通販在庫リスト【Vol.414】 2019/10/3更新  Web最新更新 2019/10/19


TOPICS

WD店頭イベントにつきましてはこちら(店長ブログ)でご確認ください!

12/1よりWD店舗の営業日が変わりました。
営業日:月・金・土・日+祝日(定休日は、祝日を除く毎週火・水・木曜日です。)


-------------------

BELLE ANTIQUEリリース・インフォメーション・ページを更新しました! (9/24)


-------------------

WD特典としておなじみ、「紙ジャケット収納用BOX」のまとめページを追加しました!

・サイトをマイナー・チェンジしました!('16/4/21)


BELLE ANTIQUE

ベル・アンティーク
リリース・インフォメーション
(2019年10月リリース分アップ)


EURO-ROCK PRESS

ユーロ・ロック・プレス
最新号(Vol.82)
2019年8月30日発売!


WD店長のブログ

店長中島のプログレな日々


TWITTER

@WORLD DISQUE

@AVALON_LABEL

@marquee_live


■ 通販ウェブ・ショップ
当サイトのトップ画面に掲載しているレビューのジャケット画像には、それぞれ通販専用サイトの該当ページへのリンクをはっております。
※通販専用サイトでは、クレジットカード及びコンビニ支払いも可能となっておりますので、是非ご活用ください。


通販専用サイトはこちら

■ SET SALE LIST

セット・セール・リスト

通信販売の在庫確認の際に、オーダー・フォームへコピー&ペーストしてください。リストは毎月月末頃に更新しております。

オーダーフォームはこちら


REVIEW ARCHIVES

【Italy】
A|B-C|D-E|F|G
H-I|J-K-L|M|N
O|P
|Q-R|S|T-U
V.W.X.Y.Z

【France】
A|B|C|D|E-G
H-J|K-L|M|N
O-P
|Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Germany】
A|B|C|D|E|F|G
H-I|J|K|L-M|N
O|P
|Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Holland/Belgium】
A|B-C|D-E|F-G
H-I-J|K|L-M-N
O|P
|Q-R-S-T
U.V.W.X.Y.Z

【Swiss/Austria】
A to Z

【Spain/Portugal】
A to Z

【Scandinavia】
A|B|C|D|E|F|G
H|I|J|K|L|M-N
O|P
-Q|R|S|T
U-V
|W-X-Y-Z

【North America】
A|B|C|D|E|F|G
H| I|J|K|L|M|N
O|P
- Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【South America】
A|B-C|D-E|F-G
H-I|J-K|L-M|
N
|
O-P|Q-R|S|
T.U.V.W.X.Y.Z

【Others】
A|B|C|D|E|F|G
H|I-J|K|L-M|N
O|P
-Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Japan】
A|B|C-D|E|F|G
H|I|J|K|L|M-N
O|P
-Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【U.K&Ireland】
A|B|C-D|E-F|G
H|I-J|K-L|M-N
O|P
-Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【DVD (各国)】
A-G
H-N
O-Z


【Books】

【Magazine】


公式輸入プログレTシャツグッズ
取扱いしております!

「T-Shirt」
「Badge/Sticker/etc」

 

■ ダウンロード配信
ベル・アンティーク厳選のタイトルが、
iTunes及びMoraにて好評配信中です!

配信タイトルはこちら


■ リンク等





会社概要

MARQUEE及び
WORLD DISQUEの
画像、コンテンツを
無断複製・転載
することを禁じます。




 
【税率につきまして】
当サイトでの商品代金の表記は、消費税込(10%)となっております。


商品代金の表示が
消費税
10%込の金額に変更されています。

****************************

消費税改定に伴う商品価格改定につきまして】

2019年10月1日から、消費税が10%に改定されました。

ワールド・ディスクでは、以下の通り、対応させて頂きます。

◆店舗

 外税方式での販売となっており、商品お買い上げ時に、
レジにて新税率(10%)にて精算させて頂きます。
委託商品(白カード)のみ、内税表示(税込価格)です。

また、当店で取り扱っておりますコンサート・チケットにつきましては、価格の変更はございません。

◆通信販売
 
当店発行の通販リストの、9月号:Vol.414より、
リスト掲載の価格(税込価格)を改定させて頂きます。
そちらの価格は10/1以降の適用とさせて頂きます。
10/1以降のご注文は、
消費税10%での価格をご案内致します。

◆WEBショップ

10/1以降、消費税10%での価格表記に改定させて頂きます。10/1以降のご注文・お支払い(10/1以前の注文分も含む)
は、新価格となりますので、御了承下さい。

以上、
お客様におかれましては、何卒ご理解頂き、引き続き、
ワールド・ディスクをご愛顧賜りますよう、
よろしくお願いいたします。

【重要なお知らせ】

消費税改定に伴う、
キャッシュレス・ポイント還元制度につきまして

2019年10月1日より、
消費税が10%に改定されます。それに伴う、
小規模店舗での
キャッシュレス決済・ポイント還元制度が行われます。
当店(クレジットカード決済のみ)も対象になります。

ワールド・ディスクでは、
現在、提携クレジット各社へ申請中で、
サービス開始時に順次告知をさせて頂きます。

お客様におかれましては、
ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。


【次回セールの
お知らせ】

好評・国/地域別セールもいよいよ佳境

イタリアもの中古CDセール

10月26日(土)PM 1:00〜


http://worlddisque.blog42.fc2.com/blog-entry-1735.html

皆様是非ご来店ください!


NEWS】



<プログレッシヴ・ミュージック・アワーズ 2019>にて、
BIG BIG TRAIN 「Grand Tour」が、
アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞!


詳細(店長ブログ)

http://worlddisque.blog42.fc2.com/blog-entry-1753.html


【重要なお知らせ】

ワールド・ディスク店舗の定休日が変わりました
誠に勝手ながら、業務上の都合により、ワールド・ディスク店舗の定休日は
2018年12月より火・水・木曜 定休(祝日は営業)へ変更いたしました。
(店舗の営業日は金・土・日・月+祝日となります)。

お客様には御不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。
引き続き、皆様のご来店をお待ちしております。

※営業時間の変更はございません。 (月・金・土曜→ 13:00〜20:00 / 日曜・祝日→ 13:00〜19:00)

【重要なお知らせ】

通信販売専用電話の受付時間が変わりました

誠に勝手ながら、業務上の都合により、通信販売専用電話の受付は
2019年2月1日より、平日 15時〜18へ変更いたしました。

お客様には御不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。

【通信販売専用ウェブ・ショップについて】
レビューの不足や未掲載商品等多々ございますが、随時追加していきますのでご期待ください!
当サイトのトップ画面に掲載しているレビューのジャケット画像には、
それぞれウェブ・ショップ該当ページへのリンクをはっております。是非ご活用ください。


※ウェブショップでは、クレジットカード及びコンビニ支払が可能となっております。

http://wdisque.shop-pro.jp/


【当店チケット販売情報】
 NEW RECOMMENDED (画像クリックで通販専用サイトの該当ページに飛びます)

〜【ご予約開始】ICEBERG(イセベルグ)「紙ジャケット収納用ボックス」付3枚フル・セット!〜 


イセベルグ 関連収納用ボックス付 3枚フル・セット

ツタンカーメン組曲(SHM-CD)
コセス・ノストレス
(SHM-CD)
センチメンツ(感傷)
(SHM-CD)
(ベル・アンティーク)(Spain)(税込¥10372)

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、11月25日リリースのイセベルグ紙ジャケット3種=「ツタンカーメン組曲」、「コセス・ノストレス」、「センチメンツ(感傷)」 を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。

数に限りがありますので、品切れ次第プレゼントは終了させていただきます(お客様に終了をお知らせする前に品切れになる場合もございます)。


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/Iceberg.htm

※お求めははWORLD DISQUE店頭および通信販売にて!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=146273345

〜ノルウェー産、注目の耽美派女性voエレ・ポップ、'19新作!ドリーミーな好作!

JENNY HVAL
The Practice Of Love

(CD/Sacred Bones)(Norway'19)(税込¥2970)
ノルウェーの女性シンガー/ギタリスト/ソングライターにして、同国のシンガー、SUSANNAとの連名作も出しているJ.Hvalの、ソロ名義CDとしては5作目。一人マルチ演奏の下、アンビエント・テクノ〜ダーク・ウェーヴ以降のドリーミーなエレ・ポップに、ウィスパー〜ロリータ系ヴォイスが乗る、コチラ向きの耽美的仕上がりとなった好作である。

〜'70sレア・サイケの再発・・・では無く、現在のNY産ファンク・ソウル+サイケ!

GHOST FUNK ORCHESTRA
A Song For Paul

(CD/Karma Chief)(U.S.A.'19)(税込¥2860)
まるで'70年代のレア盤の再発のようなジャケットだが、実はこれが現在のNY産。Seth Applebaum をリーダーとするバンドの新作5th(デモ集含む)。サウンドも、まるで'70sライブラリー/モンド・サントラ的、ソウル・ファンク+サイケ。女性vo、オルガン、ファズ・ギター、ブラス入り。ステレオラブ系や、オルガン・ラウンジ〜サイケのリスナーも注目の良作である。

〜仏アヴァン・ジャズきってのトロンボーン奏者、ロック寄りの過激な'19新作!

YVES ROBERT, BRUNO CHEVILLON, CYRIL ATEF
Captivate

(CD/BMC)(France'19)(税込¥3080)
仏アヴァン・ジャズきっての、コチラ向きトロンボーン奏者、イヴ・ロベールの新作。お馴染みブルーノ・シェヴィロン(b/ルイ・スクラヴィス)、シリル・アティフ(dr)とのトリオで'18年にブダペストのスタジオにて録音されたもの。ロック的に疾走するリズム、エフェクト込みのスリリングなプレイ、押しと切れ。正にこちら向きの傑作である。

〜ご存知、アンソニー・フィリップスの7年振り新作!ファンタジックなアコギ独奏集!

ANTHONY PHILLIPS
Strings Of Light

(2CD+DVD/NTSC/Esoteric Antenna)(U.K.'19)(税込¥4180)
ご存知、元・ジェネシスのアンソニー・フィリップスの、「PP&P XI-City Of Dreams」('12)以来となる新作。2CD+DVD/NTSC(オーディオ収録、5.1ミックス集)のボリュームにて、クラシカル/アコースティック各種ギターのソロ演奏を、たっぷりと収めている。初期ジェネシスの音楽性を担った彼ならではの、あの12弦ギターの響きはじめ、正に典雅でファンタジックなアンソニー節がたっぷりと味わえる、ファン注目の秀作である。

〜S.モーズ、N.モーズ、M.ポートノイ等によるスーパー・グループの新作3rd!限定版!

FLYING COLORS
Third Degree

(2CD/Mascot)(U.S.A.'19)(税込¥3960)
S.モーズ(g/DREGS)、D.ロウリ(b/DREGS)、N.モーズ(kbd/TRANSATLANTIC)、C.マクファーソン(vo)、そしてM.ポートノイ(dr/ex.DREAM THEATER)というメンバーのスーパー・バンドの、「Second Nature」('14)に続く3rd。アメリカン・ハード色を更に押し出した、ソリッドかつテクニカルなサウンドが全開の快作である。ボーナスCD(未収6曲入り)、コースター2枚、フォトブック付き限定ボックス仕様。

〜極上!アルゼンチンのマルチ奏者/シンガーによる、スピネッタ+ミナス系な歌物!

GASTON POIRIER
Nudos

(CD/No Label)(Argentina'18)(税込¥2420)
アルゼンチンのマルチ・プレイヤー/シンガー/コンポーザー、G.Poirierの'18作品。dr/per、g、コントラバスを加えた4ピース・バンドにて、アコースティック・タッチの中にも明確に'70年代プログレッシヴやL.A.スピネッタのルーツを感じさせる、美麗な歌物を展開している。F.ヴェントゥリーニ等、ブラジル/ミナス系にも通じる、南米リスナーは見逃せない、極上の一枚である。

〜仏のコンポーザーによるケルト・ロック・オペラの'99ライブCD+DVD!再発!

ALAN SIMON
Exculibur The Mythical Concert

(DVD/NTSC+CD/Babaika)(France'00)(税込¥2750)
仏のコンポーザー、アラン・シモンによる、大掛かりなケルト・ロック・オペラ「Exculibur」の第一作をプレイした、'99年10月のコンサートを収めたDVD/NTSCとCD('00リリース、当初は別売り)をセットにした再発。バンド、パイプ隊、オケ&合唱はじめ、曲毎に、トリ・ヤン、フェアポート・コンヴェンション、R.ホジソン(スーパートランプ)、ジャッキー・マクシー等が登場する、豪華なステージは観応え満点である。DVDには、ボーナス・ドキュメンタリー(50分)追加。本編80分。

〜仏のコンポーザーによる、ケルト・ロック・オペラ、こちらは'12ライヴDVD+CD再発!

ALAN SIMON
Exculibur Live In Broceliande

(DVD/NTSC+CD/Babaika)(France'12)(税込¥2750)
仏のコンポーザー、アラン・シモンによる、大掛かりなケルト・ロック・オペラ「Exculibur」。シリーズ第三弾「III」リリース時の'12年に行われた、同作再現の野外コンサートを収めたDVD/NTSC+CDの再発(DVDにボーナス、同音源)。バンド、オケ、合唱に加えて、ナレーターでクリスチャン・デカンが登場するのをはじめ、曲毎に、サイモン・ニコルとフェアポート・コンヴェンション、ジャッキー・マクシー(ペンタングル)、マーティン・バーレ(ジェスロ・タル)、モイア・ブレナン(クラナド)らをフィーチャー。これまた観応え満点である。

〜ご存知・フラ・キンのシンガーのリーダー・バンド新作4th!TFK+ハードな快作!

HASSE FROBERG & MUSICAL COMPANION
Parallel Life

(CD/Glassville)(Sweden'19)(税込¥3080)
ご存知、ザ・フラワー・キングスのヴォーカリスト、ハッセ・フレベリが、'08年からスタートしたリーダー・バンドの、「HFMC」('15)以来となる、4年振り4th。いきなり21分超の組曲を収めており、基調はフラ・キン譲りのメロディアスなイエス系シンフォで、そこにハード/メタル寄りのタッチをブレンド。ダイナミックにしてエモーショナルな、ファン必聴の快作である。

〜オランダ産、メタリック・メロディック好バンドの新作7th!更にハード&パワフルに!

KNIGHT AREA
D-Day

(CD/Butler)(Holland'19)(税込¥2970)
'04年のアルバム・デビュー以来、コンスタントに良作を発表し続けているオランダ産メタリック・メロディック・バンドの、「Heaven And Beyond」('17)に続く新作7th。専任リードvo含む5人組(bは元・フィンチのP.ヴィンク)にて、更にパワー・メタル寄りの音像を展開する一方、ペンドラゴン由来の泣きも健在。正に重厚な、ハード・メロディックの逸品である。

〜ジャーマン・ロック最古参バンドの一つ、エロイの新作!ロック・オペラ第二章!

ELOY
The Vision, The Sword And The Pyre Part II

(CD/Artist Station)(Germany'19)(税込¥3630)
※2CDでは有りません)

'69年にハノーヴァーで結成された、現役ジャーマン・ロック最古参バンドの一つ、エロイの、ジャンヌ・ダルクの物語をテーマにしたロック・オペラの第二弾となる新作22th(ライヴ含む)。女性voやナレーション、中世音楽風味など、いかにもな要素を取り入れつつ、フロイド+スペース・ロックというエロイ節は不変である。正にドラマティックな、聴き応え十分の快作。

〜猛烈!格好良し!ノルウェー産、ハードコア・ジャズ・ロックトリオの新作4th!KC色も!

KROKOFANT
Q

(CD/Rune Grammofon)(Norway'19)(税込¥2970)
ノルウェー産、g、dr/vibe、saxのトリオによる、ハードコア/アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの、「V」('17)に続く新作4th。スターレ・ストロッケン(kbd/elephant9)及びbを加えた編成で、マハヴィシュヌやクリムゾン系のルーツとフリーキー色をブレンドした、とにかくアグレッシヴなサウンドは、猛烈な格好良さである。Rune Grammofon周辺リスナーのみならず注目の傑作。

〜これは凄い!全盛期ゴングの'73-'75集成12CD+DVDボックス!未発トラック53曲入り!

GONG
Love From The Planet Gong (The Virgin Years 1973-75)

(12CD+DVD/NTSC/UMC)(France'19)(税込¥20900)
ご存知・ゴングの、Virgin期('73-'75)を集大成した、ド級ボックス・セット12CD+DVD/NTSC(オーディオ、サラウンド収録)。64pハード・カバー・豪華カラー・ブック付き。「Flying Teapot」から「Shamal」までの4タイトルを、各'18リマスター、ボーナス・トラック増量で収めているのをはじめ、'73BBCライヴ&エジンバラ(CD5:未発2曲含む)、パリBataclan'73ライヴ(CD6&7:公式初CD化)、Roanne'73ライヴ(CD8&9:ほぼ未発)、ロンドンHyde Park'74(CD10:全未発)、ロンドンMarquee Club'75(CD11&12:ほぼ未発)、そしてDVD(オーディオ収録、Youの4チャンネル音源。サラウンド対応環境で再生可)という、圧倒的ボリュームの内容である。とりわけライヴ音源は、一部「Live etc.」に収録済みの公演のフルなど、ほとんどが未発表という、ファン必聴のもの。偉大なるゴングの真価が詰まった、正にマストのリリース。

〜言わずもがなのスペース・ロック代名詞、ホークウィンド'19新作!抜群の格好良さ!〜

HAWKWIND
All Aboard The Skylark

(2CD/Cherry Red)(U.K.'19)(税込¥2530)
英国スペース・ロックの重鎮にて、今なおとどまらない活躍を見せ続けるホークウィンドの結成50年を記念する最新スタジオ・アルバム!もはや不動の格好良さを誇るそのスペーシーでハード・ドライヴ感ある楽曲が堪能できる本編に加え、先のツアーで行ったアコースティック・セットを反映して、彼等の過去の名曲をアコースティック版にアレンジして新規に再録したボーナス・ディスク「アコースティック・デイズ」を加えた2枚組としてのリリースは、正に50周年を記念するに相応しいスペシャルなもの!
※国内盤ベル・アンティークより10/25リリース

〜米国産、女性ヴォーカル・フロントの、現代的ヘヴィ・プログ、4年振り4th!傑作!〜

DISTRICT 97
Screens

(CD/Mindscan)(U.S.A.'19)(税込¥2200)
女性ヴォーカリスト、レズリー・ハントのエモーショナルな歌唱をフロントに、アメリカの新世代プログレッシヴの中でも抜きんでた評価を受けるディストリクト97。プログレッシヴ・ロックの伝説、ジョン・ウェットンとのキング・クリムゾン曲集でも注目を集めた彼等が、4年振りに発表したスタジオ4作目。レズリーのカリスマ性ある歌声と、クリムゾン〜U.K.の流れを汲む、技巧的ながらも鮮烈なヘヴィネスと現代性を加えて、現代プログレッシヴを代表する地位をゆるぎなくする新たな傑作!
※国内盤ベル・アンティークより10/25リリース

〜【発売中】WOLFGANG DAUNER(ウォルフガング・ダウナー)関連「紙ジャケット収納用ボックス」付3枚フル・セット!〜 


ウォルフガング・ダウナー 関連収納用ボックス付 3枚フル・セット

ウォルフガング・ダウナー・グループ / リシュカス・ソウル
(SHM-CD)

エト・セトラ / エト・セトラ
(SHM-CD+CD)
ウォルフガング・ダウナーズ・エト・セトラ / クニーシュ
(SHM-CD)
(ベル・アンティーク)(UK)(税込¥11535)

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、9月25日リリースのウォルフガング・ダウナー関連紙ジャケット3種(「リシュカス・ソウル」、「エト・セトラ」、「クニーシュ」 )を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。

数に限りがありますので、品切れ次第プレゼントは終了させていただきます(お客様に終了をお知らせする前に品切れになる場合もございます)。


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/WolfgangDauner.htm

※お求めははWORLD DISQUE店頭および通信販売にて!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=145492320

〜独の異才ジャズ・キーボード奏者、W.ダウナーの、プレ・エト・セトラ的'70作品!〜

WOLFGANG DAUNER GROUP
Rischkas Soul

(SHM-CD/Belle ANtique)(Germany'70)(税込¥3457)
60年代のドイツ・ジャズ界で先鋭的な作品を発表していたピアニスト、ウォルフガング・ダウナーが、エバーハルト・ウェーバーを始め、直後に共にエト・セトラを結成するメンバーを迎え、本格的なジャズ・ロックに転じた70年作。オルガンがうねり、ギターが鋭く切れ込むグルーヴィーなサウンドに、来るエト・セトラでの変貌を予見させるサイケデリックでプログレッシヴな展開を加えた初期ジャズ・ロックの名盤。紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CDにて国内初CD化!

〜ウォルフガング・ダウナー(kbd)が結成したエト・セトラの1st!先鋭的サイケ・ジャズ!〜

ET CETERA
Et Cetera

(SHM-CD&CD/Belle Antique)(Germany'71)(税込¥4620)
※2CD (Disc1のみSHM-CD)

バンド、エト・セトラのファースト・アルバム(71年作)。マイク・ラトリッジもかくやという過激なファズ・オルガンで幕を開ける本作は、当時隆盛を極めつつあったプログレッシヴ・ロックに強く触発された音楽性に変貌。ジャズ・ロック的スリル、コラージュ的な曲想、壮大なメロトロンやシタール等による東洋風味も交えて、初期ピンク・フロイドと全盛期のソフト・マシーンがジャーマン・サイケデリックの文脈で開花したかのような大名盤。紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CD(ディスク1のみ)、初CD化となる曲を含めて35分以上を収録したボーナス・ディスクを加えた2枚組での発売!

〜エト・セトラの2作目、故・J・ハイズマン、L.コリエル参加のジャズ・ロック傑作!〜

WOLFGANG DAUNERS ET CETERA
Knirsch

(SHM-CD/Belle Antique)(Germany'72)(税込¥3457)
ファーストのメンバーの内、ダウナーとF・ブレイスフル(Dr)以外のメンバーが脱退。新規ベーシストを加入させた上、ラリー・コリエル(G),ジョン・ハイズマン(Dr:コラシアム)を全面的にゲスト参加させたツイン・ドラムのクインテットにて制作したセカンド。英米のジャズ・ロック・シーンをリードしていた大物ゲストの参加もあってか、前作よりもソリッドでテクニカルなジャズ・ロックを指向しつつも、ダウナーの瑞々しい叙情性と実験性も以前強固に盛り込まれた欧州ジャズ・ロック史上の傑作!紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターにて国内初CD化!

〜伊の現役シンフォニック・ロックの最高峰、2年振りのスタジオ新作6th!またも大傑作!〜

BAROCK PROJECT
Seven Seas

(SHM-CD/Belle Antique)(Italy'19)(税込¥3300)
イタリアの現役シンフォニック・ロック・アクトの最高峰、バロック・プロジェクトの2年振りの最新スタジオ・アルバム。「ディタッチメント」録音時のメンバーで録音され、天才ルカ・ザッビーニ(kbd)の、時に故・キース・エマーソンを思わせる華麗なプレイと、プログレ・ハード的なキャッチーさが調和した楽曲は更に洗練され、アンサンブル重視のメロディック・シンフォニックを披露する。壮大なスケールの傑作!日本先行発売、日本盤のみ、紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲収録

〜'79年にリリースされた、ジェネシス・タイプのジャーマン・シンフォ傑作!〜

NEUSCHWANSTEIN
Battlement

(SHM-CD/Belle Antique)(Germany'79)(税込¥3457)
1979年、ドイツから突然リリースされたジェネシス・タイプのシンフォニック・アルバム。バイエルンの狂気王ルートウィヒの城の名をグループ名にした、70年代中期のジェネシスの作風をゲルマン的テイストで再構築した完成度の高いアルバム。紙ジャケット、2013年リマスター、ボーナス・トラック1曲収録、高品質SHM-CDの決定版。長らく入手困難だった作品が遂にアンコール・プレス決定!

〜[ベル・アンティーク国内盤]何と、ダリル・ウェイもゲスト参加!Cカーヴド・エアの'15年、結成45周年ライヴ2CD!〜

CURVED AIR
Live Under The Bridge - The 45th Anniversary Concert

(2CD/Belle Antique)(U.K.'15収録)(税込¥3850)
女性ヴォーカリスト、ソーニャ・クリスティーナをフロントに、ダリル・ウェイ、エディ・ジョブソンと名ヴァイオリン奏者を迎えて、華麗なクラシカル・ロックとサイケデリックで実験性あるプログレッシヴ・ロックを同居させたカーヴド・エアの、2015年の、結成45周年記念のライヴを収録したアルバム。前半は現行編成で近曲+代表曲、後半には初期のベーシスト、イアン・アイアーが参加しての1st「エア・コンディショニング」全曲演奏で、“Vivaldi”からのラスト3曲には、何とダリル・ウェイもゲスト参加。45周年に相応しい、素晴らしい内容の名演である。

〜[ベル・アンティーク国内盤]故・M・ダンフォード存命中の'11年、「カード」「シェラザード」フル演奏ライヴ再発!〜

RENAISSANCE
Tour 2011 - Live In Concert

(2CD+DVD/NTSC/Belle Antique)(U.K.'11収録)(税込¥4950)
アニー・ハズラム、マイケル・ダンフォードのメイン・メンバー二人を中心に再結成され、感動の日本公演も行ったルネッサンスが、その翌年にあたる2011年に、彼等の全盛期の幕開けたる「運命のカード」、そして代表的傑作「シェエラザード夜話」の2作品をそれぞれフルに演奏するという最高のセットで行われたライヴの模様を収めた2CD+DVD。アニー・ハズラムの衰えぬ美声を中心とした目くるめくばかりの名演。翌年死去したダンフォードの最後の参加作品でもある。

〜[ベル・アンティーク国内盤]P.モラーツ、オルガン弾きまくり!クラシカル・ハード+プログの隠れた名作、'71年!〜

MAINHORSE
Mainhorse

(CD/Belle Antique)(U.K.'71)(税込¥2970)
イエス「リレイヤー」での鮮烈な活躍で一躍プログレッシヴ・ロック界のトップ・キーボーディストとして認知されたパトリック・モラーツ。彼の最初のバンドとして知られるのがこのメインホース。ここでのモラーツはオルガンを主体に、華麗でスリリングな弾きまくりを存分に聴かせて、早くも才能を見せつけるが、決して彼のワンマン・バンドというわけではなく、ギター/ヴォーカルのピーター・ロケットのジェントルな歌を活かした歌物としての魅力と、ディープ・パープルにも通じるスリリングなハード・ロック性を併せ持つ隠れた名盤!モラーツによるリマスターにての決定版的再発!

〜[ベル・アンティーク国内盤]ご存知・スティーヴ・ハウが、ジャズ・サイドを追求するトリオの、10年振りの新作!〜

THE STEVE HOWE TRIO
New Frontier

(CD/Belle Antique)(U.K.'19)(税込¥2970)
「THE YES ALBUM」でイエスに参加して以来、そのジャズ、カントリー、クラシック、フラメンコ等多彩な影響を独創的に混ぜ合せた演奏で、イエスの黄金期の音楽性を確立させる原動力となったスティーヴ・ハウ。息子のディラン・ハウ(ds)、オルガン奏者のロス・スタンリーとのトリオ編成にて、彼の音楽性の中でも最重要要素となっているジャズ・サイドを追求するスティーヴ・ハウ・トリオ名義では10年振りの新作。ハウ独特のフレージングが冴えて、現在のイエス以上にハウらしい演奏が堪能できる好作。ビル・ブルーフォードとの共作も3曲収録。

〜[ベル・アンティーク国内盤]イスラエル出身、A.ホールズワース系ギタリスト新作は、ド級プログ・ジャズ・ロック!〜

YUVAL RON
Somewhere In The Universe Somebody Hits A Drum

(CD/Belle Antique)(Israel'19)(税込¥3080)
イスラエル出身、アラン・ホールズワースから多大な影響を受け、RESIDENCE OF THE FUTUREにてテクニカル・プログレッシヴ作品のリリースもあるギタリスト、ユヴァル・ロンの最新作は、そのプログレッシヴ指向を全開にしたとてつもない完成度を誇るもの。かの天才ドラマー、マルコ・ミンネマン等を迎えたバンド編成により、あくまでも暖かで親しみやすいモロディを軸にしつつ、EL&P的な勇壮でドラマティックな展開と、U.K.〜ホールズワース的なスリルを併せ持つ技巧的シンフォニック・ロックの逸品。驚愕の傑作!

〜[ベル・アンティーク国内盤]SPACED OUTのリーダー/ベーシスト、A.ファファール新作ソロ6th!G.ハズバンド参加!〜

ANTOINE FAFARD
Barromean Odyssey

(CD/Belle Antique)(Canada'19)(税込¥3080)
カナダ/ケベックきってのヘヴィ・ジャズ・ロック・バンド、スペイスド・アウトの中心人物/ベーシスト、アントワーヌ・ファファールの、「Proto Mundos」('17)に続くソロ新作6th。前作に続き参加のゲイリー・ハズバンド(syn、kbd)、及び近年のSTYXのドラマー、T.サッチャーマンを迎えた3人編成(ギターは全てファファール自らがプレイ)にて、ホールズワース風味を強めつつ、ソリッドでスリリングなファファール節のプログレッシヴ・フュージョンを存分に展開している。正に痛快な傑作である。

〜[ベル・アンティーク国内盤]元・シュブ・ニグラスのF.W.フロミー(g)率いる暗黒マグマ/ヘヴィ・チェンバー、4th!〜

UNIT WAIL
Egasres

(CD/Belle Antique)(France'19)(税込¥2970)
フレンチ暗黒チェンバーを代表する名バンドだったシュブ・ニグラスの元ギタリスト、F.W.フロミーが率いる暗黒マグマ/ヘヴィ・チェンバー系バンドの、「Beyond Space Edge」('15)に続く新作4th。トランペット、キーボード(メロトロン音入り)含む6人編成で、むしろキング・クリムゾン、ユニヴェル・ゼロの影響の強い、時にジェント的な複雑さの有る、『Zeuhlフュージョン』は強力である。従来作以上にヘヴィに、アグレッシヴに迫る、正に会心の傑作。

〜言わずと知れた元祖・エレクトリック・トラッド、'19新作! マディ・プライア健在!

STEELEYE SPAN
Est'd 1969

(CD/Park)(U.K.'19)(税込¥3080)
言わずと知れた、英国の元祖・エレクトリック・トラッド、スティーライ・スパンの'19新作。少々声質は変わったが、健在のマディ・プライアーのvoをフロントに、新ベーシストもフィーチャーした編成にて、トラッド色に原点回帰したサウンドを展開している。数曲ゲストでイアン・アンダーソン(fl)が参加、どこを切っても英国な、正に力作!

〜ex.VADE RETROのkbd/vo率いる、スピネッタ〜セル・ヒラン系+ポスト・プログ歌物!

ISMO DE LAS FAUCES
Emerger

(CD/No Label)(Argentina'18)(税込¥2640)
正にレトロな'70sプログ風味の好作を残した、アルゼンチンのVADE RETROの元・kbd/vo、Lucas Bustosが率いるバンドの、「Isca De Las Fauces」('15)に続く、恐らく2nd。スピネッタ〜セル・ヒラン系と、モダンなポスト・プログ風味をミックスした歌物は、透明感とエモーションを兼ね備えた、良質なものである。南米ならではのメロウな秀作。

〜米国テキサス州オースティン産、kbdトリオ・シンフォ、'18リリース2nd!技巧的力作!

BLACK LADDER
An Ambitious Few

(CD-R/No Label)(U.S.A.'18)(税込¥2420)
米国テキサス州オースティン拠点のキーボード・トリオによる、プログレ・フュージョン〜テクニカル・シンフォニック・バンドの、「Black Ladder」('12)に続く2nd。CD-R。フュージョンというよりも、EL&P系クラシカル・ルーツを、ジェントル・ジャイアント/ハッピー・ザ・マン系と合わせたような、小気味良くスリリングなサウンドを展開している。正にマニアライクな力作である。

〜英のエレクトロ奏者と、お馴染みE.ウォローの共作3rd!ギター多めでロック寄り!

IAN BODDY & ERIK WOLLO
Meridian

(CD/DiN)(U.K.&Norway'17)(税込¥3300)
英のエレクトロ・アーティストにして、DiNレーベルを主宰している、Ian Boddyと、お馴染みエリク・ウォローの連名・共演3作目('17)、当店初入荷。矢張りジャーマン〜タンジェリン系アンビエントが基調であるが、久々にウォローのギターがふんだんにフィーチャーされており、ミニマル/ディシプリンKC的ロック色のあるナンバーも収録。流石のクオリティーの、ジャーマン派・注目の充実作である。

〜ex.トリヘミーノ〜REDDのkbd奏者、3年ぶり新作ソロ5th!エルメート風味も有る傑作!

RAFFO
Llueve Sobre La Biblioteca Nacional

(CD-R/PAI)(Argentina'19)(税込¥2530)
プログレッシヴ・ロック・シーン出身(ex.トリヘミーノ〜REDD)のピアニスト/Kbd奏者/コンポーザーにして、現在はタンゴ・チェンバー/ジャズ系で活躍するフアン・ポロ・ラッフォの、「Brins」('16)に続く新作5th(CD-R)。sax、b、drとの4ピース+ゲスト(バンドネオン、パーカッション他)にて、ラテン・ジャズ系にタンゴ・チェンバーや、エルメート・パスコアル風味を加えた音像を展開している。プログレッシヴ〜カンタベリーも所々で香る、正にこちら向きの傑作である。

〜独産、PLANET X系を、プログレ・フュージョンに寄せたような新鋭バンドの1st!傑作!

TIME SHIFT ACCIDENT
Chronosthesia

(CD/Generation Prog)(Germany'19)(税込¥2420)
'10年に、デレク・シェリニアンがゲスト参加した唯一作を出している、独産PLANET X系バンド、RELOCATORの中心人物/ベーシストが参加の4ピース・インスト・プログレッシヴ新バンド1st。同バンドを、よりメロディアスなプログレ・フュージョンに寄せた様な、楽曲志向のサウンドを展開している。ミックス/マスタリングは、アレックス・アルジェントが担当。技巧派リスナー注目の、スリリングにして爽快な傑作である。

〜プログレッシヴ・メタル系のスーパー・バンド、'18年ブルガリアでのライヴ盤!〜

SONS OF APOLLO
Live With The Provdiv Psyhotic Symphony

(3CD+DVD/Sony Music Labels)(U.S.A'19)(税込¥7480)
マイク・ポートノイ(dr)、ビリー・シーン(b)、デレク・シェリニアン(kbd)、ジェフ・スコット・ソート(vo)、ロン・サール(g)というメンツによるプログレッシヴ・パワー・メタルのスーパー・グループが、'18年9月ブルガリアの野外会場で行なったライヴを収めた、3CD+DVD(同内容、DVDは2曲少ない)。前半はバンドのみでオリジナル曲を、後半はオケ&合唱付きで、主にHR/HM系のプログレ風の楽曲?をカヴァー。“カシミール”“ダイアリー・オブ・ア・マッドマン”等、ハマりまくりの大熱演である。

〜ポーランドのコンポーザーが手掛けた、'83年の映画のサントラ、初音盤化!面白い!

ANDZEJ KORZYNSKI
Wielki Szu

(CD/GAD)(Poland'17)(税込¥2420)
ポーランドのコンポーザー/アレンジャー/シンセ奏者、Andzej Korzynskiが手掛けた、'83年の映画のサウンドトラック。これまでリリースされたことのなかった音源で、当時らしい、ディスコ・ファンク〜グルーヴィ系から、オケ物、更にはサスペンスフルな、ちょいゴブリン系まで、多彩かつ充実の内容である。ストレンジなシンセも交えた、ライブラリー系としても面白味十分の一枚である。

〜故・コンラッド・シュニッツラーの'87作品のリイシュー!存外メロディアスな好作!

CONRAD SCHNITZLER
Conditions Of The Gas Giant

(CD/Breau B)(Germany'87)(税込¥3300)
故・コンラッド・シュニッツラー(ex.TANGERINE DREAM、KLUSTER)の、'87作品のリイシュー、Breau Bより。とっつきにくいイメージのコンとしては、意外にメロディアスで構築的なアヴァン・エレクトロ/シンセ・チェンバーを展開する聴き応え十分の好作である。ダークなタッチなので、旧ソ連のミカイル・チェカリン辺りのリスナーにもお薦め。

〜現代プログレッシヴ・メタル筆頭、オーペス'19新作!レトロ・プログ成分強めの傑作!

OPETH
In Cauda Venenum

(2CD/Ward)(Sweden'19)(税込¥3850)
ミカエル・オーフェルト(vo、g)率いる、スウェーデン産プログレッシヴ・メタル・バンド、オーペスの、13作目となる'19新作。専任キーボード含む5人組にて、まるでポポル・ヴーかタンジェリン・ドリームかというイントロから、マニアックなレトロ色が全開である。メロトロン、オルガン多用のヴァーティゴ・ライクなプログと、ドゥーム・メタルが同居する中にも、プログ成分強めの、これは傑作。英語verとスウェーデン語verをカップリングした2CD。

〜現・キング・クリムゾンのジャッコ、'09年自主CD-R!ソロ未発集、良質!初入荷!

JAKKO M.JAKSZYK
Waves Sweep The Sound

(CD-R/Jakko M. Jakszyk)(U.K.'09)(税込¥2640)
現在、キング・クリムゾンの重要メンバーとして活躍中のジャッコ・M・ジャクスジクの、こちらは、「The Bruised〜」('06)製作時のもの中心と思しき、未発集。自主CD-Rでのリリース。メロウな中に、ホールズワース・ルーツも伺わせるギター・ワーク(el/ac)が冴えるインストを主体に、スチュワート&ガスキン譲りのポップな歌物まで、全体には上品なアンビエント・タッチでまとめた、流石のクオリティの内容である。

〜メロトロン!スイス・ハード系古参バンドの、サイケ・プログな最高作3rd!再発!

KROKODIL
An Invisible World Revealed

(CD/Krokodil)(Swiss'71)(税込¥3630)※2CDでは有りません
スイス産、ハード/ニュー・ロック系バンド、クロコディルの、最高作3rd。久しく廃盤で入手困難だったがバンド自身のレーベルより再発。かつてのSecond Battle盤と同様のデジパック仕様、同じボーナス・トラック入りである。メロトロンを大フィーチャー、シタールも導入した、異色のサイケ・フォーク〜アーリー・ハード・プログ。一部、フロイドの影響も感じさせる、激レア・アイテムにして名作。

〜今なお現役の怪人、アーサー・ブラウンの2タイトルを束ねたお徳用セット!

ARTHUR BROWN
Legendary Gigs Volume2

(2CD/Gonzo Multimedia)(U.K.'15&'17)(税込¥2420)
先頃行われた、イエス、エイジア等のカップリング・ツアーに、カール・パーマー(EL&Pレガシー)のスペシャル・ゲストとして同行、健在振りを示したアーサー・ブラウン。こちらは、Gonzoより、THE CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN 名義で出ていた2タイトル、「Live In Bristol 2002」('15リリース、'02年10月収録)と、「Live」('17リリース、'68年BBCライヴ、デビュー・シングル、ソノシート等)のセット。お徳用! スリップケースの表記は間違い(Liveの方。タイトルとジャケは間違い。曲目は合っている)。

〜英国新世代の筆頭、ヘイケンの中核メンバー、初ソロ作!新時代プログの理想的傑作!〜

RICHARD HENSHALL
The Cocoon

(CD/No Label)(U.K.'19)(税込¥2200)
英国新世代ヘヴィ・プログレッシヴの筆頭、ヘイケンの中核であると共にテクニカル・ユニット、NOVA COLLECTIVEでも活躍する天才マルチ・プレイヤー、リチャード・ヘンシェルの初のソロ・アルバムは、近年ヘヴィ路線に進むヘイケンで陰りをみせるようになってきたプログレッシヴ性を、これでもかとばかりに発揮したとてつもない作品に。キャッチーなメロディ、アグレッシヴに疾走する変拍子リフ、技巧的でドラマティックな演奏パート、ハイセンスなアレンジと全てが高次元で合わさった、新時代プログレッシヴの理想的傑作に!
※国内盤ベル・アンティークより10/25リリース

〜ご存知・S.ヒレッジの、'73ホーム・レコーディングによるエコー・ギター・ソロ集!

STEVE HILLAGE
The Golden Vibe

(CD/Madfish)(U.K.'19)(税込¥2640)
言わずと知れたスティーヴ・ヒレッジが、ゴング参加後の'73年に、メンバーが共同生活を送っていたフランスのGONG HOUSEでホーム・レコーディングしていた、エコー・ギターによるソロ・トラックス。一部は例のド級ボックス「Searching For The Spark」で公開済みだが、半数の曲は初出。正に、マニュエル・ゲッチングと並ぶ、実験的ミニマル・トリップ・ギターの先駆者としてのヒレッジがたっぷり味わえる充実作である。

〜スペインのジャーマン系シンセ・アーティスト、ニューロニウムのベスト盤!大曲入!〜

NEURONIUM
Essehtialia

(CD/Domo)(Spain'19)(税込¥3080)
スペイン/バルセロナ産、シンセ奏者ミシェル・ヒュンゲンによるプロジェクト、ニューロニウムの、'19ニュー・ベスト。全14曲入り。'80年のサード以降からのセレクトになっており、(1st/2ndはメジャーからだった)コンパクトなナンバー中心であるが、そのサードに入っていた17分の大曲“Les Tours Du Silence”(M)は、ジャーマン、とりわけK.シュルツェ風で秀逸。

〜名実ともにブラジルを代表するシンガーの、最もブッ飛んだサイケな奇作!限定再発!〜

CAETANO VELOSO
Araca Azul

(CD/Elemental Music)(Brazil'72)(税込¥2640)
名実ともにブラジルを代表するシンガーの一人である、カエターノ・ヴェローゾが、'72年にリリースした、例外的な奇作。一体何があったのかというほど、ブッ飛んだ内容で、ヴォイス・コラージュ系交えた、ヘンテコなブラジル・アシッド・フォーク&ロックを収めている。正に時代が生んだ、ケヴィン・エアーズやデヴィッド・アレンのリスナーも注目と言える、珍品にして名盤である。リマスター、紙パッケージ限定盤。

〜米産、「ニールとは無関係、でも音は近い」マルチ奏者の'18年3rd!イエス色強し!〜

TIM MORSE
III

(CD-R/Cymbalic Music)(U.S.A.'18)(税込¥2420)
元々はイエス・トリビュート・バンド「PARALLELS」をやっていた、米のマルチ・プレイヤー/シンガー、ティム・モーズ(ニール・モーズとは無関係)の、「Faithscience」('12)以来となる、'18リリース3rd(当店初入荷)。CD-R。drはじめ、多数のゲストを加えつつ、自らの多重、とりわけkbdを押し出したキャッチーでソフトなサウンドを展開している。従来は、本当にニール・モーズ風だったが、今回は原点回帰しイエス色全開の、高品質な秀作である。

〜再入荷につきレコメンド!米シカゴのレコメン寄り老舗アヴァン・バンド、'18最新作!〜

CHEER-ACCIDENT
Fades

(CD-R/Skin Graft)(U.S.A.'18)(税込¥2420)
シカゴを拠点に'80年代より活動し、現在までに20作以上をリリースしている、大ヴェテランのアヴァン・ロック・バンド、こちらは'18リリース作、吉田達也周辺も出しているSkin Graftより(CD-R)。CDでは現時点での最新作、再入荷である('19にLPリリース有り)。クリムゾン〜レコメン色を基調としつつ、男女voを交えた、ステレオラブ〜ジャーマン風のポップさも上手くブレンド。正に絶妙な味わいの秀作!

〜米国のマルチ奏者によるソロ・ユニット、'17作!ドローン・アンビエント・サイケ!〜

ANCIENT OCEAN
Titan's Island

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(U.S.A.'17)(税込¥2420)
'12年より、連名作/カセット含む作品をリリースしている、米のギタリスト/マルチ・プレイヤー、John Bohannonのソロ・プロジェクトの、CDとしては2作目。sax、vln、シンセベル、チェロを加えた、正しくたゆたう海のうねりのような、イマジナリーなドローン・アンビエント〜サイケデリックを展開している。トリップ感抜群の逸品、注目のBBIBレーベルより、当店初入荷につき、お見逃しなく。

〜米のBBIBレーベルより、シアトルの一人サイケと、ボルチモアのデュオのスプリットCD!〜

PRANA CRAFTER & TAROTPLANE
Symbiose

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(U.S.A.'19)(税込¥2420))
'19年リリース、米のサイケ系レーベル、BBIBより、スプリットCD。米国シアトル拠点のギタリスト/マルチ・プレイヤー、W.Solの一人サイケ・ユニットPRANA CRAFTERと、ボルチモアのデュオ・エレクトロ・ユニット、TAROTPLANEの、それぞれ20分近い大曲を収めている。クラウト・ロック風ギターもの(アシュラ・テンペル等)のPRANA CRAFTER、エコー・ギター入でこちらもヒレッジ〜ジャーマン風味のアンビエント(ポポル・ヴー等)色有りのTAROTPLANE。充実!

〜米・シアトルのギタリスト/マルチ奏者の一人サイケ・ユニット!妖美なギター系力作!

PRANA CRAFTER
Bodhi Cheetah's Choice

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(U.S.A.'17)(税込¥2420)
米国シアトル拠点のギタリスト/マルチ・インスト奏者、William Solの完全ソロ・ユニットの、元は'18年に出たカセット作のCD化。エレクトリック/アコースティック取り混ぜた、多重ギター主体のダウナー・サイケ・フォーク的サウンドで、一部ヒレッジ〜ゲッチング風の所も有る。ミニマルからヘヴィ・サイケまで、シンセやオルガンも交えたジャーマン系の大力作である。

〜大化け!米国産、EL&P〜YES系一人シンフォニック、新作6th!激ダイナミックな傑作!〜

THE PSYCHEDELIC ENSEMBLE
Mother's Rhymes

(CD/Glowing Sky)(U.S.A.'19)(税込¥2200)
米国のマルチ・プレイヤー/シンガー、TPEことTHE PSYCHEDELIC ENSEMBLE (個人名)の、「The Sunstone」('15)に続く新作6th。自らのマルチ演奏とvo(イアン・アンダーソン風)に、女性vo(一部リード)、vln等を加えて、EL&P〜イエス系の、極めてダイナミックな本格派シンフォニックを展開している。オルガンが唸るハードな押しから、アコースティカルな引きまで、時にアルス・ノヴァやイル・バレを思わせる、邪悪さもはらんだ、劇的な仕上がり、正に大化けの傑作である。

〜米の一人シンフォニック、TPEの'13年4th!コンセプト・アルバムにして、重厚な傑作!

THE PSYCHEDELIC ENSEMBLE
The Tales Of The Golden King

(CD/Glowing Sky)(U.S.A.'13)(税込¥2420)
米のマルチ奏者/シンガー、TPEことTHE PSYCHEDELIC ENSEMBLE (個人名)の、こちらは'13年4th。新作6thに合わせて、当店初入荷。一人シンフォニックならではの、無茶なキメとスピード、極端なメリハリを保ちつつ、ゲストでオーケストラも交えた、重厚・劇的クラシカルなコンセプト・アルバムになっている。EL&P〜イエス系の畳み掛けるキーボードワーク健在の一方で、全体にはアンサンブル志向の、会心傑作である。

〜米のマルチ奏者/シンガー、TPEの'11年3rd! モラーツ、エマーソン系kbd重視の大力作!〜

THE PSYCHEDELIC ENSEMBLE
The Dream Of The Magic Jonguleur

(CD-R/Glowing Sky)(U.S.A.'11)(税込¥2420)
米のマルチ奏者/シンガーTPEことTHE PSYCHEDELIC ENSEMBLE (個人名)の、こちらは'11年3rd (CD-R)。新作6thに合わせて、当店初入荷。本作は、一人シンフォニックならではの、凝りまくったアレンジにて、モラーツ、エマーソン、ウェイクマン等ルーツの、畳み掛けるキーボードを押し出した作風を展開している。彼の作品中でも、最もキーボード・マニアックな仕上がりと言える、これまた注目の大力作である。

〜米産、一人シンフォニック、TPEの'10年2nd! イエス、クリムゾン、そしてEL&P風!〜

THE PSYCHEDELIC ENSEMBLE
The Myth Of Dying

(CD-R/No Label)(U.S.A.'10)(税込¥2420)
米のマルチ奏者/シンガー、TPEことTHE PSYCHEDELIC ENSEMBLE (個人名)の、こちらは'10年リリース2nd(CD-R)。新作6thに合わせて、当店初入荷。一人マルチ+ゲストvlnにて、イアン・アンダーソン風voと、ゴリ押しキーボード〜EL&Pテイストは通底しつつ、前半はイエス、後半はクリムゾン色を押し出した楽曲を収めている。vln入りのDなど、美狂乱〜須磨邦雄ソロを思わせる、一人マルチならではの疾走感溢れる秀作である。

〜米のマルチ奏者/シンガー、TPEの、'09年1st! ここでは、フロイド+EL&P的作風!〜

THE PSYCHEDELIC ENSEMBLE
The Art Of Madness

(CD/Musea)(U.S.A.'09)(税込¥2420)
米国のTPEことTHE PSYCHEDELIC ENSEMBLE (個人名!)の、こちらはムゼアから出た、'09年のデビュー作。その名に反した、本格派の一人シンフォニックで、voを含めて全パートを自らの多重で演奏している。ここでは、「狂気」〜「炎」期フロイドの影響と、EL&P系のゴリ押しキーボード・ワークをミックスしたような音像になっており、個性を既に確立した、充実の力作である。新作6thに合わせて再入荷、お見逃しなく。

〜充実のアルゼンチンより、チェンバー・ジャズ寄り歌もの新鋭登場!淡麗な傑作2nd!〜

ICALMA
Para Animar Las Pasiones

(CD/Club Del Disco)(Argentina'19)(税込¥2420)
目が離せない充実のアルゼンチン・シーンより、またもや登場のフォルクローレ・チェンバー/歌もの系新鋭、「Icalma」に続く恐らく2nd。8曲入り30分。bをリーダーに、男性vo、fl、cl、p、g、drの7人組+ゲスト女性voにて、フォルクローレ、タンゴといった伝統音楽をモダンなチェンバー・ジャズに寄せた作風を展開している。、しっとり淡麗、そしてスリリングな仕上がりの、こちら向き傑作である。

〜アルゼンチンのシンガーが結成したバンド'75唯一作!ハード&サイケ・フォーク名盤!〜

MIGUEL ABUELO & NADA
Miguel Abuelo & Nada

(CD/RGS Music)(Argentina'75)(税込¥2750)
アルゼンチンのシンガー/ギタリストが、パリで'73年に録音するも、同年にバンド解散によりお蔵入り、リリースされたのは'75年(仏盤)という、曰く付きのメガレア・アイテムが、本国初CD化(正規初CD化)。ツイン・ギターに、チェロもフィーチャーした特異な編成にて、ZEP/ヒープ系ハードと、アラン・ソレンティばりのサイケ・フォークの2本立て(一部、両者が混在)、特に@、D、Fといったハード・ナンバーは非常に格好良し。チェロも効果的に使用されており、イタリア・ファンも注目の名盤である。4つ折歌詞インサート付き、限定盤。

〜アルゼンチン産、TOOL、PT等ルーツのプログレッシヴ・メタル、'18年2nd!力作!〜

SYDERALUS
Inner Silence

(CD/No Label)(Argentina'18)(税込¥2750)
アルゼンチン産、TOOLやポーキュパイン・ツリーに影響を受けたという、エクスペリメンタル・プログレッシヴ・メタル・バンドの、「Syderalus」('14)に続く2ndアルバム。ギター、ベース、英語ヴォーカル/ドラム/キーボード/ギター/ベース、というトリオにて、メタリックかつドゥーミーなエッジと、陰鬱なメランコリーが混在した、ダーク&ヘヴィなサウンドを展開している。リヴァーサイドやヘイケンに通じる所も有る、注目の力作である。

〜米産、フロイド、イエス、ジェネシス等ルーツ叙情派歌ものシンフォ、新作5th!傑作!〜

THE TEA CLUB
If/When

(CD/No Label)(U.S.A.'19)(税込¥2200)
米国ニュージャージー出身のインディペンデント・プログレッシヴ・バンドの、「Grapping」('15)に続く新作5th。ツイン・ギター/vo、kbd含む5人編成にて、かつてのオルタナ〜マス・ロックから純シンフォにシフトした前作を継いだ、エモーショナルな歌もの/叙情派寄りのサウンドを展開している。緻密さとメロウネスが絶妙に調和した、フロイド、イエス、ジェネシス等ルーツ+モダン・タッチの会心傑作である。

〜米シアトル産、ジェネシス、J.タル等ルーツ、'70s志向ヘヴィ・シンフォ、快作1st!〜

MOON LETTERS
Until They Feel The Sun

(CD/No Label)(U.S.A.'19)(税込¥2200)
米国シアトルの、様々なローカル・プログレッシヴ・バンドで活動していたメンバーが集結し結成された、'70年代志向ヘヴィ・シンフォニック・バンドのデビュー作。リードvoがフルートもプレイ、メロトロン音等、アナログにこだわったkbdを多用したサウンドは、ジェネシス、ジェスロ・タル、ヴァーティゴ、カンタベリー等ルーツの、クラシック・スタイルである。北海の伝承テーマのコンセプト作にして高品質な秀作。

〜ジャーマン・ポンプ/メロディックの好バンド、シャンデリアの'90年1st!2CDで再発!〜

CHANDELIER
Pure

(2CD/Chickadelic)(Germany'90)(税込¥3080)
ジャーマン・ポンプ/メロディック・シンフォニックの好バンド、シャンデリアの、'90年にリリースされた1stアルバムのリマスター(By EROC)再発、ポーランドのGADサブ・レーベルより。フィッシュ、及びIQのP.ニコルスを思わせるvoをフロントに、タイトでキャッチー、そして叙情的なマリリオン系サウンドを展開している。CD2に、公式デビュー前の'88カセット作を初CD化したものをカップリング。充実の再発である。

〜ジャーマン・ポンプの好バンド、こちらは'92年の2nd!ボーナスCD('93ライヴ)付き!〜

CHANDELIER
Facing Gravity

(2CD/Chickadelic)(Germany'92)(税込¥3080)
ジャーマン・ポンプ/メロディック・シンフォニックの好バンド、シャンデリアの、こちらは'92リリースの2ndの、リマスター(By EROC)再発。ポーランドのGADのサブ・レーベルより。フィッシュ〜P.ニコルス(IQ)を思わせるvoをフロントにした、'80s風味のきらびやかなサウンドは、正にマリリオン〜IQ系、高品質な秀作である。ボーナスCDとして、未発表の'93パリでのライヴをカップリングした2CDでの再発。

〜ジャーマン・ポンプの好バンド、こちらは'97年3rd!ボーナスCD(レア集)付きで再発!〜

CHANDELIER
Timecode

(2CD/Chickadelic)(Germany'97)(税込¥3080)
ジャーマン・ポンプ/メロディック・シンフォニックの好バンド、シャンデリアの、こちらはラスト作となった'97年の3rd。リマスター(By EROC)での再発。マリリオン/IQ系ルーツの、キャッチーできらびやかなサウンドが、より分厚い音像で味わえる、パワフルな快作である。ボーナスCDとして、レア・トラックス(デモ、アウトテイク、新録!)をカップリングした2CDでの発売。

〜英国メロディックの大御所、IQの5年振り新作は、久々の2枚組大作!重厚な傑作!〜

IQ
Resistance

(2CD/Giant Electric Pea)(U.K.'19)(税込¥2530)
活動40年にも及ぶ英国メロディック・プログレッシヴの重鎮IQ、14年の「ロード・オヴ・ボーンズ」以来、5年振りとなる通算10作目は、久々の2枚組の大作。当初は1枚ものとボーナス・ディスクという構成で制作を進めるも、制作中に2枚組として全てが収まるように進化。15分超えの大作3曲を含むなど、ジェネシスをルーツとしながら明快なメロディアス・サウンドと陰鬱で重厚な場面の対比を効かせた傑作!
※国内盤ベル・アンティークより10/25リリース

〜これは強烈!伊フィレンツェの前衛集団'80作、コラージュ+絶叫女性vo! LP+CDにて!〜

MAGAZZINI CRIMINALI
Crollo Nervoso

(LP+CD/Spittle)(Italy'80)(税込¥3630)
これは強烈!'80年にリリースされた、伊フィレンツェの前衛集団による、元祖サンプリング的、コラージュ・アヴァンギャルド作。マイルス、R.フリップ、B.イーノ、ビリー・ホリデイラブetc.の音素材をミックスし、そこに絶叫系女性voが乗る、何とも凄まじいインパクトの内容になっている。正に知られざる傑作である。LP+CD (LPサイズ・ジャケット、同内容)にて再発。

〜ex.タンジェントのガイ・マンニングのバンド、'18年2nd!プログ+'80sポップ極上作!〜

DAMANEK
In Flight

(CD/Stoned Karma)(Germany'19)(税込¥2200)
ザ・タンジェントへの参加で知られるガイ・マンニング(vo、kbd、ac-g etc.)を中心としたプロジェクトの、「On Track」('17)に続く2nd。SOUTHERN EMPIRE のSaen Timmons (kbd)等を迎えたバンド・スタイル(ルーク・マシン/gも4曲ゲスト参加)にて、フロイド、ジェネシス等'70sプログと、'80sポップを融合した、非常にセンスの良いサウンドを展開している。I.アンダーソン風の歌声も印象的な秀作である。

〜伊ピサ産、屈折お洒落な若手テクニカル・プログ・バンドの3rd!鮮烈な爽快作!〜

EVELINE'S DUST
K.

(CD/Giant Electric Pea)(Italy'19)(税込¥2200)
伊ピサで'12年に結成された、屈折お洒落な、若手テクニカル・プログレッシヴ・バンドの、「The Painkeeper」('16)に続く新作3rd、今回はIQのGEPレーベルより。kbd/vo(英語)、g、b、dr+ゲスト女性vo、sax、celloにて、クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー、ジェネシス、バンコ等をルーツとしつつ、モダンでジャジーな都会的ポップ・センスを押し出したサウンドを展開している。鮮烈にして爽快な傑作である。

〜ジャーマン・マニアなジャーマン・バンドの、'18ライヴ!フロイド、カンのカヴァーも!〜

VIBRAVOID
Intergalactic Acid Freak Out Orgasms

(CD/Stoned Karma)(Germany'19)(税込¥3080)
'00年以来、ライヴ盤を含めて大量のアルバムをリリースしている、「ジャーマン・マニアのジャーマン・バンド」的なヘヴィ・サイケ/トリップ・ロック系バンドの、こちらは'19リリース最新作、'18年のライヴ。ビートルズ“Tomorrow Never Knows”に始まり、ピンク・フロイド“Astronomy Domine”、“Intergalactic Overdrive”といったカヴァーもプレイしており、ジャケット、タイトルに違わぬ強力な内容である。ラストには、カンの“Mother Sky”を収めた、正にジャーマン・マニアックな力演。

〜英産、ダモ鈴木とも共演済みの、パンク・レコメン寄りハードコア・バンドの2nd!力作!〜

BLACK MIDI
Schlagenheim

(CD/Rough Trade)(U.K.'19)(税込¥2970)
'18年に、ダモ鈴木(!)との連名作「Damo Suzuki Live 〜」でアルバム・デビューした英産バンドの、単独では初となるリリース。ノイジーなパンク・レコメン〜ハードコアから、カン風ジャーマン+NW+マス・ロックまで、英語ヴォーカル入りの、怪しく過激なサウンドを展開している。全体には、むしろクラウト・ロック〜ジャーマン寄りの、意外性、刺激とも十分な力作である。

〜「現代ジャズ最高の才媛」と称される米の女性ベーシスト/シンガー、最新傑作!〜

ESPERANZA SPALDING
12 Little Spells

(CD/Consord)(U.S.A.'18)(税込¥2530)
アメリカの女性ベーシスト/シンガーにして、「現代ジャズ最高の才媛」と称される、エスペランサ・スパルディングの、'18リリースの最新作(ソロ名義7th)。レイキ(霊気)/ ヒーリングにインスパイアされたという、そのサウンドは、バンド寄りのチェンバー・ジャズ・ポップとも言うべき、非常に魅力的なものである。しっとりとロマンティック、そしてドリーミーな、こちら向きのジャズ系女性ヴォーカルものとして絶品の一枚。

〜ノルウェー産、シリアス/チェンバー系ユニットの'19新作!2人の女性vo入り、快作!〜

FIRE! ORCHESTRA
Arrival

(CD/Rune Grammofon)(Norway'19)(税込¥2640)
北欧きっての先鋭レーベル、Rune Grammofonより。6枚のアルバムをリリースしているFIRE!の別ユニットの、「Ritual」('16)に続く新作5th。マッツ・グスタフソン(sax)等に加え、2名の女性シンガーをフィーチャーした、シリアスなチェンバー・ジャズと言うべきサウンドを展開している。存外メロディアスで親しみ易く、かつ凄みも十分の快作である。

〜アルゼンチン産、LAQUESISのbのソロ・プロジェクト1st!南米シンフォニック秀作!〜

EIEMEL
Eiemel

(CD/Eiemel Productions)(Argentina'19)(税込¥2420)
「'13年に唯一作を出しているアルゼンチンのシンフォニック・バンド、LAQUESISのベーシスト、Ariel Martin Lozaのソロ・プロジェクトの1st。フルート含む多数のプレイヤーをフィーチャーしたバンド・スタイルにて、ハード・エッジなメロディックから、クリムゾン/マス・ロック、ケルト/M.オールドフィールド風味まで、多彩な中に、南米ならではの叙情(母国語vo入り)を押し出した内容である。南米シンフォニックの秀作。

〜ソフトでドリーミー!アルゼンチン産、フォルクローレ・チェンバー系シンガーの良作!〜

JOAQUIN MERINO
Arvolar

(CD/No Label)(Argentina'18)(税込¥2420)
充実のアルゼンチン・シーンより、またも注目のアーティストが登場。シンガー/ギタリスト、ホアキン・メリーノの、恐らく1st、当店初入荷。フォルクローレを下地にした、優しく暖かい歌声と、管、弦、ピアノ、女性バックvo等のドリーミーなチェンバー・アレンジが相まった、非常に魅力的な歌ものに仕上がっている。南米リスナー注目の、チェンバー・フォーク良作である。

〜米国産、ポスト・メタル/アヴァン・ロックの雄、3年ぶり新作7th!妖美なNW風秀作!

KAYO DOT
Blasphemy

(CD/Prophecy)(U.S.A.'19)(税込¥2970)
Toby Driver(vo、g、b、kbd、etc.)が率いる、米NYのポスト・メタル〜アヴァン・ロックの雄、ケイヨ・ドットの、「Plastic House 〜」('16)に続く新作スタジオ7th。ここ数作の、重層的エレ・ポップ路線を継ぎつつ、初期のドゥーミーな色も随所で戻して、妖しくヘヴィな仕上がりとなっている。流石のクオリティの秀作である。

〜関西発、2台のテルミンとギターによる、独創的サイケ・プログ!新装リマスター再発!

andomo'
Undentified Mystic Aether

(CD/Taking Inko)(Japan'14)(税込¥1980)  ※当店先行販売
児嶋佐織(テルミン、カリンバetc.)と、LIGHT NOVELSでも活動する菊池誠(テルミン、ギター)のデュオの'14年デビュー作が、新装パッケージ(プラケース)、リマスターにて再発。5曲入り40分。特異な編成を活かした、ドローン・アンビエント〜ヘヴィ・サイケ〜プログレッシヴと言うべき独創的サウンドは、面白味十分である。即興性と構築性のバランスも絶妙な秀作。ザバダックの故・吉良知彦、小峰公子がゲスト参加。

〜ご存知・リシャール・ピナスと吉田達也の'19コラボ新作!想像以上にロックです!

RICHARD PINHAS / TATSUYA YOSHIDA
Ascension

(CD/Magaibutsu)(France&Japan'19)(税込¥2420)
今年('19)9月にラスト・ジャパン・ツアーを行なった、ご存知・リシャール・ピナス(エルドン/g、エフェクト)と、全公演に帯同した吉田達也(ルインズetc./dr)の、「ウェルカム・トゥ・ザ・ヴォイド」('14)に続く、スタジオ・コラボレーション・アルバム。吉田がドラムのみならずkbd等もプレイして、想像以上にロックなサウンドを展開している。変拍子で疾走するナンバーから、ノイジー/フリーキー系まで、クリムゾン〜エルドン風味も感じられる快作である。

〜R.ピナスと吉田達也の、こちらは'14ツアー・ライヴ!廃盤でしたが限定200枚再発!

RICHARD PINHAS & TATSUYA YOSHIDA
Live In Japan

(CD/Magaibutu)(France&Japan'15)(税込¥2200)
ご存知・リシャール・ピナス(g,エフェクト)と吉田達也(dr)が、コラボ作「ウェルカム・トゥ・ザ・ヴォイド」('14)発売後に行なったジャパン・ツアーより、各地でのデュオ演奏を収めたライヴ・アルバム。長らく廃盤であったが、'19ツアーを記念して限定200枚再発となった。突っ走る変拍子ロックな面からノイジー系まで、超絶な吉田のドラムと、うねるピナス・ギターがスパークする、会心の即興集である。

〜言わずと知れたTDの、ヴァージンからの第一作、例のド級ボックスより単品発売!

TANGERINE DREAM
Phaedra

(CD/UMC)(Germany'74)(税込¥1540)
'19年にリリースされた、ヴァージン期集大成・ド級ボックス「In Search Of Hades」からの単品リリース(プラケース)。本作は、言わずと知れたヴァージンからの第一弾で、メロトロンを多用した元祖ドローン・アンビエント、シーケンスによるスペイシーなトリップ・サウンド、といった、全盛期タンジェリン・サウンドを確立した、エポックな名作である。本編新規リマスター、更には本作中の2曲の、スティーヴン・ウィルソン・ミックスをボーナス追加!

〜TDのヴァージン第二弾にして、前作「フェードラ」と並ぶ代表作!正に歴史的名盤!

TANGERINE DREAM
Rubycon

(CD/UMC)(Germany'75)(税込¥1540)
言わずと知れたタンジェリン・ドリームの、ヴァージン期集大成ド級ボックス「In Search Of Hades」('19)からの単品リリース、プラケース。こちらは、「フェードラ」に続くヴァージンからの第二弾にして、前作の要素を整理した、極めて完成度の高い、正に代表作である。新規リマスター、そして、ほぼ未発部分の、イントロ・エクステンデッド(スティーヴン・ウィルソン・ミックス!)をボーナス追加。マストアイテム。

〜ご存知TDの、'75リリース、初のライヴ作!「ルビコン」期の素晴らしい即興!

TANGERINE DREAM
Ricochet

(CD/CD/UMC)(Germany'75)(税込¥1540)
ご存知・タンジェリン・ドリームの、'75年にリリースされた、ヴァージンからの第三弾にして、初のライヴ・アルバム。例のド級ボックス「In Search Of Hades」('19)からの単品リリース、プラケース。当時のステージは常にインプロだった彼らの、全盛期ならではの素晴らしい演奏を収めた、これまた傑作である。新規リマスター、更にはアルバム丸ごとの、スティーヴン・ウィルソン・ミックスをボーナス追加の決定盤。

〜故・ディディエ・ロックウッド(vln)の、JMSレーベル音源ベスト!当店初入荷!

DIDIER LOCKWOOD
Best Of - Les Annes JMS

(CD/JMS)(France'06)(税込¥2860)
'18年2月に急逝した、マグマ、ザオへの参加でも知られる名ヴァイオリン奏者、ディディエ・ロックウッド。本CDは、'80年代中盤から拠点にしていた、仏JMSレーベルの音源からセレクトされた、15曲入りベスト('06リリース)、当店初入荷。「Out Of The Blue」('85)、UZEBとの「Absolutely Live 」('86)、「Lune Froide」('91)、「New York Rendez- Vouz」('95)等、現在単品では入手困難なタイトルの数々から収録されている。目の覚めるようなテクニカル・フュージョンから、ラテン、ムーディー・ジャズまで、改めて素晴らしいvlnプレイを味わえる、充実の内容である。

〜ソウル拠点の、韓日カップルによるエレクトロ・サイケ・デュオ!ジャーマン風良作!

TENGGER
Spiritual 2

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(South Korea'19)(税込¥2420)
韓国人の女性アーティスト、Ittaと、日本人男性Marqidoのカップルにより'03年に「10」として活動開始、'13年にはTENGGERと改名した、ソウル拠点のデュオ・エレクトロ・ユニットの、通算8作目となるCD。スカイ・レーベル〜ラ・デュッセルドルフ系の、きらびやかなビートの効いたナンバーから、ドローン・アンビエント・シンセまで、現代的なテイストのジャーマン・エレクトロ系と言える、プログレッシヴ・リスナー向きの良作である。

〜フルオケ+ビル・フリーゼル(el-g)!NY先鋭シーンのヴェテラン、野心的クラシック作!

WAYNE HORVITZ
Those Who Remain

(CD/National Sawdust)(U.S.A.'18)(税込¥2420)
J.ゾーン/ネイキッド・シティへの参加はじめ、NYアヴァンギャルド・シーンで長らく活動を続けるヴェテランkbd奏者、ウェイン・ホーヴィッツの'18リリース。異色の現代クラシック作で、ホーヴィッツの作曲にて、前半はフルオケ+インプロ・ギター(ビル・フリーゼル!エレクトリック!)、後半は弦楽カルテット+インプロ・クラリネット、という野心的な作品を収めている。ストラヴィンスキー系と現代音楽、更には即興をミックスしたサウンドは、硬質にしてダイナミック、とりわけ前半は聴きものである。正に力作。

〜米のサイケ・レーベルより、スウェーデン産クラウトロック/ヘヴィ・サイケ'18傑作!

OUR SOLAR SYSTEM
Origins

(Beyond Beyond Is Beyond)(Sweden'18)(税込¥2200)
'13年にLPのみのライヴ盤でデビューしている、スウェーデン産本格ヘヴィ・サイケデリック・バンドの、「Varldsliga〜」('16)に続く、スタジオ最新作4th。クリムゾン、フロイド等のプログレッシヴ・ルーツと、「アテム」期タンジェリン、アモン・デュールU、カン等クラウトロックをミックスしたような、こちら向きの反復ヘヴィ・サウンドは絶妙である。メロトロンも使用した、近年のモーターサイコをジャーマンに振り切ったとも言うべき、マジカルなインスト主体の、これは傑作。

〜米国カリフォルニア産、vln、女性vo入りのジャーマン系反復サイケデリック、'19傑作!

DIRE WOLVES
Grow Toward The Ligh

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(U.S.A.'19)(税込¥2200)
米国カリフォルニア産、'09年にカセット作でデビュー、以後LP、CD、カセットを多数リリースしているジャーマン/プログレッシヴ寄りサイケデリック・バンドの、CDとしては最新リリースの5th(スプリット除く)。vln、sax、女性voをフィーチャーした6人組にて、アモン・デュールUの即興(ヘヴィ色は無い)を思わせる、メロディアスかつトリッピーなサウンドを展開している。むしろカン的な、ワン・コードの反復も交えた、正に妖美な仕上がりの傑作である。

〜米BBIBレーベルより、カリフォルニア産サイケデリック・バンド、こちらは'17作!

DIRE WOLVES
Excursions to Cloudland

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(U.S.A.'17)(税込¥2200)
米国カリフォルニア産、vln、女性vo入りの本格サイケデリック/クラウトロック・バンドの、'17年リリース、CDとしては2nd。まったりと、しかしヘヴィな反復&浮遊サウンドは、アモン・デュールUというよりも、フロイド・ルーツのメロディアスなサウンドは、プログレッシヴ寄りとも言える、魅力的なものである。フォーキーでありながらトランシーな、こちらも注目の力作。

〜vln入り牧歌的英国'70sシンフォ好バンド、1st+2ndカップリング2CD!ボーナス2曲収録!

WALLY
Martyrs And Cowboys -
The Atlantic Recordings 1974-1975

(2CD/Esoteric)(U.K.'74、'75)(税込¥2640)
アトランティックから'74年にデビューし、翌年の2ndをもって解散(後に再編)した、vln入のフォーキーかつ牧歌的な英国'70sシンフォの好バンド、ウォーリー。今回、Esotericより、1st「Wally」('74)、2nd「Valley Gardens」('75)を各々リマスターにてカップリングし、更に各ディスクに1曲ずつボーナス・トラック(シングルB面)を追加した、正に「アトランティック・イヤーズ」。vlnのフィーチャー度高く、フォーキーなフロイド的1st、kbdの比重が高まり、イエス+BJH的な2nd、共にブリティッシュならではの味わいの名作である。スリム・プラケース仕様でのリリース。

〜英国のヴィンテージ・バンド、PURSONの女性vo/g、1stソロ!メロトロン入りの力作!

ROSALIE CUNNINGHAM
Rosalie Cunningham

(Esoteric Antenna)(U.K.'19)(税込¥2200)
英国のヴィンテージ・プログレッシヴ/ハード系バンド、PURSONの女性シンガー/ギタリスト、ロザリー・カニンガムの1stソロ・アルバム。自らのヴォーカル、ギター、ベース、キーボード、パーカッションに、ギター、キーボード、ドラムが加わったバンド・スタイルでの録音になっている。正にレトロでサイケな、タダレ女性voロックは、メロトロンもたっぷり、ムード満点である。妖美でシアトリカルな、注目の力作である。

〜ポーランド・ニュー・ロックを代表するバンド、'72年未発ライヴ!ジャズ+ハード!

KLAN
Live In Finland 1972

(CD/GAD)(Poland'15)(税込¥2420)
'70年代当時リリースされたのは「Mrowisko」('71)のみながら、そのクリエイティヴな内容で、ポーランド初期プログレッシヴ〜アート・ロックを代表するバンドとなったクラン。その後、未発リリースも数々出ているが、本CDは、'72年にフィンランド/ヘルシンキで行なったライヴの発掘リリース。元・NIEMEN/ENIGMATICバンドのギタリスト、T.Jakiewiczを含むツイン・ギターの4ピースにて、時にフリー・ジャズ/アヴァンギャルドな面と、ハードなロック色が混在した、硬質かつ興味深い内容になっている。手応え十分の熱演である。

〜ポーランド'70s初期の名バンド、こちらは、'71録音ライブラリー・ワークス!サイケ!!

KLAN
Senne Wedrowki

(CD/GAD)(Poland'11)(税込¥2420)
'71年に、当時の唯一作「Mrowisko」を残した、ポーランドを代表するニュー・ロック〜アート・ロック・バンド、クランの、こちらは、元は'11年に発掘リリースされた,'71年録音の未発表ライブラリー(著作権フリーの放送局用BGM)・トラックス。ライブラリー物ということで、フルートやオルガンを多用した、サントラ/ラウンジ/サイケなサウンドがたっぷり楽しめる、充実の内容である。音質も極上。

〜元・KLANのkbd奏者が参加していた、幻のクロスオーヴァー・バンド、'75スタジオ未発!

SHOW BAND
Dno Przestrzeni

(CD/GAD)(Poland'18)(税込¥2420)
元・KLANのkbd奏者、M.Gtszkiewizcaが参加していたトリオ(org/el-p、b、dr)+ゲストper/コンガによる、当時作品を残さなかった幻のクロスオーヴァー/ジャズ・ロック・バンドの発掘リリース第二弾。('14に1枚出ている)エレピを中心に、ドラマーがプレイするvlnも一部に交えた、ファンキーでグルーヴィなラテン・フュージョン寄りのサウンドは、絶妙な心地よさである。これまた注目の好内容。

〜面白い!ポーランド'74未発、ライブラリー・セッションズ!ストレンジ/モンド好内容!

MATEUSZ SWIECICKI
Halo Wenus

(CD/GAD)(Poland'17)(税込¥2420)
ポーランドのコンポーザー/シンセ奏者、M.Swiecickiが、'74年に録音していた、ライブラリー・ミュージック(著作権フリーの放送局用BGM音源)用の未発セッションを収めたCD。自らのシンセ&アープ・オデッセイに、一部b、drも交えた、結果としてエクスペリメンタルなプログレッシヴ・ロック寄りの所も有る、正にストレンジなモンド/エレクトロを展開している。アナログ・シンセがたっぷり味わえる、面白味十分の好内容である。

〜木幡東介が率いる、孤高のアングラ情念系バンド、現体制での初のスタジオ録音!凄絶!

マリア観音
東夷偽史先住民拙言滅裂多仁

(CD/エレクトレコード)(Japan'19)(税込¥3300)
木幡東介(vo、etc)をリーダーとする、日本語アングラ情念ロックの大ヴェテラン、マリア観音の、'15年以降の現体制になったバンドでの初のスタジオ録音盤。近年のJ.A.シーザーを支えた才人、a-kira(g、kbd、cho)が加入して、全曲が旧曲のりレコながら、全くイメージを一新している。より複雑で激しいアンサンブルと、強烈極まる歌声が相まった、まさに凄まじい世界!これは注目、会心の傑作である。

〜SAXRUINSの小埜涼子(sax、fl)率いる、名古屋のMAGMA/高円寺百景!傑作1stフル!

RYORCHESTRA
DMK

(CD/R-records)(Japan'18)(税込¥2343)
SAXRUINSで知られる名古屋拠点のサックス/フルート奏者、小埜涼子(おの・りょうこ)が率いる7人組(sax/fl、ツイン・ギター、ツイン・ヴォーカル、ベース、ドラム)バンドの1stフル。タイトル通り、そのサウンドは所謂Zeuhl/MAGMA直系のアグレッシヴなものであるが、むしろ吉田達也〜高円寺百景の影響を感じさせて、ハードコアかつダイナミック。美麗なフルートや女声パートなど個性も十分、かつ高完成度の傑作である。

〜故・Z.ザイフェルト参加!旧チャコスロバキアのfl/sax奏者'72年の作品が初CD化!

JIRI STIVIN
5 Ran Do Cepice

(CD/GAD)(Czechoslovakia'72)(税込¥2160)
旧チェコスロヴァキアのジャズ系フルート/サックス奏者、ジリ・スティヴィンの、'72リリース作が、ポーランドのGADレーベルより初CD化。故・ズビグニエフ・ザイフェルト(vln)、バール・フィリップス(b)らを迎えて、硬質なフリー/チェンバー及びジャズを展開している。たっぷりフィーチャーされたザイフェルトのvlnが矢張り最大の聴き物、注目のユーロ・ジャズ好作である。'71年のスプリットLPより、4曲をボーナス追加。

〜ポーランド産、幻のジャズ・ロック・バンドの'77年・未発!ニュークリアス風味も!

SWIADECTWO DOJRZALOSCI
Huraj Dusza

(CD/GAD)(Poland'16)(税込¥2200)
活動当時は作品を残さなかった、ポーランドの知られざるジャズ・ロック・バンドの、'77年のラジオ・セッション5曲と、同年のライヴ4曲を収めた発掘リリース。sax、el-g、el-p/syn(+ゲストper)入り編成にて、RTF系ルーツ+ラテン・タッチのメロディアスなクロスオーヴァー・サウンドを展開している。時にニュークリアスや、カンタベリー系にも通じる、流麗かつスリリングな演奏は高水準、ジャズ・ロック・リスナー注目の秀作である。

〜これは驚き!ポーランドのHR/HMバンド、デビュー前の'80未発!絶品のイエス系シンフォ!

MECH
Zjednoczane Sily Natuly

(CD/GAD)(Poland'16)(税込¥2200)
'83年にアルバム・デビューしている、ポーランドのハード・ロック/ヘヴィ・メタル系バンドが、デビュー前の'80年にスタジオ録音していた未発表トラック6曲(+'80シングルB面、未発ライヴ1曲)を収めた発掘リリース。そのサウンドは、アルバム・デビュー後とは全く異なる、正統派のイエス系シンフォニック・ロックで、驚きである。クリアーな広がりとカラフルなキーボード、ダイナミックな展開(母国語vo入り)と、非常に高水準な内容であり、もし当時作品を出していれば、同国のエクソダスと並ぶ存在になっていたであろう、東欧リスナーのみならず注目のリリース。

〜ハンガリー産、女性voフロントのエスノ・サイケ+ラジカル・トラッド!呪術的傑作!

MESZECSINKA
Allj Belle A Melybe Stand Into Deep

(CD/CPL Music)(Hungary'19)(税込¥2750)
ハンガリー産、'09年結成、トラッド・バンドFOKATELEPの女性シンガー、アナマリアをフロントにした、エスノ+サイケ/ロック・バンドの3年ぶり新作4th。トラッド色よりも、モダンなゴシック〜ロック色が勝っており、ダブ調のリズムや、テルミン風シンセなど、時にグルーヴィに、時にアンビエントに迫る充実の内容である。トラッド寄りの歌唱とトランシーなタッチが調和した、妖しく呪術的な傑作。

〜ベルギー産、オズリック・テンタクルズ直系スペース・ロック・バンドの新作10th!

QUANTUM FANTAY
Yemaya Orisha

(CD/Progressive Promotion)(Belgium'19)(税込¥3080)
ベルギー産、'05年にアルバム・デビューしている、オズリック・テンタクルズ直系スペース・ロック・バンドの、「Tesselation Of Education Space」('17)に続く新作10th。シンセ、ギター、ベース、ドラムの4ピース+ゲスト・フルート他にて、多少なりともシンセの比重が高い、それにしてもオズ・テンにそっくりのサウンドは、最早彼らの音として、堂々たる完成度である。矢張りオズ・テン・ファン必聴の力作。

〜ピーター・フレンチ率いる英国の伝説的バンド、奇跡の'12日本公演CD+DVD/NTSC!再発!

LEAF HOUND
Live In Japan

(CD+DVD/NTSC/Repertoire)(U.K.'19)(税込¥3630)
アトミック・ルースターやカクタスへの参加で知られる、伝説的なシンガー、ピーター・フレンチをフロントに再編されたブリティッシュ・ハード・ロック・バンド、リーフ・ハウンドが'12年に行なった、奇跡の初来日公演(新代田Feverにて)を収めたCD+DVD/NTSC(同内容、約70分)。以前キャプテン・トリップが通販オンリーで出したソースの再発で、今度はRepertoireより。絶好調のフレンチは必見・必聴、名演である。

〜再復活した新生・トリアナの'18新作!コテコテのスパニッシュトリアナ節健在!

TRIANA
Inmortal

(CD/Dannmart Editorial)(Spain'18)(税込¥3300)
'83年に解散するも、ドラマー、Juan Jose Palaciosを中心に復活し、'98年と'07年にアルバムを出していた、スパニッシュ・プログレッシヴ代表格、トリアナ。そのドラマーが死去した後、復活時のギタリスト、Juan Reinaが引き継ぐ形で再復活した彼らの、'18リリース新作である。オリジナル・メンバーは一人もいないが、メディナ・アサーラやアラメダのメンバーがゲスト参加し、コテコテのスパニッシュ/トリアナ節健在の、ハード・ロック寄りのサウンドを展開する、注目の秀作。

〜何と、あのフランソワ・ブレアン'19新作!イマジナリーなチェンバー・プログ良作!〜

FRANCOIS BREANT
La Nuit Des Lapins Geants

(CD/Assai)(France'19)(税込¥2860)
NEMO(古い方)のキーボード奏者にして、マグマ人脈を迎えて制作された、'70年代後半のEggレーベルからの名作ソロ2タイトルで知られるフランソワ・ブレアンの、何と'19年新作。vln、sax等の生楽器とシンセによる、チェンバー・プログレッシヴ寄りのサウンドは、上品かつイマジナリーな、フランスならではのものである。サントラ/エスノ風味も有り、意外性と変化に富んだ仕上がりの、これは良作。

〜独のシンセ奏者/ギタリスト、'76年2ndがリマスター再発!エレクトロ・ジャズ・ロック!〜

TOTO BLANKE
Electric Circus

(CD/Chickadisc)(Germany'76)(税込¥2200)
故・トト・ブランケ(syn、g。'13年に死去)が、「Spiders Dance」('75)に続き、'76年にVertigo(翌'77年にBacillus)からリリースした2nd。Bacillus盤ジャケでのリマスター再発。ジャスパー・ヴァントフ(org、el-p)、エドワルド・ヴェサラ(dr)、及びb、drというメンバーにて、タンジェリン風シーケンスなどエレクトロ色と、マハヴシュヌ〜RTF系のパワフルなジャズ・ロックが合体した音像を展開している。改めて個性的かつ高水準な、要・再評価の秀作である。

〜独のジャズ・ロック・バンド、PSIの'77年唯一作、初CD化!プログ/カンタベリー味も!〜

PSI
Horizonte

(CD/Chickadisc)(Germany'77)(税込¥2200)
ドイツのジャズ・ロック・バンド、PSIが、'77年にBacillusからリリースした唯一作が初CD化。kbd、sax、el-g、b、drの5ピースにて、クラーン辺りを、よりプログレ・フュージョンに寄せたような、メロディアスかつテクニカルなサウンドを展開している。エレピ、シンセ等、チック・コリア/RTFの影響も感じさせ、結果的にカンタベリー系に通じる所も有る、手応え十分の好内容である。ポーランドのGADのサブ・レーベルからのリリース。リマスター。

〜[再入荷]これは強烈!ご存知・J.マクラフリン+J.ヘリングのマハヴィシュヌ大会!〜

JOHN McLAUGHLIN & THE 4TH DIMENTION / JIMMY HERRING & THE INVISIBLE WHIP
Live In San Francisco

(CD/Abstract Logix)(U.K.&U.S.A.'18)(税込¥2860)
ご存知・ジョン・マクラフリンが、ラスト・ツアーとして行なった、自らのバンドTHE 4TH DIMENSIONと、ジャム・バンド系の達人ギタリスト、ジミー・ヘリング率いるバンドの合同ライヴより、'17年サン・フランシスコでの合体演奏を収めたCD。ヘリング・バンドにvlnもフィーチャーして、第一期中心のマハヴィシュヌ・オーケストラ・ナンバーの数々をプレイしている。パワフルなヘリングに触発されてか、御大マクラフリンも、信じ難いまでの弾きまくりを聴かせる、驚異の名演。ファン必聴である。

〜これは驚き!ディメオラが本気で弾きまくる、'18リリース最新ツアー・ライヴ!必聴!〜

AL DI MEORA
Elegant Gypsy & More Live

(CD/e.a.r.Music)(U.S.A.'18)(税込¥2750)
これは驚き、言わずと知れた第2期リターン・トゥ・フォーエヴァーのギタリスト、アル・ディ・メオラが、'18年にリリースした、最新ツアー・ライヴCD。ソロの代表作「エレガント・ジプシー」からの4曲はじめ、最新作の曲や、ピアソラ、ZEP”Black Dog”カヴァーを収録。超絶のel-vlnもフィーチャーしているが、何と言っても本気で弾きまくるディ・メオラが凄い。ジョン・マクラフリンにも負けないほどの強烈なアンサンブルとソロプレイを聴かせる、ジャズ・ロック・ファン必聴の大名演である。

〜これは凄い!あのヘンリー・カイザーの新作は、el-vln入りマハヴィシュヌ系!大傑作!〜

HENRY KAISER, ANTHONY PIROG, JEFF SIPE, TRACY SILVERMAN, ANDY WEST
Five Times Surprise

(CD/Cuneiform)(U.S.A.'19)(税込¥2750)
米国きってのヴェテランとなったアヴァン・ギタリスト、ヘンリー・カイザーが、Cuneiformからリリースした新作。ジミー・ヘリング・バンドのジェフ・サイプ(dr)、ドレッグスのアンディー・ウエスト(b)更にはもうひとりのgと、el-vlnをフィーチャーした5人編成で、マハヴィシュヌ・オーケストラをモダンにしたような、激烈なジャズ・ロックを展開していて、驚きである。マハヴシュヌ”You Know〜”カヴァーも収録。従来のカイザーのイメージからは想像もつかない、過激な傑作。

〜'80年ブラジル産、超絶技巧アコギ主体の作!スピリチュアルなE.ジスモンチ的傑作〜

CARIOCA & DEVAS
Misterios Da Amazonia

(CD/Altercat)(Brazil'80)(税込¥2750)
リオ生まれのブラシリアンギタリスト、CARIOCAが、パーカッションとフルートのデュオDEVASとの連名で'80年にリリースした、実質的な1st。初CD化。ゼー・ナザリオ(タブラ)やb他も参加して、伝統的ブラジリアン・サウンドと、シャクティ辺りの影響を感じさせるインド/エスノ風味をミックスした、超絶技巧のアコギ主体のサウンドは、極めてオリジナリティーが高い、強力なものである。エグベルト・ジスモンチを、よりスピリチュアルにしたかのような、素晴らしいクオリティの、これは名作!

〜ノルウェー産、N.モーズ+A.C.T的、キャッチー&劇的シンフォ新作5th!会心の傑作!〜

MAGIC PIE
Fragments Of The 5th Elements

(CD/Karisma)(Norway'19)(税込¥2530)
ノルウェー産、キャッチーかつテクニカルなサウンドが身上のシンフォニック好バンドの、「King For A Day」('15)に続く新作5th。2名のシンガーを含む6人編成にて、ニール・モーズの多大な影響を感じさせるプログレ・ハード寄りの音像に、A.C.T的なvo/コーラスを加えた楽曲は、非常に高水準である。ラストには22分超の大曲も収めた、手応え十分の会心傑作。

〜ロシア産、女性voと男性pの耽美派デュオ、スタジオ新作4th!よりプログレッシヴに!〜

IAMTHEMORNING
The Bell

(CD/Kscorpe)(Russia'19)(税込¥2420)
ロシア産、ケイト・ブッシュ〜トーリ・エイモス系女性vo(英語)と、クラシカルな男性p(ソロも出しているGleb Kolyadin)の耽美派デュオの、スタジオ・ライヴを挟んで、公式作としては「Lighthouse」('16)に続く4th。g、b、dr、ハープ、ストリングス等を加えた、想像以上にバンド寄りのサウンドは、更にダイナミックな、プログレッシヴ風味のものである。女性voシンフォニック系リスナーも見逃せない、注目の傑作。紙ジャケ。

〜話題の「プログレアイドル」、1stフル・アルバム登場!キュートさとプログ色が調和!〜

XOXO-EXTREME
The Both Sides Of The Bloom

(CD/Twelve-Notes)(Japan'19)(税込¥3300)
4名の女性メンバーが、プログレッシヴ・ロック風味の楽曲を歌う、話題の「プログレアイドル」、xoxo(Kiss&Hug)EXTREME (通称:キスエク)。これまで、マグマやアネクドテンのカヴァーを含む、数々のEPを出してきた彼女達が、満を持してリリースした1stフル・アルバム。生バンド演奏が主体の楽曲(フルート入り)は、プロデューサーの大嶋尚之が大半の作・編曲を手掛けており、アイドルらしいキュートさ、キャッチーさと、思わずニヤリとさせられる、オマージュ込のプログレッシヴ・ロック色(イエス、EL&P、フロイド、クリムゾンetc.)が絶妙に調和したもの。アイドルの人生を描くコンセプト・アルバムにして、プログ・リスナーにも聴き応え十分の大力作である。

〜話題の「プログレアイドル」こちらは、'19年7月の2ndワンマン・ライヴを収めたDVD!〜

XOXO-EXTREME
2nd ワンマンライヴ UNION 2019.7.25 渋谷WWW

(DVD/Twelve-Notes)(Japan'19)(税込¥3850)
話題の「プログレアイドル」xoxo(Kiss&Hug)EXTREME (通称:キスエク)の、こちらは'19年7月25日、渋谷WWW で行なった、2ndワンマン・ライヴを収録したDVD。タイプの異なる2つの生バンドがバックを務めており、一方の「Alsciaukat」は、林 隆史(g/Qui)、吉田和夫(fl/Qui)、桜井良行(b/NOA)、大沼あい(kbd/Neo-Zonk)、谷本朋翼(dr/Stella Lee Jones etc.)という強力メンバーである。第一部は、1stアルバム「The Both Side〜」のほぼ全曲(この時点での新曲3曲含む)を、第二部は、“組曲「革命」”や、マグマ“The Last Seven Minutes”カヴァー等を、たっぷりプレイしている。全編生歌・生演奏の100分超に及ぶ大熱演は、'19年9月をもっての卒業を表明した、中心メンバー、楠 芽瑠(くすのき・める)在籍時の集大成とも言える内容である。プログ・リスナーも一見の価値大。

〜 【発売中】ユーロ・ロック・プレス最新号(Vol.82)〜

EURO-ROCK PRESS (ユーロ・ロック・プレス) Vol.82
(Books/Marquee)(Japan'19)(税込¥2096)

表紙は、新作「Seven Seas」を9/25にリリースするBAROCK PROJECT。リーダーのルカ・ザッビーニのインタビューが巻頭掲載です。そして、来日したARTI & MESTIERI ESSENTIA / AREA OPEN PROJECTのライヴ・レポートとARTI & MESTIERI ESSENTIAのフリオ・キリコ & ジジ・ヴェネゴーニのインタビュー、来日を控えたFOCUSとCLAUDIO SIMONETTI'S GOBLINのインタビュー、YES「50 Live」のロング・ディスク・レビュー、HERMETO PASCOAL E GRUPOのライヴ・レポート、元TEAR GAS / THE SENSATIONAL ALEX HARVEY BANDのザル・クレミンソンのインタビュー、紙ジャケ発売となったSHADOWFAXの元ギタリスト、G・E・スティンソンのインタビュー、CARAVAN日本公演のライヴ・レポート、久々の海外取材(FAUST主催のフェスティヴァルのレポート)などなど。

≪Interviews≫
BAROCK PROJECT / Furio Chirico & Gigi Venegoni (ARTI & MESTIERI ESSENTIA) / Thijs van Leer (FOCUS) / Claudio Simonetti / Billy Sherwood / Zal Cleminson / G.E. Stinson / Jean-Herve Peron (FAUST) / A.C.T

≪Live Reports≫

CARAVAN / ARTI & MESTIERI ESSENTIA / AREA OPEN PROJECT/ HERMETO PASCOAL E GRUPO / ALCATRAZZ / URIAH HEEP / Simon Phillips / PAGAN PROG FEST 2019 / 浪漫座 & GENESHIGE / LUCIFER / Avantgarde Is Happening (Festival)

≪Features≫
YES / Alive The Live Label / MAGMA On Tour / Cinema Pick Up

■通信販売でのお買い求めはこちらからどうぞ。

http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=144836326
■定期購読につきましては、こちらからお申し込みください。
(2,057円×1年分(4冊)=8,228円)
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=99179096

■バックナンバーのお求めはこちらからどうぞ。
http://wdisque.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1103007&sort=n

〜[アヴァロン国内盤]G.ゴーヴァン、M.ミンネマン、B.ベラー!超絶トリオの新作4th!〜

THE ARISTOCRATS
You Know What?

(SHM-CD/Avalon) (U.K., Germany, U.S.A.)(税込¥3080)
ジャズ、フュージョン、プログレッシヴ・ロック、メタル、あらゆる要素をブレンドして昇華させた独創的なサウンドとセンス・オヴ・ユーモアたっぷりの世界観で聴衆を魅了するガスリー・ゴーヴァン(G)、ブライアン・ベラー(B)、マルコ・ミンネマン(DS)による驚異の超絶技巧トリオ、ジ・アリストクラッツ。『トレス・カバイェロス』以来、4年振りのニュー・アルバム『ユー・ノウ・ホワット…?』。ジャズ/フュージョン、プログレッシヴ・ロック、メタル等を融合させ、独特のセンス・オヴ・ユーモアで味付けし、圧倒的演奏力で魅せる1作がここに。国内盤、SHM-CD、ボーナス・トラック収録にて。

〜【発売中】 8/25 発売:アッティラ 「紙ジャケット収納用ボックス」付3枚フル・セット〜 


「アッティラ」収納用ボックス付 3枚フル・セット

アッティラ / 終焉の兆し (SHM-CD+CD)
アッティラ / インテンシオン
(SHM-CD)
アッティラ / 復活
(SHM-CD)
(ベル・アンティーク)(UK)(税込¥11535)

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、8月25日リリースのアッティラ紙ジャケット3種(「終焉の兆し」、「インテンシオン」、「復活」 )を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。

数に限りがありますので、品切れ次第プレゼントは終了させていただきます(お客様に終了をお知らせする前に品切れになる場合もございます)。


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/Atila.htm

※お求めははWORLD DISQUE店頭および通信販売にて!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=144973654

〜[8/25ベル・アン紙ジャケ]スペインのカルト・プログ、サイケな傑作1st!2CD!〜

ATILA
The Begenning Of The End (El Principio Del Fri)

(2SHM-CD/Belle Antique)(Spain'75)(税込¥3457)
スペインのカルト・プログレッシヴ・ロック・バンド、アッティラの1975年発表のデビュー作。Kbd, G. Drという変則のトリオ編成。バッハ的チャーチ・オルガン、スリリングなリズム・セクション、饒舌なギターが所狭しと暴れ回る。全体が1曲の組曲という壮大なコンセプト作で、インプロヴィゼーションを随所に散りばめながら進行する演奏力に注目。アルバム未収録の7インチ・シングル曲2曲に加えて未発表曲2曲、更にアルバム全体の別テイクを収録したボーナス・ディスク付き。紙ジャケット、SHM-CD(ディスク1のみ)、最新リマスターにての決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、 3タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜[8/25ベル・アン紙ジャケ]アッティラの、最もハード・シンフォニックな代表作2nd!〜

ATILA
Intencion

(SHM-CD/Belle Antique)(Spain'76)(税込¥3457)
スペインのカルト・プログレッシヴ・ロック・バンド、アッティラの1976年発表のセカンド・アルバム。前作時のトリオ編成に加えてベースと音響担当のメンバーを加えた5人編成で録音。前作で示したスタイルはこのセカンドで洗練され、ハモンド・オルガン、シンセサイザーを中心としたサウンドにサイケなギターを加えた、ハードロック的アプローチのプログレッシヴ・ロック・アルバム。荒削りながら、心の琴線に迫るこの叙情はどうだ!紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲収録、最新リマスターにての決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、 3タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜[8/25ベル・アン紙ジャケ]アッティラの、よりテクニカルな名作3rd!正規初CD化!〜

ATILA
Reviure (Revivir)

(SHM-CD/Belle Antique)(Spain'77)(税込¥3457)
スペインのカルト・プログレッシヴ・ロック・バンド、アッティラの1978年発表のサード・アルバム。G, B, Dr, Kbdの4人編成で、前作の延長線上にあるサウンドにシンセの使用頻度を上げた大作指向の作品。ハードでありながらプログレッシヴな要素をふんだんに取り入れた作風は、スペインならではの荒削りながらも魂のこもった情感溢れるプレイで聴く者を圧倒する。紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターにての決定版的内容!正規初CD化!
※ワールド・ディスクのみ、 3タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜[8/25ベル・アン紙ジャケ]'76年、英国ならではのポップ・シンフォ大傑作!内袋付!〜

STRANGE DAYS
9 Parts To The Wind

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'76)(税込¥3457)
元Gordon Giltrap Bandのエディー・スペンスとセッションマン、グレアム・ワードを中心としたグループで1975年に本作を残して消えた幻のバンド。同時代のドゥルイド、ケストレル、イングランド同様、イエスやジェネシス等、往年のプログレッシヴ・ロックの影響を感じながらもキャッチーな歌メロを押し出したタイプ。この時代はパンク・ロックの台頭によりアルバム一枚で消えた実力派バンドが多かったが、このストレンジ・デイズもそんな悲運のバンド。今こそ再評価の時。紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック2曲収録、最新リマスターにての決定版的内容!

〜[8/25ベル・アン紙ジャケ]アンコール・プレス!'75年のフレンチ・シンフォ名盤!〜

PENTACLE
La Clef Des Songes

(SHM-CD/Belle Antique)(France'75)(税込¥3457)
1975年に唯一のアルバムを残したパンタクル。そのナイーヴな感性は、キャメルのような歌心のあるシンフォニック・ロックを愛するファンの心の琴線にきっと触れるはず。聴き込む程に彼等の世界に引きずり込まれるような、そんな恋心にも似たピュアな世界を堪能あれ。紙ジャケット、2010年リマスター、ボーナス・トラック3曲収録。高品質SHM-CDにてのリリース。長らく入手困難だったアルバムが待望のアンコール・プレス決定!

〜[ベル・アンティーク国内盤]米産、女性voフロントの叙情派シンフォ、傑作New!6th!〜

CIRRUS BAY
The Art Of Vanishing

(CD/Belle Antique)(U.S.A.'19)(税込¥2970)
清らかな女性ヴォーカルをフロントに立て、ルネッサンスとイエスを合わせたようなメロディアスなシンフォニック・ロックを得意とするアメリカのバンド、シラス・ベイの6作目。アコースティック・ギターのアンサンブルやリコーダーなども交えた素朴な幻想味には、初期ジェネシスにも通じる要素もあり、親しみやすくもダイナミックな音楽性を得意とする彼等の魅力が全開となった最高傑作にて待望の国内配給!

〜[ベル・アンティーク国内盤]ex.チェルヴェッロ〜ノヴァの天才ギタリスト新作!〜

CORRADO RUSTICI+PEPPINO D'ANGERO
For The Beauty Of This Wicked World

(CD/Belle Antique)(Italy'19)(税込¥3300)
イタリアン・プログレッシヴの名盤中の名盤、チェルヴェッロ、更にはノヴァの諸作でその実力を見せつけた天才ギタリスト、コラード・ルスティチ。ジョン・マクラフリンやアラン・ホールズワースにも絶賛されながらもセッション活動が多く、自己の作品の少ない彼の4枚目のリーダー作。アコースティック・ギターの名手、ペッピーノ・ダゴスティーニを迎え、超絶的な技巧を土台に、様々に重ねられたギターが情感溢れる壮大な世界を描く!

〜[ベル・アンティーク国内盤]英メロディアス・シンフォの雄、傑作3rdのリワーク盤!〜

MAGENTA
Home 2019 Limited Edition

(CD/Belle Antique)(U.K.'19)(税込¥2970)
今や英国プログレッシヴ・ロックの旗手となったマジェンタ。元は06年に発表され、10年に改訂されながらも長く廃盤になっていたサード・アルバムが、先日のバンド結成20周年公演内で再現演奏されたのをきっかけに、従来の盤では不満足があったミックスを完全にやり直した上、キャメル〜タイガー・モス・テイルズの才人、ピーター・ジョーンズによる新録パートを新たに加えた決定版。全世界500枚のみの限定発売!

〜[ベル・アンティーク国内盤]P.モラーツ弾きまくり!超名盤の拡大3CDボックス!〜

REFUGEE
Refugee (Expanded Edition)

(3CD/Belle Antique)(U.K.'74)(税込¥5060)
元ナイスのリズム・セクションの二人が、後にイエスに参加する天才キーボード奏者、パトリック・モラーツを見出し、結成したレフュジー。ピアノ、オルガン、シンセ、メロトロンを縦横無尽に駆使し、厚みのあるオーケストレイションと華麗なソロでバンドを引っ張るモラーツの才能が爆発した、キーボード・プログレッシヴ作としてはEL&Pの全盛期に匹敵する究極の一枚である唯一のアルバムに、貴重極まりないライヴ音源を2枚(74年3月BBC及び5月のニューキャッスル公演)追加しての3枚組拡大版での再発!

〜[ベル・アンティーク国内盤]アイルランド出身の名バンド、全部入り4CDボックス!〜

FRUUPP
Wise As Wisdom - The Dawn Albums 1973-1975

(4CD/Belle Antique)(Ireland'73-'75)(税込¥6050)
アイルランド出身、童心を呼び起こすようなファンタジックなジャケットに相応しい叙情性とポップ感覚を持ち合わせた作風の名プログレッシヴ・ロック・バンド、フループ。意外なまでに粗削りで泣きの効いたロック感が強いデビュー作からクラシカルでプログレッシヴな方向を強めたセカンド、更には同路線を受け継いだコンセプト・アルバムの名作サード、イアン・マクドナルドをプロデューサーに迎え最も洗練された4作目と、彼等の残した4枚のアルバムをリマスター、ボーナス曲追加(1st/3rd)の上、一つに纏めたボックス・セット。

〜[ベル・アンティーク国内盤]'70s初期英国バンド、1st+2nd+変名作+再編作BOX!〜

ZIOR
Before My Eyes Go Blind - The Complete Recordings

(4CD/Belle Antique)(U.K.'71、'73、'18)(税込¥6380)
70年代初期、ブラック・サバス等と並んでサタニック・モティーフをヘヴィ・ロックに用いた先駆者として知られるズィオールの2枚のアルバムをリマスターにて纏め、更に、彼等が魔女集会から生まれたバンドとの触れ込みの下、ザ・ファースト・モニュメントの変名で発表した唯一作と、2018年録音の再結成アルバムを加えた4枚組ボックス。サイケ〜ヘヴィ〜プログレッシヴがまだ明確には分かれていなかった70年代初期の英国アンダーグラウンド・ロックの空気をそのままに伝える!要再評価の作品群!

〜何と、ダリル・ウェイもゲスト参加!Cカーヴド・エアの'15年、結成45周年ライヴ2CD!〜

CURVED AIR
Live Under The Bridge - The 45th Anniversary Concert

(2CD/Curved Air)(U.K.'15収録)(税込¥2420)
女性ヴォーカリスト、ソーニャ・クリスティーナをフロントに、ダリル・ウェイ、エディ・ジョブソンと名ヴァイオリン奏者を迎えて、華麗なクラシカル・ロックとサイケデリックで実験性あるプログレッシヴ・ロックを同居させたカーヴド・エアの、2015年の、結成45周年記念のライヴを収録したアルバム。前半は現行編成で近曲+代表曲、後半には初期のベーシスト、イアン・アイアーが参加しての1st「エア・コンディショニング」全曲演奏で、“Vivaldi”からのラスト3曲には、何とダリル・ウェイもゲスト参加。45周年に相応しい、素晴らしい内容の名演である。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜故・M・ダンフォード存命中の'11年、「カード」「シェラザード」フル演奏ライヴ再発!〜

RENAISSANCE
Tour 2011 - Live In Concert

(2CD+DVD/NTSC/Esoteric)(U.K.'11収録)(税込¥3520)
アニー・ハズラム、マイケル・ダンフォードのメイン・メンバー二人を中心に再結成され、感動の日本公演も行ったルネッサンスが、その翌年にあたる2011年に、彼等の全盛期の幕開けたる「運命のカード」、そして代表的傑作「シェエラザード夜話」の2作品をそれぞれフルに演奏するという最高のセットで行われたライヴの模様を収めた2CD+DVD。アニー・ハズラムの衰えぬ美声を中心とした目くるめくばかりの名演。翌年死去したダンフォードの最後の参加作品でもある。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜P.モラーツ、オルガン弾きまくり!クラシカル・ハード+プログの隠れた名作、'71年!〜

MAINHORSE
Mainhorse

(CD/Esoteric)(U.K.'71)(税込¥2200)
イエス「リレイヤー」での鮮烈な活躍で一躍プログレッシヴ・ロック界のトップ・キーボーディストとして認知されたパトリック・モラーツ。彼の最初のバンドとして知られるのがこのメインホース。ここでのモラーツはオルガンを主体に、華麗でスリリングな弾きまくりを存分に聴かせて、早くも才能を見せつけるが、決して彼のワンマン・バンドというわけではなく、ギター/ヴォーカルのピーター・ロケットのジェントルな歌を活かした歌物としての魅力と、ディープ・パープルにも通じるスリリングなハード・ロック性を併せ持つ隠れた名盤!モラーツによるリマスターにての決定版的再発!
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜ご存知・スティーヴ・ハウが、ジャズ・サイドを追求するトリオの、10年振りの新作!〜

THE STEVE HOWE TRIO
New Frontier

(CD/Esoteric Antenna)(U.K.'19)(税込¥2200)
「THE YES ALBUM」でイエスに参加して以来、そのジャズ、カントリー、クラシック、フラメンコ等多彩な影響を独創的に混ぜ合せた演奏で、イエスの黄金期の音楽性を確立させる原動力となったスティーヴ・ハウ。息子のディラン・ハウ(ds)、オルガン奏者のロス・スタンリーとのトリオ編成にて、彼の音楽性の中でも最重要要素となっているジャズ・サイドを追求するスティーヴ・ハウ・トリオ名義では10年振りの新作。ハウ独特のフレージングが冴えて、現在のイエス以上にハウらしい演奏が堪能できる好作。ビル・ブルーフォードとの共作も3曲収録。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜イスラエル出身、A.ホールズワース系ギタリスト新作は、ド級プログ・ジャズ・ロック!〜

YUVAL RON
Somewhere In The Universe Somebody Hits A Drum

(CD/Wong Notes)(Israel'19)(税込¥2420)
イスラエル出身、アラン・ホールズワースから多大な影響を受け、RESIDENCE OF THE FUTUREにてテクニカル・プログレッシヴ作品のリリースもあるギタリスト、ユヴァル・ロンの最新作は、そのプログレッシヴ指向を全開にしたとてつもない完成度を誇るもの。かの天才ドラマー、マルコ・ミンネマン等を迎えたバンド編成により、あくまでも暖かで親しみやすいモロディを軸にしつつ、EL&P的な勇壮でドラマティックな展開と、U.K.〜ホールズワース的なスリルを併せ持つ技巧的シンフォニック・ロックの逸品。驚愕の傑作!
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜SPACED OUTのリーダー/ベーシスト、A.ファファール新作ソロ6th!G.ハズバンド参加!〜

ANTOINE FAFARD
Barromean Odyssey

(CD/Timeless Momentum)(Canada'19)(税込¥2420)
カナダ/ケベックきってのヘヴィ・ジャズ・ロック・バンド、スペイスド・アウトの中心人物/ベーシスト、アントワーヌ・ファファールの、「Proto Mundos」('17)に続くソロ新作6th。前作に続き参加のゲイリー・ハズバンド(syn、kbd)、及び近年のSTYXのドラマー、T.サッチャーマンを迎えた3人編成(ギターは全てファファール自らがプレイ)にて、ホールズワース風味を強めつつ、ソリッドでスリリングなファファール節のプログレッシヴ・フュージョンを存分に展開している。正に痛快な傑作である。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜元・シュブ・ニグラスのF.W.フロミー(g)率いる暗黒マグマ/ヘヴィ・チェンバー、4th!〜

UNIT WAIL
Egasres

(CD/Soleil Mutant)(France'19)(税込¥2200)
フレンチ暗黒チェンバーを代表する名バンドだったシュブ・ニグラスの元ギタリスト、F.W.フロミーが率いる暗黒マグマ/ヘヴィ・チェンバー系バンドの、「Beyond Space Edge」('15)に続く新作4th。トランペット、キーボード(メロトロン音入り)含む6人編成で、むしろキング・クリムゾン、ユニヴェル・ゼロの影響の強い、時にジェント的な複雑さの有る、『Zeuhlフュージョン』は強力である。従来作以上にヘヴィに、アグレッシヴに迫る、正に会心の傑作。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜ブラジル/サンパウロ・シーンの個性派男性シンガー、'18年の9th!A.バルナベー風味も!〜

ROMULO FROES
O Disco Das Horas

(CD/Circus Producoes)(Brazil'18)(税込¥2970)
かのアヒーゴ・バルナベーや、故・イタマール・アサンプソンといった異才を輩出してきたブラジル/サンパウロ・シーンで活動する男性シンガーの、'18リリース9th。先頃、当店にアルバム「MM3」が入荷したレコメン寄りアヴァン・ロックの好バンド、META METAのsax奏者を含む大編成ブラスを配したアンサンブルにて、アヒーゴ系ルーツの、時にダウナー&ジャジー、時に複雑アヴァンなうたものを展開している。チェンバー・リスナーも見逃せない、屈折したインパクトの一枚である。

〜仏アヴァン・ジャズの大御所、新作は教会オルガンとsaxのデュオ!天上的音色が絶品!〜

ANDY EMLER / DAVID LIEBMAN
Journey Around The Truth

(CD/Signature)(France、U.S.A.'19)(税込¥3520)
意欲的な活動を続ける、仏アヴァン・ジャズ・ロックの大御所、A.エムラーの'19リリース新作は、自らはチャーチ・オルガンをプレイしての、米のサックス奏者D.リーヴマンとのデュオ演奏となった。正に天上的なまでの、素晴らしい音色のオルガンと、寄り添うようなサックスとの対話の如き2人の演奏ぶりがじっくりと味わえる、シリアスECMあるいは、現代クラシカル+ジャズと言うべき、注目の大力作である。

〜元・A BARCA DO SOL のマルチ・インスト奏者、'83年1st! E.ジスモンチも参加の好作!〜

NANDO CARNEIRO
Violao

(CD/Carmo)(Brazil'83)(税込¥2750) ※旧譜ですが当店初入荷
ミナス出身、A BARCA DO SOL、そしてエグベルト・ジスモンチ・バンドで活躍したマルチ・インスト奏者が、Carmoから発表した1stソロ('83)。ギター、ピアノ、ヴォーカルは、ほぼ全て自身の多重で、御大E.ジスモンチがシンセ/フルートで参加。アコギ主体の、しっとりイマジナリーなブラジリアン・サウンドは、当然ながら、ジスモンチに一脈通じます。南米系リスナー注目の好作である。旧譜、当店初入荷。

〜ポーランド産、ラジカル寄りトラッド・バンドの8th! ゲストvo多数の、呪術的傑作!〜

WARSAW VILLAGE BAND
Mazovian Roots Re:action

(CD/Jaro Medien)(Poland'18)(税込¥3080)
ポーランド・トラッド系バンドの、こちらは、ドイツ・リリースによる、2年振りの新作8th('18)。当店初入荷。広く東欧/バルカン/中近東までの楽曲を採り上げる彼らであるが、今回は、自国ポーランドの伝統曲集となっている。ゲストで多数の女性シンガーや男性コーラスを迎えて、かつてのヘドニンガルナ等、北欧ラジカル・トラッドに通じる、呪術的かつ重厚な音世界を展開する、注目の傑作である。

〜3rd期のb/voとkbdの2名による、「もう一つのラッテミ」、デビュー作!vln入りELP系!〜

LATTE MIELE 2.0
Paganini Experience

(CD/Disk Union)(Italy'19)(税込¥2499)
※帯、ライナー付き国内仕様盤

ご存知、ラッテ・エ・ミエーレの3rd期のメンバーにして、復活時にも参加した、 マッシモ・ゴーリ(b/vo)と、ルチアーノ・ポリティーニ(kbd)による、「もう一つのラッテミ」のデビュー作。女性vlnをフロントに、drも加えた4ピースにて、かのニコロ・パガニーニの生涯をテーマとしたコンセプト作を展開している。ラッテミというよりもELP系のアンサンブルと、トロルス/グロッソ系のつややかなクラシカル色が相まった、らしさ十分の大力作である。シークレット・トラック収録。

〜灰野+吉田+ナスノ!日本アンダーグラウンドきっての強豪トリオ、6年振り新作4th!〜

SANHEDRIN (灰野敬二、吉田達也、ナスノミツル)
密度を変えろ 義務の海から這い上がるように

(CD/Trailights)(Japan'19)(税込¥2420)
言わずと知れた灰野敬二(g、vo)、吉田達也(dr)、ナスノミツル(b)というジャパニーズ・アンダーグラウンドきっての強豪トリオ、サンヘドリンの『「好」の5W1H』('13)以来となる、6年振りの新作4th。強烈極まる灰野のギター、時にエフェクティブで図太いナスノのベース、そして驚異の手数で煽り立てる吉田のドラムが織り成すスリリングなハードコア・ノイズ・ロック・インプロ。再び、リスナーを漆黒の魔境へと引き込む、注目の4曲、20分+20分+20分+10分!

〜小岩のハードコア・バンドのbが率いる即興的インスト・バンド2nd!武田理沙(kbd)参加!〜

TCS (ティーシーエス)
Futy (フューティー)

(CD/Passing)(Japan'19)(税込¥1650)
小岩のハードコア・バンド、TIALAのベーシスト、谷口圭佑を中心とした、即興的インスト・バンドの新作2nd。武田理沙(kbd)参加の編成にて、ポスト・ロック(トータス等)、エレクトロニカ、マイルス〜ソフト・マシーン系ジャズ・ロックをミックスしたような、面白味十分のアヴァン・サウンドを展開している。硬質にしてしなやか、イマジナリーにしてスリリングな快作である。簡易ペーパースリーヴ、8曲入り40分収録。

〜日本産、古楽/トラッド+ロックな「物語音楽」ユニットの自主1stEP!女性vo入り!〜

Almee (アルメ)
薔薇の妖精アイリーン

(CD-R/No Label)(Japan'19)(税込¥1650)
日本産、音楽担当のKhloe(クロエ)、女性シンガーのNoir(ノワール)、そしてイラストレーター荻森ちさく、の3人から成る「ネオフォーク、古楽から影響を受けた物語音楽プロジェクト」、Almee(アルメ)の1stEP、9分収録。SOUND HORIZONを思わせる、アニメ風の男女の台詞や語り(仏語/日本語)も使用し、フォーク基調にプロゲレ/トラッド・メタル曲も交えた、短い中に起伏とドラマ性を盛り込んだ内容を収めている。耽美的かつ壮大なストーリーの序章というべき、ザバダック系とJ・A・シーザー系をつなぐかのような注目力作。
ハイレゾデータがDL可能なポストカード付、記録面が赤い音楽CD-R、ワールド・ディスク仕様レーベル、シリアル・ナンバー入り!

〜東京産、正に「ヴァシュティ・バニヤンの再来」なフォーク女性シンガーのデビュー作!〜

HEIDI
The Catcher In The Lav

(CD/Cat&Bonito)(Japan'19)(税込¥1650)
帯のキャッチコピーにある通り、正しく「Vashty Bunyanの再来かと耳を疑う」東京産の注目リリース。昨年、東京の地下シーンから生まれたMARY BELL PROJECT のコンポーザー、HEIDIのソロ・デビュー作。英語vo、アコギ弾き語り系で、シンプルかつ深みのある、しっとり叙情的な、陰影もたっぷりのサウンドを展開している。何より、ヴァシュティにそっくりの歌声に驚かされる、女性voアシッド・フォークの秀作である。

〜フローゼ亡き後も活動を続けるTDの、現在の姿を伝えるライヴ'17&'18!'70sに回帰!〜

TANGERINE DREAM
The Sessions III

(CD/Eastgate)(Germany'18)(税込¥3300)
エドガー・フローゼ亡き後も、最後のメンバーがそのまま引き継ぐ形で活動を続けている、ご存知タンジェリン・ドリームの、現在の姿を伝えるライヴ・セッション・シリーズの第3弾。T.Quaeschning(syn.etc)、U.Schnauss(syn.etc)、山根星子(el-vln、viola.etc)のトリオによる、'18年2月ハンブルグ(@35分)及び'17年11月ベルリン(A42分)の演奏を収めています。フローゼ存命中とは打って変わった、「フェードラ」「ルビコン」期を思わせるサウンドをリズミカルに、時にアグレッシヴに展開している。ファン注目の非常に充実した内容である。

〜現在のTDは、実は素晴らしいんです!黄金期のスタイルに回帰した'18ライヴ!注目!〜

TANGERINE DREAM
The Sessions IV

(CD/Eastgate)(Germany'18)(税込¥3300)
'15年のエドガー・フローゼ死去後も、最後のメンバーがそのまま引き継ぐ形で活動を続けているタンジェリン・ドリーム。彼らの現在の姿を伝えるオフィシャル・ライヴ・ブートレッグ的シリーズの第4弾。こちらは、'18年8月ノルウェー(@27分)及び'18年10月イタリア(A36分)での即興的演奏を収めている。T.Quaeschning(syn.etc)、U.Schnauss(syn.etc)、山根星子(el-vln、viola.etc)の3人によるサウンドは、'70年代黄金期のTDサウンドに回帰した極めてクオリティの高いものである。シリーズ前作「III」と比べると、よりアンビエントなタッチになっている、これまた注目の快作。

〜故・Z.ザイフェルトをフィーチャーした、オレゴンの'78年発表・大名盤!待望の再発!〜

OREGON
Violin

(CD/Wounded Bird)(U.S.A.'78)(税込¥2200)
P.マッキャンドルス(オーボエ)、グレン・ムーア(ベース)、ラルフ・タウナー(ギター)、コリン・ウォルコット(タブラ、パーカッション)からなる米のアコースティック・ジャズ名バンド、オレゴンが、故・スビグニエフ・ザイフェルト(ヴァイオリン)を迎えて制作した'78年作(通算7th、ライヴ等含む)。'02年に伊AKARMAからCD化されたものの、長らく入手困難だった本タイトルが、米Wounded Birdより待望の再発となった。正に妖気漂うザイフェルトのプレイが光る、サード・イヤー・バンドもかくやのチェンバー・ジャズ超名盤である。この機会をお見逃しなく。

〜Z.ザイフェルトが4曲に参加!オレゴンのベーシスト、'79年1stソロ!ストック品・特価!〜

GLEN MOORE
Introducting Glen Moore

(CD/Wounded Bird)(U.S.A.'79)(税込¥1320)
オレゴンのベーシスト、グレン・ムーアが、'79年にリリースした1stソロ。アコースティック・ベースのみならず、自らピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラもプレイして、多芸振りを示している。純ソロやデュオも交えつつ、ECM系のチェロ奏者D.ダーリング、ヤン・ハマー(ドラム!)、そして死去直前のZ.ザイフェルト(ヴァイオリン/4曲)を迎えた演奏を収めている。シリアスなチェンバー系からメロディアスなジャズ・ロックまで、多彩な内容の力作である。ストック品、特価にての入荷。

〜米の人気ジャズ・ピアニスト、異色の実験的新作ソロ!ミニマル/南米風の耽美な秀作!

BRAD MEHLDAU
Finding Gabriel

(CD/Nonesuch)(U.S.A.'19)(税込¥2640)
'70年生まれ、米国のジャズ・ピアニストにして、パット・メセニーとの連名作も発表するなど、メインストリームのジャズ・シーンで高い評価と人気を得ているブラッド・メルドー。彼は時折、本道ジャズからは離れたエクスペリメンタルな作品を出しているが、今回がそれ。kbd/p、男女スキャット・コーラス、管弦、dr等を用いた、耽美的かつ浮遊感の有る、ミニマル/チェンバー、エレクトロ寄りのサウンドを展開している。一部、リト・ヴィターレやモノ・フォンタナ等のアルゼンチン系に通じる注目の傑作である。

〜'80年代の黄金期A.ピアソラ五重奏団のピアニスト、'19新作!正にピアソラ直系の傑作!〜

PABLO ZIEGLER CHAMBER QUARTET
Radiotango

(CD/Zoho Music)(Argentina'19)(税込¥2750)
'80年代の黄金期アストール・ピアソラ五重奏団のピアニストとして活躍、現在は米国拠点のパブロ・シーグレルの'19新作。今回は、バンドネオン、アジア系女性チェロ、ベースとのカルテットにて、ロマンティシズムと緊張感が同居した、タンゴ・ジャズ/チェンバーを展開している。ピアソラの楽曲そのものはIのみながら、全体にピアソラ・オマージュな色が強い、正にピアソラ直系の傑作である。チェンバー・リスナー注目の一枚。

〜NY先鋭系きってのドラマー/コンポーザー率いる大編成バンド新作3rd!ロック寄り秀作!〜

JOHN HOLLENBECK LARGE ENSEMBLE
All Can Walk

(CD/New Amstedam)(U.S.A.'18)(税込¥2750)
米NY先鋭系きってのドラマー/コンポーザー、ジョン・ホーレンベック率いる、文字通りの大編成バンド、ラージ・アンサンブルの、同名義では「Eternal Interlude」('09)に続く3作目。セオ・ブレックマン(vo)、マット・ミッチェル(kbd/元・シンキング・プレイグ)、vibe、drそして多数の管による、総勢19名の編成にて、クラシカル/ミニマル、ポリリズミック色を取り込みつつ、意外なまでにロック寄りのメロディアスかつスケールの大きいサウンドを展開している。アヴァン・リスナー注目の秀作。

〜伊産、先頃来日したザッパ+カンタベリー的トリオの新作2nd!来日記念限定版にて!〜

FEAT. ESSERELA
Disco Dooro

(CD/JFR)(Italy'19)(税込¥2400)
伊ボローニャで'09年に結成された、ベースレスの変則トリオ(kbd、g、dr)・プログレッシヴ・ジャズ・ロック・バンドの、「Tuorl」('15)に続くセカンド・アルバム。先頃('19年8月)行われた初来日公演を記念した、ジャケ違い、ボーナス・トラック4曲(ライヴ)追加の限定エディション(500枚のみ)にて入荷。フランク・ザッパ由来の技巧とユーモア、そしてS.マシーン等カンタベリー、及びプログレッシヴ色の強い、オルガン音主体のkbdが相まった、聴き応え十分の快作である。

〜これは貴重な、オフィシャル追悼リリース!故A.ホールズワースの'98ライヴCD+DVD!〜

ALLAN HOLDSWORTH
Warsaw Summer jazz Days '98

(CD+DVD/NTSC/Manifesto)(U.K.'19)(税込¥2750)
これは貴重な、オフィシャル追悼リリース。故・アラン・ホールズワースの、'98年ワルシャワ・サマージャズ・デイズ出演時のTVライヴを収めたCD+DVD/NTSC(本編同内容45分、DVDに別ショットや未収インプロを収めたボーナス・フッテージ21分追加)。デイヴ・カーペンター(b)、ゲイリー・ノヴァック(dr)とのトリオにて、翌年リリースされる「ザ・シックスティーン・メン・オブ・テイン」からの曲を中心に演奏している。流麗にしてスリリングな、これぞホールズワース、な速弾きを映像と音で存分に味わえる、正にファン必携タイトルである。

〜ご存知・プラネットXの超絶ドラマー、'16ソロが!フルオケ+drのクラシカル大傑作!〜

VIRGIL DONATI
The Dawn Of Time

(CD/Gildon)(Australia'16)(税込¥3080)
プラネットXはもとより、幾多のセッション・ワークでも知られる、オーストラリア出身の超絶ドラマーにして俊英コンポーザー、ヴァージル・ドナティの、ソロとしては「In This Life」('13)に続く4thにして、現時点での最新作。当店初入荷。これが何と、フル・オーケストラと自身のdr/pの共演によるドナティ作/アレンジのオリジナル・コンチェルトになっている。ザッパ+エマーソン的な、テリー・ボジオのシリアスものを、よりシンフォニックにしたような極めて高品質な内容である。素晴らしい完成度の大傑作。

〜元「再生工房」のギタリスト、1stソロがLPのみでリリース!叙情派フォーキー好作!〜

榎本隆一 (Ryuichi Enomoto)
Alte Noi

(LP/帝都発光社)(Japan'19)(税込¥5093)
元「再生工房」のギタリストにして、ゴールデン・アヴァンギャルド等でも知られる榎本隆一の1stソロが、LPのみ(180g重量盤、限定盤)でリリースされた。現代音楽家・野澤美香の完全プロデュース、松井亜由美(カトラ・トゥラーナ/vln)の制作協力、そして三木黄太ら、多数ゲスト参加にての録音になっている。これまでのキャリアからイメージされるサイケ/ジャーマン的な部分もあるものの、全体には、意外なまでに叙情的かつメランコリックなフォーキーうたものを展開。ピンク・フロイド系をルーツとしたような面など、プログレッシヴ寄りの曲も収めた、イマジナリーかつエモーショナルな好作品である。

〜東京発「悲しみの室内楽アシッド・フォーク」女性シンガー/ウクレレ奏者、新コンピ!〜

じょばんに
Angel's Songs

(CD/No Label)(Japan'19)(税込¥550)
東京発、「悲しみの室内楽アシッド・フォーク」女性シンガー/ウクレレ奏者、じょばんに(Jobanni)の、「永遠の庭」に続く、'19ニュー・リリース、プレスCD(15曲入り58分)。これまでリリースされた曲及び未発表曲を収めたコンピレーションである。極めて不安定で、繊細な、痛切かつ内省的歌世界は、宅録/打ち込み感覚も相まって、時に白昼夢的な浮遊感も有る。初聴/お試しにも向く、充実の一枚になっている。

〜英Grapefruitより、「1970年」に拘ったブリティッシュサイケ・ポップ・コンピ3CD!〜

V.A.
New Moon's In The Sky - The British Progressive Pop Sounds Of 1970

(3CD/Grapefruit)(U.K.'19)(税込¥3520)
Cherry Red系列のGrapefruitレーベルより、タイトル通り、「1970年リリース」に拘ったブリティッシュ・プログ/サイケ・ポップ・オムニバス3CD。クルムシェル・ボックス 仕様、52ページ・カラー・ブックレット付き。プロコル・ハルム、BJH、パトゥー、クレシダ等、プログ・ファンにはお馴染みの所から、ハーモニー・グラス等のポップ系、更にはFIVE DAY RAIN、BACHDENKELといったマニアックどころまで、フラワー感たっぷりのセレクト!

〜バックはSBB!ポーランドの女性シンガーが'77年にリリースした2nd、単品再発!〜

HALINA FRACKOWIAK
Geira

(CD/GAD)(Poland'77)(税込¥2640)
'74年にデビューしたポーランドの女性シンガーの、'77年リリース2nd。以前、'81年の3rd「Ogrod〜」とカップリング、別ジャケットでCD化されていたが、今回は単品、オリジナル・ジャケ、新カラー・ブックレットでの再発。バックはSBB、作曲はJ.スクルチェクで、当時のSBBならではのスペイシーな広がりの有るアレンジとkbdプレイが光る、シンフォ・ポップ/歌ものの秀作である。もちろん、声、メロディ共に良い。

〜ミハウ・ウルバニアクConstellationのkbd奏者、'75年ソロ1st!ファンキー系の力作!〜

WOJCIECH KAROLAK
Easy!

(CD/Warner Music Poland)(Poland'75)(税込¥2750)
かのMichal Urbaniak Constellationのメンバーとして活動した、ポーランドのジャズkbd奏者の、単独名義の初リリースとなった'75年作。グルーヴィなエレピ、オルガンを軸に、パーカッションやブラスをまじえた、ラウンジ風のソフトなB.オーガー系サウンドを展開している。時にマイルス的な硬質さも有る、聴き応え十分なファンキー・クロスオーヴァー系の、これは力作。3面デジパック、ブックレット付き。

〜チェコが生んだ孤高のアヴァン・フォーク女性ギタリスト/シンガーの'17最新作!〜

DAGMAR VONKOVA
Hostina

(CD/Galen)(Czech'17)(税込¥3080)
チェコが生んだ孤高のアヴァン・フォーク系・女性ギタリスト/シンガー、ダグマー・アンドロトヴァことDagmar Andrtova-Vonkovaの、変名で出た「Slunci〜」('08)に続く、ソロ最新作('17)、当店初入荷。全編アコギの弾き語りで、トラッドに根ざしたオリジナルの歌曲を収めている。強靭な歌声と、超絶技巧に裏打ちされた達者なギター・プレイが織り成す、シンプルかつ、この上なく深みのある素晴らしい作品である。イヴァ・ビトヴァと並び称されるべき、チェコの至宝と言える存在、是非一度体験を。

〜英ウェールズ産、PT〜リヴァーサイド系メタリック・プログ! '15年3rdが再発!〜

GODSTICKS
Emergence

(CD/Kscope)(U.K.'15)(税込¥1980)
英ウェールズ出身、かつてリズム隊がマジェンタのツアー・メンバーだったこともある、歌ものプログレッシヴ・メタル系バンドの'15年3rd。'17年に4thをKscopeから出していますが、こちらは、同レーベルからのリイシュー。ポーキュパイン・トゥリー〜リヴァーサイド系の、ヘヴィかつエモーショナルなサウンドの秀作である。デジパック、更に、パイナップル・シーフのブルース・ソードによるリミックス2曲をボーナス・トラックとして追加した注目のリリース。

〜[アナログLP再発]HELDON系フレンチ・エレクトロ・ロックの秀作、'78年2nd!〜

VERTO
Reel 19 36

(LP/Plica)(France'78)(税込¥3300)
Jean-Pierre Grasset(g、b、etc.)の実質ソロ・プロジェクト・バンド、ヴェルトの'78年2ndにしてラスト作。リシャール・ピナス/エルドンの強い影響下にあるサウンドは、本家よりもロック/ポップ色の強い面も交えた、意欲的かつ高水準なものになっている。かのブノワ・ヴィデマン(マグマ)も参加、エルドン/マグマ系リスナーは見逃せない秀作である。未CD化のタイトルが、LPのみで再発。180g重量盤。

〜[アナログLP再発]カナダのエマニュエル・ブーズこと、ブレジャンの'73年1st!〜

BREGENT
Poussiere Des Regrets

(LP/Return To Analog)(Canada'73)(税込¥4180)
「カナダ/ケベックのエマニュエル・ブーズ」と称されるシンガー、ジャック・ブレジャンをフィーチャーしたバンド?(兄弟のミッシェル・ブレジャンがkbd)の'73年1st。カトリーヌ・リベロも引き合いに出る、凄絶な歌声は、正にフリーキー・サイケデリック・シャンソン。傑作である。未CD化のタイトルが、LPのみで再発。限定500枚ナンバー入りでのリリースに付き、お見逃し無く。

〜例のオフィシャル・ブート・シリーズより、珍しいホガース加入直後の'89ライヴ1CD!〜

MARILLION
Live In Glasgow

(CD/e.a.r.)(U.K.'18)(税込¥2970)
例の、ファンクラブ向けオフィシャル・ブートの一般流通/再発シリーズ、こちらは、'89年グラスゴーでの演奏を中心に(2曲はブラッドフォード'89)、全10曲を収めた1CD。このシリーズでも結構珍しい、ホガース加入直後のライヴ音源で、名曲“Easter”はじめ、「Season's End」のほぼ全曲を聴くことが出来る、これまたマニア注目のリリースである。全世界限定5000枚、ナンバー入りデジパック仕様。

〜ご存知・英国フォークの名バンド、ペンタングルの初期名盤6タイトル・セットBOX!〜

PENTANGLE
The Albums

(7CD/Cherry Red)(U.K.'17)(税込¥9900)
故・バート・ヤンシュ、故・ジョン・レンボーン、ジャッキー・マクシー、ダニー・トンプソン等による、英国フォーク/トラッドの革新的名バンド、ペンタングル。彼らの初期6作品、「The Pentangle」('68)、「Sweet Child」('68、2CD)、「Basket Of Light」('69)、「Cruel Sister」('70)、「Reflection」('71)、「Solomon's Seal」('72)を各ペーパースリーヴ、大量ボーナス追加(未発表22曲を含む)で収めた'17リリース・ボックスの再プレスである。フォークにジャズ、ロックの要素を加えたサウンドは正に不滅の偉業。改めて素晴らしい名作ばかりの決定版リイシューとなっている

〜「福岡の寺からアクサク・マブールへの回答」!'83年、知られざる自主制作秀作CD化!〜

MUSIC FROM TEMPLE
Music From Temple

(CD/Fuji)(Japan'83)(税込¥2545)
これは大穴!福岡の寺で、宅録的手法で録音され、'83年にコジマ録音から自主制作盤として300枚のみリリースされた、知られざる5人組プログレッシヴ・フォーク・バンド、Music From Temple の唯一作。紙ジャケットで初CD化。ギタリストの阿 英紹(ほとりえいしょう)を中心に、b/kbd、p/リコーダー、dr等が参加し、カンタベリー的な浮遊感の有るチェンバー/アシッド・フォーク〜プログレッシヴ・サウンドを展開している。ダウナーにしてイマジナリーな、正にアクサク・マブールの1stに通じる所も有る秀作である。マスター消失のため盤起こし。ジャケは『ねじ式』のパロディ!

〜後にパラダイム・シフトを結成するギタリスト/シンガーのソロ最高作'83年3rd!〜

松下 誠
Quiet Skies

(SHM-CD/Bridge)(Japan'83)(税込¥2750)
後にPARADIGM SHIFT (パラダイム・シフト)を結成する、フュージョン/AOR系ギタリスト/シンガー、松下 誠の'83年3rdソロ。「First Light」('82)、「The Pressures And The Pressures」('82)の前2作からの、山下達郎というよりは難波弘之のポップ面に通じるシンフォAOR色を継ぎつつも、ここに至り、KEEP〜パラダイム・シフトの富倉安生(b)らを迎え、よりプログレッシヴな色を増強した内容を展開している。スリリングなDはじめ、パラダイム・シフトの前段階とも言うべき、ソロ最高作である。今回、SHM=CD、紙ジャケ、'83年の未発表アンビエント・アルバムから3曲をボーナス追加しての再発。

〜実は、かなりコチラ向き!東京産ザッパ+マイルス的9人編成バンドの新作5th!〜

俺はこんなもんじゃない (OWKMJ)
Lamina

(CD/manso-disc)(Japan'19)(税込¥2200)
東京産、思いつきで命名したバンド名「俺はこんなもんじゃない」(良いバンド名!)で活動を続けて早8年のアヴァン・ジャズ・ロック系バンド、新作5th。現在はsax、fl、el-g等の9人編成となり、以前より複雑な音楽をプレイしている。ザッパ色を強めたマイルス系とも言うべきエネルギッシュなサウンドは、実のところ、プログレッシヴ系のリスナーに向くものである。因みに、アルバム・タイトルは、Animalを逆さにしたものとのこと。11曲36分、見開き紙ジャケット仕様でのリリース

〜ポチャの荻野和夫(kbd)参加!白昼夢的アシッド・フォーク/ポップ女性voバンド1st!〜

アルラウネ
まみずのおと

(CD/Mimi)(Japan'19)(税込¥2200)
女性シンガー/ソングライター、タナカジュリ(vo、g)を中心に、ポチャカイテ・マルコ/ゴーストの荻野和夫(kbd)、魔術の庭のルイス稲毛(b、g)らが参加しているバンドの1stアルバム。非常に不安定なのだが、それが魅力となっている歌声を軸に、メロトロン音、オルガン、ピアノとプログレッシヴな荻野のプレイ、そしてサイケなギターの織り成す白昼夢的ダウナー・アシッド・フォーク&ポップを展開。所謂歌もの〜和物女性ヴォーカル系のリスナーも見逃せない力作である。

〜こちらは、国内仕様盤!ご存知マグマのスタジオ新作は、あの「未完の大曲」“ZESS”!生オケ入り、圧巻の37分!〜

MAGMA
ZESS

(CD/Disk Union)(France'19)(税込¥3630)
結成50周年を迎え、来る9月には来日公演も決定したフレンチ・プログレッシヴ最高峰、マグマ待望のスタジオ新作は、ファンの間で長らく「未完の大曲」として語り継がれてきた“ZESS”の完成版となった。通常のバンド形態から変わって、生のオーケストラを大々的に導入し、あのモルガン・オーギュレン(dr)、シモン・グベール(p)らをフィーチャーしたアンサンブルのもと、C.ヴァンデがフロントでvoを、たっぷり披露。ステラ・ヴァンデらのコーラスも一体となり、'70s末のファンキー路線と、後のオファーリングを繋ぐような、圧倒的パワーとスケールの37分。必聴である。豪華ハードカバー・デジブック仕様でのリリース。

〜[8/7発売]通販スタートしました!WD店舗では8/9(金)より販売開始!WD特典CD-R付き!〜

須磨邦雄
ALBUM ソロSIDE : 森の境界 (Boundary Of The Forest)

(CD/Mountain North Studio)(Japan'19)(税込¥3080)※8月7日発売
言わずと知れた「日本のキング・クリムゾン」美狂乱その人、須磨邦雄が遂に活動を再開した。来年2月リリース予定の美狂乱の新作に先駆けて、先ずは、「Solosolo」('07)以来実に12年振りとなる2ndソロ・アルバムが登場。vo、el-g、ac-g、b、プログラミング等、須磨のマルチ多重に、息子・和声(vln)や、女性シンガーの三枝晴美らが加わった録音で、多彩かつ充実の内容を収めている。美狂乱そのものなハード・ナンバーから、クラシカルなシンセ・オーケストレーション、ブルージーなアコースティックまで、'04年の「魁!クロマティ高校」サントラの経験もフィードバックされた、これは正しく『チェンバー/クラシカル/アコースティック版・美狂乱』と言うべき、ファン必聴の会心傑作である。

※ワールド・ディスク オリジナル 先着購入特典
未発表アコースティック音源2曲入りCD-R
 (1.DEEP Cadence 1:30 2.月夜 de 散歩_ Rehersal 5:10)

http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=144299482

〜韓国産、女性vlnフロントの本格インスト・プログ・バンド、ヘヴィな会心傑作3rd!〜

SUPERSTRING
Architecture

(CD/Dancing Butterfly)(South Korea'18)(税込¥3300)
韓国産、今年4月の「Prog Tokyo 2019 Spring」に来日して、素晴らしい演奏を披露した、女性vln奏者、カン・ヘジンを中心とした5人組(現在は女性saxが加わった6人組)本格派インスト・プログレッシヴ・バンドの、'18年最新作3rd。前2作はインプロ/ジャムだったが、ここでは、クリムゾン系ルーツのヘヴィ・シンフォ寄り作曲ナンバーを収めている。メロトロン音も配したスリリングなアンサンブルと華麗なvlnは、時にエレアスやアウター・リミッツを思わせる。パワフルな会心傑作である。変型紙ジャケ。

〜韓国産、女性vlnフロントの本格プログ・バンド、'17年の2nd、!ロックなインプロ!〜

SUPERSTRING
Elements Of Architecture

(CD/Dancing Butterfly)(South Korea'17)(税込¥2860)
韓国産、今年4月の「Prog Tokyo 2019 Spring」に来日した、女性vlnフロントの本格インスト・プログレッシヴ・バンドの、こちらは、フィジカルではLPのみだった'17年2ndの初CD化。(見開き紙ジャケ)kbd入り5人編成で、録音自体は'01年に行われている。1stに比べるとロック色の強い、クリムゾン系、アモン・デュールU等ジャーマン系を思わせるインプロ/ジャムを収めており、こちらもスリリングなvlnが光る力作である。

〜韓国産、女性vlnフロントの本格プログ・バンド、'16年1st!ジャーマン風インプロ!〜

SUPERSTRING
The Grand Design

(CD/Dancing Butterfly)(South Korea'16)(税込¥2860)
韓国産、'98年結成のヴェテラン・バンドにして、今年4月の「Prog Tokyo 2019 Spring」に来日して素晴らしい演奏を披露した、女性vln奏者を中心とした本格派インスト・プログレッシヴ・バンドの、こちらはフィジカルではLPのみだった、'16年1stの初CD化。ここではkbdレスの4ピース(ボーナス・ライヴは別編成)にて、クリムゾン、というよりもアモン・デュールU等ジャーマン・ロックを思わせる、ダークなインプロ系を展開。クラシカルで、アジア風メロも交えたvlnがスリリングな力作である。見開き紙ジャケ。

〜A.デナイオ、J.スリック参加!米国人kbdによるチェンバー・プログレッシヴ傑作!!〜

TROOT
Constance And The Wating

(CD/Tim Root Music)(U.S.A.'18)(税込¥3300)
フランス/パリ在住の米国人コンポーザー/kbd奏者、Tim Rootを中心とした10ピースの大編成チェンバー・プログレッシヴ・プロジェクトの1stアルバム。エイミー・デナイオ(sax)、ジュリー・スリック(b)他、vln、クラリネット等が参加しており、パワフルかつ緻密な、ヘヴィ・チェンバー・ロックは、正にクリムゾン/U.ゼロ系をアメリカンタッチにしたような、抜群に格好良いものである。これは注目の傑作。

〜ノルウェーきっての多作なg/マルチ奏者、全未発アーリーワークス!タンジェリン系!〜

ERIK WOLLO
Sources - Early Works 1986-1992

(CD/Smalltown Supersound)(Norway'19)(税込¥3300)
ノルウェーきっての多作なギタリスト/マルチ奏者、エリク・ウォローの'19ニュー・リリースは、タイトル通りの初期トラックス。全未発。2nd「Dreams〜」('84)、3rd「Traces」('85)、4th「Silver Beach」('87)時のセッションを中心に収めており、1stのみテリエ・リピダル風でしたが、ここではシンセ・メインのジャーマン系にシフト。タンジェリン〜アシュラ〜ポポル・ヴー等を思わせる、シリアスかつイマジナリーなサウンドの好内容である。

〜カナダ/モントリオール産、ブルータル&テクニカル・ブラック・メタル!VOIVOD風味も!〜

AUGURY
Illusive Golden Age

(CD/The Artisan Era)(Canada'18)(税込¥3300)
カナダ/モントリオール産、プログレッシヴ/テクニカル・ブラック・メタル・バンドの、「Fragmentary Evidence」('09)に続く、9年振りの新作3rd。ブラスト・ビート炸裂のブルータルなサウンドだが、ツイン・ギター(片割れがvoも取る)の4ピースによる、テクニカルなキメや複雑な展開は圧倒的な迫力がある。エンペラー系を基調に、部分的には同郷の先達、ヴォイヴォドを思わせる、パワフル&ノイジーな力作である

〜過去のお知らせ〜

【重要なお知らせ】 EURO-ROCK PRESS Vol.80 お詫びと訂正

ユーロ・ロック・プレス Vol.80(発売中)での
「静かの海」 Interview及びLive Report記事中に誤りがございました。


p95

●左の段落 下から19行目
MILY SWEETさん→MILKY SWEETさん

p96

●左の段落 上から12行目 収録曲解説の小見出し
5人の天使→人の天使

●真ん中の段落 ライヴ・レポートのタイトル
牛山ブラザーズ→牛ブラザー

●真ん中の段落 上から13行目
会場外の出演者リストに「牛山ブラザーズ」の名前があり、

会場外の出演者リストに「牛ブラザー」の名前があり、

●右の段落 本文の下 ライヴ写真のキャプション
牛山ブラザーズ→牛ブラザー

p97

●セットリスト  2曲目
2. 5人の天使→2. 人の天使

●左の段落 上から7行目
“5人の天使” は、→“人の天使” は、


以上、お詫びして、訂正いたします。


EURO ROCK PRESS 編集部


「エニド(&ロバート・ジョン・ゴドフリー) / ライヴ・アット・ザ・シタデル 2017」(2018年4月25日発売、MAR 182910)につきまして
ベル・アンティークより発売中のCD「エニド(& ロバート・ジョン・ゴドフリー)/ライヴ・アット・ザ・シタデル 2017」(MAR 182910)の5曲目"ミラー・オヴ・ラヴ (ラヴァーズ)"の1分37秒の部分に1〜2秒の空白(音切れ)が有りますが、バンドからの説明として、「演奏中の機材のトラブルにより発生した空白のため、修正はしておらず、現時点では修正版を出す予定は無い」との事です。何卒御了承下さい。

CIRCUS(スイス)のCD取り扱いにつきまして
スイスのCIRCUSのファースト(Circus)、セカンド(Movin' On)が韓国Big Pink より正規CD再発との告知にて販売されている件で、当店にも入荷に関してのお問い合わせを頂戴しておりますが、権利を所持している元メンバーより、「再発の許可は与えておらず、海賊盤である」との確認をいただいております。弊社では権利を保有するアーティストの意向を尊重し、海賊盤と明瞭に判明しているこれら2タイトルに関しては今後とも販売する予定はございません。
[ 補足 ]
CIRCUSの作品中、正規のCD再発が存在するのは、1990年にスイスDecoder社よりリリースされた「Movin' On」のみと判明しております。ファースト、「Circus All Star Band」「Fearless, Tearless And Even Less」に関しては、現在までに一度も正規CDは出ておりません。