからリリースした1st、初CD化!〜

ALBERTO CAMERINI
/Conerentora E Il Pane Quotidiano

(CD/On Sale Music)(Italy'76)(税込¥3456)
ブラジル生まれで、イタリアで活動したセッション・ギタリスト、A.Cameriniが、'76年にCrampsからリリースした1stソロ。On Sale Musicより初CD化(プラケース、1CD、+1ボーナス)。W.Calloni(dr)、L.Fabbri(kbd,ac-g,vln)等セッション仲間はじめ、Crampsということで、AREAのP.Fariselliも1曲参加している。ラテン+地中海フォーク/ポップ・ロック(vo入り)を展開しており、地中海ロックの佳曲@Eはじめ、見逃せない力作である。

〜伊トスカーナ地方産、レトロ志向新鋭バンド、PFM〜ジェネシス系熱血シンフォ化!

TACITA INTESA
/Faro

(CD/Tacia Intesa)(Italy'18)(税込¥2700)
伊トスカーナ地方産、'70s/レトロ志向のイタリアン・プログレッシヴ新鋭バンドの、「Tacita Intesa」に続く2nd。フロイド/キャメル+ヒープ的だった前作に対し、今回は、ハード色を残しつつも、イエス、ジェネシス、そしてPFMを思わせる、イタリア然とした熱気溢れるサウンドを展開している。伊語vo、ヴィンテージkbdも大活躍する、高揚感あふれるアレンジが素晴らしい、会心の傑作である。

〜強烈!伊産、レトロ&テクニカルな屈折プログレッシヴ・バンドの新作3rd!〜

MAD FELLAZ
/V

(CD/Mad Fellaz)(Italy'19)(税込¥2700)
'13年アルバム・デビューの伊産レトロ&テクニカル・プログレッシヴ・バンドの新作3rd。英語vo、fl/sax、per含む編成にて、屈折しつつパワフルな音像を展開している。ハウ系からホールズワース系まで自在のギターも活かした、クリムゾン、イエス、U.K.、フォーカス、ジェントル・ジャイアント、果てはザッパ、カンタベリー・ジャズからオルガン・ハードまで、多彩なルーツを詰め込んだ内容は強烈である。時に米のBUBBLEMATHを想起させるところもある傑作。

〜伊産、モダン/ハード・メロディック寄り新鋭バンドの2nd!FEMを思わせるところも!〜

SELDON
/Per Quale Sentiero

(CD/Surburban Sky)(Italy'18)(税込¥2484)
'08年に結成された、伊産モダン/ハード・メロディック寄りシンフォニック・ロック・バンドの、「Tutte A Memoria」('13)に続く2nd。伊語vo/kbd、g、b、drの4ピースにて、イエス、ジェントル、U.K.あたりをルーツとした、テクニカルなサウンドを展開している。ホールズワース系ギターや、メロトロン音、更にはイタリアらしい屈折感やハードさも交え、結果としてFEMを思わせるところもある傑作である。

〜伊のジャズ系ピアニストによる、ジェネシス・オマージュなソロ・プロジェクト新作3rd!〜

THE PIANO ROOM
/2084

(CD/Irma)(Italy'19)(税込¥2376)
本来ジャズ・ピアニストのF.Gazzaroが、自らのルーツであるジェネシスへのトリビュートと言える音楽を展開するソロ・プロジェクトの3作目。従来トリオ編成だったが、今回は、メロトロン、アープオデッセイ、ポリモーグ、ハモンドB3等、ヴィンテージ機材ズラリのkbdマルチ多重録音。G.オーウェル「1984」及びB.Sansalの小説「2084:The End Of The World」にインスパイアされたコンセプト作となっており、またA.フィリップス「1984」に捧げられている。正しくA.フィリップスのシンセ物を思わせる、ジェネシス・マナーなシンセ・シンフォニックに仕上がった快作。本編約30分、ボーナスとしてピアノver.3曲(25分)追加。

〜米のセッション・ギタリストによる、キャメル系ギター・シンフォニック快作!〜

FERNANDO PERDOMO
/Out To The Sea 2

(CD/Forward Motion)(U.S.A.'19)(税込¥2376)
米国LAシーンで活動するセッション・ギタリストにして、デイヴ・カーズナー(SOUND OF CONTACT、MANTRA VEGA)のソロ作でもプレイしていた、F.ペルドモの、初のプログレッシヴ・ロック作となった前作「Out To Sea」の続編となる通算6thソロ。ギター主体のマルチ多重録音+dr、管etc.にて、ハケットやアッカーマン風のところもありつつ、楽曲含めてキャメル/A.ラティマーの影響が最も強いサウンドを展開している。エモーショナルに弾きまくるギター・シンフォニックの傑作。ジャケットはポール・ホワイトヘッド。

〜ドラマティックな展開とイマジナリーなメロディ、そして圧倒的にスリリングな疾走感!〜

ELECTRIC ASTURIAS
/Trinity

(CD/Asturias)(Japan'19)(税込¥3,024)
「Cruise To The Edge」はじめ、海外のプログレッシヴ・フェスにも多数出演し、今や日本を代表するプログレッシヴ・ロック・バンドとなった、大山曜(b)率いるエレクトリック・アストゥーリアス(エレアス)の、「エレメンタルズ」('14)以来となる、まさに待望のサード・アルバムが遂に登場しました。女性vln奏者テイセナをフロントに、川越好博(kbd)、平田聡(g)、田辺清貴(dr)、そして大山という鉄壁のラインナップにて、鮮烈なダイナミズムと胸に迫るメロディ、そして圧倒的な疾走感溢れるサウンドを今作でも展開しています。キング・クリムゾン、ジェントル・ジャイアント等、英国王道プログレッシヴへリスペクトしつつ、最早孤高のエレアス節は全編で冴え渡り、ゴルゴーン三姉妹をテーマとした"組曲「ゴルゴーン」"はじめ、ゲーム・ミュージック用だった楽曲(初期アストゥーリアスもプレイした"ローガス"含む)のエレアス版等、長くライヴでプレイされ練り込まれた曲の数々は素晴らしい完成度を誇ります。まさに必聴の会心・大傑作!

■先着購入特典
PV入りデータCD-R ※パソコン等にコピーしてご覧ください。

※ 1/30(水)発売、店頭および通信販売にて大好評販売中!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=138997530

〜北山真&花本彰の新ユニットによる、メロトロンアレンジも効いた歌物大傑作!〜

静かの海 (北山真、花本彰)
/静かの海

(CD/NALA Records)(Japan'19)(税込¥2,916)
まさに伝説的なジャパニーズ・プログレッシヴ・バンド、新●月のオリジナル・シンガー(現在はProjectには不参加)北山真が、同バンドの花本彰(kbd)と組んだ、注目の新ユニット「静かの海」のデビュー・アルバム。新●月の津田治彦(g)はじめ、谷本朋翼(dr)、石畠弘(b)、荻原和音(fl-horn, tp, kbd)ら新●月Projectの面々らをサポートに向かえ、北山と花本ならではの、叙情的かつイマジナリーな歌物を展開しています。新●月の前身、セレナーデを思わせるような、コンパクトな中にも重厚なアレンジのナンバーから、後期・新●月的な(北山が好んでいたスパークス等に通じる)ポップな面まで、全編に渡って花本のメロトロンも効いた、新●月ファン、わけても北山のソロ作を好む向きは必聴といえる傑作です!そして、ラストには、北山の代表曲といえる"光るさざなみ"も収録!

■先着購入特典(全店舗共通)
未表新曲2曲入りCD

※ 2/6(水)発売、店頭および通信販売にて大好評販売中!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=138997412

〜英国で最も神秘的なバンド、記念すべき1st!ボーナス・ディスク付2CD、デジパックで再発!

THIRD EAR BAND
/Alchemy: 2CD Remastered & Expanded Edition

(2CD/Esoteric)(U.K.'69)(税込¥2592)
オーボエ、チェロ等の生楽器を多用した編成で、中世音楽と東洋のラーガの双方に触発されたサウンドを聴かせて、英国で最も神秘的なバンドの一つとされるサード・イヤー・バンドの記念すべきデビュー作。サイケデリック〜カウンター・カルチャーの流れで「異なった」思想へと傾斜した彼らのサウンドは、古楽・フォークを思わせつつも、どこにも存在しない異教の儀式を思わせる魔術的で陶酔感の強いもの。オリジナル・マスターからのリマスターに加え、ライヴ音源やデビュー前の'68〜'69にかけての数多くの未発表音源を加えた、ボーナス・ディスク付2CD、デジパック仕様の決定版である。
※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜故イアン・カーが率いた名バンドの、Vertigo期「全部入り」9in6 BOX!「ベラドンナ」含む!

NUCLEUS & IAN CARR
/Torrid Zone〜The Vertigo Recordings 1970-1975

(6CD/Esoteric)(U.K.'70〜'75)(税込¥6480)
トランペット奏者イアン・カーを中心に、後にソフト・マシーンを支えることになるカール・ジェンキンス、ジョン・マーシャル、或いはアラン・ホールズワース等、英国ジャズ・ロックの中核となる面々を迎えて、電化マイルスに呼応しつつも、常に英国的でプログレッシヴな指向のジャズ・ロック・サウンドを聴かせた名バンド、ニュークリアス。あのVertigoレーベルに残した9枚のアルバム(イアン・カー名義の「ベラドンナ」も含む)を6枚組CDに纏めたボックス・セットである。カードボード・スリーヴ(オリジナル・ジャケとは異なるデザイン)、カラーブックレット付。お得用プライス。
(Containts)
「Elastic Rock」('70)、「We'll Talk About It Later」('70)、「Solar Plexus」('71)、「Belladonna」('72)、「Labyrinth」('73)、「Roots」('73)、「Under The Sun」('74)、「Snakehip Etcetera」('75)、「Alleycat」('75)
※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜ウクライナ産ファンタジック・シンフォ、ド傑作NEW! 10th! 限定2CDにて!〜

KARFAGEN
/Echoes From Within Dragon Island

(2CD/Caerllysi Music)(Ukreine'19)(税込¥2484)
ウクライナ出身のキーボード奏者、アントニー・カルージンが、シンフォニック・ロックの王道を目指したメイン・ユニット、カルファーゲンの10作目。「宝島」「ジキルとハイド」等で名高いR.L.スティーブンソンの作品をモチーフに、壮麗でクラシカルなキーボード、伸びやかなギター、更には生の管弦もフィーチャーした大掛かりな編成により、胸に迫るノスタルジックなメロディと壮大でドラマティックな展開にて圧巻のファンタジック・シンフォ・ワールドを実現している。。ハケット+ウェイクマン的とも言うべき大傑作である。ボーナス・ディスク付限定2枚組仕様にて!

※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜必聴のボーナスBBCライヴ'74(30分)追加!不朽の名作がリイシュー!〜

RENAISSANCE
/Ashes Are Burning

(CD/Esoteric)(U.K.'73)(税込¥2160)
看板ヴォーカリスト、アニー・ハズラムの歌声と、クラシカルなピアノを軸とし、オーケストラとの融合にて、名実ともに英国クラシカル・ロックを代表するバンド、ルネッサンス。彼らの黄金期の幕開けとなる大名盤が、オリジナル・マスターからの最新リマスターの上、初登場の'74年1月収録のBBCライヴ音源(30分、“Can You〜”、“Let It Glow”、“Ashes Are 〜”)を追加しての決定版的再発!貴重なライヴ音源は必聴である。
※国内盤ベル・アンティークより2/25リリース!

〜これは素晴らしい! あの「イントロスペツィオーネ」を思わせる、ドネラ新作!〜

DONELLA DEL MONACO,PAOLO TRONCON,OPUS AVANTRA ENSEMBLE
/Rosa Rosa

(CD/MP Records)(Italy,'19)(税込¥2700)
これは驚き!ご存知オパス・アヴァントラの歌姫、ドネラ・デル・モナコの新作。作曲家パオロ・トロンコン、及びオパス・アヴァントラ・アンサンブル(dr,fi/sax,p/kbd,celloの4名)との連名にて、ドラムも効いた、いつになくロック寄りのサウンドを展開しており、OAの超名作1st「イントロスペツィオーネ」を強く想起させるサウンドになっている。その1stにも参加していたトニー・エスポジート(perA)はじめ、リノ・ヴァイレッティ(voC)、ジェニー・ソレンティ(voE)、アルベルト・ラディウス(gF)というイタリアン・レジェンド達が華を添える、まさに必聴作である。

〜かのFULANOの直接的後身バンド登場!よりプログレッシヴな大傑作!〜

ANIMAL EN EXTINCION
/Antes Y Despues

(CD/El Templo)(Chile'19)(税込¥2,160)
断続的に活動を続けるも、'15年の5th「絶滅動物 (Animais In Extincion)」をもって解散した、チリきってのアヴァン・ジャズ・ロック・バンド、FULANO。そのラスト作のタイトルを名前にした、直接的後身ニュー・バンドが登場した。J.Campos(b)はじめ、女性スッキャットvo/kbd、kbd、drと、5人中4人がFULANOのラスト・メンバーで、新加入のsax及びゲストを加え、FULANOの硬質でプログレッシヴな側面を受け継いだと言える、ダーク&ヘヴィなサウンドを展開している。ファンク・ジャズ・ロック色を含め、部分的にはMAGMAや初期KING CRIMSONを思わせる、まさに注目の傑作である。

※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜「チリのサムラ」と称されたコングレッソの'88未発ライヴが発掘リリース!〜

CONGRESO
/Congreso En Vivo Montreal, Octubre 1988

(CD/El Templo)(Chile'88録音)(税込¥2,160)
'70年代の初頭より現在まで活動し、フォルクローレ/民族色とジャズ・ロックを融合した音楽性で、「チリのサムラ」とも称されるレジェンド・バンド、コングレッソの、'88年にモントリオールで行われたライヴの発掘リリース。カセット録音ながら音質は良好である。FULANOのJ.Campos(b)がメンバーとして参加した、6人編成(vo,sax,dr,b,marimba/per,kbd)にて、代表作「Ha Ilegado〜」('82)、「Pajaros〜」('84)からの曲を含むハイ・テンションな演奏を収めている。ウェザー・リポート風のテクニカルな色も濃く、結果的にカンタベリー系を思わせるところもある、貴重かつ充実の快演である。
※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜面白い!チリ産、「ヒップ・ホップ+ジャズ・ロック」!〜

COMO ASESINER A FERIPES
/Perros Viejas Nuevos Collares

(CD/El Templo)(Chile'17)(税込¥2,700)
'08年にアルバム・デビューし、現在までに5作品をリリースしている、「ヒップ・ホップ+ジャズ・ロック」的チリ産異色バンドの、FULANO周辺のEl Temploレーベルからリリースされた、新メンバーによる新録コンピ。いわゆるラップ調のスペイン語vo、ターンテーブル/サンプラー、sax/fl、b、drという5人組にて、結果的には、一部KING CRIMSON、THIS HEAT、ELEPHANT TOK等を思わせる、意外性、面白味共に十分の内容を収めている。FULANO周辺リスナー注目の力作である。

〜FULANO周辺レーベルより、メロディック寄りオルタナ・ポップ/歌もの新バンドの作!〜

FOSIL
/La Ultima Hora

(CD/El Templo)(Chile'18)(税込¥2,700)
FULANO周辺レーベルEl Temploより、チリ産新鋭バンドの恐らく1st('18)。チャランゴやケーナもプレイする、濃い口のハイトーンvo(一部B.ランゼッティ似)フロントの、ツインg入り5人編成にて、フロイド系メロディック寄りのオルタナ・ポップ/歌ものを展開している。哀愁たっぷりのケーナの響きを含め、メロウな楽曲と南米らしさがたっぷり味わえる、このレーベルとしては異色作ながら、高水準な力作である。

〜大注目のロイネ・ストルト新作、国内盤でリリース!〜

ROINE STORT'S THE FLOWER KING
/Manifest Of An Alchemist

(CD/Sony Music)(Sweden'18)(税込¥2,592)
さきにデビューした、THE SEA WITHINのアルバムに続き、今度は御大ロイネ・ストルトのソロ新作がリリースされた。'90年台の復活ソロ作「The Fiower King」を意識した名義の通り、ソロとフラ・キンの中間を行くメンバー(H.フレベリ、J.レインゴールド、M.ミンネマン、M.ストルト、R.タウンゼントetc.)にて、初期フラ・キンを思わせるエモーショナル&ファンタジックな原点回帰的サウンドを展開している。ロイネ節が全開の、まさにファン必聴作!ソニーより、国内盤プラケース、英文ライナー訳、解説、歌詞、対訳付。

〜爽やかなコーラスも多用した、センス抜群、美メロ炸裂の極上品!〜

DEYAN ANGELLOFF&KONSTANTIN JAMBAZOV
Ne Spirai ! (Do Not Stop !)

(2CD/Orphictone)(Bulugaria'19)(税込¥3,800)
ブルガリアのHR/HM系マルチ・ミュージシャン、コンスタンティン・ジャンパゾフと、ヴォーカリスト、デヤン・アンゲロフの連名ユニット作。懐かしさすらおぼえるAOR、産業ロック、ポップ・プログレ・ハードetc.の80'sテイストが全開、爽やかなコーラスも多用したサウンドは、イタリアのイ・プーやインドネシアのDEWA、或いはジェフ・ダウンズ/DBAあたりを思わせる、センス抜群、美メロ炸裂の極上品。練られたアレンジも素晴らしい会心作!日本限定発売、ブルガリア語と英語の2Ver.カップリングの2枚組。

〜滋賀拠点のマルチ・プレイヤーによる完全ソロ・プロジェクト、シンフォニックに回帰した新作6th!〜

ACCEPT
/Dream Of Tree

(CD/Prime Number)(Japan'19)(税込¥1,000)
滋賀拠点のマルチ・プレイヤー、Hisaoによる完全ソロ・プロジェクトACCEPTの、「Under The 23rd」('15)に続く新作6th。前作に続き、ゲストなしのマルチ多重録音(英語vo, g含む)であるが、録音面での向上が見られるとともに、楽曲も初期のシンフォニック・ロック路線に回帰。GENESIS、CAMEL、KING CRIMSON etc.の要素と、アンビエントな色のバランスも良好で、「幻惑のブロードウェイ」ばりのコーラス・メロトロンも印象的な、3つの組曲を収めた、現時点での最高傑作である。プレスCD、フルアルバム55分収録。

〜御大S.ハケットの、近年の作風の到達点といえる完成度のシンフォニック&ドラマティックな大傑作!必聴!〜

STEVE HACKETT
/At The Edge Of Light

(SHM-CD/Vivid Sound)(UK'19)(税込¥3,024)
ハンガリーのDJABEとの共演はじめ、対外的な活動も活発に継続し、絶好調ぶりを示している御大スティーヴ・ハケットの、「ナイト・サイレン」('17)に続くソロ新作。ワールド/エスノ風味の強い近年の作風を継承しつつも、躍動感溢れるアンサンブルにハケットのgとvo炸裂する名曲M3はじめ、荘厳な合唱とオーケストラをフィーチャーした11分強のクラシカルな大曲M5(合唱とオケはアルバムの随所で登場)、キャッチー系M7など、傑作だった前作をもしのぐ大傑作です!国内盤のみSHM-CD/紙ジャケット仕様、新曲ボーナス・トラック2曲追加!

〜J.ルーデスやM.ミンネマン、M.デイら凄腕メンバーを迎えて制作された、圧巻のエスノ・ジャズ・ロック!日本先行発売!〜

DEWA BUJANA
/Mahandini

(SHM-CD/King)(Indonesia'19)(税込¥2,808)
インドネシアのポップ・バンドGIGIのメンバーにして、同国を代表するギタリスト/コンポーザー、デワ・ブジャナの、「Zentury」('16)に続く新作。今回は、なんと、ジョーダン・ルーデス(kbd)、マルコ・ミンネマン(dr)、モヒーニ・デイ(b)とのバンドをコアに、マイク・スターン(g)、ジョン・フルシアンテ(g, vo/ex.レッド・ホット・チリペッパーズ)らを迎えた強力なメンバーでの録音です。従来のエスノ/ワールド・プログレ・フュージョン色を基調としつつ、いつになくプログレ・メタル寄りの曲や一部にvoナンバーも交えるなど、結果として最もロックな仕上りとなっています。アラン・ホールズワースばりの流麗な速弾きも健在で、U.K.や同国のトーパティを思わせる所も多い、ケンソー系リスナーも注目の傑作です!

〜御大タイス・ヴァン・レアー率いるフォーカス、公式作としては約8年ぶりの新作!〜

FOCUS
/11

(CD/In And Out OF Focus Recordings)(Holland '18)(税込¥2,160)
言わずと知れた御大、タイス・ヴァン・レアー(p, org, vo, fl, syn)率いるフォーカスの、公式作としては「X」('12)以来となる、待望のニュー・アルバム。今回も、オリジナル・メンバーの、ピエール・ヴァン・ダー・リンデン(dr)はじめ、MGootljes(g)、U.Pannekeet(b)という面々が加わった4人編成にて、ときにアグレッシヴに、時に典雅で流麗に迫る、らしさを保ちつつもオルガン・ジャム色を強めた音像を展開している。レアーのフルートも冴え渡る、まさに会心作!

※国内盤アヴァロンより、3面紙ジャケット仕様、ボーナス1曲追加で2/20リリース!

〜新たに発掘されたソースを用い、音質も大幅に向上した臨場感抜群の“ほぼ完全版”ライヴ!〜

四人囃子
/1974 One Step Festival

(CD/Super Fuji)(Japan live'74)(税込¥2,700)
'74年8月5日、福島県・郡山での、伝説の「ワン・ステップ・フェスティヴァル」における四人囃子の演奏を収めたCD。(約50分)今回、新たに発掘されたソースを用いて、音質も大きく向上した“ほぼ完全版”としてのリリースである。スタジオ・レコーディング前の“泳ぐなネッシー”始め、フロイド“Cymbaline”カヴァー、“空飛ぶ円盤〜”そして“一触即発”まで、中村真一(b)時代の貴重かつ充実した内容となっている。MCも含め、臨場感抜群のファン必聴作!

〜"シルヴィア"系の流麗でクラシカルなサウンドを完璧に再現している、フォーカス愛に満ちた傑作デビュー作!〜

TEXEL
/Zooming Into Focus

(CD/Texel)(Holland,UK, etc. '18)(税込¥1,944)
オランダが生んだユーロ・ロックの巨人フォーカスの大ファンだという同国のkbdとイギリスのgが中心となり、デンマークのflらが参加している多国籍バンドのデビュー作。タイトルにもある通り、まさしくフォーカスに全面オマージュした内容(楽曲はオリジナル)になっています。"シルヴィア"系の、クラシカルで流麗なフォーカス・サウンドを完璧に再現しており、"悪魔の呪文"風の曲が入っていない点を除けば、本家の新作と言われれば誰もが信じるレヴェルの見事なものです。まさにフォーカス愛に溢れた、注目の傑作!

※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜大注目!ソロとフラキンの中間を行く名義による、初期フラキンを思わせるロイネ節全開の快作!〜

ROINE STOLT'S THE FLOWER KING
/Manifesto Of An Alchemist

(CD/InsideOut)(Sweden'18)(税込¥2,916)
先頃デビューした新バンド、THE SEA WITHINのアルバムに続き、今度は御大ロイネ・ストルト(THE FLOWER KINGS)の新作がリリースされました。'90年代の復活ソロ作「The Flower King」を意識した名義の通り、ソロとフラキンの中間を行くメンバー(H.フレベリ、J.レインゴールド、M.ミンネマン、M.ストルト、R.タウンゼントetc.)にて、初期フラキンを思わせる、エモーショナル&ファンタジックな原点回帰的サウンドを展開しています。自らのvo, g, kbd, bを中心としたロイネ節が全開の、まさにフラワー・キングス・ファン必聴作です!

〜RIOの事が丸分かり!レコメン・シーンの集成本が登場!〜

オール・アバウト・チェンバー・ロック&アヴァンギャルド・ミュージック Rock In Oppositionとその周辺
(Books/Marquee)(Japan'14)(税込¥3,240)
’14年11月に開催された「ROCK in OPPOSITION JAPAN 2014」が大好評を博すなど、レコメン・シーンが活気を帯びてきつつある昨今。HENRY COWが提唱したRock In Opposition(RIO)とは?そして、その名の下に集まった者達とは?そんな、RIOにまつわるさまざまな「?」を解く鍵となるガイドブックが「オール・アバウト・チェンバー・ロック&アヴァンギャルド・ミュージック Rock In Oppositionとその周辺」。全ページ特色を使用した美麗仕様に、830枚にも及ぶディスク・レビューなどを掲載。また、初版分は表紙に特殊紙を使用した特別仕様!

〜過去のお知らせ〜

「エニド(&ロバート・ジョン・ゴドフリー) / ライヴ・アット・ザ・シタデル 2017」(2018年4月25日発売、MAR 182910)につきまして
ベル・アンティークより発売中のCD「エニド(& ロバート・ジョン・ゴドフリー)/ライヴ・アット・ザ・シタデル 2017」(MAR 182910)の5曲目"ミラー・オヴ・ラヴ (ラヴァーズ)"の1分37秒の部分に1〜2秒の空白(音切れ)が有りますが、バンドからの説明として、「演奏中の機材のトラブルにより発生した空白のため、修正はしておらず、現時点では修正版を出す予定は無い」との事です。何卒御了承下さい。

CIRCUS(スイス)のCD取り扱いにつきまして
スイスのCIRCUSのファースト(Circus)、セカンド(Movin' On)が韓国Big Pink より正規CD再発との告知にて販売されている件で、当店にも入荷に関してのお問い合わせを頂戴しておりますが、権利を所持している元メンバーより、「再発の許可は与えておらず、海賊盤である」との確認をいただいております。弊社では権利を保有するアーティストの意向を尊重し、海賊盤と明瞭に判明しているこれら2タイトルに関しては今後とも販売する予定はございません。
[ 補足 ]
CIRCUSの作品中、正規のCD再発が存在するのは、1990年にスイスDecoder社よりリリースされた「Movin' On」のみと判明しております。ファースト、「Circus All Star Band」「Fearless, Tearless And Even Less」に関しては、現在までに一度も正規CDは出ておりません。